日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:136分
    監督
    原田眞人
    脚本
    原田眞人
    キャスト
    役所広司
    本木雅弘
    松坂桃李
    堤真一
    山崎努
    神野三鈴
    蓮佛美沙子
    小松和重
    中村育二
    山路和弘
    金内喜久夫
    奥田達士
    嵐芳三郎
    井之上隆志
    木場勝己
    麿赤兒
    戸塚祥太
    田中美央
    茂山茂
    宮本裕子
    戸田恵梨香
    キムラ緑子
    野間口徹
    松山ケンイチ
    あらすじ
    戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

    「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・レビュー

    松井の天井直撃ホームラン
    松井の天井直撃ホームランの感想・レビュー
    2017/04/15
    3.5
    2015年8月13日 渋谷シネパレス/シアター1
    CCC
    CCCの感想・レビュー
    2017/04/14
    -
    box-b2
    菜々子
    菜々子の感想・レビュー
    2017/04/14
    3.8
    日本人ならみとこ。
    RyoKanazashi
    RyoKanazashiの感想・レビュー
    2017/04/13
    3.2
    終わり方以外良かった
    Aya
    Ayaの感想・レビュー
    2017/04/11
    -
    記録
    U
    Uの感想・レビュー
    2017/04/10
    -
    話難しい
    toto
    totoの感想・レビュー
    2017/04/10
    -
    戦争を終わらせたくない、なんて感覚はもう現代では理解できないだろうなあ
    ShigetakaFukuda
    ShigetakaFukudaの感想・レビュー
    2017/04/10
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    2015年版の元作品は未鑑賞です。
    元作品の副題は「The Longest Day」でしたが、2015年版では「THE EMPEROR IN AUGUST」と変わっています。
    つまり2015年版は天皇陛下を中心の物語というわけですね。
    だからなのか、史実なのか今まで見た映画の中で最も天皇陛下の台詞が多い映画でしたね。

    映画は1945年4月の鈴木貫太郎内閣の組閣シーンから始ります。
    明治天皇から「軍人は政治に関与せざるべし」と教わった鈴木は
    内閣総理大臣の内示を固持しようとしますが、そこを曲げてと陛下から言われます。
    その際に、「阿南といたころが懐かしい」と漏らされます。
    鈴木が侍従長、阿南惟幾が侍従武官だった時代のころを懐かしんでのお言葉であったそうです。
    最終的にそういった人間関係があったからこ、終戦に導けたとい書かれ方をしています。

    陸軍は常に権力闘争 いわゆる「陸主海従」 にこだわり続けているように描かれ
    海軍の米内光政が割とバランス派に書かれているように書かれていますね。
    特に、陸軍の東条英機の描かれ方は組閣に反対したり、 阿南のやり方に対して留守の隙に
    「勤皇には狭義と広義二種類がある。狭義は君命にこれ従い、和平せよとの勅命があれば直ちに従う。
    広義は国家永遠のことを考え、たとえ勅命があっても、まず諌め、度々諫言しても聴許されねば
    陛下を強制しても初心を断行する。私は後者をとる」と火をつけて回りました。
    ただ、陛下とのサザエのやり取りに関しては陛下の台詞は創作であったそうです。
    今となっては真実は不明ですが、陛下のような返答があったらそれは相当のキレ者です。

    度々出てくる最高戦争指導会議(Big Six)。
    参加者は内閣総理大臣 、外務大臣 、陸軍大臣、海軍大臣 、参謀総長 、軍令部総長で
    それに陛下を加えると御前会議になるそうな。
    よく会議は開かれているけど、いつも何も決まらない最高戦争指導会議と描かれている。

    中でも薄氷の上を迫水久常(内閣書記官長)が花押集めたり、うまく言いくるめたりして、
    手続きの正当性を踏みつつ裏工作をしていくシーンは事務方としての凄みを見たような気がします。

    全般的に早口で何を言っているのか分からず、前後の文意から推測するのはわざとでしょうね。

    陸軍式の敬礼がとても印象的でした。
    東条英機が訓示をたれるとき、文中に「陛下」を示す言葉が出ると
    背筋を伸ばさねばならない伝統は、「ジョーカーゲーム」でも揶揄されていましたね。
    ただ宮城事件を起こした青年将校たちも、戦争を終わらした指導陣も
    当時の考えの中では真剣に日本の将来を考えての行動であったと強く感じました。

    当時の当事者が皆鬼籍に入っている今だからこそ描けたシーンがもっとあってほしかったです。

    5点満点中4点です。
    緑雨
    緑雨の感想・レビュー
    2017/04/07
    3.5
    現実味を帯びた熱い人間模様の描出としては鑑賞中時間を忘れる程度によく出来ているのだが、もう一歩「虚しさ」みたいなものを感じさせるまでの後味には至らなかった気がする。それができてこそのリメイクだと思うのだが。

    岡本喜八の1967年版との比較でいえば、天皇・鈴木・阿南らの人物造形に踏み込んだところがやはり挙げられる。個人的には、本木・役所よりも山崎努の鈴木首相が面白いと思った。この鈴木貫太郎という人物は、日本の現代史において極めて重要な役割を担ったにもかかわらず、その知名度は低く人となりも知られているとは言えない。それだけにこの山崎のオーバーアクト気味な些かエキセントリックな演技演出が、清濁合わせ飲み重大事に挑んだ老政治家の人物像の新解釈として妙味を生む。1967年版の笠智衆とは好対照である。他方、1967年版には登場しなかった東条英機についてはちょっと悪意を持った描き方をされていてイメージと異なる。実際の東条は几帳面で部下思い、悪く言えば官僚的な小人物だったそうである。

    カラー映像化されたことで、衣装やセット・美術を通じて往時の空気をリアリティをもって感じることができるのは本作の醍醐味であろう。クーデタに臨む将校たちが自転車で移動する件りなど、興味深いし、鈴木家・阿南家などの日本家屋の趣もよい。惜しむらくは、松坂桃李ら反乱将校たちが、やはり単に思慮の足らないオカシな人たちにしか見えないところ。彼らは彼らなりに、そうせざるを得ない情状があったはずであろうに、それがうまく伝わらない。史実を知っている我々からすれば、彼らの宮城クーデタが失敗に終わることはわかっている。それにも関わらず、このままでは終戦できないのではないかとはらはらしてしまうのは、終戦こそが正道であり、クーデタによる本土決戦・徹底抗戦は邪道であるという価値観から離れていない証左である。その価値観に揺さぶりをかけてくれることを期待したのだけれど。
    マック44
    マック44の感想・レビュー
    2017/04/07
    2.0
    8月半ば、日本では一年中で一番暑い時期、終戦直前で物質も不足していたであろう……にも関わらず、皆、卸したての様なパリっとした軍服だし、汗も滲んでない。
    何でもかんでもオリジナルを見習うべきなどと言うつもりはありませんが、手抜き感は否めませんでした。

    あと、松坂桃李演じる畑中が、○○○を射殺するシーンの演出は、監督的にあれで良かったのでしょうか?
    あれではただのサイコ野郎が、初めから殺しが目的で乗り込んできた様に見えてしまうのですが……