玄海遊侠伝 破れかぶれの作品情報・感想・評価

「玄海遊侠伝 破れかぶれ」に投稿された感想・評価

マキノらしく男と女の情感だとかワッショイワッショイ敵をやっつけたり楽しいのだが、ラストの出入りにしろ勝てないと言われていた割にアッサリ片付いちゃうのはなんでなんだぜ。アクションに期待すると肩透かしなんだな。勝新もほとんど拳銃撃ってばっかりだし。
かおり

かおりの感想・評価

4.0
映画のまち調布シネマフェスティバル2019の大楠(安田)道代さんと鈴木敏夫さんのトークショー&上映会で鑑賞。

トークショー→上映会という流れでしたが、大楠道代さん、お年を召してもお綺麗でした。

と、思ったら、この作品では更に美しかった!
もうその美しさにうっとり。
京マチ子さんの所作の美しさにもうっとり。

昔の日本映画を観ることは殆どなかったのですが、是非、他の作品も観てみたくなりました。

勝新太郎さんとかカッコいいんだけど、とにかく女優さんの美しさに驚きました。
視線や所作が言葉よりも多くを語っていて美しい。
やー

やーの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

かつて東映で公開された鶴田浩二と藤純子のタッグによる『日本大侠客』を、監督のマキノ雅広がセルフリメイクしたのが本作『破れかぶれ』だという。鶴田浩二の演じた吉田磯吉を勝新に、藤純子の演じたヒロインお竜を安田道代に、それぞれキャストを替えて撮り直したというのだからマキノの並々ならぬ執念を感じる。

仁義を貫き、自らを慕う労働者たちとともに権力に抗する磯吉の性格と、勝新の愚直で無骨な風貌が見事に調和しており、鶴田浩二版にはない粗削りなリアリティが加味されている。また、磯吉への無垢な純愛と欲に汚れた権力者の寵愛の狭間で苦悶するおりんを儚く妖艶に演じて魅せた安田道代もすばらしい。

残り少ない命を燃やして磯吉を助太刀する小野田修次(松方弘樹)の役柄は、物語の終盤に儚げな華を添えるのに一役買っているし、一人で乗り込んだ鶴田浩二版と異なり、大勢の仲間を率いて敵方へ討ち入る勝新の立ち回りは見ていて胸が高鳴る。実話でありながら観客を楽しませるためのエンターテインメント要素をしっかりと盛り込んだ丁寧なつくりの作品だった。まぎれもない傑作。
昔観た時は毒にも薬にもならない映画だと思ったが、リメイク元の『日本大侠客』を観てから再見すると鶴田浩二と勝新の差分が面白い。

鶴田浩二が男気で相手を宥めるシーンでも、勝新は食い気味でぶん殴る。
面白いのは鶴田版だけど、実在のヤクザと考えると勝新の方が現実に近そう。
明治期に北九州の発展に貢献した吉田磯吉なる人物の若い頃の物語である、、、らしいw

無鉄砲で暴れ者な勝新太郎ではあるが、弱きを助け強きを挫く、筋の通った度胸のある男なので自然と仲間は増えていく
私利私欲に走る地元ヤクザと対立し、地元の民草を守るための戦いが繰り広げられる!

勝新を助ける仲間で津川雅彦、松方弘樹ら、勝新に惚れる女郎で安田道代、姉役で京マチ子、悪役は天津敏、山本麟一、岸田森らが出演

安田道代がめっちゃ美人!この人こんなに綺麗だったっけ?とびっくりした
近年のイメージとか氷点なんかの時ともまた違っていて女優だなーって
この安田道代を見れたのが一番の収穫だと思う、登場する度に惹きつけられる魅力があった
誰かに似てるなーってずっと思ってたんだけど、なんとなく沢口靖子に似てると思う

おふじ役の南美川洋子さんって方、初めて知ったけどなかなか魅力的で良かった
京マチ子は中盤であっさり退場、見る前からこんなのにマチ子様出てるの!?って思ってたけど、懸念通りいまいち任侠映画?に似合わないなー、もったいないなーって思う

