セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「セッション」に投稿された感想・評価

SatoruAsai

SatoruAsaiの感想・評価

3.9
あの熱量に圧倒されて、結局最後まで目が離せなかった自分に少しイライラ。

だって、あのハゲに関しては何ひとつ感じ入るものがないんだもの。

音楽と狂気ー。
理解はできるが共感はできないこの二者の関係を、こんなにも単純に、こんなにも痛々しく描いたこの作品は、やはりすごいと思う。

ただ、ぼくは全然、スッキリはしなかったよ、あのラストの展開には。
Herara

Heraraの感想・評価

4.0
飛行機にて鑑賞した結果、興奮とアドレナリンが出てしまい一睡もできなくなった作品。
寝れないから続けてバードマンも観たよ。

終始薄暗いシーンばかりで目が疲れてしまったのでマイナス1点だが、ほぼ満点。
映画館で観るよりは、ひとりでひっそりと観たい映画でもある。

主人公の真面目さが故に狂気的な方向へいってしまったのか…

音楽とは何なのか

人に認めてもらうとは

観ているうちにこんなに引き込まれた作品は初めてかもしれない。
Etn

Etnの感想・評価

4.5
映画館で見逃した、本当に後悔。
圧巻、狂気、流血、才能
こんな映画観たことない。

音楽院に入学したdrummer志望の生徒が、鬼指導者に精神的に追い込まれ、何と闘っているのか解らなくなりながらも、もがいて自身の演奏を手に入れるというストーリー。

しかし鬼指導者の言葉攻めが酷い。フィッチャーさん訴えられますよ。気迫の演技。

最後のシーンに2度やられた。

JBバンドも相当厳しかったらしいけど、一流の世界を垣間見た気がした。

ちゃんと映画館で観たい。
これは音楽映画の皮を被った格闘映画だ!
と町山さんが言われていたように

音楽の魅力に取り憑かれた二人の男が
あらゆるものを犠牲にしながら見せる
究極の意地の張り合い

音楽のために孤独を選び
音楽のために身体を傷つけ
自分が認められないこの世の中で
クライマックスに音楽でしかぶつけられない会話が

詳しくは劇場で!
kuroko

kurokoの感想・評価

-
2015.5.1
二人のシーンは完全に闘いだね。教えるほうも教えられるほうも身を削りながら闘っている。先生こえーよ。あれだけ罵ったら心折れるって。ラストの闘いもすごすぎて口ポカーンで観てたかも(笑)ウィップラッシュがカッコよすぎ☆
wksgknch

wksgknchの感想・評価

4.0
シビれた!

私はJAZZのなんたるか、がわからないので、背景やら云々は脇に置かせてもらいます。(なにやらくすぶってますが)

1人の若者が憧れ、失望し、努力し、認められ、自惚れ、失敗し、自問し、くすぶり、あらゆる感情がアンドリュー(主人公)の音楽さながらに渦巻き、モヤモヤしている人生に向き合い、音楽の何たるか、人生とは何か、を掴みとる。
そんな物語でした。

行き過ぎた点がたしかに散見してはいるけど、でも色んなことに予防線をはったような当たり障りの・・・ムニャムニャ(まあそこは人次第なので、割愛)
msh

mshの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

とにかく、目力がすごい(;´д`)
迫真の演技に完全にのみこまれてしまいました・・・
そして、ラストは私も主人公と一緒に見事に騙されましたT^T
あんなズタボロになったら、普通は反撃する力が無いのでは⁈と思いきや、反撃しまくり。
そして反撃後のあの2人の一体感・・・根っこにある情熱が分かり合えたって事かな。

それら全てが言葉無しにこの映画を観ている人にちゃんと伝わる。。。

アカデミー賞ノミネート✨
納得です(*´꒳`*)
音楽も◎でお腹いっぱい映画でした✋

色んな意味で胸が苦しくなったので、2度目の鑑賞はしないと思います(>_<)
むしろ、息を呑んで鑑賞した1度目のこの感覚を忘れたくないです^_^
次第に狂気を感じるが、鳥肌がたち心臓を掴まれている感じがする。

最後の復讐劇のワクワクがたまらない。
カタルシスは感じない作品。
彼らのエゴが同質のように感じ、同じ矛先をむき、絡み合った時、良き結果を生み出すのか。偶然なのか
>|