男の子の名前はみんなパトリックっていうのの作品情報・感想・評価

男の子の名前はみんなパトリックっていうの1959年製作の映画)

CHARLOTTE ET VERONIQUE, OU TOUS LES GARCONS S'APPELLENT PATRICK

製作国:

上映時間:21分

ジャンル:

3.9

「男の子の名前はみんなパトリックっていうの」に投稿された感想・評価

pika

pikaの感想・評価

3.5
めっちゃ面白い!
初期のゴダールは苦手な作品が多いので今作も、と勘繰ったけどめちゃくちゃ面白い。脚本が違うからなのかな?エリック・ロメール作品は一作も見たことがないけど気になってきた。

テンポよくクルクルと展開していく軽妙な男女の出会い。一度聞いたらなかなか頭から離れなそうなインパクトのあるこの題名そのまんまな内容でワロタ。楽し過ぎ!
学生くらいの年齢でこういう内容を自然に展開させオシャレにまとめてしまえるのはフランスだから!ってやつなのか、うーん素敵やん。
mmmcy

mmmcyの感想・評価

-
フランス人は約束しない。
TOT

TOTの感想・評価

3.0
女の子はかわいいっていう呪い。
室内の往復、絵的にわりと飽きる。

映画/批評月間
巨匠たちの短編集
tokio

tokioの感想・評価

3.5
Rec.
❶19.03.17,アンスティチュ・フランセ東京/映画/批評月間 ~フランス映画の現在をめぐって~
ロメールっぽいと思ったら脚本ロメールかーい
多幸感に包まれる

箸が転んでも可笑しい年頃の女の子2人。
ずっとケタケタ笑ってて可愛い。

女の子にモテようと格好つける男の子も滑稽で可愛い。
しのの

しののの感想・評価

3.6
女を可愛く撮るのが上手いなあ
吉田

吉田の感想・評価

3.0
今作を観る前にはまずロメールの「紹介、またはシャルロットとステーキ」と「ヴェロニクと怠慢な生徒」ゴダールの「シャルロットとジュール」をチェックしておく必要がある。
正に革命前夜といった感じで、テンポ良く話が進み物凄く軽い感じの「というお話だったのさ」とは言わないがそんな終わりを告げる。コントっぽいと言ってしまえばそれまでだが...。後のロメールを彷彿とさせるような片鱗がチラホラと。
>|