ロープ/戦場の生命線の作品情報・感想・評価

「ロープ/戦場の生命線」に投稿された感想・評価

sonozy

sonozyの感想・評価

4.3
2015年 スペイン映画 英題: A Perfect Day
フェルナンド・レオン・デ・アラノア監督
ゴヤ賞・最優秀脚色賞

1995年、停戦直後のバルカン半島。
「国境なき水と衛生管理団」のメンバー4名。
強く優しいマンブルゥ(ベニチオ・デル・トロ)、ヤンチャなビー(ティム・ロビンス)、正義感溢れるソフィー(メラニー・ティエリー)、通訳のダミール(フェジャ・ストゥカン)。

住民の生活水を供給するための井戸に落ちている巨漢な男の遺体を引き上げようとするが、損傷の激しいロープが途中で切れてしまう。

衛生管理上、一刻も早く新しいロープが必要だが、停戦直後と言ってもまだ現場は危険な状態が続いていて、道の真ん中に牛の遺体が置かれ、それを避ける道の左右いずれかに地雷が埋められている可能性で身動きが取れなくなったり、兵士の検問で行く手を阻まれたり、遺体を引き上げる必要はないからロープは売らないと拒む店主などで、なかなかロープが入手出来ない・・

紛争審査分析官として加わる、マンブルゥの元カノ、カティヤ(オルガ・キュリレンコ)の美しさにやられ、不良たちにボールを奪われている少年ニコラとマンブルドゥの交流が沁みる。

ベニチオ・デル・トロとティム・ロビンスが最高。
戦火の後の悲惨な人々の生活の改善のため、まだまだ危険な現場で、不条理な妨害や圧力に諦めながらも、現状の中で自分たちが出来る任務に淡々とあたっていく、これぞ強く優しき男たち。

タイトルの「A Perfect Day」は、物語の後半、基地に戻る途中、チームに新たな任務(汚〜い仕事。笑;)が入った際、ソフィーが「やれやれ、今日は最高の日ね」と皮肉たっぷりに言う一言。

大雨の中、有名な反戦歌「花は何処に行ったの(Where have all the flowers gone?)」のマリ―ネ・デートリッヒver.が流れるラストシーンも素晴らしい。
いつになればみんな分かるのだろう♪
いつになればみんな分かるのだろう♪ の反復が心に沁みる、想像以上の名作でした。
紛争地域の緊迫感もありつつ、会話劇が終始お見事で落ち込まない。

デル・トロさん渋いよ。
久々に見たティム・ロビンスもいい年の取り方してたな。
ひろ

ひろの感想・評価

3.9
フェルナンド・レオン・デ・アラノア監督・脚本によって製作された2015年のスペイン映画

1995年のユーゴスラビア紛争停戦直後のバルカン半島が舞台。「国境なき水と衛生管理団」の活動と共に紛争地帯の日常を描いた作品

これは好きなタイプの映画だ。ただ紛争地帯の悲惨さや現状を訴えている戦争映画ではなく、紛争地帯の不自由さ理不尽さ、強く生きる人々などをユーモアを加えて描いている。不謹慎に感じるかもしれないが、そこにユーモアがあっちゃダメと思うのは平穏に暮らしている人達のエゴ。どこにでもユーモアは必要なものだ

スペイン映画らしくないキャスティングが面白い。ベニチオ・デル・トロが主役のマンブルー役を演じていて、国際援助活動家としてはベテランで優秀なんだけど、女性に難がある笑えるキャラクター。ティム・ロビンスも同じベテランのBって役でこれがよく喋る陽気な変人で笑える。そこに新人女性やマンブルーの元カノ、通訳に地元少年まで加わり、ロープを探すという地味な設定。これが面白く仕上がるんだから感心してしまう。こういった戦争映画もありかな
まこと

