ばしゃ馬さんとビッグマウスのネタバレレビュー・内容・結末

ばしゃ馬さんとビッグマウス2013年製作の映画)

上映日:2013年11月02日

製作国:

上映時間:119分

3.4

「ばしゃ馬さんとビッグマウス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

夢は山ほど見れるのに現実は直視できないよね 現実見てそれでも前に進めるって素敵だ それで諦めても絶対無駄じゃないし 辛いけど やだなぁ 頑張ろう
脚本とリンクする表現も含めて素敵な映画だった
夢を追いかける勇気がなかった自分にとって、夢を追いかけ続ける勇気を持った人たちは、羨望の的であり無条件に応援したくなってしまう。
でも、ろくに知りもしないで、応援し続けることは残酷なことかもしれないと考えさせられた映画でした。

それでも、懲りもせず馬渕さんには、
人生を掛けるくらい好きなものを
ずっと好きであってほしいな、と思ってしまう。
最初は安田くんがきつかった。だんだん麻生久美子がきつくなっていった。わたしもこの間バイトの面接で「君のいっていることは薄い。この仕事はそんなに楽しいものじゃない。好奇心だけじゃだめなんだ」と言われたばかりです。とてもリンクしました。というか、言われた日に泣きながらツタヤにいって借りて来た映画でまた言われて、辛いです(笑)麻生久美子を見るのが辛くなっていったのは、わたしもおんなじことを言われて、おんなじように泣いたから。安田くんを見るのが辛くなくなっていったのは、彼はだめなところを指摘されて、ふてくされずにちゃんと向き合う姿勢を見せたから。

そしてわたしも、夢を叶えられる方の人間だと思っていました。というか今でも思ってます。「夢を叶える人はいるけど、それの倍叶えられない人もいる」って言葉が残りました。わたしは叶えられないかもしれないけど、それでも悔いのないように、一生懸命ばしゃ馬したいと思います。

安田くんの恋、応援しています。ぜひ、シナリオ通りになってほしい。

映画なのに股間にそのままのモザイクを入れてる映画は初めてみました。サイコーに笑えました。あとジャニーズなのにオナニーシーンがあるのも(笑)
泣かないで恋人よ映画

夢がある人と夢がない人
どちらが多いかは分からないけど、
夢が叶う人と夢を諦める人
どちらが多いかは明白である
そういう意味では現実的な映画だった

オチだけ観てしまったらなんてことないが、そこまでの過程が人間味に溢れて面白い
元カレとの情事未遂は最高に笑えた

だが天童くんがどうも浮いて見えてしまった
お前は一体誰なんだ
もう少し掘り下げて欲しかったかも

諦めきれぬことがあるなら
それはきっといいことだ
と、ブルーハーツが歌っていたのを思い出した
追いかけ続けた夢は、叶えるのも、諦めるのも難しい。きっぱり諦めたようでもやっぱり未練がどうしても残ってしまう。本気だったからこそなんだよなあ。
放映してた高校生の時じゃなく、今見たからわかる映画だった。
ありふれた映画みたいに全部まとまって落ち着いて、はい!ハッピーエンド!みたいに終わらない感じも良かった。現実ってそんなもん。
ただどうしてもばしゃ馬さんが好きじゃないタイプでずっと小さくイライラしてしまう。主人公に共感出来ないパターン。
天童が初めて落選して商店街(?)を走るシーン。あれは成人男性の出せる声じゃない。かわいい。あとあの顔面のクセに煙草ずっと吸ってて、のわりにコーヒー飲めない。かわいい。つまり安田さんが全般かわいい。
私が安田章大のファンだからとか、そうではなく、映画として1番好きな作品。中学生の時に鑑賞し、世の中の厳しさに打ちのめされつつも何故か後味が良かったことを覚えている。追いかける夢があることは素敵だけど、大抵の夢は叶わないし、諦めることもできない。いつか大きな壁にぶつかる日が来ても、そんな自分を肯定できるような気がした。麻生久美子さんがとてもかわいい。
エンドロールでちょっと泣いてしまった
音楽が優しくて好きやった
あと映像も儚げで綺麗に見えた
最後にどんでん返しもないのが良かった
馬淵さんの必死さ、わかる気がする、それだけに観ていてとても胸が痛かった。ヒリヒリと。

