アイアン・ジャイアントの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

アイアン・ジャイアント1999年製作の映画)

THE IRON GIANT

製作国:

上映時間:86分

ジャンル:

4.0

「アイアン・ジャイアント」に投稿された感想・評価

記録用

記録用の感想・評価

5.0
記録用

王道だけど起承転結がしっかりしてて面白い。なんだかんだで泣いた
アクションの省略をジャンプカット的に多用してギャグもエモーションも作ってる。主人公のある種のウザさも省略によるテンポの副産物。
ユキ

ユキの感想・評価

3.0
ロボットとの友情

泣けると聞いていたのでティッシュを片手に観賞。

未知のロボットと次第に仲良くなっていきーの、お互いが身を挺して守っていきーの、エンドも含めアメリカンな感じ。

お陰で号泣ではなくホロリで留まりました(>ω<。)
オレ・オブザイヤー、ノミネート作品。

この手のストーリーは『劇場版ドラえもん』で死ぬほど繰り返されている内容。
泣けると言われてるけど、そこまでではない、とハナクソほじりながら鑑賞していました。

観終わったあと、全力で土下座したことは言うまでもない。

ラストを観た時、これ作った人はクラピカ並みの「制約と誓約」したんじゃないかと思えるほど神がかった伏線回収と感動のラスト。

正直そこらへんのどんでん返しものの映画より感動した。
自信を持ってオススメします。
さゆ

さゆの感想・評価

4.2
昔テレビで観たことがあって凄く記憶に残ってたけどタイトルが分からなくて、このフィルマでようやく分かりました。
フィルマって凄い!

夢と希望に溢れていて鉄人ロボットと少年、愛に溢れた物語。
つわみ

つわみの感想・評価

3.7
手は頭上♪︎身体下げて♪︎
爆撃時は伏せましょう♪
ふーせましょ♪︎ふーせましょ♪︎
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

4.0
「レディ・プレイヤー1」で初めて見てその活躍と行く末に涙したが、大元を知らないままだったので遡ってこちらへ。自分たちと異なるものを一方的に敵と捉えるかパートナーと認識できるか(これは今のアメリカにこそ必要な考え方...)、をベースにロボと少年のピュアなやり取りが進み、最後はほっこり。「悪いやつが強烈に非道な振る舞いをする」というのがあまり得意でないのでエージェントの行動が不快でたまらなかった所くらいが、数少ない自分にとっての難点。ある意味予想通りの清々しい直球ストーリーだけど、世の中には火の玉ストレートのようなそれだけで武器になる直球もあるわけで...
うさき

うさきの感想・評価

4.5
子どものときに見て
すごく面白いなと思った記憶があり
中古販売で再会したので購入
やはりロボットものとして素晴らしい作品だと感じました
KZY

KZYの感想・評価

3.2
「僕はアメリカで1番ラッキーな子どもだ!」
「なりたい自分になれる」

1957年、ロシアの人工衛星スプートニクが打ち上げられた頃。アメリカの田舎町ロックウェルに未確認の物体が落下した。母親と2人で暮らす少年ホーガースはその物体を見るために森の奥の変電所へ向かう。そこで彼が見たのは巨大な鉄のロボットだった。

少年とロボットが友情を育む王道ストーリー。

レディプレイヤー1でまさかの登場を果たしたから懐かしくなって鑑賞。
ジャイアントの純粋さとおじさんの義理堅さ、母親の愛情に穏やかな気持ちになった。
子どもができたら見せたい映画。
とても良い!

時代背景は冷戦中で舞台はアメリカの田舎町
少年と宇宙人から来たっぽい巨大な鉄人の物語

なりたい自分になれ
だったかな?良い台詞でした。