ロープ/戦場の生命線の作品情報・感想・評価

ロープ/戦場の生命線2015年製作の映画)

A Perfect Day

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.8

あらすじ

1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれ生活用水が汚染されてしまう。国際援助活動家“国境なき水と衛生管理団”のメンバーのマンブルゥ(ベニチオ・デル・トロ)は死体の引上げを試みるが、運悪くロープが切れてしまう。彼はビー(ティム・ロビンス)、新人のソフィー(メラニー・ティエリー)、通訳と共に、1本のロープを求めて、武装集団が徘徊し、あちこちに地雷が埋まる危険地帯をさまよう。…

1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれ生活用水が汚染されてしまう。国際援助活動家“国境なき水と衛生管理団”のメンバーのマンブルゥ(ベニチオ・デル・トロ)は死体の引上げを試みるが、運悪くロープが切れてしまう。彼はビー(ティム・ロビンス)、新人のソフィー(メラニー・ティエリー)、通訳と共に、1本のロープを求めて、武装集団が徘徊し、あちこちに地雷が埋まる危険地帯をさまよう。そして国連軍のキャンプで本部から派遣されたマンブルゥの元恋人カティヤ(オルガ・キュリレンコ)と合流して、不良少年グループに苛められていた少年ニコラと彼の住んでいた家に向かった。そこで彼らが向き合うことになる衝撃の真実・・・・・そこで彼らは何を目撃したのか?

「ロープ/戦場の生命線」に投稿された感想・評価

またもや今年ベスト級な絶品映画。 これ面白かったです!
舞台は停戦直後のバルカン半島。
自らの危険を顧みずに地元の人を救おうと奮闘する国際援助活動家たちを、ベニチオ・デル・トロ、ティム・ロビンス、オルガ・キュリレンコら豪華キャストの共演で描く。
紛争地帯でたった1本の長いロープを求める、活動家たちの ありふれた1日。
戦争の爪痕の生々しさと強かさも持ち合わせる現地の人々や その実情。 国連の、まるで警視庁本部と所轄の違いみたいな、お役所仕事的な歯がゆさ。 掲げる目的は同じはずなのに、がんじがらめにルールに縛られる。 「ロープ」だけに。 身を粉にして奮闘するNGOの善意と本気、国連の建前と矛盾、そこに全く関係なくチャンチャンという皮肉が効いたオチ。
「ロープ」だけに、一筋縄ではいかない。 脚本が秀逸。
鑑賞後は原題もイイ。
シリアスになり過ぎず、燻し銀のティム・ロビンスがコミカルな役どころだったのも良かった。
見逃さないで良かった。

95年、停戦後、バルカン半島危険地帯の援助活動家たちの「パーフェクトデイ」。

辛い現実をユーモアで切り抜けるあの感覚は見習いたいよ。

手が届かない理想に対してもがく彼らとロックナンバーがシンクロして胸が熱くなる。ラストも素晴らしかった。

デル・トロのハマり具合はポスターだけで分かるが、久しぶりに元気なティム・ロビンスを見た気がして嬉しい。やはり達者な人だ。
『ロープ 戦場の生命線』を観た。講習終わりに。テーマをよくよく考えれば非常に重いし、痛烈な場面もあるが、毎秒シリアスでいたら精神はもたない、如何に平静でいるか、笑えるか、前を向けるか、というポジティブさが響く。ラストがすんごい良かった。
原題は『A Perfect Day』、これがまた深いんだな。
柊

