ロープ/戦場の生命線の作品情報・感想・評価

ロープ/戦場の生命線2015年製作の映画)

A Perfect Day

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.8

あらすじ

1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれ生活用水が汚染されてしまう。国際援助活動家“国境なき水と衛生管理団”のメンバーのマンブルゥ(ベニチオ・デル・トロ)は死体の引上げを試みるが、運悪くロープが切れてしまう。彼はビー(ティム・ロビンス)、新人のソフィー(メラニー・ティエリー)、通訳と共に、1本のロープを求めて、武装集団が徘徊し、あちこちに地雷が埋まる危険地帯をさまよう。…

1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれ生活用水が汚染されてしまう。国際援助活動家“国境なき水と衛生管理団”のメンバーのマンブルゥ(ベニチオ・デル・トロ)は死体の引上げを試みるが、運悪くロープが切れてしまう。彼はビー(ティム・ロビンス)、新人のソフィー(メラニー・ティエリー)、通訳と共に、1本のロープを求めて、武装集団が徘徊し、あちこちに地雷が埋まる危険地帯をさまよう。そして国連軍のキャンプで本部から派遣されたマンブルゥの元恋人カティヤ(オルガ・キュリレンコ)と合流して、不良少年グループに苛められていた少年ニコラと彼の住んでいた家に向かった。そこで彼らが向き合うことになる衝撃の真実・・・・・そこで彼らは何を目撃したのか?

「ロープ/戦場の生命線」に投稿された感想・評価

一本のロープを探して奔走するNGO。
地雷だらけの戦地でも明るく生き抜く人々や素直な子供の為に…。
なんにもうまくいかない"PERFECT DAY"でも、前を向いていくんです。
ちぃ

ちぃの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『爆発シーンも銃撃シーンも使わずに戦場を描いた異色作』とは知らずに観たのでずっとドキドキしてた。

薄氷の上を歩むような紛争地帯の日常。
生活路は地雷だらけ、昨日の友は今日の敵。

ロープ1本のために奔走するNGOの努力もマンブルゥの思いやりも報われないまま終わってしまうのは、NATO他外野の介入に対する批判だったのかな?

戦闘シーンに一切頼らない戦争映画。
こういうアプローチ大好物だわ。

18-71
健一

健一の感想・評価

1.8
池袋・新文芸坐にて。自宅から直線距離にして一番近い映画館なのに11年も行ってなかった。反省。ベニチオ・デル・トロとティム・ロビンスという曲者二人が共演で期待させたが作品自体はイマイチ。よく劇場公開されたなーという感じ。「海の上のピアニスト」のあの少女が顔が全く同じのまま大人になっててビックリ‼️
白畑伸

白畑伸の感想・評価

5.0
傑作!!!!!!!!!!
こいつは面白いかつ好きな映画だったぜ!!

プロットだけで観たくなる発想力と
話が進むたびに作品への印象が変わる構成力!!

思いのほか笑える映画だったな!!www
ティム・ロビンス演じるビーのジョークが
百発百中大当たり!!!
この映画は意外にもユーモアに溢れてる!!

主人公たちの絶妙なチーム感が最高!!
シリーズ化希望!!!

終盤は「マジか…」の連続で
特にラストは「そう来たかッ!!」と
度肝抜かれた!!
伏線の張り方が素晴らしい!!

仕事って大変だけど頑張ってこうや、って映画!!!
クソおすすめです!!!
sci

sciの感想・評価

4.0
人間がやろうとすることを邪魔するのは人間。不条理な出来事が次々と起こっていくが、渋くていやらしい人間味あふれる中年男たちや、国際援助に関しては素人の女性の成長物語がいい味わい。乾いて険しい山々の風景、随所に挟まれるロック音楽がカッコよくて作品を引き締めている。
立場に関係なく自然現象を眺めている人々の表情・・・そしてラスト。うまい!
2015年の作品。3年経って日本で公開された経緯がよく分からないが口コミで伝わっていったのだろうか。
「裸の写真を財布に入れるかよ!」


最高だった!
エンドロールに入った瞬間拍手したくなった!!


タイトルの回収の仕方も最高すぎるんだよ!

現実の起こっていることとか、とにかく悲惨で、辛いんだけど、それでもそこに生きてる人がいるんだから、やっぱりユーモアは必要で。

何度となく爆笑してしまう。


それでいて物凄くやりきれない想いや、とても感動的な少年との"絆"の物語。


大人がバカみたいに喜んだりはしゃいだりするシーンは大好きですよ!


ポップで軽快なんだけど、ちゃんと根底にズッシリ重いテーマがあって、バランスが物凄く良いなぁ〜って思いました。
2018年6月13日
新文芸坐にて鑑賞。
1995年停戦直後のバルカン半島で人道支援活動を行っている国際救助活動家の国境なき水と衛生管理団。
彼らが、とある村の井戸に投げ込まれた死体を引き上げる為に使用するロープを探す様子を描いた作品。
彼らと途中に出会った現地の少年とのエピソードがテンポ良く描かれているのが実に良い。
ラストシーンで描かれるオチも予想外で思わず笑ってしまいましたよ。
ゾロ

ゾロの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

停戦直後のバルカン半島でロープを探すNGO団体"国境無き水と衛生管理団"の一昼夜を描いている。

行く先々の戦争の爪痕や地雷の恐怖、民意より国連の意向が大事にされたりする腑に落ちないところがたくさんある
しかし、原題「A PERFECT DAY」
最後のセリフとオチでニタリとしてしまった

ユーモアがあるロードムービーで飽きることなく見れる
好きな作品
YUI

YUIの感想・評価

3.5
戦争って怖い。
国がやってることなのに、普通に暮らしている人たちまで、いろんな形で巻き込まれる。
1本のロープを探して、ここまでいろんなことが見えてくるってすごい。
途中途中の音楽もすごくいいし、何よりラストが本当に良かった。
頼むから…
チャンと彼らに仕事させてあげてください😩


1995年のバルカン半島、停戦合意直後の紛争地域にて。

嫌なことがあり過ぎて【目が濁っている主人公】、
自分より家庭ってモンに興味がない同僚、
人の死体を見たことがない新人の現代っ娘、
身綺麗な地元の通訳のオッさん、
何故か現地のガキ、
仕事で費用をムダ遣いしてないか見張りに来た元カノ。

そんな(どんなだ?)国際援助活動の水道屋さんたち一行が、井戸の死体を引き上げるためのロープを探しますが
【たったそれだけのことがマァあ難しい‼︎】
武装勢力だけではなく、国連の部隊すらジャマしてくるのですよ。


表向きのお話は上記の通りですが、それよりも観客に見せたいのは風で乾いた風土と、戦争で乾いた地元民の心なんでしょう。


複雑に絡み合った困難な状況の中、何度も襲ってくる徒労感を"やれやれ"と"トホホ"で受け流して、今していることを投げ出さずに続けていくこと、きっとそれが大事なことなんです。


映画の最後のカットのオチを観て…
【私までトホホですわ‼︎】
ナンのこっちゃ😵
>|