何者の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

juma

jumaの感想・評価

3.5
現代っぽかった。意識高い系とかやだな。ゆとりとさとりの末路怖い。
み

みの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

刺さるー!刺さる映画だった!!

佐藤健役に共感する面がありすぎたので、つらかった、、、

とくにツイッターがばれて、場面場面が演劇調で流れる場面で、普通に見てたこっちが抱いていた感想をツイッターで並べ立ててるのが、グサっと(^∇^)

ただ、どの人物も頑張ってほしいなー、私も頑張らなきゃなーって言う風に思えたから見てよかった!私も山田孝之みたいに諭してくれる先輩がほしい、、、
hannah

hannahの感想・評価

4.2
こういう日常を観るだけの映画の中で、優秀。みんなリアルで良い!痛々しいけど、共感出来るところもある。
Keesk

Keeskの感想・評価

3.3
とにかくキャストが豪華!
最後の20分くらいまでは、ただただ平凡な日常をみせられてるだけやったけど、
ラスト20分は割と面白かった👍
二重人格のようにSNSで裏アカウントを作って人の陰口をつぶやいてる人はめちゃくちゃ多いんやろなーっておもった
なつ

なつの感想・評価

3.2
邦画苦手なくせに、他のことやりながら見れちゃうから最近邦画多い(笑)
原作の朝井リョウの分析する若者心理は実際すごい現代現してるからおもしろい!佐藤健の無口さがうまく現代らしさを現していた。リアルとネットのアンバランス

二階堂ふみ、好きかも(●^ー^●)
Kaz

Kazの感想・評価

3.3
就職活動をしてきた人、まさにしている人には共感できる内容が多かったように思う。

まさに自分のような人がモデルになってるなって思ってハッとする人もいるのだろうか?というのが気になる。笑
mirei

mireiの感想・評価

3.6
これから就活だから、本当に怖い…。
下手なホラーよりよっぽど。
現実
なんかちょっと将来が不安になったけど、頑張ろう。他人のこと気にしてしまいがちだけど、もっと自分を気にした方がいいよね。
見る時期は考えた方が良いです。
大学生は就活終わってから見た方が楽しめると思います。
下手なホラーよりホラーです。
現代の若者と就活の大変さが分かります。
役者が若手の上昇株が揃ってますし、そこに山田孝之も加わっていてキャストは文句ないです。
それぞれ個性のある性悪をしっかりと演じ切っていると思います。
菅田将暉が主人公のお話ならありがちかと思いますが佐藤健の役は中々ですね。
就活前でなければそれなりに楽しめると思います。
fumiko

fumikoの感想・評価

3.5
状況もSNSとの関わり方とかも、なんとなくわかるし、感情もわかる。ただちょっと難しいよね、人間の感情は複雑だから。