女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

時間を感じさせないくらい面白かった。
特別大きな盛り上がりがあるわけでもないのに
(部下が狙われるなどはあったが)
どんどん先が気になってしまう。
強い主人公のちょっとした弱さも垣間見れて
更に引き込まれた。
追い詰められた彼女がどう巻き返すのか、ラストの展開に興奮した。
yosko

yoskoの感想・評価

4.0
モリーズゲームでジェシカチャスティンが演じる切れ者の社会派女性を観て一目惚れしたので、似たようなタイプの本作を鑑賞。

やっぱカッケー!の一言。
人間は欲望の感情と損得の勘定に縛られていることを実感させられたが、その"ゲーム"に勝つことに対しての執念が凄まじい。独特のピリついた雰囲気とブレない芯の強さ、他人の話を意に介さない我の強さは彼女にしか演じられないだろう。

派手さはないけどグッと引き込まれるストーリーやキャラクターに魅了される2時間強だった。話は難しいけど是非オススメしたい。

切り札は相手が出した後に切るものである、というのは私の人生のモットー。
ひいろ

ひいろの感想・評価

4.1
なかなか面白かった。
どんでん返しに次ぐどんでん返し、勝利を掴むために両陣営がしかける罠。
話の展開が飽きなくて最後まで引き込まれました!
最後の爽快感が最高。

みてよかった!
あにき

あにきの感想・評価

4.0
いいテンポで話が進んで見易い。
かっこいい女性。
周到な準備。
最後の捨て身。
1時たりとも目が離せない。
銃による被害者がこれ以上出ませんように。
あと日本語のタイトルは上手いと思った。
こういう映画を理解して面白いと思えるようになりたい!
全然面白いと思えなかった。
銃はアクション映画とかで主人公が使ってるとカッコいい!とか思うけど、こういう映画を観ると銃って絶対に人間に必要なくね?って思う。カッコいいけど。

”激震”

一言あらすじ
「先手必勝」とはこのこと。

「銃社会」、銃の所持が認められていない日本にとって馴染みのない題材。
正直、米国の政治とか無頓着で、今作で初めて「ロビイスト」という言葉を知ったような僕ですが、めちゃくちゃ面白かった。

二転三転していく展開と、テンポ良くて情報量が多いセリフの応酬でノックアウトしそうでしたが、ギリギリついていけました。

頭フル回転やったけど、初期微動から始まり激震となっていく展開に震え上がりました。
デュエマで言えば、ラスト1枚のシールドが、とんでもないSトリガーだったような作品でした。

骨太でガチガチ社会派な内容なので万人受けはしないですが、めちゃくちゃめちゃんこめっためた面白かった。
そして、とても良いお勉強になる作品でした。

P.S.
ジェシカ・チャスティンの熱演をご覧あれ。
目的の達成の為に【身ぃ切り裂き過ぎたオバハン】
そう受け止めると、画的には全然似ていないのに、私が似ているなぁと感じた映画はゼロ・ダーク・サーティでした。


よく知らない部活動スポ根ムービーや、よく知らないお仕事ムービーは私の好物です。

しかしながら似たような景色が続くことや、似たような怒鳴り合いが続くので【一番大事な銃規制法案の強化がどうなるか?は私にとってどうでも良くなってきました】し…
何より私が主人公:スローンさんの身近には居たくないと感じました。

痛快さとしては、クライマックスで大きな要素がドカンと用意してありましたが【それを求めるなら映画館でミッションインポッシブルをもう一度観たほうが良い】と思います。




ここからは本当に私的な見解なのですが…

(帝一の國って映画にも通ずること)敵を蹴通して、もしくは敵を汚すことで大衆の関心を自分に集めるって選挙のやり方が、私は大っ嫌いなんですわ。
お国柄なんですかね?

女神の見えざる手に関してそれを感じましたので、減点要素ってことでお願いします😥
kanako

kanakoの感想・評価

4.5
久々一度も携帯いじらずにのめり込んだ映画。最後のどんでん返しは鳥肌だった。
める

めるの感想・評価

4.3
テンポとか緊迫感が、好きなドラマ「ニュースルーム」に似てて面白かった!キャストも被ってるし。役柄的に攻めに攻めてるジェシカさんと良心を体現したかのようなマーク・ストロングのキャスティングも最高。これは他人にオススメできるタイプの好きな映画だわ。