まことの感想・評価

3.4
「ロープ」という単語が一番飛び交う映画なのは間違いなし


あまりに作品の雰囲気からかけ離れたロック調の挿入曲は気になった笑
LAGUNA

LAGUNAの感想・評価

3.4
2018年ラストにみた映画

ようやくここまできました(^_^;)
さぼりすぎた。

1995年 紛争地帯
井戸の中の死体をひきあげるため、派遣された衛生管理の団体。
ひきあげようとしてもロープがない。
ロープを探すところから…。
ほんとうに紛争地のありふれた1日で、こんな感じなんだろうと思わせる。
シリアスなのに、コミカルでゆるい
デル・トロは最初からわかってたけど、
途中までティム・ロビンスに気がつかなかった。髪の色が真っ白だからか…
とすると、けっこう豪華キャスト。

最後は、えっ!と思ったけど笑った。

でも、期待したほど面白かったわけではなかった。
また、いつかじっくりみてみよう。
記録
死体を引き上げるためのローブを
探しにいく話
ラストは好き
R

Rの感想・評価

-
突然ですが、みなさん
「妄想」はされますか?

私は
ひとりでぽーっとしてる時はもちろん
授業中←
友だちとお茶してる時←
お説教されてる時←←
いつなん時でも頭の中では妄想の翼を広げて飛び回っておりますʚ♥ɞ

んで、何が言いたいかと言うと
このジャケ写を見ていただきたい。

上からのぞき込むデルトロさんとティム・ロビンスさんが
眠り姫👸的な私(なにか?)
の目を覚ますためにのぞき込んでるようにしか思えないっ✩
ここはやっぱ、Kissですかね( *˘ ³˘)♡オネガイシマース

・・・・・・( ̄ー ̄)

すみませーん💦正月に餅を食べ過ぎて、今だに脳みそが溶けてるみたいです。


さてあらためて今作のジャケ写

この5人はバルカン半島のある紛争地帯で水と衛生管理に関する援助活動をしているメンバーです。

危険な紛争地帯でデルトロさんというと、そりゃもう派手な銃撃戦に容赦なしの殺戮に...と連想しますが、
今回は過激なシーンはほとんどありません

鑑賞後に観た日本版予告編では「名もなき英雄」とか「愛と感動のヒューマンドラマ」とか言ってますが、ちょっとそんな作品では無い気がしました。

でも、すごくおもしろかった。

戦争の理不尽さ、その中で傷つき、死んでいく人々
子ども達も、たかがサッカーボールひとつを取り戻すために銃を取り出すほど心が病んでいる

それを何とか救おうと奔走する人々
でもそんな彼らも熱き英雄ではない

観終わって彼らのことを思わずにはいられない余韻を残してくれる
緩さと緊迫感が絶妙なバランスの作品でした
ラストの感じがまた良くて♡♡

観られる方はぜひ予習なしで観てみてください

そして今回のデルトロさんはお腹がプヨってて、女性にだらしなくて、気の強い女性には頭が上がらない
めっちゃかわいいヤツですよー⸜🌷︎⸝‍⸜🌷︎⸝‍
やっぱ今年もおじさん達から目が離せません
(๑•̀ㅂ•́)و✧

こんなおバカさんですが、今年もよろしくお願いします!
キャストが豪華過ぎる笑
デルトロ好きで観ました
脚本がリアル過ぎる
デルトロが子供のボール一つ
手に入れられない
紛争地帯の日常をユーモラスとシビア描いていて、自分好みの作品だった。デルトロの人間臭さはここでも良い。
紛争地域のほぼドキュメントに近い作品なのでは?と思わされる作品。『戦争』の数多い面の一面に焦点を当てた作品。みんな力になりたいと思い紛争地域に行ってるが、所属etcが違う事により制限され、円滑に進まない事も···、これは現地では事実なんだろう。
最後に皆さん書いてるが、映画タイトルの『A Perfct Day』は最後に理解出来ますね😊
日本語のタイトルはフィットしてないね。私には良いのも浮かばないけど···。『紛争地』『紛争地の日常』···いかが?😓
>|