帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

最初はよくある「独裁者 ヒトラー」を揶揄して面白可笑しいコメディが展開されると思っていた。だが実際はキャッチコピーにもあるように「笑うな危険」の通り笑えない、いや笑ってはいけない展開が待っていた。

前半は生き返ったヒトラー(?)が現代とのギャップに悪戦苦闘する様がとても滑稽に描かれていたのだが話が進むにつれ、社会に順応し、かつて人々を魅了した話術で持ってネットを中心に支持を集めていき・・・

ドイツ本国ではナチ関連の書籍などはタブー視される中で(劇中でも語られたが、本国で彼の著書「我が闘争」が復刊されたのはほんの数年前の話)この作品を作ったドイツ人スタッフには敬意を表したい。

では何故今この作品を作ろうと思ったのだろうと僕は考えた。

現在、世界的に「右傾化」の傾向が強まる中でドイツ国民にとって右の象徴ともいえるヒトラーを描きたかったのか。

ヒトラーは劇中こう語っている「私が指導者に立てたのは、選挙で選ばれたからだ。国民が私を選んだのだ」

大衆の力、そしてマスコミの扇動力とはかくも恐ろしい。

僕も国内では「右寄り」の人間に見られがちだが、もっと色んな角度から見渡さなければならない。そう感じさせる映画でした。
ebimai

ebimaiの感想・評価

3.5
前半はコメディだと思い込んで軽くみてたけど
後半全く変わりメッセージ性を感じた作品

どの時代もヒトラーみたいな人が現れたら人々はどうするのか?
どの人の心にも彼はいるのでは
「最初はみんな笑ってた」
の言葉怖い。

後々調べたら国民のインタビューは台本なしのリアルな声らしい
しゃと

しゃとの感想・評価

2.3
現代に蘇ったある総統のドタバタブラックコメディ。
YouTubeを始めたりTVに出たりで
崖っぷちテレビマンが彼を利用しようとするも予想外の展開に陥って、あの古いドイツ映画のオマージュみたいなラストシーンになるのは秀逸だった。

出てた役者さんは最後の十二日間にも出ていたとプロフィール見て驚き。

日本でやったら原爆をパロディするくらい不謹慎なのではと不安にもなるけど、彼が芸人と扱われている姿がひたすら滑稽で、もはや偉大なるドイツは永遠にないのだなとも実感できる。
じゅぺ

じゅぺの感想・評価

3.9
帰ってきたヒトラー、みた。カルチャーギャップに戸惑うヒトラーはときにチャーミングで、演説をする様にはカリスマ性を感じさせる。彼は"魅力的"だからこそ、恐ろしい。「最初はみんな笑ってたんだ」のことばにゾッとした。あしたの日本で起こらない話ではない。いや、もうすでに起きているのかも?
ka

kaの感想・評価

3.9
難しい作品かと思いきや
コメディ的な要素もある。
非常に面白かった
栞

栞の感想・評価

-
観終わって最初に思ったのは、帰ってこないでヒトラー ということ
でも帰ってこなくても、第二のヒトラーは現れるかもしれないわけで 当時の恐怖を忘れちゃいけないんだなっておもった

ブラックジョークに慣れてなくてちょっと疲れた

最後のザヴァツキの目がもう悲しかった

ヒトラーはみんなの心の一部
ずほ

ずほの感想・評価

4.2
最後ビビり倒した。コメディーだ!ヒトラー現代でそっくり芸人!面白い!って思ってたのに、完全にヒトラーのペースに、、、すげぇ、、、プロパガンダ、、、。
平山

平山の感想・評価

4.0
ドイツの映画の笑いのツボがまったく合わず、あまり笑えなかった

ゾクゾクするシーンがところどころあったよ
kokoro13

kokoro13の感想・評価

1.9
期待したほどは面白くなかった。笑
低予算感がところどころに見られた。
みつ

みつの感想・評価

3.7
ヒトラー作品の中では
あまり評価は高くないです。
脚本がダメだったのでしょう。
去年観た作品なのにあまり覚えてません。

ですがヒトラー役のオリヴァー・マスッチはハマり役ですし時々ゾクッとしたシーンがあったことを覚えてます!
>|