ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

はる

はるの感想・評価

4.3
これまでのスターウォーズの中で、1番シビアな世界だと思った。

デス・スターに弱点があることに対してエピソード4では何も疑問が浮かばなかったし、レイアが設計図を持っていたのはレイアがこっそり盗んでいたとぐらいにしか思っていなかったのでローグワンを観て感動してしまった。

けれど感動だけではなくて、やるせない気持ちもわいた。スターウォーズの世界はどうしても人が沢山死にすぎるし、死んだ人のことをいつまでも引きずらない。だけどこのローグワンでは、今までなら焦点が当てられなかった人の生き様が描かれていて、初めてスターウォーズの世界の厳しさを痛感したと思う。
三太郎

三太郎の感想・評価

4.2
ライトセーバー出てこないけど、なんて言うか圧倒的にスターウォーズ感があった。
エピソードⅣへの繋がり方も自然で良かった。
実際問題、今までのスターウォーズの映画で一番良かった。スピンオフということもあるが、作品としてまとまっている。
もうそんなに名前覚えれへん、と思っていた前半やったが、終盤は一転手に汗握る展開に。本編へと確かに受け継がれていくものを感じた。
skam

skamの感想・評価

-
最後のジェダイだと思って借りたら全くの別物だった。無知って怖い。
MARQ

MARQの感想・評価

3.2
きちんと金をかけて作られたファンムービーという感じでした。キャラクターにあまり魅力を感じず乗り切れないまま終わってしまった。戦闘シーンも銃撃戦がメインで、それがどことなく現代的なので、シリーズを神話・寓話的に捉えていた身としては違和感が大きかった。
ダースベイダー登場シーンは最高。
rodegin

rodeginの感想・評価

3.0
スターウォーズ在ってこその作品。
エンディングの流れが分かっていてそれに繋がる様に終わる…。ガンダム観たい。
好きな人はそれぞれ好き嫌いを言って盛り上がり、スターウォーズあまり興味無い人は本編を再度観る…。どちらにしろ最初に上映された作品が古すぎるので、無理クリ感を毎回感じるようにはなっています。
CHAKKI

CHAKKIの感想・評価

4.2
いままでのエピソードがしっかりと繋がる感覚。
悲しい話だけれど、スターウォーズシリーズの中で1番好きかもしれない。
KJ

KJの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

映画館で観たかったのに間に合わず
結局DVDにて鑑賞した

スピンオフってやっぱり本編ほどそそらないのは、仕方ないね
好評だって声は届いてたんだけど

観たらやっぱり面白かった

ダース・ベイダーこんなに強かったっけ!?という感想

ジェダイが一人も出てこないスター・ウォーズ

観ようによってはシリーズで最も面白い一作。エピソード3.5と思って観る必要はない
公開前から大まかなストーリーを知っている作品なんて、珍しいよね。「設計図を手に入れるために多くの犠牲が出た」って、エピソード4で語られちゃってるんだもん。

そのぶん、見せ方を工夫していると思うんだよね。印象に残ったカット、いくつかあった。ダース・ベイダーの影なんて「怖っ!」って思ったもん。

ボクのサイトでは、もうちょっと詳しく書いてます。http://oride.net/r1/ で。