ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

おわん

おわんの感想・評価

4.6
ライトセイバーでチャンバラして、特殊能力使って。そんなスタウォのイメージを尽く変えた衝撃的な映画。なぜってジェダイがほとんど出ないから。
戦争映画というのがぴったりだと思うくらいのヒューマンドラマです。ガン○ム(念の為伏字)とか好きな人には是非おすすめしたい。
エピソード4の内容が記憶にほぼない状況で鑑賞😅

ストーリーは兵器デススターを帝国軍の脅迫により作らされた開発者の娘が、デススターを破壊するために帝国軍のデススターの設計図を仲間と取りにいくという話

今までのスターウォーズと比べて、ストーリーも暗めな部分もありますが、個人的には好きな話でした😊
iicarell

iicarellの感想・評価

3.3
SFというより、戦争映画という気がした。命をかける主人公たちのラストの姿が目に焼き付いた。
手汗をかきますし、終盤にさしかかるにつれて感情が無くなりますが、デス・スターの設計図をレイアに渡すシーンは熱いです。
amie

amieの感想・評価

3.7
スターウォーズは今までテレビで放送されたのしか見たこともなかったし、そんなに観ようと言う気も起きなかった。
でも、たまたまチケット当たって観に行ったら、凄く面白かった。王道なのがよく分かりました。
レジスタンス登場のシーンは凄く痺れました…音楽も最高…
スターウォーズは結構好きなシリーズだけど、
まさかの寝落ちしてしまって後日改めて見直し

やっぱりツマンナイわ〜

ラストが素晴らしいとの意見があるけど、だって初めから「そこ」ありきの作品でしょ?
お決まりのベイダー卿の部下イジメや
Xウイングの空中戦あたりからやっと落ち着いて見られたけど。
逆に前半から中盤辺りまでがとにかく退屈なのは、話を詰め込み過ぎなのもあるが、やっぱり主人公のジンの特徴の薄さに尽きると思う。

逞しさも、可憐さも茶目っ気も何もなくて
ただ、父親への真っ直ぐな想い
だけでは主人公としては弱いかな

むしろ周囲の仲間達の方がキャラは立っていたが、それにしたって、じゃあ何故ジンを助けて、共に戦うのかが描き切れていなくて全然入り込めなかった。
Duchmos

Duchmosの感想・評価

2.8
僕はSTARWARSが好きなんじゃなくてライトセイバーが好きみたい
シリーズ4作目新たなる希望に繋がるスピンオフ作品。
上手く繋がってます!
Flatlife

Flatlifeの感想・評価

4.8
新ダース、平凡、これからの変貌に期待します‼️
ラスト10分が神すぎ。
EP4見返そう笑