パターソンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

 パターソンに住む、パターソンってうバスの運転手が詩人で、何気ない日常なんだけど……と、他人に話していると、どんどんネタが浮かんできて、じわじわキてしまう映画。
 随所に現れる双子(ツインズ)だとか、内装の変化とか、バス移動中の独特のリズムとか、オフビートも含めて。これって「詩」「韻文」そのものではないか。
 ツインズは付(つい)の表現、対句や、同じ音の繰り返し、韻。リズムも韻文の欠かせない要素だ。
 そして、生活や職業まで、世界は「詩」であるということ。
 モノクロのように淡いトーンの映像も、日常も詩的なのだ。
 派手ではないが作中にある「中間韻」のように。

 その意味でも、ジム=ジャームッシュ監督の集大成と言われているとおりだ。詩的というスタイルが、彼のエッセンスだったのだ。
 また、アダム=ドライバーの特徴のある風貌が、この世界観に実に合う。『スターウォーズ』にも出演しながら、こういう映画にも招かれる。
 唯一無二の俳優だ。アハ。
Shiori

Shioriの感想・評価

4.5
“We have plenty of matches in our house. We keep them on hand....”

いつもと変わらない日常がそこにはある.

でも、
人生ってなんでこんなにも美しいんだろう.

って素直に感じた作品だった.

こんなにもゆったりした映画を観るのは結構久しぶりで、正直最初はつまらなかったらどうしようって考えてた. でも月曜日、火曜日、、、って1日が過ぎていくうちに、なんか恋しさが募っていく感覚を覚えたのよね.

パターソンの1日1日は確かに変わらない日常. でも全然違う. 同じ日なんて全くなくて、全く同じ人に会うこともない. どんなに同じ場所に毎日自分がいようが、訪れる日々は違うもの. なんて愛おしいんだろう.

"いま、ここ"だったり、一瞬一瞬を大切にっていうメッセージ性がある映画って沢山あると思うけど、こんなにも毎日が愛おしいって感じたのは初めてかな. ただパターソンの一週間がゆったりと流れていくだけの映画なのに、この感覚はなんだろう.

そして、パターソンの日々の生活の中に"詩"があるのがとても美しい. 詩って、多分つまらない. でも、その中には確かに愛おしい部分があって、心の中の何かに触れる. 詩と日常ってなんか似てる. そこまで詩に詳しくはないけど、詩ってちょっと単調で一定のリズムを刻んでて、たまに外れたりする. それがたまらなく愛おしく感じるのかなって. 全体を見ると、パターンはあるかもしれないけど、もちろん1つ1つ紡ぎ出される言葉が異なって、最終的には個性的な作品になる. 日常と一緒じゃない?

私たちの人生が詩の集大成と考えると、なんて美しいんだろうか.

パターソンの詩で、"The line"にあった"the one I hear sometimes in my head is the fish one. Just that one line. As if the rest of the song didn’t have to be there." っていうのがなんか分かる気がする. でも実際は、他の歌詞も必要でそれらがあるからthe fishだけが際立つのよね. だから変わらない日常って思ってしまいがちだけど、パズルピースのようにとても大切な日々になる.

それと、この作品の中に沢山のシンクロニシティがあったことにとてもワクワクした. 私達の人生はシンクロニシティで溢れてるんだなって思うと人生ってとても素敵. これをただただ気付かず見過ごすのか、シンクロニシティだと思ってワクワクするのかで人生の楽しみ方って大きく変わってくるんじゃないかなって思う.

この映画なんか好きだわ. じわじわくる.
それになにより、自分の人生を愛おしく感じたいと思えることが素晴らしいなと.
なんだろこれ!本当に自分の人生や日々がとっても愛おしい!!

平凡な日常に飽きてしまった人や、毎日なんて変わらない日常だと思ってる人に、絶対に見て欲しい. そして、気づいほしい、私たちは人生という名の詩を作ってる真っ最中なんだってことを.
dibdib

dibdibの感想・評価

3.9
なにも起こらないけど
なにも起こっていない毎日に
幸せを感じる優しい映画
yutonishio

yutonishioの感想・評価

3.5
ニュージャージー州パターソン市に住む、主人公パターソンの日常とその夫婦生活を散文的に描く。

詩を通じて世界を認識するパターソン。
一見繰り返しのような日常も、変化と物語に満ちている。それに気づくかどうかは、感受性と他者と交流するか次第、というところだろう。パターソンにとってはその媒介が詩であった、という。

ストーリーに大きな山が無いため、平坦な印象。物足りなさも無くはないが、随所に散りばめられたウィットに富んだ会話により、随所で笑みがこぼれ、豊かな気持ちになる。

「日は沈み、また登るよ」
「今のところはね」

このあたりのやりとりが最高でした。

主演の2人、特にアダムドライバーの名演によりギリギリ成立してる、そんな繊細な空気感がある映画。
naonyan

naonyanの感想・評価

4.5
すごく良かった。みんなに勧められる映画ではないけれど、私は大好きです。
ローラが自由すぎるけれど、それを丸ごと愛するパターソンがいい。毎日きちんと働き、合間に詩を書いて、散歩の時には決まったバーへ立ち寄り、退屈に見えるけれど、そういう幸せが伝わっくる。犬のマーヴィンも最高に可愛い。幸福を映画で表すとこうなります。という映画。
かわぐ

かわぐの感想・評価

2.0
パターソンに棲むパターソンさんの日常.しかし日常すぎる.嫁も嫌いだしそれに何も言えないパターソンも嫌い.日常に目を向けてコツコツ詩を書いていくんだが,私に詩を楽しむ教養がないのか,というか劇中で語られたけどこれを日本語で捉えても美しさは失われているのだろう.ちょっと英語の勉強にはなった.
saori

saoriの感想・評価

3.9
映画だから何か起こるんじゃないか...と勝手にヒヤヒヤしながら見ていたけど何も起こらない。そうだよ普段生きてても劇的なことってあんまりない。そんな日常を愛おしいと思う。
ほとんど何も起こらない。
でもあの空気感は嫌いじゃない。
あの夫婦、いいなぁ、奥様ちょっと自由すぎるけど笑
有楽町のそこそこキャパ広めの満席の中で観るタイプの監督じゃないと思ってたから正直びっくりだった。いざ観てみるとジャームッシュ、だいぶ尖ってたのが無くなってた。バーでちょっとおふざけ過ぎたヤツのところは〈らしさ〉だったけど全体的に癒し系映画にまとまってた気がする。嬉しくもあり寂しくもあり。レイトショーで〈ドクターモロー〉をチョイスする奥さんをめとったパターソンが羨ましい。
日曜日の午睡前によく合う映画。
あーゆう夫婦いいなとかおもったりした。
庭先でハーブそだてるようなそんな感じの夫婦。