グレイテスト・ショーマンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

グレイテスト・ショーマン2017年製作の映画)

The Greatest Showman

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:105分

あらすじ

主人公のP.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。誰もが“オンリーワンになれる場所”をエンターテインメントの世界に作り出し、人々の人生を勇気と希望で照らした実在の人物だ。そんなバーナムを支えたのは、どんな時も彼の味方であり続けた幼なじみの妻チャリティ。彼女の愛を心の糧に、仲間たちの友情を原動力に、バ ーナムはショーの成功に向かって、ひたむきに歩む。

「グレイテスト・ショーマン」に投稿された感想・評価

RyoSuzuki

RyoSuzukiの感想・評価

3.6
ストーリーは薄い。どうしても去年のララランドと比べてしまい、物語としては起承転結がありきたりで、深みはない。

ただ曲はどれも力強く、心揺さぶられる。ポップ調が多く、気づいたら自然とノッてしまっている。映画というよりはミュージカルとして見ると楽しめる。

ザックエフロンが歌ってるとどうしてもハイスクールミュージカルを思い出す。相手役がバネッサハジェンスに似てるのはあえてのキャスティングなのだろうか。
YutaroY

YutaroYの感想・評価

3.9
映画のオープニングからいきなり臨場感溢れる演出でまるで本物の舞台を観に来ているような感覚になった。クライマックスまでダレることなく、音楽もとても素晴らしいけれど、観終わった後に興奮以外何も残るものが無かった。もちろんそれはミュージカルの醍醐味でもあるけれど、扱っている題材や一流の俳優を使っているだけに、求められていた期待値も高かったのでは無いかと思う。素晴らしいミュージカルとは不朽なものだと思いますが、これは残念ながら未来では埋もれているうちの一つになるんじゃないかな。
Rebecca Ferguson のバラード”Never Enough”ではとても感動したけれど、残念ながらSoundTrackのcreditには別の名前が書かれていました。そこにも少し失望いたしました。
NUE

NUEの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

夢を追いかけるHugh Jackmanが素敵。
Zac Efronとバーでネゴるシーンがかっこよかったなぁ、、
井D

井Dの感想・評価

3.0
レミゼ、ララランド、と毎年12月はミュージカルを流行らせたい流れで業界は今回はこれ推しかと。ミュージカルのハードルが高くなったせいか、内容が少し薄い上にキャストが全員頑張りすぎてるように感じる。
さき

さきの感想・評価

4.3
半分くらいしか英語わからないのにめちゃめちゃ面白かった!!最高!!

まず音楽がいい!!すぐにでもいっしょに歌いたくなるし、自然と体が動いてる。

ヒュージャックマンがかっこいい!そしてザックエフロン!!!2人の歌が同時に聴けるミュージカル、贅沢!

夢を追い続ける勇気、私も無くさないようにしようって思いました。

アメリカの映画館は初めて行ったのですが、お客さんのノリや反応がいちいち大きくてすごく楽しかった!予告編の時点で大ウケしてたし。姉妹の妹に大ウケし、素晴らしい歌のあとには思わず拍手しちゃうみたいなね!
澤崇

澤崇の感想・評価

4.1
US の映画館で鑑賞。こんなに大興奮の連続なミュージカル映画は久しぶり! とにかく音楽すばらしすぎる! ビートの効いたアップテンポな曲は四つ打ちの力強いリズムに興奮させられたし、男女のデュエットは掛け合いの美しさに心がうずうずして、大人数の曲ではハーモニーのかっこよさに痺れた! まさにミュージカルのために書かれた音楽って感じで、ミュージカル好きにはたまらない。

そして、ヒュー・ジャックマンとザック・エフロンとのデュエットも最高にかっこいい(けど、ジャック・エフロン久しぶりに見たと思ったらおじさんになっててびっくり)。

もちろん音楽だけじゃなくて、ダンスもよかった。舞台では決してできない映画ならではの演出もよく、陰影の使い方やカメラワークは美しくてダイナミック。息を付く間もなく最後まで観てしまう。

内容的には物議を醸すかもしれないチャレンジングなラインを感じたけれど、誰しもが光のあたる舞台に出てスターになれるんだ、という「真の人間性の平等」というメッセージはなるほどなと思った。まさにこれがアメリカン・ドリームなのかも。「物議を醸すかもしれない」だなんて思うのは日本人的な考えなのかもしれなくて、相対的平等と絶対的平等の違いのような大事な視点に気づくことができた気がする。

あと、最初にバーナムと妻のミシェルが交わす、

— This is not the life I promised you. Not even close.

— But I have everything I want.

という会話が印象的だった。最初は、ミシェルってなんて良妻なんだ、と感じただけだったけれど、これが劇中に何度も頭の中に蘇ってきて、最近観た “Gifted” のように「幸せの定義」について考えさせられた。そういう意味ではストーリーはとてもシンプル。だけど、素晴らしい音楽に胸が踊って、エネルギッシュなダンスに興奮し、サクセス・ストーリーに感動したり、仲間の大切さに心を打たれる。そして、愛の尊さに涙を流す。個人的には、ミュージカルはやっぱりエンターテイメントなんだから、わかりやすくて、笑って、泣いて、あーよかった! で終わるのでいいじゃん。そういう意味では、作品の最後に登場する P.T. Barnum の名言に心から感動した。

それにしても、このバーナムという人はすごい人だったんだな。自分の仕事っぷりを振り返って、もっとがんばらないとな・・・って反省してしまった。


いやー、観て本当によかった。日本でロードショーになったら、間違いなくもう一度観に行くと思う。

最高!
音楽とダンスがステキ!!

でもストーリーは
話詰め込みすぎて展開が早すぎ

とりあえずサントラ聴きまくる
す

すの感想・評価

4.2
楽しい~!屋上とバーとthis is meのシーンめっちゃ好き。ヒュージャックマン世界一かっこいい。泣いた。
KINO Cinemas in Melbourne 🇦🇺
Shoty

Shotyの感想・評価

3.7
ヒュージャックマン ザックエフロンとバーのおっさんのところがイケてる

みんな屋上にシーツ干すよね