インセプションの作品情報・感想・評価・動画配信

インセプション2010年製作の映画)

Inception

上映日:2010年07月23日

製作国:

上映時間:148分

4.1

あらすじ

「インセプション」に投稿された感想・評価

今いる世界は夢なのか現実なのか
そんなものはどうでもいいと思えるほどの居場所を見つけるべきだと考えさせられた。
maichi

maichiの感想・評価

4.3
眠ることによって、特殊な方法で相手の夢の中(呪術廻戦で言えば領域展開🤞🏻)に入り込んで戦うという世界観が面白い。

眠っている間は、そこが現実になる。

裏を返せば 今居る世界が夢か現実なのかわからなくなる。

洋画だけど渡辺謙さんが出てるのも魅力的。

もう一度復習したくなる映画✨
Toma

Tomaの感想・評価

3.6
クリストファー・ノーランを振り返る 第一回

一回見終わった後にもう一度最初から見たくなる作品。
そうじゃないと誰が何で何が何だか終わる頃には忘れてるくらい頭使う。
TENETとかもうどうなっちゃうのかしら…。
夢でくらい好きな人と会いたくなっちゃうよね。
気持ちは分かります。
そういう弱味がある主人公像は良い。
インセプションされてしまった御曹司はこの後どう過ごしてるかな…。
それが他意によるものとも知らずに。
夢の中で夢を見させるという発想がすごく面白い。
夢が現実か区別を付けられなくしその状態でアイデアを抜き取ったり植え付けたりすることの便利さと難しさ、そしてその複雑さ故に自分たちにもそれが返ってくることもあると知らなかったのはしょうがないよね。
とりあえず次はメメントでも見ようと思います。
前提として、私はクリストファー・ノーラン信者です。メメントで知ってからは、毎度新作にワクテカしてます。


本作は、アメリカ留学中に現地劇場で観ました。テレビでもトレイラーかかりまくっていましたが、公開日まで内容が謎に包まれていて、みんなで一体どんな映画なんだ??って話題になっていました。

初日に劇場で観た時は、第二階層でアーサーにぐるぐる巻きされるとこで、ハッハーって爆笑する人がいたり、最後のラストシーン後にみんなオーマイガーってしてたのが印象に残ってます。

そもそも、住んでたところがメイン州ていうド田舎だったのですが、田舎だからなのか、映画館でリアクションとる観客が多くて、それがとても面白かったです。アイアンマン2とか、キックアス、スコットピルグリムを観た時も、現地観客の反応に笑った記憶。

また、大学にも映画流せる劇場施設があって、新作から2か月くらいで無料で上映してたので、毎週末友達と見にいっていた思い出。あのときは、楽しかったなぁ。。(内容理解は正直半分以下ですが)

初回鑑賞時、私も大体ストーリーわかった気でいて、あーおもしろかった!と思ってたのですが、日本帰ってきてDVDで再見したら新情報だらけでビビりました。(大学でも観ていて3回目の鑑賞だったのに)

当時は”limbo”とかなんのこっちゃかわからないまま見てましたが、日本語だと”虚無”って意味なんですね。(まぁ、虚無という日本語もそれなりに意味不明な言葉ですが)

厨二病患者の私としては、あの胡蝶の夢的なストーリーがたまらないです。

“荘周である私が夢の中で胡蝶となったのか、自分は実は胡蝶であって、いま夢を見て荘周となっているのか、いずれが本当か私にはわからない。”

マトリックスでも描かれる、本当の世界はどっちなのか?何が正しいのか?

うーん、厨二的!最高です。

ちなみに、言及している人全然見たことないですが、個人的には大長編ドラえもんの夢幻三剣士とストーリーが似てると思ってます。似てません?

みんなの夢を機械で繋いで共有するっていう発想も、夢と現実が入れ替わるっていう所も。
ドラえもんのラストも、あの裏山がいつもと違う。。。で終わるところも。

ノーランもドラえもん観るんですかね?(笑)

ともかく、ちゃんと日本語字幕付きでみてからは、この映画の虜となり、リバイバルの都度、劇場に足を運んでます。

あのズゥーンって重低音は映画館でしか体験できませんね。

5億点です。
すごい。壮大すぎる
ノーランの作品だから良い意味で観るのに疲れると思って敬遠してたけど、本当に観てよかった。
これだけ居心地の良い夢に身を置ける環境で、現実に挑戦するコブはかっこいい。自分だったら夢に逃げるな
ラストシーン、コマがこんなにも倒れてくれと願ったことはない。どうか倒れててくれ!
KDY

KDYの感想・評価

4.3
傑作SF映画。よくこんな凄い話が思いつく。最後までハラハラドキドキ。粋なラストがこの映画を忘れられない物にした。
完成度高い、ラストも好き。

わたし好みの美女がおったら言うことを無かった。
見ているこっちまで騙される映像の創意工夫と展開にあっぱれ。
ぽっちゃりレオナルドディカプリオも
なかなかに男前ですわ。
オチはドキドキしたまま持ってかれた。
ノーラン史上最高作。キャスト、サウンド、世界観、全てがハイクオリティ。
夢が舞台というよく考えた設定に負けないシナリオ、音楽、アクション、ものすごいスケールの大きな映画。

ギリギリ着いて行けた感じ。それでも素晴らしい。
わかる人にはたまらないでしょうね。

こんな夢ならもう少しみていたかった、ってことよくあります。
>|

あなたにおすすめの記事