トラッシュ!-この街が輝く日まで-の作品情報・感想・評価

「トラッシュ!-この街が輝く日まで-」に投稿された感想・評価

トモ

トモの感想・評価

3.4
リトルダンサー(ビリー・エリオット)、ものすごくうるさくて、ありえないほど近い の監督作品。

ラファエルが住んでいる街の仕事の多くは、ゴミ山から資材を回収して換金すること。ある日そこで、財布を拾い、鍵やロト用紙を不思議に思う。その財布を探しに来た警察をみて、ラファエルは決意するー。

少年たちが正義の為に政治家や警察に立ち向かう姿がかっこいい。ボロボロになった後にも闘うんだ!という姿勢はとてもかっこよかった!!
たいら

たいらの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

政治の腐敗を暴く社会派ドラマ。

ブラジルのゴミ捨て場で生計を立てている少年3人が主人公。

ゴミ捨て場で拾った財布が汚職政治家の秘密に繋がっている話。

少年とボランティアの女性、牧師にも協力してもらい、正しい事を遂行しようとするのと、それを追いかけるサントスという汚職警官の話。

最後は聖書で暗号を解いて、お墓にお金が隠してあって、絶体絶命のピンチに、ピアアンジェラ〈娘〉が助けてくれる。
最後にゴミ山の上から2袋の金を投げて、もう1袋で4人で旅に出る。憧れていたビーチでこれからすごく情景で終了。
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.5
スラム街に暮らす3人の少年が拾った、国家を揺るがす重大な秘密が隠された財布をめぐるストーリー。サスペンスフルかつ謎解き冒険なテイストで結構面白かった。警察の腐敗であったり、政治家の汚職であったり、映画の中だけの話ではないよな。汚い現実的な話で胸糞悪いが、映画ならではの爽快感を味わえてよかった。
kiko

kikoの感想・評価

3.7
良かった。ブラジル スラム街に住みゴミを拾いで生計をたてる14歳の子供達。この状況でも悲惨さはなく、逞しく明るく生命力に溢れる姿が頼もしい。腐敗しきった政治に警官達をやっつけるのも痛快。オススメ。
観たかった映画。
ブラジルのゴミ山で生活している少年達VS腐敗政治家 腐敗警察
AP

APの感想・評価

3.6
過酷な環境にいる好奇心溢れるヤンチャな子ども、『スラムドッグミリオネア』を思い出す。

真相を突き詰めようとする姿はさすがに危険すぎたが、子ども達や神父の「革命軍」は良い働きやった。

「正しい事をする」
分かっててもできないんですよね、大事な事ですな。

ルーニー・マーラはなんか人に気に入られるオーラがあるよね(謎)
peche

pecheの感想・評価

3.7
リオの貧困、政治汚職が辛い。
それに負けないたくましい少年たちの友情が救い。
おもしろかった。
akn

aknの感想・評価

4.5
子どもたちがかわいい!
観た後に、すごくスッキリできる映画。
DSPEC

DSPECの感想・評価

3.3
子供が大人を翻弄する話しは昔から好きだ。ホームアローンのシリーズなんかキャキャ言いながら観てた。それは、何となく子供は安全で危害は加えられないだろうという安心感があったからだろう。
この映画の子供に対して行う「コースター」と呼ばれる顔面血みどろの拷問シーンやISILの射殺を思わせる手を縛られて、頭に銃を突きつけられるシーン、正直観るのが辛かった。子供相手にあそこまでの暴力は映画の構成上必要なのか疑問に思う。

途中までは丁寧に作られていた脚本が、最後の方は何故か無理矢理ラストシーンに持って行った感が有り残念!
zak

zakの感想・評価

3.4
ルーニー・マーラ目当てで鑑賞。
出番少ないですけどね。
でも素敵ですけどね!(笑)

舞台はブラジル、リオデジャネイロ郊外のゴミ山。(全然関係ないですけど、この都市でオリンピック開催かぁと思いながら観てました。※当時のまま再録)
そのゴミ山で少年たちがサイフを拾う。その中身には重大な秘密が隠されており、警察に追われることに、、、

最初勝手に感動ドラマ系かと思ってたんですけど、意外とサスペンス系でしたね。
割りとグイグイっとストーリーに引き込まれました。
少年3人で、どうやって警察相手に対抗していくんやろ?って感じで、なかなかの緊迫感でしたね。

でもこの映画は作品情報のあらすじがハードル上げ過ぎパターンですね〜。
大風呂敷広げた感があるんで、フラットに観れば面白い映画ですよ。
>|