RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

kamijyo

kamijyoの感想・評価

3.5
強烈
どえらいものを観てしまった
という感じ
描写が生々しくて
血のにおいが
スクリーンから伝わってきそうなぐらい
失神者続出って、ほんとかな
グロいシーンに
引いてしまう人も多いかもしれないけど
れっきとした青春ものであり
少女の成長と家族愛を描いた物語でもあった
バブミ

バブミの感想・評価

4.5
全体的に鮮やかで音楽もおしゃれ。
思ったよりもジメジメせずちょうどよく衝撃的なシーンを挟んでくれる。
観る前はグロテスクなイメージが強かったが、これは姉妹愛や少女の学校生活を見守るのが強い。結構グロテスクではあるが。
体育会系組織によくあるノリに付き合わされる新入生たちとジュスティーヌちゃんがかわいそうだった。そりゃ肉食べたくなるよね。。そうじゃないけど。
ジュスティーヌちゃんのパパ役が変態村や地獄愛に出てるローランリュカでわあ!!っとテンションが上がってしまいました。
Tori

Toriの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

3か月前に観た。ベジタリアンが生肉を食べて、「目覚めて」てしまう話。最初は身体が受けつけなくて発作がでていたのにどんどんやめられなくなっていしまい、最後には隣で寝ていた好きな男の子を無自覚に食べてしまった。普通に怖かった。何度も映画館でスクリーンから目を背けていた。気持ち悪かったけど、映画後に呑気に生肉食べてた私が一番気持ち悪い。
 知らないものを知ったときって最初にアレルギーが出るときほどはまってしまうのかもしれない。
 「青春映画」って紹介していたサイトもあったけど、いやいや…。
タカミ

タカミの感想・評価

3.0
むかし先生から「人間は多面体で自分の知らない自分もいる」と教えて貰った。生まれてから死ぬまで逃れることもできず、四六時中ずっと一緒な自分なのに、それでも知らない自分がいるなんて怖すぎる。性癖がカニバリズムに引けを取らぬ位に怖すぎる。知らない自分に出会ったら、上手くやる方法を見つけるしかない。ジュスティーヌと同じなのだ。
ベジタリアンの少女が、獣医学校で肉の味を知り、それから肉を食べたい衝動にかられついにはカニバリズム(人肉を食べる)に走る、というぶっ飛びフランス映画。

痒い、痛い、苦い、汚い、グロい、、
あらゆるトラウマシーンに、何度も目を背けながら、時に開いた口が塞がらず。
しかし映像はスタイリッシュで、音楽センスも抜群。途中からホラー映画ではなく少女が性に目覚める青春映画であることに気付かされる。

少女は環境に抑圧された処女だった。そして急に覚醒した彼女の欲望は彼女自身にも止めることが出来なくなっていく。
どんなきっかけかは人それぞれだが、
自分の中でひっそり隠してた獣みたいなものが目覚める時って誰しもあると思う。

誰かを惹きつけたくなる時。
誰でもいいから欲望を満たしたい時。
食べてしまいたいほど愛してる時。
欲望がむき出しになったその瞬間、人間は最も醜く惨めで、そしてもっとも愛おしくなる。

でもオチでずこっ!てひっくり返った笑
けど、嫌いではない。
T木

T木の感想・評価

3.0
タイトルから予想はしてましたけども、、、思ったよりきつかった。
途中で観るのやめそうになったけど最後まで観て良かったような気もしてきた?混乱してる。
ネオンデーモンと比べるとおしゃれカットが少なかったかなぁ。
きき

ききの感想・評価

4.0
少女という生きものの愛しさと切なさと心強さと残虐さを堪能できる映画。
空気がよめず新しい環境になじめない、バランスを乱しがちな思春期女子のこじらせダイアリーでもあるようにおもえる。「勝手にふるえてろ」と「闇のパープル・アイ」の融合っていうか。
いやしかし、ブラジリアンワックスあのあとどうしたのかなあ。ちゃんと剥がせたかなあ、もしかしてあれからずっと貼りっぱなしじゃないかなあ、とけっこうずっと気になっている。
思ったよりグロかったけど、面白かった。フランス映画っぽく、どことなくお洒落感もありつつ、伏線も効いてて見いってしまった。
かずー

かずーの感想・評価

4.5
べジタリアンとして育てられた少女は獣医大学に入るが無理やり肉を食べさせられてから人の肉が食べたい衝動にかられ…。
新人監督なのに音楽、ストーリー、カメラワークの全てにおいて完璧でした。
パンフにのってる監督めちゃカッコいい👏
地方あるある。
マイナーな作品は、観たいと思っていても上映されるのは一部の都会だけ。
...と諦めていたら、忘れた頃になって地方でも突如上映されることが稀にあるというね。地方あるある。

本作もレンタル始まるまで待つしかないと思っていたら、なんと今頃になって1館だけやっているではありませんか。しかも1日1回。
アワワワ、このチャンスを逃すまい!と喜び勇んで行って参りました。



厳格なベジタリアンの家に育ったジュスティーヌは、親元を離れ、全寮制の獣医大学に入学する。

新入生の通過儀礼としてうさぎの生肉(生の腎臓)を食べることを強要され、生まれて初めて肉を口にするジュスティーヌだったが、その日を境にジュスティーヌの隠れた本性が目を覚まし、呪われた宿命と対峙することに...



本作、海外では失神者が続出するほどのショッキングな人肉むしゃむしゃカニバリズム映画♡という前情報から期待に胸を膨らませておりましたが、ところがどっこい、この映画はいわゆる " 食人族 " のようなカニバ描写ありきの食人ホラー映画とはちょいと趣きが異なっておりまして、一種の青春映画というか、思春期の少女が大人の階段を上る成長を、カニバリズムという一風変わった観点から描いた、異色の青春エンタメ作品と言ったほうがしっくりくる感じでありました。

ショッキングなシーンも少なからずあるので、耐性のない人にはちょっとキツいエンタメかもしれませんが…

ただ本作、カニバシーン以上にこの獣医大学の学生寮の伝統?風紀?がいろいろとぶっ飛んでおりまして、その おフランス的な狂乱の学園エンジョイ生活?に、むしろそっちのほうに唖然としたっぽい。

あと、衝撃シーンを演出する音楽(BGM)がいちいち過剰というか無駄に盛ってくるので、なんか " 仁義なき戦い " のソレみたいだなあ、なんて笑えてツボでした。


ということで、まさに " 少女のめざめ " = " 覚醒 " 、あくまで主題は少女の成長ということで、そこにお姉ちゃんやお父さんの愛情のスパイスがピリリと効いていて、実は笑える場面も多々あったりするエンタメ作品で、何気に予想外のツイストをドカンとかましてくるとこなど結構楽しめた作品でありました。