釣りバカ日誌6の作品情報・感想・評価・動画配信

釣りバカ日誌61993年製作の映画)

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「釣りバカ日誌6」に投稿された感想・評価

toolbox

toolboxの感想・評価

2.0
冒頭に新聞記者が鈴木建設社長にに談合などの疑惑を向け、社長を問い詰める。
今回は珍しく社長が窮地に立ち、ハラハラする展開になるのか? と期待するが、ラストに新聞記者が再度、登場するがなんの回収もない。これは酷い。

『釣りバカ日誌』のシリーズを観てきて『男はつらいよ』とのシリーズの差に気がついた。
『男はつらいよ』は笑いの他に哀愁があり、どこか悲しみもある。真面目に生きる道を捨て、不器用で上手く生きられない寅さん。近所の子供からも馬鹿にされ、女性に愛を求めるが得られない、得られても逃げ出してしまう。
『釣りバカ日誌』は笑いはあるが深みはない。軽い。だから連続して観ていられる。それは気軽に観られるのだから、それはそれで良い。
松竹+にて🐟🐟🐟👺👺👺
勘違いからスーさんとハマちゃんの立場が入れ替わってハマちゃんが講演会をしなくてはいけなくなるというシナリオが秀逸。それだけで終わらなくてみち子さんが「それは講演聴きに来た釜石の皆さんに嘘ついた事でしょ?」と言わせて最後に嘘がバレるというのが実に山田洋次脚本らしい真面目さを感じました。
釣りバカの世界観に全くあわないトヨエツがなぜか出演、あと原田泰造、堀内健ってあったのですがどこにいたのか全くわかりません。
6作目

ハマちゃんとスーさんの入れ替わり、面白かった。

ところであの鼻につく新聞記者って、豊川悦司だったのか!全然気づかなかった。
夜通し運転して
そのまま釣りって
すーさんタフだなぁ〜

今回は釜石市で
浜ちゃんとすーさんが
ひょんなことから
入れ替わっちゃう話。

毎度のことながら
浜ちゃんの宴会芸や
テーマ無視のスピーチは
面白かったし、
すーさんの優しさも
じんと来ました。

なんだかんだで
助け合っちゃう
ふたりの関係やっぱり良いなぁ。
スーさんとハマちゃんの立場入れ替わりもの。

となるとものすご面白い展開になりそうなものの、この設定をフルに活かせていない印象。

とか言いつつ、本シリーズにこんな真面目な感想を寄せる意味があるのだろうか。虚無。

なんだか締まりのない印象を受けたが、本作の責か私の体調のせいか、未検証だし、今後も不検証。
◎浜ちゃんが社長に間違われての高待遇!宴会での裸踊り、講演会でスピーチさせられたり、スーさんのオトボケと浜ちゃんの能天気さは何回見ても飽きさせない。
hoteltokyo

hoteltokyoの感想・評価

4.2
西田敏行演じる出世よりも釣りを優先するサラリーマン浜ちゃんと、三國連太郎演じるその企業の取締役代表鈴木社長ことスーさんによるドタバタコメディ。今度の舞台は岩手県釜石、スーさんが車を運転していた為、浜ちゃんが社長に、スーさんがただの運転手に間違われることから大事態に・・的な物語。

社長業にお疲れのスーさん。釜石に高級魚アイナメを釣りにいこうと浜ちゃんが誘うも、度重なる忙しさから消沈気味。ただし、次の出張先がたまたま釜石だったため、大喜びするスーさんと浜ちゃん。絶対に釣ってやると工夫を凝らした仕掛けを用意するも、現地から車を運転していたスーさんが運転手、浜ちゃんが社長と勘違いされてしまう。そのままノリで地方の講演会で演説する浜ちゃん、方や、久野綾希子演じる旅館の美女将と一日遠野観光をするスーさん。コメディ度が回を増すごとに増えていく。

そして、なんと若かりし頃の豊悦が新聞記者として登場するという・・・豪華絢爛ドタバタフィッシングコメディとはこのことよ!
2021.6.21
浜ちゃんが社長に、スーさんが運転手に間違えられてしまうドタバタ劇。コントのような回だった。
特茶

