ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

やっと観れた…
ストーリーを知っていただけに
鑑賞する勇気が…
だって切なくなるのわかりきってるんだもん…

あー 希望をつないだね…涙
Aki

Akiの感想・評価

4.0
スターウォーズは4、5、6しか見てないけど、ローグワンのストーリーの位置付けと重要性はわかった。
ローグワンの登場人物は本編と比べると特別な力を持ってないけど、その中でそれぞれ覚悟を持って大きな任務を果たしたところに感動した。
エピソード4の直前にこんなドラマがあったことを踏まえてまたエピソード4を見るとまた違った感想になりそう。
ダースベイダーが少しの間登場シーンですごいインパクトだった。
シリーズ作全く知らずに観たからほんとにわからなかった。ちゃんと全部観よう(いつか)
デススターの設計図を手に入れる話。4の前日譚。

スターウォーズの皮を被った戦争物。
まさかディズニーがこんな泥臭い戦いの映画を撮るなんてなあ。

今見てもダースベイダーのデザインは色褪せない。現代の映像でダダースベイダーの戦闘シーンが観れたのは嬉しい。


まさかフォレストウィテカーとマッツミケルセンを使い捨てにするとは…
HeroM

HeroMの感想・評価

4.0
4に繋がるラストへの流れが良かった。
これもウルトラパナビジョン70で観たかった。
Chiyoooo

Chiyooooの感想・評価

3.7
なぜ反乱軍がデス・スターの設計図を持っていて
弱点を知っているのか、納得。
面白かったのですが、
前半部分はもう少し短くてもよかったかな...。
あと最後が...悲しくて...。
主人公たちは、反乱軍に希望を届けたけれど、彼女たちの希望は...失わなかったのかな。
死があまりに多くて、少し辛いです。
shiori

shioriの感想・評価

4.5
シリーズとのつながりがうまくできててすごいの一言。なのでシリーズをまた最初から観返したくなる。ドロイドが相変わらずかわいい、からこそ泣ける。少し昔の日本のお国のためにみたいな精神を彷彿とさせる部分があった。
ピナコ

ピナコの感想・評価

4.0
一番はじめのシリーズを観たときの感動あり
もしかして一番面白いかも

武士道を感じたんですけど
フォースが無くても 希望を信じ行動する所に感動した。 設計図がどうやってレイアの元に渡ったのか、なぜデススターに弱点があったのかが分かります。 最後は泣いた。
残り40分くらいから急激に面白くなり、往年のキャラがちらほら出てくる。スターウォーズのリアルが描かれている、ぜひファンには見て頂きたい映画。人生は長さではない、何を成し遂げるのか、そこに尽きるんだなー。海外って捨て身で任務を全うするという感覚が無いのかと思ってた。捨て身の美学というか、なんというか。スピルバーグが日本通だからこの映画にはあるのか??
これまでのスカイウォーカー家の喧嘩や帝国vs同盟の基本路線から若干外れた作品。まさに、はぐれ者が一つ(ローグワン)。

サブタイトル通り、希望を繋いだ戦士たちがフォースとともにあらんことを!