女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

ギュン

ギュンの感想・評価

4.0
5年刑務所にぶち込まれる覚悟で最終決戦
最後はどこでもネットが繫る現代ならではの戦術
スローンのキャラがカッコ良いのでシリーズ化されたらいいなぁ
kimi

kimiの感想・評価

3.9
信念の辣腕ロビイスト、スローン。脚本が秀逸。ジェシカ・チャステインのために描かれた作品のよう。勝負の為なら手段を選ばない冷徹かつ狂気的な主人公を好演。文句無しに完璧にハマってます。お見事!👏 それにしてもサイバネティックス・ロボ・ローチは脅威の活躍😱 最後の彼女のほろ苦い表情が印象的。また、ジョン・リスゴー健在。「ミッドナイトクロス」の猟奇殺人鬼の怪演が懐かしい。
vivalaviwa

vivalaviwaの感想・評価

4.5
しょっぱなのエピソードひとつひとつ
ぜーんぶ拾われて収まる

展開すばらしい
釘づけ!!
テンポ感が気持ちいい。そしてキャラクターが脆くて、だけど強くて、優秀で。めっちゃかっこええ。魅力的!終わりかたの演出も非常にオシャレです。地味ですが隠れた名作ですね。
PAPERBAG

PAPERBAGの感想・評価

4.6
いや、ビックリするくらい面白かった。
予想してなかったからホントにビックリした。
nao

naoの感想・評価

2.8
ずっと楽しみにしてたけどなんかあまり理解できんくて途中で寝ちゃった🤧眠かったからかな(笑)
もっとちゃんとみたら面白いと思うから今度じっくりみたい
yossy245

yossy245の感想・評価

4.2
始め難しく、わからない。段々よくある政治の話。ラスト前にわかりいシーンあがあったので、どんでん返しは予想が出来て残念。1時間短くすれば、素晴らしいと思う。
大木茂

大木茂の感想・評価

3.7
「インターステラ」「オデッセイ」でしか知らなかったジェシカチャスティンだけど
綺麗な赤毛とセクシーな唇の美女のジャケットに惹かれてレンタルしたけど
まさかの当たりでした
「スティング」とか「ウォール街」の女性版 みたいな
観た後の気持ちよさがある映画だった

病的な仕事の向きあい方
切り札の使い方は最早カードゲーム
映画を引き立てる不安要素がいい味出しててダレないのも凄い

お金のために仕事をしないのはカッコ良くもある反面、狂気を感じるんだよね

銃規制ってリアルな問題をアイコンとして使ってるけどホントにアイコンとしてしか使ってないんだけどね
同じく部下との繋がりもドライな感じがする
でも考えさせられるテーマで引き込まれたな
でも途中から違う映画と化したね(イイ意味で)なるほどスリラーね笑

にしてもジェシカチャスティンがエロかったなぁ色っぽくて最高

マークストロングもいい役者だなぁ
イイ顔してるな他の作品観ても安定した演技しそう
うめ

うめの感想・評価

4.1
久しぶりに映画を観た。これは、面白い。セリフが多くて字幕を追えなくなったから、途中吹き替えで鑑賞。ロビイストっていう仕事は日本人には、いまいちピンって来ないけど、最後の展開にはピンって来た。いや…ビーンって来たかな?w
冒頭と最後の法廷シーン。
その印象の違いに驚く映画。

銃規制というリアリティのある社会課題を巡り、当初は勝ち目の薄かった巨大な相手に対して完璧な 試合運びで活路を見出だしたかにも見えた主人公。

しかし少しずつ事態は悪い方向へ引き戻され、窮地に追い込まれたかに見えた主人公スローンの最終弁論。

さすがに八方塞がりで白旗を上げるかに思えた彼女の口から飛び出したのは、「こうなることは最初からわかっていました。」というセリフ。ここからの用意周到に張り巡らされた伏線回収の数々には、騙された!というよりも、よくもここまで!と賞賛を送りたくなる映画。

最後まで表情からは真意を読み取れないクールな主人公だったが、無理に過去の挿入や背景を描写せずとも、こちらから心理を推測しながら惹き付けられるキャラクター設定は面白かった。