日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:136分
    監督
    原田眞人
    脚本
    原田眞人
    キャスト
    役所広司
    本木雅弘
    松坂桃李
    堤真一
    山崎努
    神野三鈴
    蓮佛美沙子
    小松和重
    中村育二
    山路和弘
    金内喜久夫
    奥田達士
    嵐芳三郎
    井之上隆志
    木場勝己
    麿赤兒
    戸塚祥太
    田中美央
    茂山茂
    宮本裕子
    戸田恵梨香
    キムラ緑子
    野間口徹
    松山ケンイチ
    あらすじ
    戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

    「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

    役所広司演じる阿南大臣、山崎努が演じる鈴木総理、そして、昭和天皇を演じる元木雅弘、いづれも好演で実際にあって玉音放送を巡る駆け引きにハラハラしました。
    見応えのある邦画でした☺
    まさしく狂人走不狂人走だった
    ポツダム宣言受諾直前の話
    思ったけど、今も昔も日本は言葉に関して重視しすぎて肝心な話が進められないね
    日本語って難しい

    宣言受諾直前にこんなドラマがあったなんて知らなかった
    専門用語と登場人物が多く途中置いていかれることもあったが、大筋は理解出来たので楽しめた。
    あまり知られていない日本の歴史。もう一度観るとより理解が深まるかも。
    そして不思議と陛下が話す度に感動して涙が出てきた。
    いろんな立場から見たい。
    理解したい
    役者最高です。
    岡本喜八監督『日本のいちばん長い日』のリメイクと言うより、同一原作の映画化作品。

    娯楽性ドラマ性を優先させている感じで、喜八版より戦争批判反戦性が低い様な気がする。ソレはソレで良いのだが、喜八版に続けて観ていなかったら人物の位置付けや関係が解らなかったと思う。
    更に「いちばん長い日」に辿り着くまでが長い為にダレる。そのくせ肝心の14〜15日の出来事が駆け足で描かれ緊迫感が感じられなかった。
    自分の体験してないことがいっぱい。知らないことだらけ。日本人なのに良くないなと思う。
    決してあってはならない1日
    恐るべし実話