花のお江戸の釣りバカ日誌の作品情報・感想・評価

「花のお江戸の釣りバカ日誌」に投稿された感想・評価

KY

KYの感想・評価

3.9
花のお江戸繋がりで久々に鑑賞。久々に観たけどやっぱおもろい 笑。よー出来てるわ。江戸を舞台に遊び邦題遊んで作ってるエンタメ時代劇とか観ててしあわせ以外の感情はない。花のお江戸は植木等より西田敏行&三國連太郎コンビに軍配。両作で大活躍の谷啓はすげえ 笑
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.4
「こんなに退屈な釣りバカ」は初めてで番外編とはいえとても悲しい。釣りバカを江戸の世界に持ってって面白くなると本気で思ったのか・・・。てか、みちこさんがいなくて、直属の上司が谷さんじゃない時点でもはやとてもつまらない。黒木瞳と浜ちゃんの合体もしらけたw結局最後の現代パートが一番ほっとするという。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

3.0
いきなりの時代劇

みち子さんがいないのが残念

ちょこちょこと出演陣が豪華だね

冒頭の子役2人は三倉 マナカナだそう
釣りバカ大江戸特別編。大ネタ小ネタ満載で、いい感じの仕上がりでした( ´∀`)
ゲストも豪華で見応えたっぷりなんですが、どうだろうハマちゃんの妹役で酒井法子が出てたから今後テレビ放映するかなあ( ´~`)ゞ
みち子さんは出ないかわりに、ハマちゃんの相手役には黒木瞳。どうもイマイチ相性が合わない気がする。
ストーリーは面白いし、細部もよく出来てるんだけど、残念ながらテンポがよろしくなくて、やっぱりみち子さんの存在って大事なのかもしれないなあ┐(´д`)┌
この映画はミッキーカーチスが面白いです。
松之助師が少しだけ出演している。
「釣りバカ」シリーズ番外編。舞台を江戸時代に移されている。普段の「釣りバカ」があるから成立しているものの、本作のみなら不成立だったでしょう。やはりそこはスピンオフ作品ですね。豪華な出演陣に混じって「薬物ウレピー」が発覚する前のノリ「ピー(ピー音)」が浮いているのが残念。本シリーズで殺陣とかはいらないですね。もっとノホホンとした雰囲気が欲しかったです。観終わった後に普通の「釣りバカ」が観たくなりました。
ゴッホ

ゴッホの感想・評価

3.4
いきなり時代劇から始まり少し戸惑いましたが、普通に楽しめました。
今日は猛暑も一休みの一日でした。そこで伸び放題だった小さな我が家の庭の草退治に追われた一日でした。シャワーを浴びた後のお疲れタイムに映画を見る事に・・
そこで選んだのがこの作品。小難しい事無く退屈せずに楽しめるので選択しました。

前回、このシリーズは10作目まで鑑賞しておりましたが、この作品はタイトルが示す通りスピンオフ的な作品でした。建設会社の社長とダメ社員と云う関係を江戸時代の庄内藩江戸家老とダメ浪人と云う設定に変えています。

やはり、この作品でもスーさん家老の釣り友達の縁故で庄内藩士に登用されたハマちゃん侍が藩のお家騒動に巻き込まれると云ったコメディになっています。

鑑賞前は舞台を江戸時代に置くなんてふざけ過ぎでは?と思いましたが、市川団十郎さんを始め当時の人気者が勢ぞろいした様な豪華キャストでマンネリ化を嫌った山田監督(笑)の策が嵩じて意外にの楽しめるコメディでした。
shoarima

shoarimaの感想・評価

2.8
お正月映画らしく、豪華な俳優陣。
今回はみち子さんは登場せず、残念。

民間人の登用、位が上の者への口の利き方など、時代考証完全無視だが、それもご愛嬌。

最後、現代に戻ってなぜかホッとしました。いつもの釣りバカだーと。
釣りバカシリーズもやっと半分まで来ました。
菩薩

菩薩の感想・評価

3.0
ハマちゃんがまさかのロングブレス、美木良介はパクリだったのか…。ハマちゃんの妹役で、おそらくまだ健全な頃ののり◯ーが登場、所謂マンモスかわいい系。暴れん坊将軍のパロディはちょっと面白かったけど、後はそんなにかなぁ…。とりあえず黒木瞳で筆下ろしとか羨ましすぎるだろ。ダチョウ倶楽部では断然竜ちゃんが上手い。
>|