湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    あずう
    あずうの感想・レビュー
    1日
    4.5
    本当の愛はこれなんだ、と確認しました。
    自分が思ってた愛情の認識を考えさせられたかな。
    そしてあずみの演技が上手すぎて。
    みんなの湯を沸かすほどの熱い愛情は涙なしでは見れなかった。
    チョコレートドーナツぶりに京都シネマで大泣きした。
    結衣
    結衣の感想・レビュー
    1日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    飛行機の中で見たけどボロボロ泣いた
    オダギリジョーのだめ加減が素敵〜
    ピラミッド作るシーンがもうなんとも言えない感じで、、、スフィンクス。
    松坂桃李のハグの感じも素敵〜〜


    最期の終わりはえ?ってなったけど
    印象には残る終わり方だと思いました
    mugi
    mugiの感想・レビュー
    1日
    4.2

    クズな夫、オダギリジョーと
    最後のタイトルシーンが
    激アツ。
    fumin
    fuminの感想・レビュー
    1日
    3.3
    私も父がふわっと消えたことがあるので、子どもの気持ちがわかってたくさん泣いた。ブラジャーの心配をしてくれる母の愛が何気にすごい。ひとり親だとこういうとこでよく苦労する。

    一緒に観に行ったお友達は、デリカシーに欠けるシーンが多いと感じてなかなか入り込めなかったそうです。
    キースKeith
    キースKeithの感想・レビュー
    1日
    4.5
    断トツで2016年邦画No.1はこの作品です。
    余命を宣告され残り短い命を生きるお涙頂戴映画だと思ったら大間違いでした。設定だけ聞くとそんな凡庸映画に思えるけど、この作品の最大の魅力は悲くて泣けてしまうのではない点。もちろん悲しみは涙腺の緩みを増長させる一因ではあるが、人の持つ勇気や心の強さだったり、相手のことを考えて敢えて厳しい姿勢を見せ愛情をもって接することだったり、状況をすべて「受け入れる」ことに感銘を受けて泣けるという構造になっていて、もちろんそこには緻密な脚本が欠かせないんだけども、それに加えお母ちゃん演じる宮沢りえと娘役の杉咲花の演技力がこの作品の演出の期待値を上回っていることも大きな要素だと思います。特に杉咲花の海のシーンはこの映画の見どころの一つと言っていいと思います。
    商業映画としてはデビュー作だという中野量太監督がこの映画に込めた想いが最もよくわかるセリフで「お母ちゃんの遺伝子がちょっとだけあった」というシーンがありましたが、ここに私は監督が見る者に対して受け取ってほしい本質的なものがあったように感じました。(ちなみにこのシーンは2度目の鑑賞でよくわかります)
    そしてエンディングで「きのこ帝国」が流れて映画タイトルが出るんですが、そこでもう気持ちの良いぐらいズドーンと撃ち抜かれました。あんなにも心地良いくらい腑に落ちる感覚は、そこに至るまでの綿密な脚本や伏線の回収があってこそなんだなぁと感じさせ、そのラストで改めてこの作品の素晴らしさを気付かせてくれました。
    けーはち
    けーはちの感想・レビュー
    1日
    3.9
    店主である夫(オダギリジョー)が失踪して1年。開店休業中の銭湯「幸の湯」の女将、双葉(宮沢りえ)は末期がんで余命を宣告された。死ぬ前に彼女には絶対にカタをつけねばならない秘密が──カッコ悪いタイトルとベタベタに人生の苦難と家族の絆をテーマにしつつも、ビザールな火力の高い愛のドラマ。

    ★地味で過激、感情的で技巧的

    監督、中野量太。商業長編映画デビュー作とのことだが完成度は高い。

    浮気、隠し子、親が本当の親じゃない、いじめ、聾唖、病と死別などといった人生における重苦しいテーマを設定し、伏線➜回収、葛藤➜解決のパターンの繰り返しは地味ながらキレイな話運び。

    家族の会話には食事シーンが多用されるが、スキヤキやタカアシガニなどの御馳走が明確なルールに基づく儀礼的な意味を帯びており、ただの他愛もない感情のやりとり、団らんシーンでも飽きることなく観られる。

