日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:136分
    監督
    原田眞人
    脚本
    原田眞人
    キャスト
    役所広司
    本木雅弘
    松坂桃李
    堤真一
    山崎努
    神野三鈴
    蓮佛美沙子
    小松和重
    中村育二
    山路和弘
    金内喜久夫
    奥田達士
    嵐芳三郎
    井之上隆志
    木場勝己
    麿赤兒
    戸塚祥太
    田中美央
    茂山茂
    宮本裕子
    戸田恵梨香
    キムラ緑子
    野間口徹
    松山ケンイチ
    あらすじ
    戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

    「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・レビュー

    TaikiShimizu
    TaikiShimizuの感想・レビュー
    2017/03/09
    4.1
    英語のタイトルはthe Enperor in August

    鈴木内閣が発足してから、ポツダム宣言受諾に反対する一部の陸軍将校らがクーデターを起こすまでのお話。
    如何に当時の日本人にとって天皇が尊い存在であったのか計り知れない。

    また日本人の覚悟と揺らぎが当時如何に大きかったか。
    描き出されている文化の一つ一つが芸術の様に美しい。

    海外の人に観せたい映画一つだわ。
    kent
    kentの感想・レビュー
    2017/03/09
    2.5
    歴史について知らない事ばっかりだなぁ。
    日本史もう一回やろうかな。。
    Hiroshi
    Hiroshiの感想・レビュー
    2017/03/09
    -
    宮城事件 クーデター
    陸軍大臣 阿南惟幾(あなみ これちか)
    井出アリヒサ
    井出アリヒサの感想・レビュー
    2017/03/09
    4.0
    暗く重々しい映像で緊張感が張り詰めている。
    戦争、終戦を庶民視点でなく政治関係者にフォーカスした作品として興味深く見応えがあった。
    67年版よりキャストに馴染みのあるこちらが入りやすいかも。
    昭和天皇を演じた本木雅弘が素晴らしかったし、何より会議のシーンばかりになってしまいがちなのを避けていることが秀逸。
    ひわ
    ひわの感想・レビュー
    2017/03/07
    2.8
    リメイク前が名作すぎてどうしても比べてしまう…
    ぽぽん
    ぽぽんの感想・レビュー
    2017/03/06
    3.7
    記録
    4genji
    4genjiの感想・レビュー
    2017/03/05
    2.5
    ハイパー流し見てしまった。どうせプロパガンダなんでしょってうがった見方しかできなくてごめんなさい。
    政治家の熱意とか、メディアの正義感とか、信じていない。
    hk
    hkの感想・レビュー
    2017/03/04
    3.0
    史実を知らない人は見る価値あり
    よっち
    よっちの感想・レビュー
    2017/03/04
    3.0
    戦争について怖くて知ろうとしてなかった
    ゆいはん
    ゆいはんの感想・レビュー
    2017/03/04
    3.5
    諸外国からの攻撃に、本土決戦か降伏かを迫られる太平洋戦争が真っ只中の1945年の日本が舞台。昭和天皇(本木雅弘さん)は次の内閣総理大臣に鈴木貫太郎(山崎努さん)を任命する。そして、鈴木は陸軍大臣に阿南惟幾(役所広司さん)を任命し、陸軍はその任命に心を奮わせていた。

    実話を基に描かれている作品。日本の歴史好きというのもあり、観てみたかった作品の1つ。

    本木雅弘さんがまさに役者と感じさせるお芝居だった。皇族を演じるというのは普通の役を演じるのとはまた違うと思うし、皇族らしい気品さが話し方や振る舞いでとてもよく表れていたと思う。

    戸田恵梨香さんが出演しているのでも気になった作品。出演場面はほんのわずか。あのわずかな場面に戸田さんを採用する製作陣と戸田さんも素晴らしい。

    ただ、いきなりこの作品を観ると理解するのが難しい。観る前からそんな気がしたからさすがにこの作品はあらすじを見ながら鑑賞した。