あとは松方弘樹なんかも出てるんですが、この頃って大映にレンタルされていた時期なんですよねー、大映の松方弘樹ってほとんど見たことないと思うのでその点では収穫か
でもあまり溶け込んでる感、フィット感がない、印象的な役なんですけどまだこの頃って凄みが薄いと思う

ストーリー的にはたいしたことないお話だと思うんですが、やはり監督がマキノ雅弘ってことでそれなりの良作風に仕上がってる点は流石
とにかく安田道代が素晴らしかったのでその点だけで一定の評価をしたくなる作品
一

一の感想・評価

-
とんでもない魅力をふりまく安田道代と待ってましたの東映感をふりまく天津敏。
shibamike

shibamikeの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

お竜ーーーー!!!(号泣)

全俺が泣いた。
北九州の怖い人達のお話。
北九州には「若松」という場所があって、その土地を吉田磯吉という実在の人物がまとめていたらしいのであるが、その人物を勝新が演じて、悪いことしようとする組と喧嘩したりする吉田磯吉の伝記的映画。
この吉田磯吉という人は最終的に国会議員にまで登りつめたらしく、近代ヤクザの祖とからしい。そもそも近代ヤクザって何よ!

自分の半生の脳ミソでは映画の細かいところが分からず、結構ボーッとしてしまったのであるが、殴り込みを仕掛けるシーンで男達が命を顧みずに気勢をあげるところとかはブルっときた。

そして、何より磯吉と結婚できなかったお竜が切なかった。磯吉の姉貴が臨終間際に余計なこと言うから!と自分はヤキモキしたが、男と女の惚れた腫れたは切ないとぉ(博多弁)。
磯吉と結婚の誓いをした夜には「若松ってホントに良いところねえ!」とキラキラだったお竜が、数年後、磯吉が他の女と結婚したことを知ると「若松ってホントに汚いところねえ…」とこぼす。
お竜ーーーーー!!
こらえてくんさい、こらえてくんさい!(何弁?)
大野

大野の感想・評価

-
持続的な暗闇の中でも、絶妙な距離感を観客が感知できる。
@シネマヴェーラ
前半は年月の経過をとんでもないスピードで進めるのだが違和感なくまとめてるのが上手い。
流石にマキノだ。

後半から室内で人にカメラが寄るときやけに揺らすようになる。
撮影が牧浦とは思えないくらい安っぽいが、ラストの討ち入りの街灯は良い。
討ち入り直前の敵に囲まれながらの集会の造形は出色。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.3
スカパーにて。巨匠マキノ雅弘の監督作で東映時代に作った「日本大侠客」のセルフリメイクだそうな。
主役の勝新は“吉田磯吉”なる、北九州の炭坑産業で活躍した、実在の俠客だそう。

実在の人物だし、エンディングで現在の銅像も映っているので、相当影響力があった人物っぽい。
ヤクザとはいえ、義理人情に熱い正義との人だと描写されてはいる。
しかし勝新の演技に氏の持つ破天荒さのイメージが強く、キャラが浮世離れし過ぎて、ものすごいフィクショナルな感じ。
映画の脚色もあるだろうし、実際はきっとこんな人物じゃないだろう、と思われる。

冒頭は韓国で始まる。憲兵に虐げられる朝鮮人を救う磯吉。相棒役に松方弘樹も登場。
北九州に帰り石炭詰みの労働者に慕われる磯吉。実家の料亭はヤクザ家業を嫌うが磯吉には目をかける。姉役に京マチコ。
政界と繋がり労働者から搾取をしようとするヤクザに磯吉の怒り爆発。

敵側に囲われている芸者に安田道子。超綺麗。眉毛が刺さりそうな程に尖ってる。敵だが磯吉に入れあげ影でバックアップする。
キップが良くて甘え上手、しかも九州訛り。これは男は落ちますわ。

正直言って任侠物としてはありきたり感はある。安田道子が一番の見所でしたな。
>|