帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

コメディタッチで描かれていて、テンポも良い。個人的には中弛みもなかった。

さておき、印象的なシーンについて。
ヒトラー(オリヴァー・マスッチ)がネオナチに批判的だったのがリアルだなと。「我が闘争は読んだのか?」と聞かれて「入手困難で・・・」なんて滑稽。

あとはヒトラーを追放したことで視聴率がとんでもなく下落したテレビ局での『ヒトラー最期の12日間』のパロディが最高に面白かった。

転じて真面目な話、本作でヒトラーが問題視していた子供の貧困、老人の貧困、(失業)[日本の場合、失業よりも劣悪な労働環境の方が問題だけど・・・]、出生率の低下とかは日本でも重複する問題だから、当事者意識をもって考えた。
カメラワーク、ソーシャルメディアの挿し込み、一般人へのドッキリ撮影も採用するなど、斬新な作り。
脚本も面白い。
インターネットリテラシーたか子なのでポリティカルなことがらには触れることができない

この映画を見て想起される「「「全ての」」」感情が想定済みなんじゃねえか?って思う、マジ監督さぁ…みたいなお気持ち
ちあき

ちあきの感想・評価

3.7
ななせのおすすめで
何だこれ面白いぞから、いつのまにかまんまとヒトラーのお話を真剣に聞いている自分がいて恐ろしや
常盤治

常盤治の感想・評価

3.8
ドキュメンタリーのような演出が良かった
脚本もしっかりしていた
Bashhhi

Bashhhiの感想・評価

4.0
ヒットラーが現代にタイムリープしちゃった作品
コメディかと思いきやもっともっとメッセージ性が強い作品でした
良作!
なつみ

なつみの感想・評価

3.3
B級コメディ映画かと思ったら、意外とコメディ要素はそんなに高くない。
もしも現代にヒトラーが出てきたら、、っていうストーリー
同じような過激な思想を持つ人が煽動力を持っていたらこんなに簡単に多くの人は流されてしまうんだろうなと思い最後は少し怖くなりました。
かぜ

かぜの感想・評価

4.0
上映当初から観たかった映画、やっと観ました。

現代にヒトラーがタイムスリップしてしまう物語ですが、現代の情報化社会、情報が拡散しやすい社会を懸念した作品なのでしょうか。

ヒトラーが現れたことで面白がってしまう現代人。
ヒトラーの考え方、話し方に魅了されてしまう現代人。

現代は様々な問題を抱えているということを再認識させられもする作品です。

それにしても多くの人を魅了してしまうヒトラーってすごい人だなと思います。
みなみ

みなみの感想・評価

4.0
ヒトラーが現代にタイムスリップ!!

現代にやってきた彼は最初は困惑するものの、新聞を読んでドイツの現状を知る。
テレビやインターネットなどの現代のコンテンツに戸惑いながらも、それをうまく使いこなして国民の本音を引き出す様子はあっぱれでしたね。

「何か困っていることは?」ヒトラーの質問に次々と出てくる国への意見。
そっくりさんだと思ってヒトラーの演説を笑い、注目し賛同する人々。
少しずつヒトラーに取り込まれていく様はゾッとした。

前半は政治ドキュメンタリーのようで、実際に街頭でアドリブ撮影をしたらしく、リアリティがあってかなり見応えあり。
後半は急にどうした??って思ったけど、「私が怪物なら、怪物を選んだ者を責めるんだな。」というセリフに、投票に伴う責任の大きさを感じた。

ヒトラー最期の12日間のパロディは笑った。
コロボ

コロボの感想・評価

4.0
おバカコメディかと思いきや、最初はただの「変な人」扱いだった現代に蘇ったヒトラーが、彼を利用し仕事をゲットしようとしてる映像クリエイターと共にドイツ中をまわるうちに、人身を掌握する様子は当時のヒトラーがいかに台頭していったかを分かりやすく伝えている。

いつの時代も耳障りの良いことを言う人物に惹かれていくのだろうか。

途中で挟まれる『ヒトラー最期の12日間』ネタはツボ(笑
>|