フォックスキャッチャーの作品情報・感想・評価

フォックスキャッチャー2014年製作の映画)

Foxcatcher

上映日:2015年02月14日

製作国:

上映時間:135分

3.7

あらすじ

レスリングのオリンピック金メダリストでありながら経済的に苦しい生活を送るマーク。ある日、デュポン財閥御曹司ジョン・デュポンからソウル・オリンピック金メダル獲得を目指したレスリングチーム“フォックスキャッチャー”の結成に誘われる。名声、孤独、隠された欠乏感を埋め合うように惹き付け合うマークとデュポンだったが2人関係は徐々にその風向きを変えていく。さらにマークの兄、金メダリストのデイヴがチームに参加…

レスリングのオリンピック金メダリストでありながら経済的に苦しい生活を送るマーク。ある日、デュポン財閥御曹司ジョン・デュポンからソウル・オリンピック金メダル獲得を目指したレスリングチーム“フォックスキャッチャー”の結成に誘われる。名声、孤独、隠された欠乏感を埋め合うように惹き付け合うマークとデュポンだったが2人関係は徐々にその風向きを変えていく。さらにマークの兄、金メダリストのデイヴがチームに参加することで三者は誰もが予測しなかった結末へと駆り立てられていく。

「フォックスキャッチャー」に投稿された感想・評価

ひと目見て、好印象ながら恋にはいたらず、別の場所で二回目に出会いながらその人とは思わず、三回目にはっきり、好きと分かった感じだろうか。

『カポーティ』で大感動はしていたけれど、題材によるものなのか、監督の味わいなのか分からなかった。

ブラピ主演の『マネーボール』をすこぶる楽しんだ時点でも、同じ監督作品という認識はなかった。そしてこの三作目で、ベネット・ミラー監督が好きだと確信した。

実話をベースにしているからといって、”事実”に忠実なわけではないということは、イロハのイ。

この監督の、脚色の仕方と、硬質な映像の質感、役者の演技、それらをジワジワと物語のなかに浸透させ、ある種の”真実”を立ち上げていく手法こそが、味わいのポイントだと思う。

心理劇を読み解く際に、よく使われる言葉がある。そうした言葉を使っていけば、この映画のガイドラインは引くことができる。このレビューでも、それをしようかと少しキーを叩いてみたものの、やめた。

芥川龍之介の作品を、書かれた物語にそって解き明かしていく作業に、似ている気がしたからだ。そんなものは、すでに作品に描かれている。

沈黙したほうが、作品の深層に触れている。そんな気にさせられる、ちょっと得難い作家性を、このベネット・ミラー監督は持っていると思う。

私がもし拳銃を手にしてしまったなら。その銃口を向ける相手は、誰なんだろう。

私がもし銃口を向けられたなら。その拳銃を手にしているのは、誰なんだろう。

銃声が轟(とどろ)く場所はいつだって、ほんとうには撃ち放たれるべき場所ではない。
権力者に生まれついた人間も何かと大変だな、同情するよ。怖ろしい殺人者に同情できる映画、即是傑作。劇中、デイヴはデュポンとマークそれぞれに殴られるがその拳の意味合いが3人の精神的関係性を分かりやすく表しているように思える。
どうでもいいけどやたらとスティーヴ・カレルの横顔を見せるからすごく印象に残る。この横顔、監督も好きなんだろうな。
トラ男

トラ男の感想・評価

3.8
スティーブカレルの不気味さが100点。
でも冷静に、デュポン氏はクソでした。
MaryLou

MaryLouの感想・評価

3.5
3人の演技がとにかく秀逸。

たった7年前のことで、その中の人たちはまだ生きていて、実際に起きたこととはイロイロ違うストーリーなのは、ちょっと解せないなー。
ナツ

ナツの感想・評価

4.2
実話を元にしたレスリングチームの話
チームを作った富豪の不気味さが印象に残る
何か起こりそうという気配がずっと続き、最後についに…
名声。

レスリングでオリンピック金メダルを獲得しながらも、兄の陰に隠れてしまうマーク。そんな彼のもとに、大富豪から願ってもない誘いが来る。それはチーム「フォックスキャッチャー」の結成だった。実話に基づく物語。

チャニングテイタムとマークラファロがそれぞれ演じる金メダル兄弟は、性格や生活などがとても対照的だ。チャニングテイタムの弟は金メダリストながら生活は質素で、そこに大富豪からの声がかかり彼は変わっていく。
その大富豪デュポンは、大金を手にしながらもどこか満ち足りていない様子。スティーブカレルの絶妙な演技がその不安さを醸し出す。一見普通の人のように見えても、練習場で突然発砲したり、母親の前で取り繕ったりと、彼の闇が垣間見える。

事件について何も知らないまま見たため、ラストの展開は衝撃的。しかし、そこに説得力を与えるだけの前振りがしっかりと映画の中でされていたため、唐突には感じなかった。スポーツスキャンダルを扱った映画だと最近の「アイ、トーニャ」が記憶に新しいが、そのライトでコミカルなタッチとは対照的に、重く静かにアスリートと大富豪によって起きた悲劇が描かれている。
31monks

31monksの感想・評価

3.4
ここからチャニング・テイタムが陰陽トーナメントに出場するんだよね。
モナ郎

モナ郎の感想・評価

4.8
心揺さぶられたけど、こんな「うー!」ってなる映画はあまり観返したくない(笑)。この映画みたいな場面を見たことがあるような気がするし、自分もおそらくそこに含まれていたからとても他人事には思えなかった。
せと

せとの感想・評価

4.3
スティーブカレルやばすぎる。普通に怪演俳優。映画始まった瞬間から最後まで漂う不穏な空気。なんと不安にさせる映画。そしてその不穏な空気が最後昇華されるシーンのショッキング度。。。マークラファロかっこよすぎだった。しかしここ2本、女の人ほとんど出てない。そして300達成。
将志

将志の感想・評価

4.2
元ネタを知らずに見たので最後びっくりした。

こんなの見たことない。

同じレスリング映画でも、ダンガルと全然テイスト違った

お母さんが練習見にくるところ笑った。
>|