パターソンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

久々のこの手の洋画
ただの普通の一週間と言ってしまえばそれで終わりだけど、朝起きて仕事行って夜寝る同じ生活を繰り返すのと、失敗ばっかでも新しいことにドンドン頭突っ込んでいくのと、、といろいろ考えさせられる感じ
バスの中でいろいろチクっと言う人たちも面白かったね
こんなに優しくてかけがえのない映画があるんやな.....
まるゆ

まるゆの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます



2017.10.20 HTC有楽町


いつもと同様、久しぶりの映画館。ハッピーフライデーありがとう。会社の飲み会蹴って正解でしたね。(ノー反省)
さあ。コーヒー&シガレッツ、パーマネント・バケーション、ミステリー・トレイン、ナイト・オン・ザ・プラネット…
ジム・ジャームッシュ作品、古いものは観たことがあったけど、近年の作品は観ていなかったので 楽しみにしてた〜〜。あ、そういえば コーヒー&シガレッツのレビューかいてないからもっかい観たいなという気持ち。は、おいといて。
舞台はアメリカニュージャージー州に実在する町、パターソン。主人公はそのパターソンに住む、パターソンさん…職業バスドライバー、そして役者さんのお名前がアダム・ドライバーて…偶然なのか、必然なのか。なんだかずるい結びつきだ。やらしいな、と思う。笑
そんなパターソンの穏やかな日常、一週間のおはなし。彼の一日は 毎朝、妻のローラにキスをして始まる。そして毎日、秘密のノートに詩をしたためている。ただのマッチ箱も 彼にはとても美しく見えているらしい。職場から帰宅後は、愛犬 マーヴィンの散歩。途中、バーで一杯ひっかけて家路につく。
なんでもないような日常が なんでもなくないんだよな、これが。
思うことは色々あったけど、わたしは詩に関して詳しくないし レビューだって大した上手いことかけないから これからは 自分が、おっ…!って思ったことをぽつぽつかこうと決めました。ネタバレ機能使いたくなかったけど、これからはそうしようっと…
・空想的な夢を持つ妻と、ガチガチに現実的な夫。とても正反対な性格なのに、とても幸せそうなふたりに ほっこり
・マリメッコ、もしくは草間彌生チックなカップケーキが可愛い
・マーヴィンの、毎日する小さないたずら、我らにバレる
・まさかの乗客に、サムとスージー!ジム・ジャームッシュ、ウェス・アンダーソン作品観てんのか…
・雨の詩少女もグッときたけど、コインランドリーのラッパー黒人のほうが気になって仕方なかった件
・28年ぶりの永瀬さん出演待ち遠しかったのに、いざとなったらまじアーハン?

うん、まとまりないけど こんな感じで…(笑)次回からも多分、こんな感じで…
自分だけのメモ用になりつつあるけど 映画ラブ仲間は常に求めてますから、ね!!
日々はなんの代わり映えのしないものに見えても、小さく小さく異なっていて......
巨匠の映画。素晴らしかったです。
最前列で眼かっぽじって観ました。
静かでとてもいい映画だった。
朗読が多かったのもよい。
退屈な日常のように思うけど、幸せそうに思えた。
今までみたジャームッシュの中で一番好き。
シーンの反復の中にちょっと違う要素があったり。
エンドロールの後も映画が続いているような感覚になった。気づくとパターソンのことばっかり考えてる。
静かでゆるやかで、眠くなっちゃう類かと思いきや、見てるうちに1秒も見逃したくないと思った。それくらい無駄なシーンがないのかもしれない。。


この世界はその人の捉え方なんだと思った。雨でうんざりと思うか、天から少女の肩に降り注ぐ水と思うか。どうせだったら、そこら辺に転がってる些細な美しさに気づける感性が欲しい。


ゴルシフテファラハニ、美しすぎじゃあありませんか。
見終わった時より、時間がたつほどジワジワくる。ふとしたときに、シーンが思い浮かぶ。すごい浸透力。
マリコ

マリコの感想・評価

4.0
毎日判を押したような日常にちょこっと潜む小さなエピソードの積み重ね。パターソンの一週間を一緒に過ごした感覚でした。ブルドックが最後にやってくれたけども…朝のシーンはとても良いです。
myk

mykの感想・評価

4.4
小さい街に恋人と住む、詩を書くバスの運転手
詩的な映画やった

可視的な世界の豊かさより、想像の中の創造の世界の豊かさの方が大切に思えた

小さな街に住んで、毎日同じ仕事を繰り返し、一見パターン化された日常にいる主人公やけど、彼の世界は無限で毎日が異なっていて、同じ日なんてないように思った

その人がいる場所の広さや大きさと、その人自身のそれは比例しないって思うことよくある

仕事休憩に、彼女が作ったお弁当箱開けたらカップケーキひとつやったり、家帰ったら彼女がリビングの壁をペンキで塗ってたり、私やったらしょげる(笑)主人公のなんでも受け入れる心の広さ大きさに尊敬するm(_ _)m