キングスマン:ゴールデン・サークルの作品情報・感想・評価

キングスマン:ゴールデン・サークル2017年製作の映画)

Kingsman: The Golden Circle

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

4.0

あらすじ

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営…

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

「キングスマン:ゴールデン・サークル」に投稿された感想・評価

アクションのスピーディー感が半端なく、爽快感MAX。ストーリーなくていいんじゃね笑

ちょこっと見たメイキングがめちゃおもろかった。映画作るのにはお金と技術と人がたくさん必要なんだなぁ
おかず

おかずの感想・評価

4.8
最高にアガる!
この一言に集約される。

カントリーロードを心の中で歌いながら泣きました。
アクションはカッコいいし、1よりはサイコ的なものとか下品さとか薄まってて良かった
みり

みりの感想・評価

4.0
エルトン・ジョンめっちゃ出てくるやん

なんというか全体的にカラフルでアメリカンで明るい空気感だから薬物というテーマの割にハイになっちゃおうぜ的な印象。
もちろん緊迫したシーンは沢山あるけど後味は楽観的で愉快な気分で観終えることが出来る映画です。
日本映画だったらもっと病的で気だるい文学的な描かれ方をするだろうなというテーマだけどわたしはこのぶっ飛び感好きです、ノリがいい!

アクションもかっこいいし何より日常的な品々にデバイス仕込んであるのスパイものの至高だよねー!って戦闘の度にめちゃめちゃ興奮しました

イギリスとアメリカの違いがかなり対照的に描かれてると思う。特にアジトや服装、使う武器の違いなど。盗聴器の使い方もキングスマンならもう少し別の方法で取り付けるだろうなーと笑

ポンポン人が死ぬし死に方のバリエーションが多いんだけどグロさは全然ない。

蝶と犬のシーンはすごく良かった。

薬物、ダメ、絶対。な内容だけどハイになれます 楽しかった!
ちひろ

ちひろの感想・評価

3.2
ポップなグロテスクがなかなかツボにはまっている
スーツな英国紳士たまらん
Walter

Walterの感想・評価

4.0
前作と比べるとワイルドさが目立つがキングスマンとステイツマンの共闘も楽しめて相変わらずの派手で爽快感抜群のスタイリッシュアクションは完成されたクオリティ。前作からの登場人物が次々と居なくなるのは寂しかったが個人的にはマーリンが歌うシーンは今作で一番記憶に残った場面
tnp

tnpの感想・評価

3.9
相変わらずアクションと音楽がかっこよく、1つ1つのスパイグッズが出て来るたんびにワクワクしたのは前作同様とてもよかった。
派手なアクションとギャグ要素の散りばめにはとても楽しませてもらったが、ストーリーが前作よりも劣っていた印象があった。
相変わらず敵のぶっ飛び感は変わっていない
青

青の感想・評価

5.0
大満足でした

前作に引き続き最高に面白かったです!
相変わらずこのスタイリッシュな戦い方すきですね

色々と言いたいこともありますが、それを差し引いても満点なくらい面白かったです

そしてカントリーロードが聞きたくなります
前回は格闘に焦点を合わせてたが、今回は一転二転するシナリオが秀逸だった。
やっぱり俺はハリーが好きだ。
あの人の見せ場があって満足。
スパイものに必須のガジェットも楽しかった。
アメリカとイギリスのベタな対比も面白かった。
バトルの時のカメラワークが素敵だった。
ポピーさん美人だった…

現実問題としてイギリスもアメリカも麻薬が蔓延し過ぎてるね。あんまり実感ないけど日本もやばいのかな。
もう世界的に撲滅は無理という空気なんだろうか。それに対するこの話に出てくる大統領の考え方も怖いし、息抜き程度なら良いんじゃない?という理屈も怖いよ。
実際問題、麻薬って今後も変わらず一定の社会的地位をキープするんですかね。
甘くない砂糖の話を観た直後に「砂糖はコカインの8倍の中毒性があるわよ」という台詞が更に怖かった。
カントリーロードがひたすら脳裏に過る映画だった。

スタイリッシュなアクションとパンチの効いたジョークで相変わらず魅せるのが美味いと思った。現代の世界で近未来的に繰り広げられるバトルは男心を相当くすぐってくる。

今回は敵側に魅力を感じた。
前作の陽気なナウ&ヤングなサミュエル・L・ジャクソンも良かったが、今作のジュリアン・ムーアの方がサイコパス度高めで痺れた。笑顔で部下をミンチにしちゃう姿が美しい。


そしてキングスマンの人員大損害はビックリした!ここまで消し飛ばすんだと、寂しさ以上に清々しさを感じた!前作のキャラをここまで消し飛ばしても許されるのはこの作風の強みだと思う。

しかし長いという感覚を払拭出来なかったのでそこだけが少し残念。


そして今作のMVPはマーリン。
超愛されキャラの彼の結末をその目に焼き付けてほしい!
>|