太陽の王子 ホルスの大冒険の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「太陽の王子 ホルスの大冒険」に投稿された感想・評価

C

Cの感想・評価

-
エヴァみたいだった。こんなに昔から少年少女が自問自答する作品が日本にはあったのか…。
追悼・高畑勲
@新文芸坐

伝説の剣を手にしたとこから始まる大スペクタクル冒険活劇!
完成度の高さに驚く。
果糖

果糖の感想・評価

4.5
冒頭からハチャメチャに面白くて驚く。終盤、ホルスが迷いの森に閉じ込められた時の映像が素晴らしいです。洗練されたアニメ映画だったな。凄い。
たたみ

たたみの感想・評価

3.0
冒頭の格闘シーンのフルアニメーション!!!!一気に引き込まれる。後半は何故か一転、カクカクの動きが目立つ。物語も共産趣味が全開の妙に説教くさいものに。。。二つに引き裂かれた作品。それがヒルダに象徴されている。。。とでも言うのだろうか!!
宮崎駿監督の次回作は『君たちはどう生きるか』の映画化だそうですが、故・高畑勲監督は本作で既にその問いの解答を示していたんじゃないか、と勝手に思う。ヒルダの揺れる道徳観とホルスの気づきは、まさに「どう生きるか」ということに関わっている。
また、迷いの森のシーンはかなり印象的だった……というより、今の子供が見てもトラウマになるんじゃないかと思う。面白い映像だし、かなり怖い。
ヒルダや迷いの森、フォルクローレ的な音楽など、なんとなくゼルダを思い出してしまうのは自分だけ?
まゆ

まゆの感想・評価

3.5
♪昔むかしー 神様が言いましたー♪
ヒルダの歌が忘れられない。
児童館でワクワクして観た記憶がある
今回もワクワクして観られた
素晴らしい
宇多丸師匠のラジオ番組“アフター6ジャンクション”で高畑勲監督の特集がとても素晴らしいかったのと追悼の意も込めて初鑑賞致しました!

いやぁ、鑑賞後調べれば調べる程今作が日本のアニメーションにとっていかに偉大な作品か思い知りましたよ…まさか高畑勲監督と宮崎駿監督と鈴木敏夫Pの出会いのきっかけとなった作品だなんて!それだけで大変な物を観た気がします!

話はかなりちょっとダークな英雄誕生譚という印象を受けました(また、宇多丸師匠のラジオではヱヴァと比較しつつかなり面白く解説されていました)。


ただ、どうやら大人の事情で途中静止画になったり、ブラックアウトするシーンもありましたが、いつの時代も作品を作り上げるのは大変なんだなぁと逆にグッと来ました。

主人公とヒロインの首がふっとい!本当に終始そのことが気になって仕方なかったです。これは高畑勲監督からの「どんなに強い逆風やGがかかっても折れるんじゃないぞ!」というメッセージなんだろうなぁ…と思いました。←勝手すぎ
結構実人生にも通じる普遍的なお話でした、高畑勲監督、今までありがとうございました!
高畑勲さんの初長編アニメーション
中高生とそれ以上の人も楽しめる作品として作られた初めての作品(らしい)

50年前とは思えないほどよくできてて、特に人間の動きの描写に気を使っているように感じた

結婚式シーンでの祝祭感の表現は中でも好きな場面で、ドレスへの刺繍を真上から映す画面とか、2人を持ち上げてはしゃぐ様子とかはとてもよい
漁のシーンも魚を捕まえて干してるだけなのに大量の人が動いてて飽きない

ツッコミどころも多少あれど、フリがしっかり効いてる場面も多々あり普通に傑作
MOON

MOONの感想・評価

4.2
絵も動きも最高。音楽も歌もキャラもぐっとくるものばかりだった。