ポパイの作品情報・感想・評価

「ポパイ」に投稿された感想・評価

しぇい

しぇいの感想・評価

3.5
小学生の頃、WOWOWで鑑賞。

ただただ楽しく見ました。

ほうれん草が缶詰なのに、ちょっとがっかりした記憶があります。

また見たいなぁ。
シェリー・デュバル扮するオリーブが調子っ外れに歌う『ヒー・ニーズ・ミー』が泣ける。この歌『パンチドランク・ラブ』でも流れる。泣ける。
仕掛けがいっぱい。大好き。
コミックであることのフィクションと、映画本来の偽物くささが見事にマッチしてる。絶対に真面目に見てはいけない映画。楽しんでなにより。ぼよよ〜ん。
momo

momoの感想・評価

-

実写化不可能なアニメ特有の動きを無理やりにやろうとして、音つけたりカットでごまかしたりしてがんばったけどやっぱり無理がありすぎる感じがすごかった

しかもアルトマンなだけにやけに引き気味の画が多い感じがして、映画っぽさとアニメっぽさが窮屈そうに共存しているカルト作品
「怪作。アニメーションの動きを完璧に模倣することに徹していて、人間が動くたびにびっくりする。ハッキリ言って恐怖すら感じる。巨匠アルトマンの狂気」
maya

mayaの感想・評価

4.5
今の所アルトマンベスト。色々とヤバいのでとりあえず見るしかない。人の動きと物の破壊が大袈裟で面白い。
ロビンウィリアムズはここから観ました★ 当時はポパイそっくりと思ったもんです。オリーブも(笑)
隼

隼の感想・評価

-
カートゥーンネットワークでアニメをやれよって思いながら見た。


途中アニマックスに浮気しながら見た。
tk33220

tk33220の感想・評価

4.3
冒頭の大げさな雷に、ボートを漕ぐロビン・ウィリアムズの間抜けなロングショットからして笑える。ボクシングのシークエンスなんかはどうしようもないし、どこに終結するかもわからないラストにも苦笑いしてしまうけど、この映画のエネルギーは凄まじい。
カートゥーン・アニメの動きを役者たちの生身の身体で「完コピ」するという、正気の沙汰とは思えない超絶大怪作。この企画が通って映画が製作されたということ自体が奇跡。
画面のいたるところで何かしらのスラップスティック・ギャグや器物損壊がひっきりなしに起こる異常なテンションのカオス状態がほぼ最初から最後までつづくので次第に感覚が麻痺してくるという、完全にドラッグ・ムービー仕様。一度見ただけでは全体を把握することが困難なレベルで、ポパイすら背後に隠れてしまう瞬間が何箇所もある。このような徹底して拡散した画面作りをはじめ、理不尽な税金を取り立てるキチガイ徴税吏のマシンガントークや、フィナーレで「ポパイのテーマ」を歌うしゃれこうべ(!)の背後に星条旗を模した旗をチラッと見せるショットの皮肉ッぷりなどは、さすがのロバート・アルトマン印。
全身がマカロニで出来てるみたいなクネクネした動きがヤバカワイイオリーブ(シェリー・デュヴァル)が、劇中くるくる踊りながら歌う"He needs me"は、ポール・トーマス・アンダーソン監督『パンチドランク・ラブ』でも引用された名曲ですね。
あとホウレンソウ缶が心の底からマズそうなの、すごくいい。緑色した吐瀉物にしか見えない。
>|