パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

あかり

あかりの感想・評価

3.3
淡々と進む日々の中にも何か起こっていて毎日が新しい。
それはそうなんだけど、
ここまでの日常を映画で見たのは初めてかもしれない。
映画だから何か起こるとか、伏線とか、そんな概念を覆す作品。

長谷川潤に激似な奥さんの振る舞いが可愛らしい。毎朝眠そうに今日見た夢とか語るのが素敵すぎる。
そしてもっと歌聴きたかった。
美月

美月の感想・評価

4.0
パターソンでバスの運転手をするパターソンの1週間の物語。
アダムドライバーお目当てで観たので、ストーリー的に退屈そうだなと思っていたけど、想像を超えてきた。絶妙なユーモアと温かさが溢れていて、幸せな気持ちになり顔が緩みっぱなしでした。
そしてどんな役でもハマるアダムドライバーが凄い。目から優しさが滲み出てた。
パターソンのように、欲にまみれず丁寧に生きたいと思える映画でした。ジム・ジャームッシュの作品を観るのは初めてだったので、まずは長瀬正敏出演のミステリートレインを観なければ、と思いました。
michiyo

michiyoの感想・評価

-
バス運転手。すこし目線の高いところから街を見渡して、触れたものを詩にしていく。美しい嫁はちょっぴりクレイジーだけど、犬もかわいい穏やかな映画。
派手なドラマもない、なんでもない一週間は、なんでもないこと自体がドラマであると教えてくれる。

永瀬正敏が出てきたとき、山下敦弘監督の「くりぃむレモン」で班長さんが出てきたときを思い起こしてしまった。どちらも神の視点。
kyuta

kyutaの感想・評価

4.5
試写会にて鑑賞。
ジム・ジャームッシュ監督最新作。
パターソンという街に住む、パターソンという男の1週間が瑞々しく描かれる。
毎日の生活の繰り返しと言われると退屈なものをイメージしてしまうが、本作ではそれが全く感じられなかった。むしろ、日々のそうした部分から変化を感じることにこそ詩や映画といった芸術が産み出されているのかもしれないなと感じた。
また、映画の中でラップが登場する。イメージとは程遠いかもしれないがラッパーと呼ばれる彼らが現代の大衆の心を掴む詩人であることを再確認させられた。詩人が創り上げてきたものが形を変えて今も脈々と受け継がれていることがナゼか嬉しかった。
詩の朗読に合わせて字幕が表示されるので、英語の学習にピッタリだと思う。そうした映画の見られ方も広まって欲しい。

フレンチブルドックのジェイミーに心奪われること間違いなしのナイスキャラでした!
改めて、もう一度劇場で鑑賞します!
試写にて。

パターソンというタイトルは主人公のなまえでもあり、地名でもある。

映画を見終えた後、パターソンのいう響きと田舎のようで田舎ともいえない微妙な風景が気になって、ググってみると、湾曲した川に囲まれた碁盤の目のようなNY郊外の小さな町で、主人公が詩を書いたりランチを食べたりする公園は、グレートフォールズ国立歴史公園なのかなあ。 あの滝のシーン、目に焼きつきました。

地図で見ても小さな町のあの場所がジム・ジャームッシュの手にかかれば、人間も風景もとても豊かなシーンになるのだなあと思いました。

同じ道を歩いて職場まで出勤し、同じ質問を投げかけられるような日常をどこを切っても金太郎飴のように生きているように思えても、一瞬一瞬の感情は千色で心の中には詩があって、笑って日常を受け入れている。

詩作とは無縁のわたしに夜中に警備員をしながら詩を書いているんだよと詩を読んでくれたことを、ふと思い出しました。
そんな記憶をよびおこすような映画でした。
恥ずかしながら、ジム・ジャームッシュ初鑑賞。鑑賞前にさらっとここを見ると、何も起きない日常みたいなことが書かれていて、そういう感じのたんたんとしたやつなのね!と高を括って行ったら、そんなやわで陳腐な想像を遥かに超えた味わい深い上に、とっても面白い映画でした!
パターソンに住む、バス運転手で詩人でもあるパターソンの日常は確かに同じルーティーンの繰り返しだ。
起きて、時計を見て、恋人にキスをする。仕事をして、家に帰り、犬の散歩がてらバーに行く。
ショットも同じ構図を反復する。他にも双子というイメージも反復させる。
でも昨日とはちょっと違う新しい今日が、どれだけ豊かで詩的なことか、この映画は伝える。1日だって同じ日はない。
試写会のあとのトークショーで山崎まどかさんがジャームッシュのうまい外しを指摘していたが、例え起きなくても、何かの予感に満ちた日常が可愛らしくて愛おしく感じられる映画です。
ちゃらんぽらんの恋人やパターソンの書く詩、美しい撮影など言及したいことがたくさんある本当に素晴らしい映画です。
自分の変わり映えしない日常にもきっと詩的な瞬間があって、パターソンを見れば、誰もが詩人になり、そういう瞬間を味わえることでしょう。
sobayu

sobayuの感想・評価

3.5
"淡々と過ぎゆく一週間"だけど何故か終始不穏にも見える。本当は我慢してるだけで全部いやなんじゃないの?って穿ちたくなるパターソンの時に微妙な間と表情。でも別にそういう映画じゃないんですよねー。

というか現実なら妻を愛していることと、時々困らされたりちょっと相手に合わせて我慢することって全然矛盾しないのに、創作物だと完璧に幸せ!って描き方じゃないと相思相愛に見えないものなんだな~。その辺わたしの見方が幼稚なのかも知れない。

自分がパターソンだったらちょっとローラと暮らすのつらいわ~とか思っちゃったけど、彼女は夫の夜の散歩にはついていかない。ちゃんとお互いのひとりの時間を尊重する人なんだよなって最後の方で気付いた。素敵な女性なのである。

パターソンは今の仕事に就く前は海軍に居た、というのがなんか意外に感じる。彼の人生をもっと知りたい。

永瀬正敏は天使の役だった。天が遣わした人。ミステリートレインの役を彷彿とさせるって言うのは「旅人」ってことだろうか。

都市の中にあんな大きな滝があるって羨ましいなあ。滝、断然滝に心を奪われる。滝を見に行きたい。
nieves

nievesの感想・評価

4.0
何もかもが美しくて愛おしい作品でした。平凡な日常、主人公パターソンの感性や詩、ランチボックス、部屋に掛けられた絵、全てがもうツボ過ぎて。そして、愛犬がとにかく可愛い!劇場公開始まったらまた観に行こうと思います。
とも

ともの感想・評価

-
試写会で観て何気ない日々の大切さを改めて感じました!とても共感できる部分もありリアリティのある映画で良かったです(^^)
Mougan

Mouganの感想・評価

3.5
試写会にて鑑賞。

何が起きるでもない日常、
パターソンの人生。

ふと現れる登場人物との交わりも、これから何か発展して行くのかなと思いきや何も発展せず。
ジャームッシュなりの日常描写が素敵。
一瞬一瞬の連なり、何も起こらなくても進み行く時間。

有限かつ不可逆な人生を美しく切りとった一本。