帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価・動画配信

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

Nozy

Nozyの感想・評価

3.7
こういうテーマをネタとして消費しようとする冷笑主義者たちに寄せてると見せかけて、このエサに寄ってきた人たちを顕在化させるアンコウみたいな映画

「コメディだと思ってみたら考えさられた」っていう系の感想はトリコの捌かれたのに気付かないで泳いでる魚と一緒
ヒトラーが現代にきたら、こんなふうにあの熱量で人々を魅了するんだろうなぁ。よくできてる。国民一人ひとりがつくりあげてるのが国、考えさせられる映画でした。ドイツ映画初でしたが、出てくる人たちの目の色がきれいでした!
こなん

こなんの感想・評価

3.7
これはコメディー映画というより、コメディーにせざるを得なかった映画かなと思った。なぜならこの映画の扱う内容があまりにもシリアスすぎるから。民主主義という政治体制の脆さみたいなものを気づかせてくれる映画だったと思う。忘れてはいけないのは、ヒトラーを選んだのは私たち民衆だったということ。
これみて、みんなで民主主義守っていこうやって思った。
サイコホラーみたいな笑

最初は雑なコメディだと思って笑って見てたけど、最後は全然笑えなくなっていって、民衆がふざけて敬礼をしている様子もちょっとした寒気を感じるようになってくる。

最初はみんな笑ってたって言うおばあちゃんのセリフが凄く印象的。それはオウムについて語られるときにもよく聞くセリフ。

面白半分だったのがどんどん浸食されていって、気づいた時にはもう手遅れ。みたいなね。

展開としては、ただのコメディで終わらなかったのが良かった。プロパガンダの怖さもしっかり伝えられてるし。
白豚

白豚の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

お酒を飲みながら観るのに合う映画と聞いて観てみたら本当にちょうどよかった。最初はとにかく愉快で軽い気持ちで楽しめたけれど終盤の酔いが覚めてくる頃にだんだんと不穏になってきて集中して見れた。基本的に明るい映画の雰囲気に反して犬とサバツキが不憫すぎるが、そのようなシリアスな要素もただのコメディに感じさせないための工夫なのかもしれない。
キム

キムの感想・評価

4.2
コメディ映画っぽいんだけど、途中からポピュリズムや移民排斥主義への風刺へとシリアスになっていて恐怖を覚えた
独裁者がどうやって生まれたのか現代で上手に表現した
コメディかと思ったら違かった
見終わってすぐに、ドイツ本国での評価が気になって検索。いい感じで役者さんご本人のインタビューがヒット。とても実験的な作品であり、独裁者を生んだのは誰であったのかを示唆する映画です。
世界がアレルギー反応を起こすテーマにド直球で挑んだハードコメディ
おちゃらけるでも無く、堂々と雄弁に語るヒトラーの言葉がいちいち確信を突き、現代のドイツ社会に対する強烈な風刺になってます。
その様は魅力的に見えてしまう恐ろしさ。
あえて人間ヒトラーではなく[国民に第三帝国の夢を与える偉大な指導者]として描写する事で、その危険性・魔性を見せてくれます。笑えないジョークですね。

最近はムッソリーニも帰って来た事もあり、せっかくだから東條元帥にも帰って来ていただいて[三国同盟リーチ]を決めたくなる向きもあるかもですが…
そういうことじゃ〜ないんですね。
🐶⚠️アラート有り 劇中でも大問題になってます。
ここまでタブーに迫れたのがすごい。
一見コメディの様で、半分ドキュメンタリーの様な本作。
ヒトラーの存在感が現代の世相に妙にマッチしていて、初めは滑稽で笑えるが、終盤はだんだんと恐ろしく思えてくる。
>|