ばしゃ馬さんとビッグマウスのネタバレレビュー・内容・結末

ばしゃ馬さんとビッグマウス2013年製作の映画)

上映日:2013年11月02日

製作国:

上映時間:119分

3.4

「ばしゃ馬さんとビッグマウス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ハッピーエンド王道物語ばかり見てきた僕にとって、こんなにも現実的で、ただ、こんな終わらせ方もあるのかと、負けたのに清々しいあの気持ちを思いました。

「けじめの映画」素晴らしい表現だと思います
リアリティがすごくて辛い。。
あるあるだし、こういうやついるいるって

馬車馬な面も、ビッグマウスな面も、両方持ってるな、私、、。

監督役まじで嫌だった😭なにあの喋り方。いい意味で。
エレベーターですれ違った奴も覚えとけよなー!笑 イラつく役だったわ

よく練られた会話だなー。。そして名ゼリフありまくりだったと思う

環境音少なくて、会話がクローズアップされた音声

麻生さーん😭😭😭今も未練のある元彼の前で夢を諦めるにはどうしたらいいのって、泣きじゃくってからの、キスされ襲われて、でも、抱いてもらえない、とか、もう辛すぎる。。

酔って天童さんと電話。からの、両親の優しさ。で涙腺崩壊。
誰か一人でも認めてくれる人がいるって、大きいんだよなぁ。。けちょんけちょんだからね、基本。救われるんだよなぁ。だって、誰かに喜んでほしくて、認めてほしくて、やってるんだもん。

岡田さんの、今でも役者にめちゃめちゃ未練ある。っていうエピソードが優しすぎた。。諦めずにがんばってる人に対して。優しすぎる

安田くんの優しさや可愛らしさが弱さが出ていて、やはり吉田恵輔さんは引き出す天才だ と。

『そういうものですよ。』ほんと麻生さん素晴らしい。

もうやばい。ハッピーエンドじゃないけど、世界は美しいなって、人生は尊いなって思えた。絶妙なエンディングだった。。

山田真歩さんの役も、1回プロデューサーにバックれられて、それから大賞とってるからな。なにげに。夢を叶えた人もいるんだよなー

語りたいことが多すぎてまとまらないレビュー😭
つらい映画。馬淵さんの感情が痛いほどわかったから。
どんなに長く続けても努力しても届かない虚しさ、周りへの劣等感、理不尽なことへの怒り、自分の情けなさ、先の見えない不安。いろんな感情を抱えながら活動を続ける馬淵さんを見ているのがつらかった。ちょっと捻くれてしまってるところも尚更。
私は無理だと思ったらすぐ手を引いてしまうから完全には理解できないけど、そこまで人生をかけられる事がすごいと思ったし同時にカッコいいって思った。
最後の河原のシーン、めっちゃ好きだなー!!!良かった!
夢は山ほど見れるのに現実は直視できないよね 現実見てそれでも前に進めるって素敵だ それで諦めても絶対無駄じゃないし 辛いけど やだなぁ 頑張ろう
脚本とリンクする表現も含めて素敵な映画だった
夢を追いかける勇気がなかった自分にとって、夢を追いかけ続ける勇気を持った人たちは、羨望の的であり無条件に応援したくなってしまう。
でも、ろくに知りもしないで、応援し続けることは残酷なことかもしれないと考えさせられた映画でした。

それでも、懲りもせず馬渕さんには、
人生を掛けるくらい好きなものを
ずっと好きであってほしいな、と思ってしまう。
最初は安田くんがきつかった。だんだん麻生久美子がきつくなっていった。わたしもこの間バイトの面接で「君のいっていることは薄い。この仕事はそんなに楽しいものじゃない。好奇心だけじゃだめなんだ」と言われたばかりです。とてもリンクしました。というか、言われた日に泣きながらツタヤにいって借りて来た映画でまた言われて、辛いです(笑)麻生久美子を見るのが辛くなっていったのは、わたしもおんなじことを言われて、おんなじように泣いたから。安田くんを見るのが辛くなくなっていったのは、彼はだめなところを指摘されて、ふてくされずにちゃんと向き合う姿勢を見せたから。

そしてわたしも、夢を叶えられる方の人間だと思っていました。というか今でも思ってます。「夢を叶える人はいるけど、それの倍叶えられない人もいる」って言葉が残りました。わたしは叶えられないかもしれないけど、それでも悔いのないように、一生懸命ばしゃ馬したいと思います。

安田くんの恋、応援しています。ぜひ、シナリオ通りになってほしい。

映画なのに股間にそのままのモザイクを入れてる映画は初めてみました。サイコーに笑えました。あとジャニーズなのにオナニーシーンがあるのも(笑)
泣かないで恋人よ映画

夢がある人と夢がない人
どちらが多いかは分からないけど、
夢が叶う人と夢を諦める人
どちらが多いかは明白である
そういう意味では現実的な映画だった

オチだけ観てしまったらなんてことないが、そこまでの過程が人間味に溢れて面白い
元カレとの情事未遂は最高に笑えた

だが天童くんがどうも浮いて見えてしまった
お前は一体誰なんだ
もう少し掘り下げて欲しかったかも

諦めきれぬことがあるなら
それはきっといいことだ
と、ブルーハーツが歌っていたのを思い出した
追いかけ続けた夢は、叶えるのも、諦めるのも難しい。きっぱり諦めたようでもやっぱり未練がどうしても残ってしまう。本気だったからこそなんだよなあ。
放映してた高校生の時じゃなく、今見たからわかる映画だった。
ありふれた映画みたいに全部まとまって落ち着いて、はい!ハッピーエンド!みたいに終わらない感じも良かった。現実ってそんなもん。
ただどうしてもばしゃ馬さんが好きじゃないタイプでずっと小さくイライラしてしまう。主人公に共感出来ないパターン。
天童が初めて落選して商店街(?)を走るシーン。あれは成人男性の出せる声じゃない。かわいい。あとあの顔面のクセに煙草ずっと吸ってて、のわりにコーヒー飲めない。かわいい。つまり安田さんが全般かわいい。
私が安田章大のファンだからとか、そうではなく、映画として1番好きな作品。中学生の時に鑑賞し、世の中の厳しさに打ちのめされつつも何故か後味が良かったことを覚えている。追いかける夢があることは素敵だけど、大抵の夢は叶わないし、諦めることもできない。いつか大きな壁にぶつかる日が来ても、そんな自分を肯定できるような気がした。麻生久美子さんがとてもかわいい。
エンドロールでちょっと泣いてしまった
音楽が優しくて好きやった
あと映像も儚げで綺麗に見えた
最後にどんでん返しもないのが良かった