何者の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

就活というものを経由してこなかったので共鳴できるのか不安だったが、関係なかった。
問題はSNSですね。これさえなければここまで闇は深くならない。西洋人でさえこげなトラブル発生するってのに日本人には向いてない。向いてないのをどうにかすべきか、SNSをどうにかすべきか。

菅田将暉がキャーキャー言われる理由がよくわからなかったし、顔もピンと来てなかったけど、3本くらいみて今作でがっつりハートを掴まれた。演技が説得力あると顔もなんもかんもカッコよくなってまう。
二階堂ふみは毎度唯一無二だなぁと思うのに嫌いなのはなんでだろう。そういえば好きな俳優いっぱいいるのに好きな女優が圧倒的に少ないのなんでだろう。ホモじゃないのになんでだろう。
自分のこと棚に上げて他人を評価するやつだいたい上手くいかないわかるわかるーな映画だった。観てていい気分にならない
映画自体は悪くないけど、就活がほんと嫌になる…。
Stranger

Strangerの感想・評価

4.0
いい役者しか出てない。
予告が良すぎてちょっと期待外れなとこもあったけど、良かった。
やっぱり 役者がいいといい映画になるね
massa888

massa888の感想・評価

3.6
来年の就活に向けて鑑賞。
何の予備知識もなく観たが、最後の展開は全く予想してなかったから、「そう来たか〜」と思った。
評価の割りに良かった。
nao

naoの感想・評価

-
就活まだしてないからわからないけど、恐怖心は煽られた。
就活怖がらせ映画
aya

ayaの感想・評価

4.8
記録