• Filmarksトップ
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:
  • アメリカ
  • 監督
    ギャレス・エドワーズ
    脚本
    クリス・ワイツ
    キャスト
    フェリシティ・ジョーンズ
    ディエゴ・ルナ
    ベン・メンデルソーン
    ドニー・イェン
    チアン・ウェン
    フォレスト・ウィッテカー
    マッツ・ミケルセン
    アラン・テュディック
    リズ・アーメッド
    あらすじ
    スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

    「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    スターウォーズファンなら必ずみるべし。
    見なきゃ損です!
    この作品にはライトセーバー同士のぶつかり合いなどはありませんが、エピソード4での冒頭でまとめられてしまっていたぶぶんがハッキリと分かる作品です。
    正直、スターウォーズストーリーではありますが別物といっても過言じゃない気もします。しかしスターウォーズファンが受け入れらる内容に仕上がってるのは本当にすごい!
    サイドストーリーというには勿体無い名作です^ ^

    ▼ここからネタバレ▼
    この映画でラストにレイア姫が「希望です」とこの一言のためだけに登場します。それがまたいいんですが^ ^
    ここで、自分はあー!ここでつながるかと少し感動しました。
    結果すぐにレイア姫は捕まりますが笑
    しかし、あのエピソード4の冒頭前にこんな犠牲があったなんてだれも思っていなかったはずです。
    レイアの希望の一言には、エピソード4のサブタイ新たる希望にも繋がってる気がしちゃいます笑
    ルークという希望と、敵の最大の武器であり反乱軍最大の脅威を破壊するための希望のデータ。
    とても壮大です…

    またファンには堪らないダースベイダーの登場
    この段階では完全に悪のかたまりみたいな奴ですが、思う存分虐殺してくれてました笑
    データを守ろうとする反乱軍兵士をことごとくライトセーバーで斬ってました
    とても痺れました!
    これこれ!このための数時間という感じ笑
    ダースベイダーの登場シーンは本当に僅かですが圧倒的存在感でストーリー上にもっと出てたきがすると思わされるほどでした(・・;)

    エピソード4でのデススター破壊
    その裏で戦った戦士がいた事がわかるアナザーストーリーとってもステキです!
    タクマ
    3.3
    いやいや、素顔さらすの早い(笑)
    ホリィ
    4.0
    スターウォーズ面白いけどスターウォーズより好きかもしれない。笑
    すごくよかった!
    mogura
    3.3
    最後の絶望感がすごいの
    log
    3.3
    ドニーさんまじ華麗。
    やっぱりSWの魅力は自分には分からんかった
    g
    3.7
    面白い作品にはいつも、魅力的な登場人物達のアンサンブルがある。大人気シリーズのスピンオフだとか、このストーリーがどこに繋がっているかとか、そういうこと関係なく、良かった。
    しかも4才のうちの息子が、最後まで飽きずに見ていた。ビジュアルの魅力も素晴らしい。
    30年以上もの間、食わず嫌いだったということですね。〈ジェダイの復讐〉を劇場に観に行ったのが高校生の時で何せ完落ち😪しそれ以来キッパリ縁を切って〈ジェダイの帰還〉にタイトルが変わってたことすら最近まで知らなかったんですから。

    これまでのSWを観てなくても全然楽しめましたね。だいぶ知った顔が見えましたし。小顔美女戦士ジン(フェリシティ・ジョーンズ)とその父親で科学者のゲイレン(マッツ・ミケルセン)との再会シーンは親子似な過ぎ!と思いつつ泣きました。ラストシーンも何ですかあの爽やかさは。こんな感じで食わず嫌いな作品一杯あるんじゃないでしょうか、反省です。ただその間密かに`フォースの力’だけは信じ続けてはいたんですけどね(信憑性なし)w
    展開が読めない物語もおもしろいが、本作のように着地点が明確に示されていて、いかにそこへ到達(収束)するかという物語には、パズルを完成させたときのような独自の快感・感動がある。
    今回、登場するキャラはだいたいシリーズ初登場であるが、キャラ造形がしっかりとしており丁寧だったのがすばらしい。
    なかでもクレンニック長官は中間管理職的な悲哀があり、敵役としては非常におもしろい設定で、ここは評価されるべきユニークさだったと思う。
    後半の派手なドンパチとくらべると、前半は画面も暗めで展開も地味かもしれないが、ストーリー全体の起伏として不自然なレベルではなく悪くはなかった。
    DrFeelgood
    3.1
    スターウォーズなんですが別物ですね
    ポスターの写真よりずっと主人公は大人っぽいです^_^