釣りバカ日誌20 ファイナルの作品情報・感想・評価

釣りバカ日誌20 ファイナル2009年製作の映画)

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.4

「釣りバカ日誌20 ファイナル」に投稿された感想・評価

とし

としの感想・評価

3.3
釣りバカ日誌シリーズ最終作。賽の河原で釣りをしようとするところなどはブラックがきいていい。佐々木課長役の谷啓はこれが遺作。
OsamuFujii

OsamuFujiiの感想・評価

4.5
ファイナルとは言わず、、、もっと観たい。三途の川まわりが描写サイコー。
にく

にくの感想・評価

-
『釣りバカ日誌20 ファイナル』。一構図内で会話する3人。ショット角が変わる度に彼らの姿勢も微妙に変化、出来の悪いジャンプショットのように映る。皆、高齢で長ショットに耐えられないのか。釣り場面に緊張感なく、松坂と吹石の母娘話と三国の家族問題も途中でうやむやに。地獄譚のみ楽しんだ。

このレビューはネタバレを含みます

AmazonPrimeビデオで鑑賞。本シリーズは三国連太郎さんの死去で自然消滅したもの思っていましたが、間違いでした。切りのいい20作品目で、三国さんも、谷啓さんもお年を召されたので、そろそろ終わりにしましょう、となったのだと思います。
スーさんの退任挨拶がそのまま、舞台で言う「カーテンコール」に移行します。そこがいい。
本作のストーリには登場してこなかった谷啓さんはこのカーテンコールに手を引かれながらちょこっと姿を見せます。なのにエンドロールでは上位に名前が登場します。昭和の大スターに敬意を表したということでしょう。
2部構成的作り。
北海道でのシーンと、
スーさんの物語。

エンドロールも
最後らしくほのぼのしていい。
コサカ

コサカの感想・評価

3.7
毎年お正月には家族で観に行っていた。
このシリーズのラストは感慨深い。

当時子供ながらに「合体!」は印象強かったなぁ
西田敏行は実際は釣り全然やらないらしいけど。

エンドロールに谷啓さんが出てくる所とか粋で好き。泣けちゃうね。
Addamsnana

Addamsnanaの感想・評価

4.3
とうとう、最後なのねぇって感じ、、
スーさんと浜ちゃんの絡みが後半シーズン少なかったからすごいよかった🥺❤️

イトウを釣る前に死んでくれが爆笑だった🤣

松坂慶子がまぁ〜キレイよ🥰

風刺のねじ入れかた、全シリーズ好きだったよ〜😭😭シリーズを通して日本の世の中の姿、本当に表してたと思う
走る車、事務所の電化製品何を見ても懐かしくて

死後の世界、ディズニーの繁忙期の人気なアトラクションみたいな感じ?蛍の光がジワるよ

奪衣婆サイコー🥺鬼灯の冷徹でもキャラ濃いけど、奪衣婆ってキーマンだねぇ
おもしろかった!

スーさんの会社に入りたい、スーさんみたいな人間になりたい。

エンドロール泣かしてくる〜!!!!この長いシリーズだったからこそ感慨深いし私の今まで見た映画の中でもトップスリーに入るエンドロールでしたわ🎞🎞🎞🎞パパイヤ鈴木で笑えた🥴

かなしいなぁー切ないなー

やりたい放題、前後の繋がりなしそんな映画もあっていいじゃないのだいすきよ。取引先の社長が突然スーさんの娘役ででてきても全然平気🙄
ここではファイナルの他は記録してないが、このシリーズは全部観てる。…多分。

適切な言い方かどうか分からないが、自分にとっては安牌なシリーズだった。
大きく外す事はない、イマイチだったとしても絶対にそれなりには楽しめる映画。

後年のドラマで西田敏行がすーさん役をやってたのも嬉しかったなぁ。
ばさみ

ばさみの感想・評価

3.5
奪衣婆のとこだけ覚えてるww
だつえば〜ばっだつえば〜ばっ

意味は最近知った。笑
北海道で完結

塚本高史、吹石一恵

最後まで貫いた釣り人生🎣

鈴木建設は永久に不滅です!