ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
あのスターウォーズにスピンオフなんか必要なの?と個人的には懐疑的な見方しかしていなかったのだが、実際観てみるとストーリーが進むにつれて実に自然に過去の名作との空隙が埋まっていくような、例えて言えば「エピソード3.9」くらいの完成度の高い一本で満足。ファンが喜ぶ設定も随所に盛り込み、そしてわかりやすく終わらせるんだろう、と思っていたこちらの裏をかく展開には思わず声が出た(笑)。なんか6回から1イニング限定で出てきたセットアッパーが三者凡退に打ち取って拍手喝さいを浴びるような(いつも野球の例えで失礼)爽快な作品。
いしこ

いしこの感想・評価

5.0
スター・ウォーズが好きすぎて何も言えない。
スターウォーズの世界に語り継がれるべき、ドラマチックなストーリーがとても沁みました。観終わった後もじわじわ。
正直に申し上げて、帝国軍と反乱軍の区別すらついていないレベルのスターウォーズファンです。
(BB-8と今作で出てくる細長い黒いロボットが好き)
ですが、終始ストーリーに没頭し、
改めてエピソード1-6と7?を改めて観ようかと思わせるぐらい面白かったです。
まだ観てませんが、時間のあるときにウィキペディア片手に観てみようと思います。
Taul

Taulの感想・評価

3.0
2D字幕版4K上映。1本の作品としては粗が多いように感じたが、スター・ウォーズ愛溢れる映画だった。あれ程見た『新たなる希望』のタイトルと中身に新しい重みが加わったような不思議な気分。もう一度見よう。

2回目鑑賞。2D字幕版。より話やキャラを理解して楽しむ。その分前半のグズグズ度合いとクライマックスの壮絶さが際立つ。終盤の舞台装置が最高なだけにもう少し心情もアクションも演出・編集にキレがあればと。でも今回は入り込めたので勇者達に涙。

撮り直しで一貫性は無くなったがエンタメとして面白くなったみたいだ。終盤は馴染みのオモチャ箱をひっくり返し、SW愛をぶち込んで何とかまとめた感じも。でもだからこそのスターウォーズのスピンオフか。最後は超絶上がるがあの表現は反則のようにも。好きなシリーズだけに複雑だ。

IMAX3D鑑賞。キャラや台詞が理解できてるのでそのドラマ演出や前半の鈍重さが残念でしょうがない。しかし全てのマイナスを払拭する戦争シーンのオモチャ箱ひっくり返し感と、絶望と希望が交錯するラストの切れ味。3D効果は微かだがアクションは鮮明でより楽しめた。
反乱軍は希望を信じて戦う。

自分のためでなく、誰かのためではなく、全ては目の前にある希望と未来のために戦う反乱軍たちの命の物語


見終わった今、なぜ映画館でこれを見に行かなかったのか、最高に後悔してます。
なので、エピソード8は絶対映画館で見ます。

今回のローグワンは何がいいかって、一人一人が主人公だということ、現代だからこそできる映像技術で今まであまり描かれなかった地上戦を美しく映像化したことです。

ジンやキャシアンはもちろんですが、スカリフでの戦いで戦った者一人一人が主人公なんですよ。そう思わせるのは、紛れもなく生と死をはっきりと映しているからだと思うんです。

そして最後の10~15分は完全にエピソード4に直結してて、鳥肌MAXでした。

色んなことを教えてくれる素晴らしいシリーズです、スターウォーズは。
控えめに言って後半のベイダーシーンだけで云えば50回は見てます。

『新たなる希望』の前日譚、更にある程度結末がわかっているという点でも超高いハードルを超え鑑賞後モンカラマリ族に想いをはせずにはいられない!!
今まであまりピンとこなかったストームトルーパーの軍隊としての脅威、特別な力がない者、ヒーローではない者の命懸けの戦い!!

間違っていたら恐縮ですが、ジンの「旗を見なければ」発言、キャシアンの善悪について考える事もなく反乱軍の為にやりたくない事もやってきたという台詞の中には、今まで描かれなかった、絶対的に反乱軍が正義なの?!という角度から、また力のある者ではない目線での銀河帝国を改めて考え、そういえばパルパティーンも説得力のある言葉でアナキンを誘惑してたなーだとか、カイロレンってベイダーマスクどこで拾ってきたの?!等の本筋と関係ない思い出もよぎり、スターウォーズの世界がグッと広がりました!

最後のレイア姫のすかし顔には、おい!多くの犠牲と勇気のもとに手に入れた設計図をドロイドでポイすんじゃねー!!!
と心で叫びました。
クライマックスのスカリフの戦い本当に素晴らしい!!
加えて後半5~10分だけでもう最高っ!!
dango

dangoの感想・評価

4.1
めちゃくちゃいい!!!個人的にはスターウォーズの6作品超えた🔥新たなる希望にキレイに繋がる!とにかく見た方がいい!改めてスターウォーズの世界のすばらしさがわかった!
期待値が高すぎた。ドニーイェンの為の作品。オススメしません。
enri

enriの感想・評価

4.0
ソウ・ゲレラや惑星スカリフの構造などツッコミどころがいくつかあるが、ラストは完璧。興行映画の傑作。