追う夢があってうらやましいという気持ちもあるけど、そんな甘いものじゃないよね。あきらめる、やめることの難しさ。あきらめることを選んだ馬淵さんの笑顔に泣きたくなった。

最後の天童くんの思いついた「次の企画」にうなずくことも「待ってる」と言うこともできない、それをするには大人になりすぎている馬淵さんが切なかった。あそこで走っていって胸に飛びこむ、なんてことはほんと「ベタすぎ」で、でもまるっきり否定することもできず「さぶ」と笑うことしかできなかった馬淵さん。押しつけられない天童くん。あの土手で決して振り向かない馬淵さんの背中を見送る天童くんはどんなかおをしてたのかな。天童くんは夢を叶えられるかな…。

すごく現実的で、だからこそ胸が締めつけられる映画でした。
とてもいとおしい作品。
あたしにとってこの先何度も観たくなる映画になると思う。
 脚本家を目指してシャカリキに頑張る34歳の女性主人公と口では凄いこと言うけど実際何もしないビッグマウス君が喧嘩しながらもお互い脚本コンクール受賞を目指して頑張るという話。
 
 夢に向かって頑張る人の危機感や焦りがこれでもかと描かれていて、見ていて辛いことこの上ないストーリーでした。脚本家を目指す人たちという映画のバックステージ物の面白さとしても十分面白い映画だと思いました。
 そしてその世界の中で、頑張ってるのに報われない。夢と現実の違い。ならどこで折り合いをつければいいのか?

 いろんな事を吸収しようと本もたくさん読むしいろんな人の話を一言一句メモを取って頑張るばしゃ馬な気持ちもわかるし、周りが書くもの全否定して「自分が書けば簡単に賞を獲れる」とか話す人の気持ちも十分わかる。
 そして地元の友だちの結婚式で「夢、目指して凄いね。映像になったら絶対見るね」と上辺だけかもしれないけど羨望の眼差しで見られる。「全然すごくないよ、私なんて」という台詞が凄くわかってこれも見てるのが辛い。

 主人公の元カレさんがとても良いポジションの役割で、役者を目指してたけど。今は介護士として頑張っている。
 主人公が「夢をかなえるのは難しいけど、夢を諦めるのはもっと難しい」と長回しで涙ながらに語るシーンは、涙なくして見られなかったです。

 ビッグマウスくんは「自分はやろうと思えばやれる」と言いながら、パソコンの前に座ると一文字も書けない。この生み出す苦労というのもめっちゃわかります。テレビつけっちゃったり。
 そして一次審査も通らず、ヘンテコな声出しながら商店街を全力疾走したくなる気持ちも凄くわかる。落選の辛さ。

 あれだけ喧嘩してた2人がお互いを認め合い最後にコンクールに向けてシナリオを書いて結果。その後、ここの演出も悲しいったらなかったです。ピアノの旋律も印象的な音楽で雰囲気を盛り上げてよかったです。 

 吉田監督作品らしくちょこちょことした笑いが入ってきて面白いですが、主人公たちが会話している背後とかでいろんな動きをしてたりするので会話に集中できないのが難点でした。 
 それにこの映画の答えは、映画らしいっちゃ映画らしくて。この主人公は帰れる場所はあるからいいけど、帰れる場所がない人は夢を諦めるかどうするかの岐路に立ったときどうしたらいいのだろう? とも思いました。
安田くんの演技が結構良かった
ちょっと残念な話だけど、暗い感じに終わらずにスッとできる映画