追憶の森の作品情報・感想・評価

「追憶の森」に投稿された感想・評価

Simon

Simonの感想・評価

4.2
この映画のキャッチコピー
「全ての謎が解けたとき、あたたかな涙があふれる感動のミステリー」
まさにこれ。ラストでけっこう泣いた。
少々退屈かもしれないけど、最後まで観る価値はあると思う。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
樹海のふたりも気になりますが
夫婦の行方が気になって😅
病室での奥さんの涙にもらい泣きしちゃったよ😢
この後にあんな事って…
人生って分からないよね…
何度も落ちるマコノヒーでしたが😅
ギラギラした役では無くて
良かったなぁ😊
青木ヶ原樹海ってあんなに広いんだね💦
入って迷ったら出られないって言うもんね😰
DSPEC

DSPECの感想・評価

3.5
しょぼくれた、外国人と日本人のおじさんが富士の樹海で何やらボソボソと…

富士の樹海の自殺の名所という悪いイメージを払拭したい日本の行政の撮影許可が出なかったのか、監督の判断なのか解らないが実際の撮影場所は富士の樹海ではないらしい。

この映画は自殺を肯定的に捉えているわけでは無いが、積極的に自殺否定をコンセプトにしている話しでもない。
少なくとも富士の樹海の、人々を惹きつける神秘的な美しさを前面に押し出していて、結果的には自殺をしたい人にとっては、富士の樹海は幽玄で崇高な魅力的な場所と捉えると思う。

あってはならない事だが、最後の死に場所を探している人がこの映画を観て、感化され理想の場所として富士の樹海を選んでも不思議じゃない。
富士山がやっと世界遺産に認定されたのに樹海での自殺者が増えるんじゃないかと複雑な気持ちで鑑賞していた。

死に場所を求めて富士の樹海に入ったアーサーが何故、突然に生きる事への執念を燃やし、死から生きる選択に至った経緯は何なのか?この映画におけるキーポイントだと思うが、監督の意図なのか、彷徨う日本人が運ぶアーサーの奥さんからの “メッセージ ” の方を重要視し、肝心な部分をすっ飛ばした印象を受ける。
麺徹

麺徹の感想・評価

3.5
「日本的なスピリチュアルな感じが本国でスベった」みたいなレビューを散見しましたけど、僕はすっごいアメリカ人らしい発想のお話だと思いましたけどね。大方予想通りに話は進み着地しますが、ちゃんと物語に飽きさせないフックもあり、何より3人の役者の演技が見事で引き込まれます。

あ〜〜これ難しいな!何書いてもネタバレになるわw興味がちょっとでもある人は観ましょうw怖い映画でも鬱な映画でも難解な映画でもないんで。そしてガスヴァンサントらしい美しい景色と音楽使いの上手さも。
Shohei

Shoheiの感想・評価

5.0
何のために一緒にいるのか、何でこの人を選んだのか、見失わないように2人で何をしていかないといけないのか考えさせられる映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

日本が舞台のアメリカ映画って珍しくてハっとなった
最後まで観てよくわからなかったけど、レビューサイトの解説読んで納得
もっと現実的で生々しい路線かと思ったらなかなか夢のある真実だった
こういうのは割と好き。前向きなラストシーンで良かった
アーサー自身もそうだけどアーサーの懺悔を聞いたタクミの涙で、きっと奥さん自身も嬉しかったんだろうなって思えるから報われる
enchan

enchanの感想・評価

3.7
思わず泣いてしまった。
渡辺謙の演じる人物に対して、序盤から不思議に思うことがあったけど、終盤でそういうことだったのか!と納得。
日本語がわかる人は、分からない人よりも一足早く泣いてしまう映画。
zaizen56

zaizen56の感想・評価

2.0
「追憶の森」を鑑賞。話的にはもはや見る前からおおよそ把握も予想もできる内容だったが、マコナヒーと謙さんが会話劇をしているというだけでもプラスポイント。富士の樹海は自殺者が多いことで有名であるが、最後の死に場所として選ばれる理由もまたあり、木々がとても美しくスピリチュアルな雰囲気を醸し出している。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.0
マシュー・マコノヒーと対話劇ができる渡辺謙がまずすごい。唐突な洪水の場面とかつっこみどころはありますが、あのオチは嫌いじゃないです(キイロとかフユとか全然意味わかんなくて、ネタばれレビュー読んでやっと理解したのですが)。壮大な愛の物語だったわけですね。
不思議なおとぎ話のような映画でした。隠れた名作な感じしました!
>|