RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

しん

しんの感想・評価

-
カニバでスプラッターに成らないでアートにするのは新しい
想像以上に精神的にグロい
gigigi

gigigiの感想・評価

-
嘔吐恐怖症の私には、映画館のあの大画面、大音量で鑑賞するのは一種の拷問のようでした。
今までにないカニバリズムな映画で、アートというか社会はというか。
私はとても好きでした。
すみれ

すみれの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

私はずっと「???」の顔してた。リアルな、ぐいーーーっ、ぶちぃっ。いる?それ。やだ。こわい。

このレビューはネタバレを含みます

女性の秘めた欲望をこのうえなく洗練されたかたちで描き直したのがソフィア・コッポラ監督の『ビガイルド 欲望のめざめ』だとしたら、この『RAW 少女のめざめ』はホラー映画というジャンルを借りて、それを極端に振り切ったかたちで描き出した作品だろう。

16歳のヒロインは厳格なヴェジタリアンの家庭から、郊外の獣医科大学の寮に入る。すでに一歳上の姉が在学中のその大学は両親の母校でもあり、新入生は血糊を全身に浴びせられたり、ウサギの生の腎臓を食べさせられたりという〝洗礼〟を受けるのが伝統になっている。そこで彼女は人肉食に目覚めることになる・・・・・・。

文字通りの「肉食女子」。パンフレットの町山智浩のレビューによると、これが長編第1作であるジュリア・デュクルノー監督はさるインタビューで「(この映画における)人食いはもちろんセックスの象徴です」と明言しているそうな。

観客はヒロインに自ずとアイデンティファイし、観客席で身を強張らせながら、彼女の脱皮−−生まれて初めての肉食のためか、彼女の身体は強烈なアレルギー反応を起こし、皮膚が剥ける−−や処女喪失への曲折を見つめることになる。

新入生をこれでもかと痛めつける上級生の振る舞いは、エセの権威を振りかざすこの社会の不条理な抑圧のメタファーだ。

一方、パンキッシュな姉は、神童と呼ばれるほど優等生であるヒロインの「ダーク・シャドウ」であり、姉妹は「本当に心から愛し合っているのです」と監督が語っている通り、否応なしという意味でも暴力的な姉の妹への関わり方は、憎しみが愛と深くもつれ合っていることを示している。

ヒロインがゲイであるルームメイトと、なにかと連むことでなにがしかの関係を築き、遂にはセックスに及んだにもかかわらず、彼がヒロインに対して誠実な態度を貫かなかったが故に、代わって姉が彼を食い殺すのである。

ラスト、母親がヴェジタリアンの仮面の下に人肉食の性癖を隠し通してきたことが明らかになる。しかし、そのように取り澄ますことはもはやヒロインの世代には不可能になっているのだ。

セックスが食うか食われるかの男女間の争闘であるとしたら、赤頭巾ちゃんはいつまでも狼に食われっぱなしではいないという暗示もあろう。

映画は象徴を駆使するメディアだけれども、かくも酷い形式でしか描けないほどに、若い女性の映画作家たちはその反抗心を研ぎ澄ましている。
SHIN

SHINの感想・評価

4.0
面白い。けどグロい。けど見てられる。

ベジタリアンの一家に生まれた彼女は生の肉を食べさせれられてから肉の味に目覚めてしまう物語。

今2.5次元が流行っているこの世の中、CGや漫画っちくなものがありながらも、迫力がやっぱり嘘くさく感じてしまうものがある。また、役者さん達も本腰で気持ちが作れているかと言われるとわからない。

人を食う漫画「東京グール」が人気であるが、それを超えて、グロさ、人を食べてしまう葛藤さ、全てが超えて「生」ならではの迫力がある映画。
この生々しい映画あなたはしっかりと見ることができますか?

めちゃくちゃリアルで現実にあるのではないかと。鳥肌立ちました。
ファーストカットは、伝説を予感させる不穏さがあった。
ストーリーが見えてくると拒否反応がでるウザさ…

トランスジェンダーの亜種かと思っていたのですが、斜め上でした。ラスト!ラスト!と騒がれるだけある、「あなたになら言える秘密のこと」を思い出す唐突な締め括り。
じゅんP

じゅんPの感想・評価

4.6
ヴァーホーベンを連想させるアプローチで女性の強さの根源を描いた、食欲増進(減退?)青春コメディ。

「ヤバこれ、うまー!!」って表情を音楽で盛り上げるのがアホでいい。

ゲイの彼以外の男がキャラクターとしては全員死んでるんだけど、性と母性に同時に目覚められたら、そりゃ男には到底届かない視点でかなわないですわ。

自我を抑え込む毛布の殻、血を洗い流すシャワーの雨。
sakiko

sakikoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

公開劇場が限られてるからレンタルなる前に映画館で観れて良かった。
トロント国際映画祭で失神者続出した映画ということもあり観る前からどきどき。


ベジタリアンの少女が獣医学校の新入生歓迎会の通過儀礼で生肉食べたことから、内側から変貌していく様子が描かれている。

とりあえず終始笑っていた隣の席の男の人が怖かった笑
すっごい笑ってた。確かに笑いたくなるシーンも多いけどもしかして君も…。ってなった笑

ジュスティーヌ演じた女優さんの演技がとにかく凄いと思った。
姉さんの指を食べるあのシーン。
''食べてはいけない。でも食べたい。だめだ。でも食べたい。''の葛藤と食べた時の''やばい美味しい''みたいな表情。衝撃的だけどなんか表情の凄さに圧倒した。

物語の途中でアレルギー反応により全身に湿疹みたいなのが出来てジュスティーヌが掻きむしるシーンがあるんだけど、無意識に皮膚がボロボロになるまで掻くように肉を食べたい欲求も無意識にどんどん強くなっていくのが表れているのが分かる。

この映画は「赤色」が軸に描かれている。
動物の血、人間の血、生肉、口紅、食堂、たくさんの赤色が出てくる。赤も薄い赤色からどす黒い赤まで色々な赤色が出てきます。赤の効果として怒り・食欲増進・エネルギー・女性・争い・禁止などがありました。ジュスティーヌの気持ちに近づけさせる視覚的効果はすごいなと思った。

彼女のルームメイトがきっかけで、彼女の中で本能と理性が激しくぶつかり合うのがとても印象的でした。
YAMASYU

YAMASYUの感想・評価

3.0
痛い痛い!
食事はバランスよくが基本

このての映画はもう飽和状態にきている。と最後に感じた。

BGM.ESあからさま過ぎてそこまで説明してくれなくていいよと笑ってしまった。

その処女、狂暴につき
S子

S子の感想・評価

-
うーん、エロくはない。好きなシーンと微妙なシーンの繰り返しという感じ。全体として嫌いではないけど、もう一回見るかどうかはわからないかな。