西北西の作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

「西北西」に投稿された感想・評価

acarii

acariiの感想・評価

3.4
(誤解を恐れずに言うなら)映画で描かれた異色の三角関係を通して、LGBTや日本在住の海外の方(宗教)を感情的に理解できる、ドキュメンタリーのような作品だった。

"この世界でケイを見つけ出すことがどれだけ大変な事かお前にはわからない"
この言葉がとても必死に聞こえて、残りました。

イラン人の女の子(サヘル・ローズ)がとても綺麗で終始見惚れてしまいました。
massie

massieの感想・評価

3.6
レズビアンのケイはパートナーのアイと喧嘩したその日、イラン人留学生のナイマとカフェで出会い、ナイマに依存していく。
マイノリティ故に社会から疎外される3人。そんな中で純粋無垢な存在として描かれるナイマを通して、ケイとアイの痛々しい恋愛を、さらには閉塞した社会で他者を思うことを難しさを描く。

こういうマイノリティを主人公にした重苦しい映画は好物なんですが、ケイの暮らしがバイトをしながらも何故か都心の高層マンションに住んでたりする非現実感が最後まで物語に馴染まなかった。
ichita

ichitaの感想・評価

3.8
人が人に惹かれること。
性別を超え、宗教を超えて。
それが叶わないことだとしても。

その宿った想いに切なくなる映画でした。

監督の思いが時々刺すようにストーリーの中に織り込まれています。
YURI

YURIの感想・評価

3.6
多国籍と同性愛というマイノリティを同時に扱っていて、かつ揺れはするけどどちらかに振り切れない気持ちが表現されていたことで人の価値観を多角的に見ることができた。
れら

れらの感想・評価

4.0
ストーリー展開というよりも空気感で見せていく感じの映画なんだけど、いつの間にか引き込まれる。

ゲイであることと、国や文化が違うことが併せて描かれていることで、人の持つ価値観というものが立体的に見えてくる。

価値観と価値観がぶつかって、ゆるやかにその形を変えていくさま。


ケイの不器用さがもどかしい〜





【ネタバレ】


・ナイマの、中国人の友人に対する態度がひどいと感じるんだけど…。元々仲良かったのに、何も言わずにその場を去るなんて。
これも文化の違いなの…?

・ナイマが受けていた大学の講義が、米軍の沖縄基地、ベトナム戦争の枯葉剤、イラク戦争の劣化ウラン弾、と一貫してアメリカ批判だったな…
べりす

べりすの感想・評価

3.2
アイが好きになれなかったなぁ。
日本は無宗教だから、「ここは日本だよ?」って言えちゃうのかなぁとも。
宗教が当たり前にある国の人からするとそれが生きる中で当たり前に教えであり、日本人がよく言う「最低限のマナー」とかそういうのと通じる考え方なのかなとも思った。
喫茶店にはいろんな人がいて、大声で話しちゃ迷惑なのもわかる。
でもいきなり怒鳴り散らかすおじさんはどうなのかとも思うよ。

LGBTというより、自分の信念とか生き方とか、そんなのを見直していく感じの映画で内容が素敵でした。
凄く繊細で美しい映画。
気持ちのすれ違い、視線、不器用なコミュニケーションが切なかった。
buenavista

buenavistaの感想・評価

3.3
韓さん
すごく綺麗な女優になってる(・д・)

サヘルさんが韓さんと絡んで三角関係になるか、間に男が入ってドロドロと思ったけど違うかった

もうひとりの娘が前田あっちゃんかと
思ってた😃
で、ストーリーというと
レズカップルに異国の女性が近づき
波風立てたか、立てないか
モデル⁉のアイは、すごく情緒不安定で危うい感じで、見舞いに来た家族が的を得た話をし、ケイは何かに囚われるのが嫌なんだろうなぁ、レズビアンと括られると頑なに拒否する。たまたま好きになったのが女性だったって(-∀-)
たぶん、考え方が縦割りサバサバでフラットなんだろう😃そんな中で異国に来てまでの宗教の慣習に従順なエキゾ美女に引かれるとは、、( ̄ー ̄)

他のレビュアーの方が書いてましたが、
この世界観を作ったのは男性の監督さんとは(・д・)ビツクリ❗
SUNSHOWER

SUNSHOWERの感想・評価

3.7
とても美しい映画だった。そしてそれを撮ったのが男性だということに驚き。初めて化粧をしたときのような、淡い感じとドキドキ感があった。劇中に使っている音楽なんかを聴いてみても、この監督は普通の人じゃ感じない美しいものをたくさん感じているんだと思う。なかなか世間から認められにくい作風ではあるけど、これからも負けずに作品を作っていってほしい (●'ᴗ'●)✧
noyoona

noyoonaの感想・評価

4.0
壁を壊す。壁を遠ざける。
壁の前でただ歌う。
いろんな愛はあるらしいけど、
運命のせいにしないひとだけが
壁をこえられるのかも。