日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

t.t34

t.t34の感想・評価

2.8
終戦を迎える日本の話。
6ー70年前に実際にあった話なのに今の日本人とは異なる考え方だし、時代が違う感じだった。
こま

こまの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

当たり前なんだけど救いがなさすぎて暗い気持ちになった
鬼気迫る松坂桃李がかっこよかった

ネタバレメモ:鈴木貫太郎が総理に任命されてから戦争終結への意見割れるが天皇のご聖断で決定、畑中は納得できず各地駆け回るが変わらずに15日の玉露放送でポツダム宣言受諾END
nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.6
どうしても前作と比較してしまう。がいずれにしても戦後70年。日本国かくありなん。
歴史にタラレバはありえないが、もしこの「宮城事件」が成功していたなら、ソ連の北海道占領が現実になり、戦後日本は間違いなく連合国の「分割統治」となったであろう。「分割統治」になれば、日本は少なくても数百年の暗黒時代を迎えたと思う。

昭和天皇の「日本」のためのご聖断に対して改めて感謝する。

今日の日本の平和が、多くの命を犠牲にして成り立っていることを忘れてはならない。
重い話だ
本当に長い一日だったのではないか
陸軍大臣の態度如何によっては大規模クーデターもありうる状態
実際起こってしまうのだが
若き陸軍将校は焦土と化した街並みを目の当たりにしたのだろうか
それでも一億玉砕と唱うのであれば狂気
わたしこれ8/16に観た気がするなぁ。惜しいな。

駆け込み女と駆け出し男とは真逆の男性の世界の話ですね。原田組常連俳優が挙って出てますが、話がめちゃムズ。
もっくんの昭和天皇は、昭和天皇を詳しく知らない自分でさえ、「昭和天皇はこうだ」と思ってしまうくらい役に入ってると思いました。
有斐閣

有斐閣の感想・評価

2.5
検察側の罪人を観て、監督が一緒だということで視聴。松坂桃李の血管を浮立たせて憤る様は結構格好よかった。
たった73年前に起こった悲劇。改めて 戦争に引き込まれて行った当時の日本の運命を悔む。
速さ、厚さともに良い。
何度も見返してしまう映画。一度決めた命の道に圧倒される。
駆け込みのキャストが出演しているのが胸熱。
春21号

春21号の感想・評価

3.4
オリジナルは未見なので比較は出来ませんがこれは中々…微妙…
たしかにあの日の緊迫感は伝わってきて揉め事が次々におきる過程はクライマーズ・ハイを撮った原田眞人監督流石だなぁと思いましたがいかんせんかの人は無駄なシーンが多い
今そんな話いらねーから!で、今状況はどうなってんのよ!ほったらかしかよ!って
それと、山崎努さんと役所こうじさんがそれぞれ本人にしか観なかった。入り込めない…
それ以外役者陣特に松坂桃李は凄く良かった。どんどん狂気に迫っていく軍人さんにちゃんと見えた。あの自転車の漕ぎ方…
怖い…

色々と苦しい部分はあるが毎回一定は楽しませてくれる原田眞人さんらしい作品だったと思います。