ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

Zuidou

Zuidouの感想・評価

2.4
映画を観ている感覚がずっと無いまま進んでいって、とうとう最後まで内輪ネタだらけの小芝居を見せられているような気分のまま終わった。40分くらいにまとめられそう。『バーレスク』のほうが百倍好きです。
らーす

らーすの感想・評価

4.5
音楽が最高すぎる
初のミュージカルだったけどめちゃ満足
ハッピーエンドがよかったけどこの終わり方こそララランドなのかなって
そご

そごの感想・評価

3.8
bgmがとても良くて、サントラを何回も聴いてしまいます。あとエマストーンが可愛い。
良いエンディングだと思いました
星佳

星佳の感想・評価

4.2
オープニングの高速道路のミュージカルシーンからグッと心を掴まれました。

終始舞台を観てるような映画でした。カラフルで、いい意味でちょっと古めかしい。

夢を追い、挫折してぶつかり合う2人。最後は離れ離れになりながらお互いの夢を実現する。順風満帆に見えた所で再会、セブの弾くジャズで彼と一緒に過ごす未来を夢み、演奏が終わって現実に引き戻される。
意外とありがちな男女の恋愛を過剰にドラマティックに描いてるのがいい!出会うシーンもデートシーンも再会シーンも、ベタベタにドラマティック!
映画の最初から走馬灯のように振り返る系ほんと弱い...

ゴッホの絵が出てたり色んなミュージカルをオマージュしてる。ミュージカル愛の伝わる映画でした。そりゃ賞取りまくるわって思いました。
甘栗5

甘栗5の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とにかく音楽が素晴らしかったです
特にanother day of sunとsomeone in the crowdは曲も良いし、登場人物、ダンサーたちの服などの色彩等、映像も美しいなあと思いました
セブは自分のジャズバーを開けたし、ミアは大女優に。それぞれの人生や思い描いていた夢においてはハッピーな結末だけれど、この映画、つまり2人の恋の物語としてはハッピーエンドでは無い。夢を追うのに、恋が邪魔になることもあるのかなとなんとも言えない気持ちになりました。
最後のミアの妄想(?)シーンは泣けました。
Wgyo

Wgyoの感想・評価

3.7
そういう未来もあるんだなぁと思わせられた作品
音楽も映像も美しい
needmakeme

needmakemeの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます


『愛とはそれはお互いに見つめ合うことではなく、いっしょに同じ方向を見つめることである。』 ーーーサン=テグジュペリ


セブの思い描く「もしも」が溢れ出るラストがかなり心苦しい。選んだ道と選ばなかった道。バタフライ・エフェクトに通ずるところがある。掛け違えたボタンが「なければ」、こんな風になっていた「だろう」。

しかし、演奏後の2人の反応がその「もしも」を払拭し、それぞれが選んだ別々の道に進むことを描いて終わる。それはつまり選択を後悔しているのではなく、他の可能性が切り開かれたからこそ覚悟を決めて次の道へ進むということになるのではと思ったり。

セブに関していうと、セブがミアの発言一つ一つをきちんと覚えてるところがいい。そこにセブのミアに対する一貫した気持ちが溢れてる。オーディション直後の反応もそう。先にあの言葉を発しないのも、すべてはミアのため。

ただ一方で「夢追い人」であることを免罪符にしている部分はイマイチ。現状を打破する手段は取らないけれど、自分の理解者はいないんだと責める甘えや傲慢さは好ましくなかった。

この話を、このテーマを、ミュージカルで描いたことが一番残念。音楽は文字にする必要がないくらい素晴らしかったけれど。

ラストが賛否両論という話を聞いていたのでどうかなーと思ったけど個人としては好きな終わり方だった。もう一度くっつくわけでもなく、お互い少しの後悔が残りながらも夢を叶えたいという気持ちを優先した自分たちの過去を間違いとは思わない感じがいい!!一つ言いたいことは音楽はいいんだけどミュージカルシーン突入の違和感がすごかったもうすこし自然に入れないかなあ
あんなに観るの楽しみにしてたのに冒頭で女性が車から降りて歌うとこで直感的に悟った、コレ合わない映画だって。だから観るのやめた。でも人様のレビュー見るとラストが凄いって書いてあるやっぱ見てえなぁ
City of stars. Are you shining just for me?
>|