帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

和田孫

和田孫の感想・評価

3.8
高評価だからいつか観なきゃ、と思ってて、高評価な事に納得。思ってた映画とは違ったけど、いま思えばそこも含めて思惑通りなのかもしれない。知識なくてもそこそこ面白いんだけど、もっと歴史的背景とか今のドイツとか知ってたら、更に面白かっただろうなぁ。夢にみてしまった。
sana

sanaの感想・評価

4.0
前半の本人とオーディエンスの温度差がとても面白かった。わんちゃんを撃ったシーンは笑えないが。
中盤以降は本格的にブラックな内容。
ヒトラーの演説の巧さを皮肉っているのかな? 道を示しただけ、民衆が私を選んだ、というセリフが印象的。ある種怖さも感じた。
いつの時代でも、意志がなければ扇動されずとも彼を選んでしまう。
風刺として新しく、ドイツ内の現代の問題も、政党ごとの方向性とかも勉強になったし、メッセージ性もうまく伝わる面白い作品だったと思います。
Na

Naの感想・評価

3.8
犬の死体バッグから出してくるあたりヤバい

クラスオルター打ち切りでキレてるゼンゼンブリンクがおっぱいプルンプルン総統っぽい


ナチス式敬礼して逮捕された人がいたくらいだから、こんなことしてたら捕まりそう
まず最初に前置きしておくと、俺は政治家としてのヒトラーは有能であると認知しています。
決してホロコーストは褒められたことではないし、否定するものではあれど、正直言うと「そこに至った経緯」はなんとなく分からなくもないので、まぁ…

…で、その政治家としてのヒトラーを認知している自分からすると、この「帰ってきたヒトラー」は実に面白く興味深い映画でした。
人にとって都合の良いことを熱弁し民衆を味方につけて行く…
現実を打破するには個々の力は弱いけど、理想への求心力があって個々が一丸となれば大きな力となる。
劇中のヒトラーが一人、二人と段々と聴衆を味方に付け、存在がブラックジョークな芸人としてTVで人気を博し、そこで振う熱弁に観客は心酔していく。
実際のヒトラーも同じような感じだったと聞き、やはり劇中の「本物を知る人」も、TVに映るヒトラーに「あの時も同じだった」と恐怖の色を表す。
俺も聞いたことがある程度にせよ知っているからこそ、聴衆が聞き入っていく姿を見ると笑えるんだけれども反面笑えなくもなってきてて、その自分の中でのギャップが今までにあまり感じたことのない感覚で面白かった。
「先が分かる(歴史は繰り返す的な意味で)」とソレをなぞっていっている過程は面白いです。
そして この映画を見ながらも「映画で良かった…」と思う反面、いや…こんな政治家いるじゃないか…と自分の身の回りのことに目をやると思い当たる節のある人物がいるというのが、また斬新な恐怖であるなーと。

このレビューはネタバレを含みます

予告で見たときからずっと気になってた映画
ただのコメディかと思ってたら全然笑えなかった

よく放映できたなってレベルで際どい…
でもヒトラーを指導者に選んだのは人々だっていうところがすごく考えさせられた
あれだけ人気だったってことはやっぱり国民の中に同じことを考えている人がたくさんいたのかな

極悪人のイメージがあるヒトラーだけど本当に国民のことを考えてたんだろうな
映画のなかのドイツではこのあとどうなるんだろう…

とにかく俳優さんがヒトラーに似すぎ!笑
初めてドイツ映画見たけど意外と英語と発音が似てる単語多いな
ながお

ながおの感想・評価

3.5
うまく言葉にできないけど、なんか怖かった、、、
ひな

ひなの感想・評価

3.5
ヒトラーは扇動者ではない、国民が彼を選んだ。このシーンが印象的だ。

これドイツで作られたのが凄い、この風刺、日本じゃ見たことない。
GAGA

GAGAの感想・評価

3.7
ヒットラーが可愛く思えましたがしかし。

現代社会はネット社会なのでヒットラーのカリスマ性に飲み込まれるのは早い早い恐ろしい。

今の世の中、実はヒットラーじゃなくても誰かのカリスマ性に引かれて歯止めが効かなくなってる人多いんじゃないかな。
人に流されるんじゃなくて、自分で考えて何が正しいのか見極める力をつけてく必要があるかな…ヒットラーのカリスマ性に疑いを感じることが大切。
LEON

LEONの感想・評価

3.0
〝誰もが完璧ではない〟

誤解を与えずに言うが、映画の中のヒットラーの言葉は間違ってはいない。
間違っていないは誤りか…自分は理解し賛同すると言った方がいいのかもしれない。

ヒットラー率いるナチス党の〝国家社会主義ドイツ労働党〟は、世界恐慌により大量の失業者や共産党との対立など社会情勢不安なドイツ国民にとって保守・リベラル問わずあらゆる層に支持され国家理想の政策を掲げた。
ヒットラーを正当な選挙で選んだドイツ国民も、その矛盾と方向性など無理ある政策が次第に全体主義へと変貌し恐ろしい道へ突き進む悲劇。

人間は完璧ではない…全ての人々に有益な政治などあり得ない。
理想を目指すのは良いが、現実から目を背けてはいけない。

映画は映画としてB級感満載で、これをドイツで製作したことに賛辞を送りたい。
こういうブラックジョークを現在の日本でも製作できないかとも思うが、日本の歪んだ戦後教育と自虐主観の蔓延、なにより左寄りで固められた映画界ではジョークも通じなさそう。

ヒットラーが現代に蘇ると言う発想は面白いが、これは現在のドイツ国民の言葉には出さないがココロの中で秘めている声でもある。(どの程度の人数かは分からないが、かなり多いはず)

人々の秘める思いを形にするシンプルな構造は、製作者としての当然の行動だろう。
良い悪いではなく、モノ造りの原点を観たような気がする..★,
taaaka

taaakaの感想・評価

3.8
モキュメンタリーを逆手にとって、メディアと歴史とユーモアの境界をいったりきたりする作品。
振り切っていて心地よい。映画じゃないと無理なやつ。
>|