ロープ/戦場の生命線の作品情報・感想・評価

ロープ/戦場の生命線2015年製作の映画)

A Perfect Day

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれ生活用水が汚染されてしまう。国際援助活動家“国境なき水と衛生管理団”のメンバーのマンブルゥ(ベニチオ・デル・トロ)は死体の引上げを試みるが、運悪くロープが切れてしまう。彼はビー(ティム・ロビンス)、新人のソフィー(メラニー・ティエリー)、通訳と共に、1本のロープを求めて、武装集団が徘徊し、あちこちに地雷が埋まる危険地帯をさまよう。…

1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれ生活用水が汚染されてしまう。国際援助活動家“国境なき水と衛生管理団”のメンバーのマンブルゥ(ベニチオ・デル・トロ)は死体の引上げを試みるが、運悪くロープが切れてしまう。彼はビー(ティム・ロビンス)、新人のソフィー(メラニー・ティエリー)、通訳と共に、1本のロープを求めて、武装集団が徘徊し、あちこちに地雷が埋まる危険地帯をさまよう。そして国連軍のキャンプで本部から派遣されたマンブルゥの元恋人カティヤ(オルガ・キュリレンコ)と合流して、不良少年グループに苛められていた少年ニコラと彼の住んでいた家に向かった。そこで彼らが向き合うことになる衝撃の真実・・・・・そこで彼らは何を目撃したのか?

「ロープ/戦場の生命線」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

「スリー・ビルボード」に続いて重く重くなってしまいそうなお話しをユーモアを交えて、音楽も軽快にさらっと見せてもらえて良かった😸
二人の名優の演技も素敵すぎます🌟

個人的にはガキんちょの頃にテレビで見た「突撃隊」その作中でジェームズ・コバーンの地雷での凄絶な死にざまを見て以来、地雷に対してのトラウマがいまだに残っているので、びくびくして見てましたけどww
トラップがあるかも知れないから気軽に腰もおろしちゃいけない‼️
新人女子に即座に注意するベニチオの表情にドッキリしました😰

首を吊るためのロープだから売れないって言ってたのはジョークなのかと思ってましたが。あの衝撃的なシーンと後で映されたロープ、マジで怖い意味だったんですね💧
kaz

kazの感想・評価

3.5
普通にサスペンスかと思ったらユーモアありのドラマだった。
組織の限界、意見の相違、ある意味日常を描いてた。
『悪女』に遅れてしまってこちらを観賞。よく知らないけどベニチオ・デル・トロとティム・ロビンスだし大丈夫でしょって軽く見始めたのですが…。

逆に彼らが出てなかったら見なかったかも、そしてこんな現実をちゃんと考えることもなかったかも。

整地されてない山間の小さな集落になると確かな情報が伝わりにくいでしょう。支援組織が複数あればそれぞれの考えが行き違うこともあるでしょう。でもそのことで守られるべき権利や命まで失われるなら本末転倒。組織が手を尽くすことさえもひっくり返されるのなら、支援の気持ちがそれでも続く彼らに感服してしまいます。彼らが体を張ってほんの少しずつでも何らかの変化をもたらしてくれてるのなら、意識高い系だとか言って揶揄することなく感謝したいと思うし、本当の支援とは何かを考えなくてはと思いました。

井戸に落ちた死体を吊って上げるためのロープを探すことさえ困難な地域なんですが、そのロープは支援の繋がりを示す意味でも、死をもたらす意味でもありそう。
そのロープを求めて道を進むことさえ慎重にならざるを得ない現実を知らせることがこの映画の存在意義なのだと思います。
ロープを手繰り寄せる途中でひっかかってくる、様々な人や出来事。
理不尽な圧力と、生死に関わる恐怖を何度も体験してきているからこそ、そこで出来る、ギリギリまで、出来ることをやる。
子供のボールを取り返してあげようとするシーンに、じーんときた。
ピンチのときこそ、ジョークを忘れないのは、人種の違いだと思っていたけれど、自分を落ち着けたり、緊迫した現場で相手の心を少しでもほぐそうとする、大切なことなのかもと思った。
この前見た「デトロイト」で、コーヒーを持って外に飛び出した黒人を思い出した。
ルーリードの曲がよかった。あと、反戦ソング「花はどこへ行った」も。
戦渦のお仕事映画。国境なきナンチャラみたいな人とかってなんだか意識高い系でお偉い人なんだろうなー、みたいなイメージだけど、そうだよね、お仕事なんだよね。ってことは意識や意欲だけではどうにもならないことが沢山あって、特に戦渦ではそういうのが色濃いんだろうね、みたいな事が不思議と全く頭になかったので、なんだかとても新鮮で、そんな中ではユーモアやジョーク、賢さと度胸なんかが重要で、そしてなんといってもびっくりするほど説教臭さがない作品で、すごく楽しかった。劇場でもそこここから笑いが飛んでいて、おかげで大好きな作品になりました。
tatari

tatariの感想・評価

3.0
とっても好きなタイプの話のはずなんだけど、このストーリーで最後まで集中力を持続させるためには、何かが足りないと思うんスよ。
たみ

たみの感想・評価

4.2
井戸から仰いだ空がカラッとしてるカットが無力感というか、これが現実かと思わされました

地雷原でもなんとか人は生活して、子供は遊んでる(普通に暮らしててちょっとぼーっとしそうになるくらい)けどあるシーンで一気にゾッとして戦地をリアルに感じました。
地雷の存在感でヒリヒリしながらも、ユーモアはありまくりでした。危険な野宿してる間、元カノ?と昔の言い合いするなよ(笑)

危険な状況のなかでの活動家たちの努力と、一筋縄ではいかない住民との関係、国連軍との軋轢が、本当に大変だなと思いました。

あまり泣かせるところも、感動させるところも入れてこないけど、「花はどこへ行った」がずしんときます。良い映画見ました
みや

みやの感想・評価

4.0
ボーダーラインの印象強すぎて、人を殺さないデルトロなんて、と期待値低めでしたが、なかなか。紛争地でクラシアンするデルトロでした。( ̄▽ ̄)

細かい台詞や事象が後で生きてきて、なるほどねー。
とても真面目な活動なんだけどクスクス笑えました。

上っ面だけの和平の、なんと無能なことか。
・ユーモアとロックで軽快な印象を与えつつも、描いている問題は底抜けに深刻だったりする。
困った時に笑いがこぼしてしまうように、コメディとシリアスは本質的に切っても切り離せない関係にあると思う
・伏線の回収が丁寧で、 話のロープは最後まで切れません
tomoboop

tomoboopの感想・評価

3.8
映画観賞の度に、「この世には知らない事がまだまだあるのだなー」と感心してしまう事があります。本作でも「国境なき水と環境管理団」の活動を見て、この世にはこういう人道支援に従事している人がいるのだなと感慨深い一方、協力的ではない地元民や国連軍とのやり取りがあり、いくら立派な行いでも、何事も一筋縄ではいかないという印象がありました。ロープはその一筋縄ではいかない事柄の象徴でしょうか。。
>|