何者の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

一真

一真の感想・評価

3.5
大学も就活もロクに、真面目に、過ごしてこなかった。ただ、多少なりこの主人公たちと同じような時間を過ごしてきた身からすれば、この映画は何も面白くない。現代に生きる若者の朝井リョウさんが作者なだけあって、リアルだし、とてもとても痛々しい。
いつの日か、何者かになれるのか、なれないのか。のらりくらりと生きてる僕はまだ何者にもなれてない気がする。身につまされる映画でした。
おち

おちの感想・評価

4.0
DVDに収録されている、タイプ別就活診断もイイ。
sumire

sumireの感想・評価

3.3
電車で4人掛けに座ったら、前の若い女子2人がラインで会話しはじめた。真横にいる人とスマホで会話するなんて笑っちゃうし、陰湿な感じがするのは私が世代が違うから?自分の事を言われてるのかも、とちょっと怖かったんです。現代っ子のストレスって計り知れないな…って思った。
この映画はまさにそれで、何とも嫌な空気。あの就活対策室とやらのお部屋の空気は逃げ出したくなる。誰の何も見えてこない。まさに演劇のようだった。

⚫︎ネタバレ⚫︎
最後は希望が見えて気持ち悪いまま終わらずよかった。何もかもがこれからだ!まだ何者でもない、若者達よ。
大学も就活らしい就活も経験の無い身ですが、あの場に立たせられたとすると、やはり息苦しい。
葛藤や嫉妬みたいな心のモヤモヤが身体中を這いずり回って不安しかなくて、、、
とても上手に生々しさを表現できていると思いました。
オバン

オバンの感想・評価

2.8
これが今の若者のリアル?なのかな。

仲の良い振り、物事わかっている振り、センスのある振り、振りばっかりでなんか疲れそう。

我慢して我慢して爆発して、そこまで爆発しなくても…

自分自身に嘘をつき、仲間内でも、社会に対しても嘘をつき、そんな彼らは一体何者?という感じ。
携帯触りながらみたから、話が飛び飛び

就活の生々しいやりとりが描かれてる
ちゃんと見たら面白そう
ただ内容が暗い
原作を読んだ時もそうだったけど、就職活動を経験したことのある人なら胃がキリキリするような内容。

でもこれが正しい2016年式の青春群像劇なんだよな〜と。

あと佐藤健さんの空っぽな表情に「いいね!」しました。
わへい

わへいの感想・評価

3.4
この作品を見たのが就活終わった後でよかった(笑)
人間の黒い部分がリアルに描かれてて自分に当てはまる所とか少し見てて辛かったです。
終わり方が少しモヤモヤだったかなぁ。
自戒。わかりにくいがいい映画。刺さる。http://www.shino-hobby.com/posts/1524076
最後らへんの演出はすげー良かった
あと、自分あれに近いことしたことあったから・・・・見てて思い出してしまって血の気が引いた
胸が痛い