教授とわたし、そして映画の作品情報・感想・評価

「教授とわたし、そして映画」に投稿された感想・評価

個人的に、5月はホ・サンス監督作品強化月間。

この作品はなんやかんやと3回目の視聴。
エルガーの行進曲「威風堂々」が、これほど皮肉めいていながらも絶妙に似合う映画作品は他にあるだろうか?

若き頃のイ・ソンギュンがの軽薄で調子がいいプレイボーイの映画監督役が、どこか憎めなくて実に役に合ってる。

初見では、途中で時間が4年前に戻る部分を見落としがちなので要注意。

「ヘウォンの恋愛日記」でも山をハイキングする描写が大事な部分で登場するが、今作のクライマックスも最後の章のアチャ山登りをヒロインが「年上の男」「若い男」と同時に付き合う男性と別々の日に実行し、二人の男性の行動や言動を比較する下りが作品の見どころ。今の時代を生きる女子大生の恋愛感覚が垣間見えて非常に楽しい。

ただ、三回目の視聴の今回は、自分がリアルに「年上の男」目線に立ってしまい、本来はコメディなのに、やるせない哀愁の念を感じてしまった。

登場キャラクターたちの台詞が実にリアルなのも、やはり、ホン・サンス。
YukikoUnno

YukikoUnnoの感想・評価

3.2
時系列がちょっと難しいんだけど、最後の話はわかる。別の人と同じシチュエーションで何かを確かめたい、
相手の振る舞いというより、自分の中の変化というか。
仁

仁の感想・評価

3.6
初ホンサンス、例のズームがこんなに連発されるもんだと思ってなくてビックリした。韓国のエリック・ロメールって呼ばれてるのは理解できたけど正直これ1作では全然掴め切れなかったので深掘りしていきたい。初期濱口作品とかこれとか、画質チープでも魅せれる映画はすごい。
SOU

SOUの感想・評価

3.8
凄く見せてくれるなという印象

自然な雰囲気が記録映像みたいに感じられた
ミク

ミクの感想・評価

3.5
受け入れたくない噂話が図星だった時にムキになる感じ。素直や純粋な言葉のゴリ押し。タコの嘔吐。温室で酒そしてキングオブキス。
q

qの感想・評価

-
なんとなくホンサンスがみたいなと思って大学の図書館に行ったら沢山あっておどろいた、話の流れやキャラクターはいつもの感じで気楽にぼんやり観てたらあっという間だったが確実に特別好きだった オッキは素直だけどどこか迷いがあり、愛する二人とそれぞれ山を登ったことを通じて、日常という反復のなかの差異を信じたかったように見えた 男と女では見えているものがちがうのだやはり ホンサンスの好きな部分のひとつは台詞だなあ 生きている人間の台詞 すこし生き返った
物語の次元で何が起きているのかわからないことを差し引いても、何かこの映画の本質を捉え損ねている気がする。あるいは映画に本質なんてものはないとしても、その何かはとても大切なことのようにも思える。
画面の中の(物質的な)温度が巧みに操られていて、その緩急にびっくりするくらい心を掴まれた。
まさかのオム・テグ出演作VOD耐久ラリー走破途中ホン・サンス下車。
ホン・サンスに限ったことではなく、無理にでも「面白い」って言わねば。みたいな強迫観念セット分売不可。みたいな作家っていますが、真顔ですみませんこれは上澄みでしょうか、底のほうをかき混ぜたら濃い味が出ませんかAJINOMOTO入れちゃダメですか。みたいなことをずっと考えていた私はそう、がさつなハリウッド映画育ち。圧倒的アウェイ。
それでも興味深かったのは、主義主張を通そうとする時とにかく大きな声を出すってプロトコルが浮き彫りになるんですけど、「社会を描かない」とされている監督なのに、その瞬間、画面からものすごく韓国社会の空気が流れてくるところね。

合計15秒ぐらいの出番しかなかったオム・テグ、作中の美的見地を共有しない一種の異邦人役でしたが、俺と同じ嵌らなかった仲間だし合わない作品にも合わないなりの楽しみ方はある(=年の功的な落としどころ)。
いや〜これはホン・サンスの中で一番食らった!

まず構成からして意地悪。
とにかくイライラするパラサイトの社長。
感じ悪さ全開の雰囲気のある一日。
でも最後の「もう映画は撮ってないんだ」に滲む諦念がなんとも悲しくて。

そしたらいきなり若返りやがって
やっぱりイライラする大学生になってて、
オッキという魅力的な女性に翻弄されるという。
たぶん初めてだとか言ってんの嘘なんだけど、
オッキも教授との恋愛を隠してるわけだからおあいこで、
でもその実りのなさが切ないんだよな〜。

どうしても自分の大学時代と比較しちゃって、
単純にこのモテてるのに積極的に行動する感じに嫉妬を感じる一方で、
やはり実りのない徒労感も感じるし、
結局、教授の手の上で踊ってるとも言えるし、
どっちみちいや〜な気持ちになる。

やっぱホン・サンスは不倫の話だから、
この「実りのなさ」がいつも気持ち悪いんだけど、
今作ってそれがある種の純粋さを汚してく感じがより色濃く感じられて、
端的に言うとオッキに関わった社長も「感染」したと見える感じもあって
本当になんつー嫌な話なんだろうと思う。

これ撮って、この後に出会うキムミニと不倫とか、
もう数年後にはアウトな倫理観かもな。
しゅう

しゅうの感想・評価

3.6
『別の人の彼女になったよ』反復だというと安っぽいでしょうか

やっぱり言葉なので、過去を思い返して、うぇっとなった、なんで地元のちっちゃTSUTAYAなのにおすすめコーナーにあったんだろうか
>|

あなたにおすすめの記事