シェラマドレの決斗_1の作品情報・感想・評価

シェラマドレの決斗_11966年製作の映画)

THE APPALOOSA

製作国:

上映時間:98分

3.4

あらすじ

名馬と共に奪われた名誉を取り戻すため戦いを捨てた男が再び立ち上がった! 名優マーロン・ブランド入魂のスタイリッシュな映像美が光る野心的なウエスタン 1870年メキシコ国境近くの町オホ・プリエト。戦いに疲れたマテオ(M・ブランド)は、名馬アパルーサを種馬にして牧場を開くために生まれ故郷へ戻ろうとしていた。ところが立ち寄った村で、美しい女トリニ(A・カマー)に馬を奪われそうになった。彼女はこ…

名馬と共に奪われた名誉を取り戻すため戦いを捨てた男が再び立ち上がった! 名優マーロン・ブランド入魂のスタイリッシュな映像美が光る野心的なウエスタン 1870年メキシコ国境近くの町オホ・プリエト。戦いに疲れたマテオ(M・ブランド)は、名馬アパルーサを種馬にして牧場を開くために生まれ故郷へ戻ろうとしていた。ところが立ち寄った村で、美しい女トリニ(A・カマー)に馬を奪われそうになった。彼女はこのあたり一帯を牛耳るメディナ家の頭領チュイ(J・サクソン)の情婦で逃亡を企てたのだった。しかしチュイの部下に捕まって失敗、チュイは面目を保つため、馬を買うのにトリニに試乗させたのだと嘘をついた。そして強引にマテオから買おうとするが、マテオは売る気はなくチュイの脅しにも乗らずに生家に向かった。怒ったチュイはマテオの生家を襲い、馬を奪った挙句、マテオを屈辱的に痛めつけた。傷の癒えたマテオは馬を奪回するべく、単身チュイのもとへ向かうが、チュイは軍隊のような部下を持っていた。チュイの根城に潜り込んだマテオはトリニの部屋に忍び込み、彼女を使って馬を取り返そうとするが、待ち構えていたチュイたちに捕まってしまう。

「シェラマドレの決斗_1」に投稿された感想・評価

マサ

マサの感想・評価

3.0
馬を奪われ恥辱も受けた主人公が復讐のために1人で敵地に乗り込む!銃撃戦よりも、恐怖の腕相撲が脳裏に残るだろう!
hiroki

hirokiの感想・評価

-
酔っ払って吊るされたり腕相撲で負けて毒サソリに刺されたり散々な目にあうブランド。脅し文句だけは迫力あるのだが
漢たちも男子力を磨くべし(笑)⑧

HD画質にて再鑑賞。
所有のVHSとは雲泥の差。
VHSではそれほど顕著ではなかったラッセル・メティの素晴らしい仕事っぷりに驚かされました。
孤児だった自分(白人)を実の子供のように育ててくれた今は亡き養父(メキシコ人)の息子夫婦一家と牧場を作るために帰郷した情に厚い男のお話。
あのキング・オブ・ウエスタンを魅了したことでも有名な名馬品種アパルーサ(非常に賢く馬体も丈夫で身体能力の高さはサラブレッドをも上回ると言われています)に跨るマーロンが絵になります(因みに本作に出てくるアパルーサはお尻の部分だけがダルメシアン柄になってます。ナポレオンを演じた「デジレ」でマーロンが乗っていた馬もアパルーサでした。「デジレ」でお気に入りの品種となったのでしょうか♪)。
マーロンはハリウッドのアパルーサみたいなもんですから当然と言えば当然ですが。
この名馬をめぐってひと悶着あります。
派手な銃撃戦や乗馬アクションは全くありません。
男達の誇りがぶつかり合う無骨なヒューマンドラマといったところでしょうか。
やっぱマーロン格好いいわ~☆彡

~追記~
ロシアン・ルーレットなんかよりも怖い…怖い…アーム・レスリングが見れます(;´Д`)

男子力指数 フランク・シルヴェラが演じた役柄に90%