釣りバカ日誌4の作品情報・感想・評価・動画配信

釣りバカ日誌41991年製作の映画)

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「釣りバカ日誌4」に投稿された感想・評価

toolbox

toolboxの感想・評価

3.0
シリーズを連続して観ているが、面白い! 続きが楽しみ。というわけでもないが、別段つまらなくもなく、観終わった後に、次の作品の再生ボタンを押してしまう。
ボケーっと楽しめる映画ですね!

佐野量子が出てる!
棒読み演技が可愛いですね!
松竹+にて🐟🐟🐟🐟
前作でみち子さんに子供が出来たので本作は出産まで。スーさんの甥っ子がハマちゃん馴染みの漁船の妹さんに惚れて一騒動。
甥っ子さんが金持ちのボンボンなので庶民の娘さんの方が大変そうだけど2人揃ってプロレス好き、あの時代のプ女子なんて貴重ですからそりゃ捕まえた方がええですわ。その娘さん役が佐野量子、武豊の奥様で当時アイドルしていたので懐かしいですね。
釣り船の兄貴もスーさんも相手が油断してるところをいきなり叩く!という喧嘩必勝定跡…あれは喧嘩なれしてますね。
映画のお話の中で子供が出来ただけなのにこんなに幸せな気持ちにさせてくれて感謝です。
4作目

「僕はあなたを幸せにする自信なんかありません。でも、僕が幸せになる自信はあります。」
ハマちゃんらしい!
浜ちゃんは時代の先端を生きていた。会社の奴隷であることを早々にやめ、家庭を愛し、出産に立ち会い、趣味を愛することで、人に愛される。
建設会社社長のスーさんは、古き良き日本人男性の典型。
その二人の掛け合いは、先取りした時代の掛け合いに他ならなかったと気付いたとき、釣りバカ日誌の奥行きが見えてくる。
そして4では念願の子ども、鯉太郎が生まれます。
西田敏行相変わらず素晴らしすぎる。

新しい釣りバカシリーズが始まっていたことを最近知る。浜ちゃんは濱田岳、スーさんはなんとかつて浜ちゃん役の西田敏行らしい。こりゃ見てみたいです。

そして旧釣りバカシリーズはU-NEXTでは3/31で配信終了なのでみなさん1だけでもどうぞ。
これまでの初期作、自分の記憶の中にある釣りバカと比較してなんか欠けてるなーと思っていたら、八っちゃんがあんまり出てなかったからだった。
後期作ではもっとハマちゃんとの絡みが多かった気がする。

パートパートのコメディー要素が外しておらず、結構ずっと面白かった。

出張からの釣り服への早着替えとか、出産シーンとか。
その後のハマちゃんのいじけっぷりとか。

良かったです。
愛すべき釣りバカっぷりが
至るところで観られて良かったです。

出産前に男の子か女の子か教えてもらうときや
すーさんの甥っ子の関西弁注意するときの
ひとりで盛り上がって、
捲し立てる浜ちゃんがすごいです。

それにしても
甥っ子さん酷い言われようだったなぁ〜
hoteltokyo

hoteltokyoの感想・評価

4.3
西田敏行演じる出世よりも釣りを優先するサラリーマン浜ちゃんと、三國連太郎演じるその企業の取締役代表鈴木社長ことスーさんによるドタバタコメディ。スーさんは甥っ子が自社に入社するも、やる気がなくマンボウとあだ名をつけられる始末。時同じくして浜ちゃんとミチ子さんに子供が生まれようとしていた・・的な物語。

ついに浜ちゃんとミチ子さんに子供ができるも、今作はスーさんの甥っ子についてが今回の本筋。「マンボウ」とあだ名が付けられるほどボーっとしている甥っ子はどこか建設業に興味がなく、母から紹介されたお見合い相手の商社の跡取り娘にも興味がない。そんな甥っ子は入社そうそう営業三課に配属され、そこで出会った浜ちゃんに興味を抱く。そして家で浜ちゃんとミチ子さんの馴れ初めを訊いた甥っ子は、本当に自分がやりたいこと、好きな人と一緒にいることを選ぶ話。1回が2時間と完全に映画枠なのだが、回を追うごとにストーリーが展開する。なんだこれは。これが昔のドラマなのか。

途中、会社を逃げ出し駆け落ちする甥っ子であったが、それを追いかける振りをして釣りに出かけようとする浜ちゃん。まったくぶれない。そして後からヘリコプターで追ってきて一緒に釣りをするスーさん。こちらにもまったくぶれない。そして真鯛を釣る2人。この姿勢よ。この姿勢を私も見習いたい。鯛だけに。もちろん本筋は最高に胸が暖かくなる。浜ちゃんがミチ子さんにプロポーズした言葉「あなたを幸せにする自身はありません、ですが僕が幸せになる自身はあります」は究極。ずっと観ていたい。
青

青の感想・評価

5.0
あなたを幸せにはできないけど、あなたといれば俺が幸せになれるていい言葉よな
2021.6.20
今回はスーさんの甥がヒロインに惚れるという寅さんみたいな展開だった。あと、鯉太郎くん誕生でめで鯛ね。
>|

あなたにおすすめの記事