• Filmarksトップ
  • ターシャ・テューダー 静かな水の物語の感想・評価

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:105分
    監督
    松谷光絵
    キャスト
    ターシャ・テューダー
    セス・テューダー
    ウィンズロー・テューダー
    エイミー・テューダー
    あらすじ
    米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

    「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

    鑑賞記録

    アルファー波が出まくりでした。
    ちゃんと見たいのに、眠い、、、つまらなくないのに、眠くなるという、、、
    初めてです!こんな状態は!
    恐るべしターシャ!

    このレビューはネタバレを含みます

    ターシャトューダーのドキュメンタリー番組を何度か見ている自分でも初めて知る情報が多く楽しめた。ターシャの生活の様子、これまでの人生、彼女の哲学(考え方)をバランスよく盛り込んでいて見飽きなかった。彼女のロックな性格を知りさらに好きになった。

    ターシャの家と庭から見る四季がとてもきれいで癒されたので、単純に美しいのんびりした映画が見たい人にもおすすめしたい。
    絵本が好きな人、ガーデニングが好きな人、動物が好きな人、都会の生活に疲れた人にオススメしたくなる映画。

    ターシャ・テューダーの生活が本当に自然に溶け込むようで、スクリーン越しでも気持ちいい空気が感じられて映画館の空気すら浄化されてた気がしました!
    アメリカを代表する絵本作家で、“スローライフの母”として知られるターシャ・テューダーに10年間にわたって密着取材し、その魅力に迫るドキュメンタリー。晩年は山奥での生活でひとりで庭作りをしたり、自然に寄り添った生活を送った彼女の生き方を通し、“人生を存分に楽しむヒント”とはなんなのかを提示する。
    アメリカを代表する絵本作家ターシャ・テューダーは、バーモント州の雪深い山奥にある18世紀風の農家コーギコテージに住んでいる。広大な庭で花を育て、コーギ犬と一緒に暖炉に温まるターシャ。70 年近くも絵本を作り続け、離婚を経て4人の子供を育てあげた彼女は、この家で自然に寄り添いながら一人暮らしを謳歌している。決して平坦ではなかった彼女の来し方や、多くの人を魅了するライフスタイルに迫る。
    絵本作家としてもターシャ流のライフスタイルで多くの人を魅了したターシャ・チューダーは、若い頃から「アメリカが最良だったのは1830年代だから、私はその頃のライフスタイルで生きたい」と庭作りや着る服や食べるものなど手作りし自然に寄り添いながら生きていくターシャ・チューダーの「母親は社交パーティに連れて行こうとしたけど、私は牛の乳搾りや草刈りがしたかったから断ったの」などのターシャの独立独歩の生き方が感じられるユーモラスなエピソード、「庭作りのコツはそれぞれの草花が伸びやかに育つようにすること」「厳しい冬の後には実りの春が待っている」「五感を澄ませて周りの命を感じてみて」「周りの恵みに感謝して一瞬一瞬を楽しみなさい」「静かな水のように自分の流れで進みなさい」など能率優先の世の中に疲れた人の心に爽やかなそよ風を吹かせるターシャ・チューダーの名言、ターシャが手入れして伸びやかに鮮やかに生き生きとした美しいコテージガーデンやターシャが息子夫婦とリンゴジュースや感謝祭のご馳走を作るなどのプライベート映像、ターシャ・チューダーのファンには大満足な傑作ドキュメンタリー映画です。
    ファンにはたまらない時間だった
    憧れが大きい
    ずっと観たかった映画。
    NHKの特集番組で、草花と農家風コテージのそのあまりにも美しく静かに暮らす彼女のスローライフに憧れてはいたのですが、この映画は彼女の半生を追いつつ、その豊かな人生を知ることが出来て良かったです。
    レビューでは、その癒される暮らしぶりの映像で「思わず寝てしまった」という方が多いのですが、本当にワタシもウトウトしそうな癒やしを感じました。Blu-ray化されたら、手元に置いて、一日の終りにぼんやりと毎日眺めたいぐらいです。

    すごく美しいライフスタイルなのですが、そこに至るまでには、ターシャの美意識に則ったものすごい回数の取捨選択があったのか、なかったのか…
    優しいけれどお金儲けの才能はなかったの、という夫の代わりに、四人の子供を育てつつ、絵本を描き生計を立てて、農園を作り家畜の世話をして…などと、若い頃はものすごくハードで忙しい日々であったこともこの映画で知りました。

    「私はスティルウォーター教よ(静かな水のように生きるの)
    」という彼女ですが、大きな波のある海というよりは、彼女の庭の奥にある静かに水を湛えている池のような感じなのかしら。
    穏やかな風に吹かれ時折静かに水面がキラキラと強い光ではなく静かに光っているイメージです。

    「人生は短いから、不幸になってる時間はない。」
    とは彼女の言葉ですが、好きなことを何事も全力で楽しみながらやる、ということで、ハッとさせられたフレーズです。
    というか、この映画、名言が多いですよね(笑)

    美しい自然に囲まれて、手仕事を楽しみ、息子や孫達が時折訪れる、という羨ましいぐらい幸せな美しい晩年はため息が出ます。
    スローライフに憧れるすべての女性のポーラー・スター的な存在かもしれませんね(笑)

    ところで、余談ですが、お孫さんのお嫁さん(エイミー)がいい感じでターシャの影響を受けたファッションだなぁと思っていたのですが、ターシャの死後に生まれた幼い娘さんたちにも受け継がれているなぁと思いました。
    公式サイトを見てみると、彼女はまず夫(ターシャの孫・ウィンズロー)に出会う前に、まずターシャの庭の草取りのアルバイトに来ていたのですね、なるほど納得です(笑)
    あまりにもよかった
    大好きな大好きなターシャ
    一言一言の言葉が沁みました
    ありがとうございます

    あんな素敵な庭があるとこにやっぱり住みたいなあ
    ラストシーンのコーギーのよだれの量に吹き出した。
    オイオイオイオイ🐶🐶💦💦💦

    そろそろ終演なんですがすごいよかったです。
    「91年間ずっと幸せだった」
    「忙しすぎて心が迷子になってない?」
    すげ〜〜〜〜!
    リスペクト
    NHKで放送していたやつの総集編のような内容かな。
    スローライフと言われているが、その言葉で表現してしまうのはもったいないくらいそれ以上のものがあると思うのは私だけだろうか。
    ターシャにはいつも癒され、鼓舞される。