ギャング・オブ・ニューヨークの作品情報・感想・評価

ギャング・オブ・ニューヨーク2001年製作の映画)

GANGS OF NEW YORK

製作国:

上映時間:160分

3.3

「ギャング・オブ・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

戦闘シーンがちょっと笑える。
腹を撃たれても刺されても全然死なないレオ様。
民族同士の争いの歴史、誇りを描く映画にどうみても3mくらいジャンプして耳をかじりとるババアは必要なのか?!
けにー

けにーの感想・評価

3.3
面白かったですよ!
面白かったけどね、前フリなげぇww
レオ様素敵すぎるのでそれだけで満足です。
Meg

Megの感想・評価

4.0
虚しい。アムステルダムの復讐もビルのアメリカ人としての誇りも(ビルがその信念だけで行動してるなんて、根性なしの私には到底信じられない笑)、全てニューヨークの靄に飲み込まれてしまったように感じました。う~ん、でも主題歌がU2の『ザ・ハンズ・ザット・ビルト・アメリカ』ということは、そういった人々の手によって今のアメリカがあるということが伝えたかったのかな。宗教、ギャング、南北戦争、民主主義と色々な要素が詰まってて大変勉強にもなりました。血塗られたアメリカの歴史が垣間見えます。他の方のレビューを見ると評判は芳しくないようですが、私はとても好きな作品です。ただスコセッシ監督×ディカプリオなら断然『ウルフ・オブ・ウォールストリート』をおすすめしますけどね!笑
戦うしかなかった時代の怖さがすごい 歴史を知っててもまだ争いが起きるんだから 恐ろしいよな…
Kota

Kotaの感想・評価

3.5
“敵も味方も今となっては関係ない。根こそぎ洗い流されたようで、また新しい街が作られるだろう。時の続く限り。”

マーティンスコセッシとディカプリオのコンビは好きだけど長すぎて敬遠していた作品。ダニエル・デイ=ルイスの引退のタイミングでやっと鑑賞。スコセッシとディカプリオが共に自分の収入を映画の予算に回したという程思い入れが強く、作り込まれた映画。

19世紀アイルランドの移民で溢れるニューヨークの無法地帯ファイブポインツで、幼い頃父を殺されたアムステルダム(レオナルドディカプリオ)はその相手でギャング組織のボスであるビルザブッチャー(ダニエルデイルイス)に復讐をするために彼の懐に入り込む。しかし二人の決闘の日はニューヨーク最大の徴兵制反対の暴動が起きた日だった。

とりあえず長いけど、この頃の未発達なニューヨークの世界観や衣装と、ラストの発展していく街をブルックリン越しに見るショットだけでも見る価値あり。復讐に燃えるアムステルダムと、絶大な権力を持つビルザブッチャーに焦点が当たり、それが世界の全てのように思わせといてからの最後の暴動は一種のマインドファック(“アポカリプト”の衝撃に似ている)。ギャングのグループ名はほとんど本当に実在していたもの。そして、“グレイテストショーマン”のモデルになったPTバーナムのサーカスも出てくる。

アカデミー“主演“男優賞にノミネートされたのはディカプリオではなくダニエル。彼の視点で見ると、激動の時代を生き抜いた一人の男として、また違う見え方になってくる。一言に復讐劇では語りつくせない。
健太郎

健太郎の感想・評価

3.0
確かにアメリカの歴史を学ぶにはいい映画

俺がきちんと勉強してなくて歴史全然知らなくてもヤバイ時代だったってのはよく分かった

日本が戦争に負けるわけだわ 経験値が段違い
この映画で思ったのは移民受け入れたくないねぇ...
まあそのうち韓国と中国に乗っ取られるな

映画の評価としては 長い。
ほんとに映画が3時間と長いのもあるけど、ただ3分の2あたりから一気に面白くなってきた感じかな 途中でマーチンシコティッシュ監督って気づかなかったら投げ出してた

この監督の映画みんな大好きなのに、この作品はうーん普通?

マフィアとギャングのエグさが他のスコセッシ作品にしては薄いんだよ もっと暴れて欲しかったな

グットフェローズでいうロバートデニーロポジの狂ったおじさんが、なかなかいい味出してた 年取ったティモシーダルトンに似てない?

俺の好きなリーアムニーソンをこんな使い方するなんて許せへん

そして出てる役者が俺得な豪華さ ほとんど見たことある

スナッチの人が賭けボクシングのロープ握ったり
マグノリアの悪徳警官が悪徳警官やってたり
ウォーキングデッドの黒人が大量の兵隊に襲われたり
レジェンドオブフォールの末っ子が串刺しになったり

みんなそれぞれ他の映画で同じようなことしてて笑った

とりあえず脚本のせいもあるかもだけどマーティンスコセッシにしては微妙だよ
FUKI

FUKIの感想・評価

3.5
キャメロンディアスがかわいいのとレオナルドディカプリオの声がもうたまらん
#タダユキムービー
序盤の、
あえて争いの中で血を表現しない→徐々に画面に赤色が増えていく様子は、子供の目線をとてもよく表していてとても素敵でした。
ドラムのシンプルなBGMも洒落が効いています。

だけど、淡々としているせいか、特に登場人物やストーリーに感情移入が出来ないまま時間が過ぎていく印象です。
あぁこの時代はこうだったのか、というのはしっかりと感じ取れるのですが、如何せん衝撃も悲しみも感動なく。
(それこそがこの時代の在り方、ということなのかもしれません)
ちなみにP・T・バーナム(The Greatest Showman)の名前が出てくる箇所があり、こんな時代にえらいもんやってたんだな、と思わされます。

若いキャメロン・ディアスとディカプリオがとても美しく、特にディカプリオの「どの映画でもディカプリオなのだけど、ディカプリオという人物がその時代・その場所に存在している感」は流石です。
演じているというよりかは、ディカプリオがその時代・その場所に存在している世界線を目撃しているという感覚にさせられます。
プライベートの彼はなんかあんな感じ(意訳)ですが、役者としては本当に素晴らしい。
面白いとは思うんだけど好きにはなれなかった。長さを感じてしまった。
俳優陣がすごくて演技とか仕草とかはすごく好き。
たき

たきの感想・評価

3.0
ウルフ オブ ウォール・ストリートと勘違いして観ました。
人物相関がわかりにくかった。
>|