湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    たけむ
    たけむの感想・レビュー
    2日
    4.4
    最後の探偵のセリフと終わり方良かったな〜
    家族についてめちゃくちゃ考えさせられた
    くだめ
    くだめの感想・レビュー
    2日
    -
    監督のトークショー付き。
    ゆきち
    ゆきちの感想・レビュー
    2日
    4.2
    愛について考えさせられた。親の愛は凄い
    こぬき
    こぬきの感想・レビュー
    2日
    4.0
    熱いね!よく出来てる!
    とにかく泣いた!
    伏線の張り方がうまかったのだな。
    普通「余命モノ」は、最後死ぬのが分かっている為に、ストーリーが全部同じようになってしまう。
    それを逆手に取って、「残された時間をどう生きるか?」に焦点。
    あれ?黒澤明の「生きる」と同じじゃないか!
    まぁそれでも、宮沢りえもだけど、杉咲花が好演!!
    見るべし!!
    akena
    akenaの感想・レビュー
    2日
    4.9

    湯が沸くほどの深い愛情を注いでくれる存在がひとりでもいれば、人はどこまでも強くなれる。

    歯を食いしばりながら泣いた。
    namuge
    namugeの感想・レビュー
    2日
    -
    あざとい程に押しつけられる感動シーンの連打。こうも何度も感動シーンを連続されると逆に冷めちゃうんですよね。
    まあ、まんまと泣かされちゃってるので何も文句を言えないんですが…

    子供役の2人の子の一生懸命な演技が光っていて特に教室で下着姿になる場面はホントに頑張ってて偉いなあと感じました。
    あとは…宮沢りえさんの人間力の凄さですかね…

    諸悪の根源、ゲスの極み、オダギリジョーにはなんらかの罰が下されて然るべきだと思いました。
    Juni
    Juniの感想・レビュー
    2日
    4.8
    余命宣告を受けた母・双葉は映画ヒロインの中でも、とびきり芯のある強さをもった女性。
    自分の余命を知った時、人はこんなに強くいられるのか?自分の事よりも愛する家族、周りの人々の幸せを一番に考えて起こす彼女の行動に、涙が止まらない。

    思いっきり泣きたい時、家族愛をとことん感じたいときにぜひオススメしたい一本!
    AkikoYamamoto
    AkikoYamamotoの感想・レビュー
    2日
    3.8
    ようやく鑑賞。意外と淡々としていて大きな感動は来ず終いで残念。
    寄道世之介
    寄道世之介の感想・レビュー
    2日
    2.0
    とても素敵な映画であることは分かりましたが、設定にリアリティがあると思えなくて入り込めませんでした。


    どうしてそこまでして銭湯を再開したいのか。銭湯を支えてきた義理の両親も登場せず、旦那に逃げられた嫁の立場でそのモチベーションがどこからくるのかよく分かりませんでした。


    今の時代に銭湯がビジネスとして美味し訳でもないし、なのにいきなり繁盛してるし、都合の良い設定だなと。タイトルありきの銭湯の設定なのではと思ってしまいます。


    イジメ問題も解決したふうになってるが、高校生で同じクラスの女の子が突然あんな姿になって、男子からして見ればその後普通に接すること出来ないのでは?むしろイジメを冗長するのでは?


    窃盗事件なんだから警察沙汰にしても良いと思うが、そうでなければ、イジメっ子の女子が羨むようなオシャレで可愛い制服を作るなり買うなりして着ていくとか、もっと別の対抗処置があるのでは?


    なんでダサいジャージで登校させるのか。それこそイジメではないか。



    松坂桃李の役も変。年頃の娘もいる女3人の旅行で男を乗せるのはまず不自然。

    女トラックドライバーに誘われた下ネタ話もデリカシー無さすぎる。あの話題に経験のない年頃の女の子が笑う訳ないし、母親の立場だったら余計怪しむと思う。


    あの役を出すなら女でいいと思う。


    下着をドアにかけるのもデリカシーない。自分の下着をあんなとこに放置されて普通の女の子なら恥ずかしいのではないか?

    男でも嫌だぞ。



    末期ガンでいつ倒れるか分からないのに子供を車に乗せて遠出するのもどうかと思った。

    下手すら事故ってみんな死ぬよ。


    1年も勝手に休業してたんだから2日3日の臨時休業くらいいいのでは。あの旅行には旦那も行くべきで、末期ガンの奥さんに長距離運転させるなんて絶対に有り得ない。


    そもそも自分が撒いた種なのに、自分は留守番で奥さんを行かせるなんて無責任にも程がある。


    あの流れだと流石の娘もグレるのではないか。



    大きな違和感として、あの2人が夫婦なのがおかしい。

    宮沢りえはあの銭湯のしっかり者の長女で、オダギリジョーは他にやりたいこともなく仕方なく銭湯を継いだ弟。

    弟が蒸発したので、都会でバリバリ働いていた長女が心配になって会社を辞めてまで帰省して、母親代わりをして、という設定の方がリアリティあると勝手ながら思いました。



    俳優さん達は素晴らしかった。特に妹役の女の子はとても印象的だった。

    @イオンシネマ茅ヶ崎3番
    シルバースクリーン、ビスタ最大スクリーンでシネスコは上下黒、カットマスクなし。
    プレミアシート無料、少し暗くて鮮明さに欠けていた。