柊の感想・評価

4.2
邦題のタイトルが「ロープ」確かにわかりやすいけど、原題のままの方でよかったのにと思った。
バルカン半島のボスニア内紛の停戦後が舞台。いくら停戦合意がされたとは言え、現地では、はい今日で戦争は終わりです。これから人を殺したら殺人ですよ。何て言われても指示が徹底されるには時間も必要でしょう。と言うわけでまだまだ戦時下と変わらぬ日々を送る現地。実際に銃弾が飛び交い爆弾が炸裂するようなシーンはないが、井戸に死体が投げ込まれるは、牛の死体は地雷のトラップだわと危険だらけ。そんな状況でも国際ボランティアの国境無き水の〜メンバーは自分達の役割を全うするためにただひたすら突き進む。事態は決して楽観できない重い状況なのに、随所に繰り出されるブラックジョークとノリのいい音楽で深刻さがどこかへ行ってしまうくらいだ。…がやっぱり現実は厳しい。特にニコラにまつわる全ての話には厳しさしか感じない。これが戦争なんだと思い知らされる。そしてようやく死体を引き上げられそうになるところで、国連軍が介入してご破算になってしまうくだりは、こんなところで理詰めでこられても誰の為にも役立っていないのに、何だよ〜と怒りがこみ上げてくる。これこそお役所仕事の極み。
あんなに探し回ったロープも結局は意味がなく、最後は自然の力で解決する所が、何か国境無き水〜の人達の努力が報われなくて…結果オーライ的。誰が解決しようと解決すればそれが一番なんですけどね。求められるがままに次の現場に向かっていくメンバーが逞しくもあり、切なくもあった。
ベニチオ・デル・トロものすごくいい。さらに久しぶりに見たティム・ロビンス最高!紛争地帯の現実をコメディ映画のように撮った監督面白いと思います。作り物感があまり感じなかったのは、やっぱりドキュメンタリーを得意とする監督故なのかな。今後の作品にも期待が高まる。
mii

miiの感想・評価

3.7
軽くレビューなどは読んでいたけど、たしかに予想と全然違う話だった。おもしろかった!こういう戦争や紛争の描き方もあるんだね。
音楽もかっこよかったな。マリリンマンソン流れてたよね。
当初の予定になく偶然観たのだが、何だかとても味のある物語だった。
emi

emiの感想・評価

4.0
紛争地帯の活動家たちのある一日を描いた作品。わざとらしいドラマもヒーローもなく、淡々とやるべきことをする彼らはリアルで切実だ。命の危険と隣り合わせの中で、できることをし救える人を救うことしかできない任務は過酷で無力感に苛まれるだろう。脚光を浴びることもない彼らの行動が人間性の希望であり尊いと思う。
y

yの感想・評価

4.1
うわあ、本当見に行って良かった。
予定が詰まってて、ぎりぎりで滑り込んだ。

紛争地帯でのユーモアあるやりとり、ロックな音楽、そして垣間見える現実、重さ。そのバランスが絶妙で、凄く良かった。
牛、ロープ、雨を使っての両側面の表現とかね、絶妙だった。
特にラストの歌と映像、そしてそこに“PERFECT DAY”
やられた。

本当に良い映画だった。
今年見た作品の中でも上位。

ベニチオデルトロはなんでかすごくかっこよく見えるよなあ。
ティムロビンスが凄くいい味出してたなあ。
もっと見てほしい。本当にそう思う映画だった。
『完璧な日』
『いつになったらみんなわかるのだろう』

命の奪い合いなし。銃撃戦もなし。
でもこれも戦争。
戦争は終わってからも長い。
ボールを奪う気持ち。
皮肉もいいたくなる。
これめちゃくちゃ面白かった‼️
停戦直後のバルカン半島で、井戸の死体を引き上げるロープを探すってだけの話なんだけど、脚本と演出が素晴らしくずっと釘付け。
撃ち合いとかの戦争らしいシーンはなく、コメディっぽく笑えるシーンも多く、その中でも戦争が残した傷跡や影響を鋭く描いている。
新しい形の戦争映画かも。

二転三転ある展開に思わず映画館で前のめりしてしまいそうになり、「そう展開したか!」と唸ることしばしば。
さらには全編に流れるバズコックスなどのパンクロックがカッコよくて目も耳も満足させてくれる。

ベニチオ・デル・トロとティム・ロビンスのコンビがこの映画を深めてくれている。
2人の演技がコミカルでカッコイイのだ!
デル・トロのコメディ演技も珍しいしね。
ティム・ロビンスも歳取ったなぁと(笑)
>|