ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

機内で鑑賞、、、、


のはずが、、、
途中で寝てしまいました。。。。

監督がスピルバーグじゃなくなってから、スターウォーズってどこに向かってるかイマイチ分からなくなってしまったのは僕だけでしょうか、、、

これの前のやつ、エピソード7?あたりから、、、
ろい

ろいの感想・評価

5.0
満足度100
スターウォーズ作品の中で一番好きだ
最高の一言に尽きる
hayami

hayamiの感想・評価

4.2
最高。
最後レイアの言葉、ファンを裏切らない繋げ方すぎて素敵
考えてみれば当たり前だけどキャシアンや乗り込んだ仲間達みたいに、反乱軍だってそれなりに手を汚してる、銀河の平和の為という大義のもとに。完全な正義はないし、平和は常に犠牲の上にある
チルアート超よい、may the force be with you…
スピンオフなので当たり前ですが今まで見てきた場所が舞台だとテンション上がるね
しかもタイトルちょっと反則 ”rogue one”
あとフェリシティの顔がすき

7.8より断然よいです 作りが丁寧
世界観を崩さないところ満足度高いし、ストーリーが簡潔でわかりやすい
詩音

詩音の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

文句なし!鳥肌立つ!
必死にデス・スターの設計図を
奪い届けるために
一人一人が戦い、死んでゆくシーンには
涙が止まりませんでした。
最後の2人が抱き合いながら
死を覚悟して消えるところが
儚くも綺麗だと思ってしまいました。
rio

rioの感想・評価

5.0
スターウォーズ史上最高の感動作です☆
それ以上言うことなし。
いしス

いしスの感想・評価

4.2
もはやスピンオフではないと思う。
エピソード3.5でいい。

昨今の多様性も意識しながら
古典的な戦争映画の要素もあって
焦らした挙句のラストの
ダースベイダー無双ときたら。笑

日本人なら座頭市を彷彿してしまった
シーンもあったと思うが
彼はカンフーの達人だったんですね。
(納得)
彼らの友情が個人的には胸アツでした。
取り敢えず観て欲しい。スターウォーズのサイドストーリーとしても、一本の映画としても面白かったです。
謎が明かされたのは良かったし感慨深いものもあるけど一本の映画としては最後まで何も面白くない。全てが無機質。都合よく生み出されて都合よく消されただけ。
最初から最後まで面白かった❗
デス・スターの設計図を奪う闘いがこんなにも激しかったとは・・・
めちゃ楽しませてもらった。
早く見ておけば良かった。
壮大な親子の復讐劇のスピンオフ作品で感動作との評判でしたが、残念ながら睡魔に勝てませんでした。もう私はスターウォーズファンではないのかも知れません。失格ですね😢相関図も頭の中で整理出来なくなりました。次回作ハン・ソロには興味ありますが。