特茶の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

スーさんがカッコいい話。

浜ちゃんとスーさんが、1日平社員(厳密には運転手)と社長を交換することに。

旅館で出会った中居さんと仲良くなったスーさん。
普段の社長としての風格を捨てて、気品がありながらも優しいおじいさんとして付き合うことで、どことなく安心感を感じている中居さん。

なんやかんやあって中居さんの娘さんの結婚式に参加することになるのですが、そこでスーさんの身元がばれてしまいます。
スーさんが、大手企業の社長であることに気づかなかった恥ずかしさと馬鹿にされたような感覚にショックを受けた中居さん。

しかし、スーさんは優しいおじいさんとしてではなく、一流の大人として中居さんに祝いの言葉を伝えるのでした。

スーさんの大人としての色気を感じられる今作。
社長の役を演じることになった浜ちゃんは、持ち前のユーモアで人々の心を掴むのですが、スーさんのように社長としてビシッと締めるべきところを締めれないところに器の差を感じさせられました。

経営者として孤独な日々を送るスーさんにとって、浜ちゃんとの釣りや今回のようなお戯れは、社長ではなく1人の人間に戻れる大事な息抜きなのでしょう。

疲れていても再び社長へと戻っていくスーさんにプロフェッショナルを感じました。
ハマちゃん社長になるの巻

あれれ、釣りバカ、面白いぞ!
バスの中で、途中まで観たんだけど、声が出そうになるぐらい笑いそうになった!
良かった!マスクしてて…。
じゃないと、スマホ観てニヤニヤしてる変態だもの…。なハマちゃん6匹目。🐡🐟🐠🐳👶🐬

どーした!ハマちゃん!!!
3作連続で、合体失敗!
石田えりさんから、合体NGが出ちゃったのかな?
次作で、降板しちゃうみたいだし…。
まぁ、今回は、ハマちゃんが悪いよ!
合体したいからって、スーさんを追い返してたし…。

3作目までの内容を忘れちゃったんだけど、今作が一番面白かったような気がした…。
今回は、コントを見てるような回で、最後はホロッと感動もあって…。
若い頃のトヨエツも出てるし…。
若い頃のトヨエツって、どの映画観ても胡散臭い…。
あと泰造とホリケンが出てたみたいなんだけど、発見出来ず…。

岩手県釜石市で行われる講演会に呼ばれたスーさん。
そこでは、アイナメ釣りが盛んなので、ハマちゃんと一緒に出張することに…。
ただ、ハマちゃんは車の免許を持っていなくて…。
なので、スーさんが運転するんだけど…。
それが喜劇の始まりだった…。
宿泊先で、スーさんが運転手。なんとハマちゃんが社長と勘違いされ…。って感じのお話。

社長さんは、やっぱりスイートルームなのね…。
運転に疲れたスーさんは、ハマちゃん社長に全部丸投げ!
宴会で裸踊りを披露し、講演会では、本来のテーマを無視して、自分の子供が生まれた話をして会場は大爆笑!
盛り上げ上手なので、意外と社長業イケると思うんだけど、やっぱ無理かな?笑

んで、今回のマドンナは、久野綾希子さん。
まったく知らない女優さんなんだけど、イイ!
とーってもイイ!
ただ、大人な女性なので、自分とは、少し不釣り合いかな?笑
美人の仲居さんで、スーさんと良い感じになるんだけど…。
スーさんって、結構モテルのよ。
過去にも、マドンナと良い感じになる話があったし…。
※スーさんは、奥さんもいるし、子供もいます…。

マドンナの娘さんの結婚式のスーさんのスピーチが泣ける。
釣りバカは、寅さんと違ってハッピーエンドで終わるところがイイね!
最後は笑顔で…。素敵やん!


以下、一人言。

今作で、やまださんタグ99タグ目。
良く頑張ったぞ!自分よ!笑
記念すべき100タグ目は、もちろん、あの映画…。
なので、今年の釣りバカは、今作でおしまい。
また、来年!!!
>|

あなたにおすすめの記事