ククーシュカ ラップランドの妖精の作品情報・感想・評価

ククーシュカ ラップランドの妖精2002年製作の映画)

KUKUSHKA

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.5

「ククーシュカ ラップランドの妖精」に投稿された感想・評価

hk

hkの感想・評価

-
ラップランドの妖精???
初めの方、名前から予想してたのと違いすぎて何の映画なのか混乱しながら観てました。

会話の噛み合わなさを笑うべきなのか難しい映画でした。
villjobba

villjobbaの感想・評価

3.4
第二次大戦におけるフィンランド・ラップランド戦線において、行き場を失ったフィンランド人男兵士とロシア人男兵士がサーミ人女性の家にお泊りするお話。
3人はそれぞれ母国語のフィンランド語、ロシア語、サーミ語で喋り、お互いが何を言っているかサッパリも分からない状態で3人の生活が始まる。

サーミ人というのは、北欧スカンディナビア半島の北部のクソ寒い場所に好き好んで住んでいるドM民族で、民族・言語的にはフィンランド人の遠い親戚にあたる。
トナカイを遊牧しながら湖で魚を獲って食べる、ゆる~い生活を送っている人々。

主人公的立ち位置のサーミ人女性アンニは、辺境で独り生活をする逞しさと、男に囲まれて嬉しがってる可愛さとを持ち合わせる素晴らしい女性です。こういう人と結婚したら良い人生が歩めそう。

ゆったりとしたテンポで淡々と描かれるのに、3人がお互いに会話の意味を勘違いしてるアンジャッシュのコントのようなシーンだらけで、シュールな笑いが訪れる。
ロシア映画ではあるが、ロシア人が一番不憫な扱いで面白い。
登場人物たちとは違い、我々は字幕で全部意味が分かってしまうが、本作の3言語(+ドイツ語)をすべて素で理解できる人ははたして地球上に何人いるのだろうか。

ラストが衝撃的だった。
何はともあれ、戦争ダメ、ゼッタイ。


北欧の辺境に興味のある方は是非。
言葉の通じない3人のやり取りにジワジワと笑いが込み上げてくる。
「くそくらえ」と言い放つロシア兵自身の名前が「クソクラ」になるくだりは爆笑。
アンニを見てると戦争の愚かさを誰もが痛感するはず。
dodo

dodoの感想・評価

3.0
言葉が違う3人。
噛み合わない会話が愉快。
女性を、優しさ一杯の素敵な人だと妄想していたら、大間違いである。
人間らしいっていえば、人間らしいのかもしれない(笑)
ふゆ

ふゆの感想・評価

-
噛み合ってない会話に笑ってしまう。わかりあえない男二人にアンニの笑顔が優しい。字幕もうまく工夫したんだろうなあ。どんなふうに翻訳してるのか気になる。
3人の会話が噛み合わないのに、共同生活してるのがなんだか面白い

ラップランドの女性が敵対するフィンランドとロシアの兵士をうまーく中和してるような、そんな関係。

ひとつ驚いたのが、フィンランド人が生死をさまよっている場面で"岸"とか"川"といったモチーフがあったこと。

日本も死者は川を渡る、というイメージがあるけどフィンランドもそうなんだ〜と。

3人の共同生活も水辺。
戦争、という死がギリギリのところにある状況を、そうした設定で表してるのかな。

最後は子どもできたんかーい、とツッコミたくなったけど。
riekon

riekonの感想・評価

4.0
戦争中巡り合った3人の共同生活のお話。言葉の通じない3人の会話が面白くて何度も笑っちゃいました。
上手くいかない時もあるけど一緒に居るうちに通じてくるのかな?相手の事がなんとなく分かってくるのが嬉しかったですね。モーションかけちゃう(笑)強くて可愛いアンニがとても良かった。
家の造りや魚の取り方、料理の小麦粉が足りないから木屑を入れたりなどなどラップランドの生活にも興味津々でした。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
2016/7/2鑑賞(鑑賞メーターより転載)
密かにおすすめの一本。敵対するロシアとフィンランドの兵士がとあるきっかけからラップランドの現地の女性の家に転がり込んで始まる妙な共同生活。3人がそれぞれ自分の言葉を延々と話していて受け手のいないキャッチボールなのかと思いきや、言葉が通じないはずの3人が何となく意志疎通させお互いを理解していくという斬新すぎる異文化交流形式で進行。字幕があって全部内容がわかるだけにこれはひたすら面白い。言語が機能をなさない中で、対立する男2人を笑い飛ばし包み込むような地元民の女性のバイタリティがまぶしく感じられる。
Misaki

Misakiの感想・評価

3.6
映画の時代としては戦争中のものだけど、言語が通じない3人っていう初めて見るタイプの映画だった!
はじめは台詞がすごく少なくて、設定を掴むのに少し時間がかかったけど、途中から3人の全然かみ合わない会話が始まってからはシュールでクスクス笑っちゃった

ロシア人の名前がクソクラになっちゃってたのがいちばん笑えた
hagy

hagyの感想・評価

3.5
シュールで口元緩む
私すき
あのね、妖精さんみたいなふわふわな話じゃないから、この日本のサブタイトルとジャケット写真は勘違いしちゃう🙅🙅