湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    にっちゃん
    にっちゃんの感想・レビュー
    約13時間
    4.0
    子供の我慢は美しい。
    ちゃんめい
    ちゃんめいの感想・レビュー
    約13時間
    4.8
    ここ最近観た中で1番泣きました。
    複雑でごちゃごちゃだけれどもそこには確かに愛があって。
    オダギリジョーはほんとにダメな男だけれどもとても優しくて、バカで不器用でだから愛したくなってしまうのかなあ
    そして杉咲花ちゃんが素晴らしい
    まだ早いけど今年のわたしベストです
    ayknrt
    ayknrtの感想・レビュー
    約13時間
    3.0
    母が熱い愛で繋いでゆく家族の姿に涙がとまらなかった。

    伏線の張り方、回収すべてとてもシンプルに分かりやすい。
    ラストシーンも多分に漏れず。

    物語の構成も宮沢りえ演じる母の愛と同じように直球といった感じだった。
    素直にすっと泣ける作品。
    beckash91
    beckash91の感想・レビュー
    約13時間
    5.0
    タイトル通り

    胸を震わされ続けた

    映画を見て、こんなにも自分の目が赤くなったことはなかった
    まこ
    まこの感想・レビュー
    約14時間
    -
    母の愛の偉大さを説くものは多いが、これは母という存在の概念を考えさせられる作品。いい映画だけど、また見る事は多分ない。母のこと、そしていつか母になる未来を考えるととても抱えきれないから。
    kaaaa
    kaaaaの感想・レビュー
    約15時間
    4.5
    2017/1/15
    yu
    yuの感想・レビュー
    約16時間
    4.5
    曖昧な始まりも、確固たるものにしていける
    煮え滾るごちゃ混ぜの愛情で
    冒頭からエンドロールまで、ずーっとぽろぽろと、ずーっとじーんと

    時々おや?と思うシーンに冷めそうになり、また引き戻されて
    不思議な感じも結果よかったのかなぁ
    MinoruIkuta
    MinoruIkutaの感想・レビュー
    約16時間
    3.1
    やはり「家」はいいですね。帰りに家系ラーメンを食べちゃいました。もちろん、硬め、濃いめ、多めで。
    tomiee
    tomieeの感想・レビュー
    約17時間
    4.5
    予備知識は宮沢りえが死ぬということ、銭湯が舞台ということだけ。こんなに泣けるなんて。
    散らばった伏線をきっちり回収するお母ちゃんは強いし、湯を沸かすほどの愛に溢れていました。
    役者さん皆素晴らしいですね。特に表情。鮎子ちゃんが食卓で思いを告白(?)する場面の残る3人の表情が秀逸。

    余談ですが、小さな映画館だったからというのもあるけど、公開初日でもないのに満席。そして、みんな同じくらいのタイミングですすり泣いていて、『映画館で映画を観る』という醍醐味を味わいました。
    ちまき
    ちまきの感想・レビュー
    約19時間
    4.8
    3回泣ける。3回目というかラスト30分はほぼずっと泣いている。

    展開は予想できたが、最後のオチにはなるほどと思わされる。

    最後の赤い煙がなければ4.9。