日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

deadcalm

deadcalmの感想・評価

3.7
語彙力が及ばず、全日本語なのに字幕が欲しくなる映画。閣僚が集まって「球場の移転が」「球場の移転が」ってなんで野球場の話してんだ・・と思ったら「宮城(きゅうじょう、皇居のこと)」って言ってたのか・・

昨日あんなヒトラーものを観た後にこれを観ると、こんなに格好良く演出してしまって良いのか、というところが引っ掛かってしまう (や、単純な比較をすべきでないデリケートなテーマなのは判っていますが) 。特に自決まわりとか・・あまり美化するのはどうなの、ってやや冷めてしまう。

特定のイデオロギー的含意はなく、単純に美しい画作りと政治ドラマを見せたいだけですよ、というのは (時代・舞台問わず) 戦争物によく見られるある種無邪気なエクスキューズであるなあ、ということを思ったりした。

それはそれとして、映像的な美しさや人物の描写はとても見応えあった。

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦末期の戦争の背景にいる日本国内のトップ達の様子を描いた作品。戦争を継続するか、ポツダム宣言を受諾するか、という状況が細かく伺えた。戦争末期では、皆表には言えないが降伏すべきというムードがあったことは知らなかった。軍司令部としては降伏はありえないという気持ちだが、天皇の望む降伏の決定には従わざるを得ないという板挟みな役所広司が可愛そうだった。ただ、天皇の気持ちを尊重する点においてはやはり良くも悪くもみな日本人なのだなと感じた。アクションシーンは少なかったので、個人的には3.0だが、一度は見るべき映画だと思う。
小さないざこざでもそうやけど、結局はプライドがどこにあって、そのプライドがどこを向いとるかで主張とか行動が変わってきて、みんな国を守りたいって気持ちは一緒やけど、その次にあるプライドがなにかを客観視することが大切なのかもしれないなあと感じた。
サブ

サブの感想・評価

-
公開当時に見逃してから、ずっと観たかったのだが、ある友人と一緒に観たくてとうとうその願いが叶った。

私たちは、日本という国に生まれ育ち、時には平和を願いながら、何故自国が戦争に参加し、そして敗戦したのかきちんと説明できる若者がほとんどいないのだろう。戦争という史実から目を背けるばかりの平和主義など、無知の偽善者に過ぎないよな。

1世紀すら経っていない、ほんの祖父母世代のまだまだ昨日の出来事であるはずなのに。

その時関係者若しくは国民に、どのような思いがあって、そして何故自分が今日の日本にこうして存在しているのか、私はほとんど説明することが出来ない。

先日たまたま初めて靖國神社を参拝する機会があったが、この作品を観てからであったらまた違った想いで参拝出来ただろうな。

そして天皇がこんなに素晴らしい人格者であったのはいつ頃の天皇からなのだろう。というのも気になった。これはフィクションでも脚色でもなく、恐らく昭和天皇は本当にこのように純粋に国民を愛した天皇だったろうと思う。こんな天皇に守られ愛された日本の国民は本当に幸せだ。

この作品と、同じ監督の駆け込み寺の話は日本語字幕付きで観ることをお勧めする。

そして、終戦前夜にあのようなクーデターがあったことすら知らなかった私は、一からしっかりと自国について学びなおした後に、リメイクだと知らなかった64年版、本家を是非鑑賞したいと思う。笠智衆様も出ているし^ - ^♪
戦争を継続しようとする者、戦争を終結しようとする者、両者ともに言動は違っていても、日本や家族を守ろうとした思いは変わらなかったのだろう。

命をかけた彼らの決断や行動により、
今の日本があるのだなと思う。
教科書に書かれていない、歴史。
勉強になった。
面白い云々除いて、愛国心を育むにはいい。
Fukumi

Fukumiの感想・評価

3.8
映画の良し悪し云々より見てよかったと思う映画。結果論ではない、当時の人々の複雑な葛藤を見れた。民族の滅亡だけは阻止したいと言う当時の考えが刺さった。
チャウ

チャウの感想・評価

2.4
聞き慣れない言葉が多すぎてチンプンカンプン。僕にはついていけなかった。
あと自決して全てが美化されてるようなところもいまひとつ。どうゆう気持ちで鑑賞すればいいのか分からなかった。
それぞれがそれぞれの信念を貫いててみんなかっこよかった。良い悪いは別としてね。
平和なここから見てると、何故戦争が収束に向かおうとしてるのに死者が出るのだろうと思ってしまうけど、あの時代では仕方がないんだろうね。
欲を言うと、あの激動の中、中枢部だけでなく民間人は様々な事件、政治の動きをどのように知って、何を思ってたのかってのを知りたい。調べるか。

もっくんが想像以上に昭和天皇に見えて、驚いた。
Chiaki

Chiakiの感想・評価

3.6
天皇は常にこうして国民のことを考えていたのか。と、普段の生活で天皇の考えを、よく理解していなかったが、昭和天皇の御心を知ることができた。
松坂桃李への役者としての見方が変わった。王子様的な役ばかりでは無く、もっとこうした重い役を演じていってほしい。