玄海遊侠伝 破れかぶれの作品情報・感想・評価

「玄海遊侠伝 破れかぶれ」に投稿された感想・評価

とも

ともの感想・評価

4.0
日本大侠客を思い出しつつ…
天津敏どこで出てくるかなーと思ってたら、ここか!!!
'66東映『日本大侠客』のリメイク。
端正な画をシャープなカッティングで魅せる大映流のやり方が、マキノの躍動感を殺してしまっている。でも相変わらず役者は活き活き撮れている。
闇の美しさはさすが大映技術部。
mstk

mstkの感想・評価

-
2014/12/02
『玄海遊侠伝 破れかぶれ』。高倉健も菅原文太も文句なくカッコいいが、それでも男っぷりで勝新に勝る者はない!弾丸を一発残したが故に行き違う事になったとしか思えない安田道代との縁。恋慕を身をよじらせ「お乳が痛か」と押さえた乳房を自ら撃ち抜く、彼女の映画でもある。
この時代背景、方言、雰囲気がいい。任侠映画でもこのくらいのバランス感が見やすい。
監督・マキノ雅弘。主演・勝新太郎。北九州の発展に尽くした明治の侠客・吉田磯吉の若き日を描く。このテの映画を好む人にとってみれば、ストーリー的にはよくある任侠モノだろう。だが、勝新をはじめとするキャラが濃くて格好良い。京マチ子は貫禄充分。勝新に惚れた安田(大楠)道代が、その恋心を「お乳が痛い」と表現したときにはのけぞった。剣客・松方弘樹も良い味出している。まあ、あのラストで、どうして問題が解決しちゃったのかはよくわからないけれど。