パターソンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

画伯

画伯の感想・評価

-
観た。発狂しそう。でも詩を書くという趣味は素敵だな。途中で出会うthe real poet氏が突然降ってわいた天上なるものみたいに輝いていた。「素敵、エミリー・ディキンソンが好きなバスの運転手さん」

観流してたのでもう1回まじめに観てみようかなあ、生活の中に特別でもなく詩人がいるという設定素敵だったなあ。メソッドマンがさすがの腕というか喉というか、コインランドリーのシーンすごく好きだった。まあでもラップというフォーマットが私は好きなんだろうなと思ったけど。ただあの妻と永瀬正敏に耐えられるかどうか

しかし短編小説なら最後にナプキンを畳むような仕草で妻の喉掻っ切って終わるような不穏さがあって、やっぱりよくわかんない映画だったな…すごくずっとすべてが不穏で、劇伴も静かに耳を聾する。まっすぐ歩いてるつもりなのに三半規管の異常でぐるぐる一つ所に留まっているような感覚

死に向かっている、とまでは言わないけど、でもなんかそんなタイプの道行きの途上でふと現れる何も為さない天使が歌を聴かせるんですよ、路地やコインランドリーで

この現代に自身の経済は許すのに頑なにスマホを拒否する人のめんどくささに付き合いたくないなという気持ちも

これはもう1回なんて観ないのでは…

あと犬もかわいそうなんだよパターソンは…毎晩散歩の途中でバーに寄ってビール飲むんだけどビールジョッキの様子を見るに1時間以上、かなりの時間粘るのに犬は外に繋ぎっぱなしなのが地味にダメージで、そらやるよね犬くんも…となった。気の毒だが犬は復讐の機会を付け狙っていたのやも
【パターソンに住むパターソンの1週間】
とても素晴らしい作品だった。ニュージャージー州のパターソン市でバス運転手をしているパターソンさんの1週間。毎日同じルーティンを黙々とこなすパターソンさんが愛おしい。妻はアーティスティックなタイプで彼女が連れてきたフレンチブルドックのアーヴィンとは少しウマが合わないのがクスッと笑える。
パターソンさんが秘密のノートに書いている詩も素敵。日々の事柄を日記にように記している。最初のマッチの詩が好みだった。
アダム・ドライバーのちょっと弱々しいけれど優しくて穏やかなパターソンさんが本当に見ていて癒し効果がある。
Nanami

Nanamiの感想・評価

4.0
最近彼氏が欲しくなる映画ばっかり観ててkill myselfしてるんだけど、どこにいったら会えますか?アダムドライバー
fujiK

fujiKの感想・評価

4.5
なんて素敵な映画。
すべてのキャラクター(犬を含めて)が最高!
そして、主人公パターソン、How sweet he is!
何も起こらない日常のルーティーンが、とても素敵なものになる。その一挙手一投足が、不思議な優しさと微笑みを連れてくる。幸せな映画です。
YukoKoike

YukoKoikeの感想・評価

3.8
作りかけの詩の、表現にグッときた。
次に進むとき、少し戻る感じがリアルだったり、普通のボールペンでザクザク書いていくのが、シズってて好き。
次は何を書くのかとワクワクした✏
ラストの心地よい余韻。
こんなにほっこりできる映画は久しぶり。
もっと早く観ときゃよかった( ¯꒳¯ )ᐝ

アダム・ドライバー演じるパターソンの1週間をみていく映画なんですが特に派手な展開もないのになんでこんな面白いんだろ。世間一般的にいうなんの変哲も無い日常。でもこうやってみていると日々変化してるもんだなーって。

パターソンはすごくおとなしい性格なんだけどそれと対照的に奥さんが明るくて自由でとっても可愛らしい人だった。
2人の愛犬がまたたまらなく可愛い!
パターソンに対しての行動がなんとも憎たらしく愛くるしい(´∇`)
これはまた何度でもみたくなる作品。
人選びそうな気もするけど心穏やかになりたい時にはおすすめ。
何か悲しいことがあった時に、それを自分より悲しむ人がいるのってとても慈悲深いネガティブな愛だな
Karin

Karinの感想・評価

3.9
おしゃれだった。字体がすき。
パターソンの街並みもすごく好き。
行って見たいなっておもう。

バスの中の会話。それだけでも見てられる。

朝起きて仕事に行って帰ってきて寝る
毎日毎日同じことの繰り返しで何のために生きてるんだろうってたまにだけど思う時がある。

でも、そんな変わらない毎日でも変化があって同じことの繰り返しなわけではない。
明日はどんなことが起こるかな、、
って楽しみながら生きていきたいな。
M

Mの感想・評価

4.3
日々変化する何気ない出来事の連続
そんな当たり前の日々が愛おしい…
明日がくるのが楽しみになる作品
私が人生において大切にしてることそのものを映画にしてくれた感じ
人生の一本になった
定期的に観て、何気ない日々の大切さを思い出したい

仕事帰りにたまたま出逢った少女の詩が美しくて好き
街に根を下ろした暮らしがしたいと思えた
主演のアダム・ドライバーはこの年2本も日本に関係する映画に出たかのかと思うと感慨深い