サイレンサー第2弾/殺人部隊の作品情報・感想・評価

「サイレンサー第2弾/殺人部隊」に投稿された感想・評価

ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
マット・ヘルムシリーズの第二弾を見た。元はドナルド・ハミルトンの同名小説を映画化にしたんですが、映画と原作の本は別物。本はちゃんとしたスパイスリラーなんですが、映画はボンド映画のパロディだ。くだらなくて面白い。個人的にボンドほどにカリスマはないと思う。1966年リリースで結構時代を感じる。日本人のスパイの名前はミスター・天ぷらってよ!主演はディーン・マーティン。でもこの映画の見所はやはり一緒に主演したアン=マーグレット。あっ、観たのは「サイレンサー 第二弾 殺人部隊」
よしゃあいいのに第2弾まで見てしまった。 アン・マーグレットが出てなきゃ観なかったんだが、失敗だった。(笑)

チープなアート・ディレクションはこの時代の味なんでまあいいんだけれど、アン・マーグレットの踊りなんかどっか気が触れちゃったお姉さんみたいだし、開巻いきなり殺される日本人スパイの諜報名が“てんぷら”なんていうギャグもかませながら飛ばしてくれるんだが、一体何が面白いんだか解らない。

しかし、時代の変化とは恐ろしいもんで、アル中でニコチン中毒の中年スパイが女にセクハラしまくって事件を解決するなんて話をこの時代は映画にしてた訳で、いやはや50年経つとこれだけ社会的な感覚は変わるのかって考えると、本当にそら恐ろしいです。