めぐりあう日の作品情報・感想・評価

めぐりあう日2015年製作の映画)

Je vous souhaite d'être follement aimée

上映日:2016年07月30日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

北フランスの港町ダンケルク。産みの親を知らずに育った理学療法士のエリザは、自身の出生を知るために、息子を連れてパリから引っ越して来た。だが、実母が匿名を望んでいるために、なかなか手がかりがつかめない。そんなある日、息子が通う学校で働く中年女性アネットが、患者としてエリザの療法室にやって来る。2人は、治療を繰り返すうちに、不思議な親密感を覚えるようになるが…。

「めぐりあう日」に投稿された感想・評価

MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

3.5
ラスト、アンドレ・ブルトンの『狂気の愛』の節を歌うのは、フランスではスラムという音楽のジャンルで有名なグラン・コール・マラード。ラップとは異なり、朗読に近い単調なリズムでより強いメッセージ性を放つ音楽。

一人で抱えて一人で怠惰する苦しさ。待ち望んでいたこととは言えど不意に現実を突き付けられて戸惑う姿。破局中とは言え関係を断ち切れない夫との関係。母であると同時に女であること、そして娘であること。

女として、そのリアリスティクな描写に非常に共感する部分が多かった。
切身

切身の感想・評価

3.4
親子のふれあい。
肉体的な意味でも精神的な意味でも。
まぁ現実にはありえない確率の出会い方なので映画だと流してしまうが、案外母と子っていうのは本当にどこかで繋がっているものなのかもしれない。

にしても、もう少し子供に優しくしているシーンが欲しい。少し辛い。
vinotinto

vinotintoの感想・評価

3.5
主演が別性ながら感情移入してしまう重厚な展開。フランス映画にこの手の話が多い気がしますが、やはりお国柄なのでしょうか。
non

nonの感想・評価

2.0
重い…ずどーん
感情移入しにくいテーマ。ドラマだったら入り込めたけど
《2017年7本目》
-
(2017.2.16 飯田橋ギンレイホール)
shogo

shogoの感想・評価

2.5
パトリス・ルコントの縁戚かと思い鑑賞。知った俳優がほとんどいなかったが、どの俳優も心地良い芝居だった。
haru

haruの感想・評価

-
ちょっとうまく行き過ぎなような。
フランスもみんなで掃除をする文化はないのか…
実の親を知らずに育ってきた理学療法士のエリザは、自身の出生を知るため、息子を連れて北フランスの港町ダンケルクからパリにやってくる。
実の親の手がかりがなかなかつかめずにいたある日、息子が通う学校で働く中年女性のアネットが、患者としてエリザの療法室を訪れてくる。
治療を通じて、2人は次第に不思議な親密感を覚えるようになるのだが、、


身勝手すぎる母親、自分のことしか考えてない母親、自分が気傷つくのがこわいのか知らないけど、子供にはしつけだって言ってあたるし、怒ってばっかりな親は嫌だ。
狭い世間の中で、患者が母親っていうそんな展開あるかよって感じ。作り話っぽい。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.3
実母を探しにパリからきた主人公の心情を表すような、静かでどこか寂しさがにじみ出てくるような街
匿名出産で、知りたくても知れないもどかしさ。だけど、結局子どもをきっかけに、繋がっていく。
見えない何かがきっとあるんだなぁ。。
Aya

Ayaの感想・評価

3.5
うわーなんつったらいいのか・・・複雑な話ながらそこまでま悲しい色合いにせず、母の心情を豊かに多角に描いたのウニー・ルコント、やるなぁ。

「冬の小鳥」もイ・チャンドンの力だけではなかったんだな、と思いました。

理学療法士(PTさん。リハビリ療法の中でも直接的に体に触ったり動かしたりしてある程度普通の状態を目指す仕事)に着く美人で妙齢のエリザ。
彼女は10歳の息子とうまくいってない夫のクラス中、幼い頃養子に出されたことから、実の両親を探し始める。

しかし至る公的機関も守秘義務により情報を得られない。

一方ワンパク盛りでふてくされた息子の通小学校の掃除のおばさんアネットは身体の痛みをエルザに診てもらっていた。

偶然息子の学校の職員であること知ったお互いだが実はネットにも人には言えない秘密があった・・・。

まぁ、感のいい人ならわかると思います。
ぶっちゃけエルザの気持ちもわかる!
自分は実の親に会いたいだけなのに、だーれもなーんにも教えてくれない!
「人生、ブラボー!」とは真逆だよねw

一方アネットは中年で体も不調だし、自身の体型や見た目に自信がなく独身。学校の子供達には「ブルドッグ」というあだ名をつけられる始末。
自身の治療にマッサージをしている最中のエルザにも「気持ち悪くない?」と問う。
エルザは自分の仕事だし、そんなことで女性の価値は測れない、と「気にするわけがない」と言う。

もしかしたらこの2人は友達になれたかもね・・・。

事が動き出してからが結構大変だったくない?!
アレですよねー「親も社会の一部だったんだ」問題ですよねー!

なまじっか、養子に出されたから本当の親に夢見てしまうエルザの気持ちもわかるし、やっとわかった親からしてもとても複雑・・・自分だって会いに来てくれた娘に、一度は手放したものの、仕方がなかった、今は良い人間だというところを見せたいと思います。

そうはいかないのが人生。
もちろん、会ってみたら超良い親!だった!ってこともあると思います。
なんかフランスが舞台なんですけど、カトリックが支配していたアイルランドの時代みたい・・・。

でも終わりはハートフルといっても良いほど平和。
人には差こそあれ時間が癒してくれる事があります。
>|