めぐりあう日の作品情報・感想・評価

めぐりあう日2015年製作の映画)

Je vous souhaite d'être follement aimée

上映日:2016年07月30日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

北フランスの港町ダンケルク。産みの親を知らずに育った理学療法士のエリザは、自身の出生を知るために、息子を連れてパリから引っ越して来た。だが、実母が匿名を望んでいるために、なかなか手がかりがつかめない。そんなある日、息子が通う学校で働く中年女性アネットが、患者としてエリザの療法室にやって来る。2人は、治療を繰り返すうちに、不思議な親密感を覚えるようになるが…。

「めぐりあう日」に投稿された感想・評価

nori

noriの感想・評価

-
養子に出された自分の本当の母を探しに、息子を連れて、パリからダンケルクにやってきた主人公。

なぜ、自分は養子に出されたのか?
親は誰なのか?
出された本人は知りたい。

自分の子どもから縁ができて、自分が実母を治療することになるとは映画らしい。
最初は、分からない2人だが、実母が気づき、本人も気づく。

親子と認めたあと、もう会うのか会わないのか、それはまだ分からない。
納得ができたら、会うのかもしれない。
もっと、養子にフランクな国かと思ったが、そうでもないようだ。
心に引っかかった何かが、取れて、2人ともこれからを後悔のないように生きてほしい。

ダンケルク、第二次大戦のとき英仏軍が脱出しようとした海岸。
今も、戦争跡が、海岸に残る。
工業地帯だが、海はきれいそうだ。
人も多くない。
人の多いところではないところが良かったと思う。
iku

ikuの感想・評価

3.0
説明を省いたストーリーテリングは好き。
とかげ

とかげの感想・評価

3.9
「生きる歓びを謳歌せよ
愛を待ちながら」

静かな感情のうねりが人ではなく
運命という大地に向かっているように
感じて、佇まいが美しかった

生は、きっと、美しい

このレビューはネタバレを含みます

アネットがエリザに息子は養子か尋ねたシーン
miyu

miyuの感想・評価

3.7
難しい問題を内在しています。。。
実母が育てた方が良かったのか?
養子に出された方が良かったのか?

現状、彼女は医学療法師として立派に働いてる姿を見たら、養子に出されたのは間違えではなかった…

自分のルーツを知りたいのは、自然な気持ちで、親も手放した子の姿を一目でも見たいと思うのが人情。。。

なにが良いのかなんてわからないけど、血は何世代にも引き継がれていくものなんだなぁ…
って、そんな事を漠然と感じた。。。

産む選択
産まない選択

でも、みんな女性にかかってきて
それをずっと、引きずって生きていくのも、女性だとつくづく感じた。。。

ナオミ ワッツとアネット ベニングの『愛する人』…って映画の方がドラマチックだが、本作は淡々としていて、また、それが良い感じだった。。。
☆☆☆★

2016年8月6日 岩波ホール

このレビューはネタバレを含みます

自分は母親に捨てられたと恨んでる人が実は堕胎の危機から守られてたと知ったら、感謝する?恨み続ける?

劇団ひとりの「青天の霹靂」に通じるものがありました。
フランス映画祭で観ました。
フランスの抱える移民や養子や、日本では見習えと言われるものの、実態は、、、な自由な婚姻関係と、社会問題がしっかり描きこまれている作品です。
HRK

HRKの感想・評価

3.3
フランス(というより岩波)らしい。単調にストーリーは進むけどずっしり見応えあり。万人ウケは絶対しないけど人間らしくて個人的には好き。
理学療法士の主人公の施術のシーンは素晴らしい。キャロリーヌ・ジャンプティエの力だろうか?

モロッコ人の血が隔世遺伝しているという練られた脚本も上手いかと。

しかし、ただ音楽をここまで仰々しくする必要があるのだろうか。ただ音楽なしだと、普通に撮ったダルデンヌ兄弟みたいな映画になってしまうのだろうか?
>|