はじまりへの旅の作品情報・感想・評価・動画配信 - 594ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

やつち

やつちの感想・評価

4.0
子役が可愛かった!
極端なのは面白いけど、ほどほどにしないとね!
子役が最高にキュート
主役は指輪物語に出てたひとだね
お髭効果で全然気づかんかった
「戦闘開始だ」

こういう生活してる家族って側から見ると大変そうだし意味わかんない奴らに見えるんだろうけど、当の本人達にとってはこれが普通で、最高の生活だと思うと羨ましい。

森の中の生活しか知らない家族がお母さんの死をきっかけに実際の社会に飛び出ていく。

その中で自分たちの生活に疑問を感じ始め、一家のリーダーであるお父さんに反抗してしまう…

結局、人それぞれ正義や哲学があってそれがどんなものであろうと相手を貶したりバカにしたりして自分達が絶対的な正義であると思い上がってはダメ。

この家族(父親)だっていくら物知りで自給自足ができて、武器の使い方がわかったところでいつかは自分達だけじゃどうしようもなくなっちゃう。

そういうことを考えるとこの家族のせんたはbestではなくてもfantasticな選択だった。
何が良い何が悪いということで結論づけられる話ではないんだろうな。

感動の物語を想像して映画館に行ったけど、自分の日々の生活を振り返って考えさせるようなお話でした。
h

hの感想・評価

4.3
はあ〜好きなんだよなあこういう作品。

リトルミスサンシャインを彷彿とさせるほっこりさ。
ファミリームービーとか子供が中心となって展開されていく作品にはつくづく弱いなってまた感じましたね。

この作品に出ている子供達は教養はあるけれど世界を知らない。
普通とはある意味存在しないものなのかも。
だって人それぞれ普通という価値観は違うのだから。
この家族にとっての普通は周りの人にとっての普通ではなかった。
普通という言葉は、個々の考えを取り入れて、それら全てをまとめて最も中立的な意見にしたものを指していると思う。
だからこそ、お父さんが世の中では常識であること、つまり一般教養を身につけるためにこの決断してくれて良かったなって思いました。
彼らの普通を取り入れつつ、世間にも寄り添った決断で良かった。
あそこで山に帰ることは奥さんの望みではない気がするしね。

子供達もお父さんも含めみんないい人たちだし愛で溢れている素敵な人たち。
お母さんのためにみんなで演奏するシーンは本当に大好きです。
髭

髭の感想・評価

4.7
軽いコメディだろうと思って邦題ダセえなって思いながら鑑賞。
導入より中盤まではヘラヘラ笑いながら鑑賞、が、以降の展開で号泣。号泣です。
父性崩壊からの、終盤の展開でもう涙腺崩壊。。。

儀式にも見えるラストの家族の歌い踊るシーンの美しさと感動。
曲のチョイスも素晴らしい。

なにか落ち込んだ時や新しい挑戦する時に何度でも観たい映画。
今年度自分的には、1位のコクソンの牙城を崩す本作品。コクソンはDVD買わないけど、多分これは買うなぁ。。
kazu

kazuの感想・評価

4.0
「自分達の価値観が絶対」
「自分達の幸せを貫く為に」

いや〜、いろいろ考えさせられました。
高い得点をつけたのですが、感動出来た、共感出来たとは違うんです。とにかく、考えさせられました。

文明社会に背を向け、山中で子供達に高度な知識と教育を授け、フィジカルを鍛えサバイバル術を教え込み、家族だけで生活する一家が療養中の母親が死んだ事をきっかけに、葬儀が行われる母の育った義父母の家までの2400キロを旅するロードムービー。

父親の教育方針が強烈なんです。ですが、裏打ちがしっかりしてて、知識の裏打ちも鉄板なので、落ち度が無いんです。其れを何処でも押しとうします。なので、相手はグーの根も出ません。

でも、引っかかります。

原因は昨日のニュースかもしれません。映画の内容から少し外れます。
シリアが化学兵器を用いて、ISを攻撃しました。子供も含む一般市民も被害を受けました。非人道的な攻撃に対しアメリカが警告もなく、50発以上のミサイルをシリアに打ち込みました。
IS掃討のためとは言え、一般市民を巻き込んでしまう化学兵器の使用は絶対に認められません。
ですが、正義の大義名分を振りかざし、何の警告も無くミサイルを打って良いのですか?

自らの価値観や正義を貫き通して、幸せを守るって正しいのですかね。アメリカ人の強烈な主義主張が、他国を不幸に導いてるのでは、って思ってしまいました。
監督はその辺のメッセージも少し織り込んでいるかも。ラストでは社会と折り合いをつけるべく、子供達を学校に通わせる道を選択してます。

多分、この作品は観るタイミングや時期、その時の自らの状況で、様々な想いや感想を抱ける秀作だと思います。違うタイミングで観たら、全く違う感想を抱くでしょう。

こんなレヴューは、イイねを中々頂けないと思いますが、思った事を書かせて頂きました。
honobon

honobonの感想・評価

4.3
リトル・ミス・サンシャインのように印象に残る車が良い。
この作品の父親の行った教育がいいことなのか悪いことなのか…人の考え方はそれぞれだからね。

ヴィゴ・モーテンセンの出ている作品を久しぶりに見たので当たってよかった。
み

みの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

クライマックスの火葬シーンでママに囁く愛の言葉、そのへんに転がってるラブストーリーなんかよりよっぽど愛が詰まっていて素晴らしかった。
あんな風に何でも話せて過ごせる家族は素敵。
ただもう少し感動したかった。
すごく心があったかくなる映画。
家族ってすごくいいなって思った。
あと、自分貫くのも大事だし、考えが偏らないことも大事だなって思わせられる映画でした