    俳優陣は良い演技だし泣ける場面もあるのだけれど、人生の試練に向き合わされた少女たちの奮闘には、脱衣露出、嘔吐、失禁などという過激な性癖暴露とも言える突飛な表現を多用するし、大人は役割的に明確に振り切れすぎていて(宮沢りえの優しさとパワフルさ、包容力と厳しさを両立したハイパー肝っ玉カーチャンぶりや、オダジョーの終始ヘラヘラして子供をあちこちに作っておきながら誰も何もほとんど責任を問わないモテダメオヤジぶり、無理)ヒューマン・ドラマの皮を着せたアングラ・カルト演劇的な面がある。

    最後の最後にはタイトル回収「湯を沸かす」愛で奇天烈な方向に振り切り、観客を「イイハナシカナ~~~~?」と困惑させながら、終了。しかし、確実にザクッと印象には残る。邦画界の切り込み隊長と言えるだろう。

    後はくどくどしいタイトルのバックにギャーンと歪んだギターが鳴るシューゲイザー系の主題歌がドリーミーでロックな、この映画の後味をまとめていて良いね!(椎名林檎も手掛けたエンジニア井上うにのプロデュースによるきのこ帝国というバンドの曲)
    ayumi
    ayumiの感想・レビュー
    1日
    4.2
    いや、不幸訪れすぎだろ!って頭では思ってたけどそれを上回る感動があった。鑑賞中泣いてない時間より泣いてる時間の方が多かった。お母ちゃんは余命を告げられたからこそ、自分と、家族と、他人と真正面から向き合うことができたんだなぁ。あんなお母ちゃん欲しい。
    3
    3の感想・レビュー
    1日
    3.7
    泣く人は泣くかなぁという映画でした。
    正直、登場人物全員、感情移入できそうになく、お母さんは攻めすぎてるし、娘は逃げすぎてるし、お父さんはまぁ言うまでもなく(笑)
    伏線回収とか聾唖みたいな社会問題とか要素を詰め込みすぎてて少々トゥーマッチな感も否めないけど、それでも、前述した入り込めない登場人物たちが、絶対的な善人も悪人もいないままそれぞれを支え合っているのは、自分もその輪の中に居ていいという肯定されているような気がした。
    湯を沸かすほどの熱い愛が娘をいじめから救ったりするかというと実際にはどうかなと思うわけではあるけれども、それでもなんとかもがいて生きていくことは忘れちゃダメだなと思いました。
    後はそうですね、末期患者が「どう死ぬか」ではなく「どう生き抜くか」という視点から描いたのはあんまり見かけないし、悲劇ではなく喜劇で死を語れる作品がもっと増えてほしいなと思いました。
    監督の今後に期待。
    いとうかな
    いとうかなの感想・レビュー
    1日
    3.1
    シリコンバレー帰りの機内鑑賞

    伏線とか細かい演出たくさんある臭いけど全部回収できなかった

    最後好き
    焼売
    焼売の感想・レビュー
    2日
    2.0
    入り込めないと楽しめない映画だと思うんだけれど、登場人物と自分の感性が違いすぎることから登場人物に沿って入り込むことは難しく、自分が身内の死や複雑な家庭事情を経験してないことからテーマに沿って入り込むことも難しく、上手に楽しめなかった。

    上手に楽しめないと伏線→伏線回収、問題→解決の構成が些か技巧的に見えすぎて嫌だなあと思ってしまうという悪循環。
    いじめや聾唖を適当なモチーフとして選んだだけと感じるというか…
    母と娘が衝突するシーンは相手の視線ってわけでもないのに画面をグラグラさせてるのがわざとらしくてしんどかった。
    タカアシガニのシーンを伏線回収した後に再度流すのとかも説明しすぎでしんどい。

    あと気になったのがアイテムに性的なものを用いがちなこと。特に下着がよく使われていたと思うけどどういう意図があったのかイマイチ掴めなかった。教室で下着になるのは確かに"いざという時"を感じられたが、おもらしのシーンまで下着で何か意味があるんだろうかと勘ぐってしまう。単純に監督のフェチなのだろうか。

    良い点としてはオダギリジョーの演技がめちゃくちゃ良かったです。クズだけど良いやつで半端じゃなく格好いいってキャラを見事に演じてたと思います。