ターシャ・テューダー 静かな水の物語の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ターシャ・テューダー 静かな水の物語の作品情報・感想・評価

ターシャ・テューダー 静かな水の物語2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平…

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

ルン

ルンの感想・評価

4.0
素敵すごく良かった
母に見せたいかな
みどり

みどりの感想・評価

4.0


すごく良い言葉が
たくさんの映画でした。
ゆっくり、ゆっくりな
映画でした。
ic

icの感想・評価

3.0
やりたいと思ったらすぐにやることよと息子に言うターシャの言葉はとても力強い。
夢は語るものではなく叶えるものだと。もしかしたら、叶わないと嘆くよりも辛抱強さがあればなんとかなるのかもしれない。

彼女が亡くなってもうすぐ10年も経とうとしているだなんて、それなのに展示や映画は上映されるし本だって出るのだからとても素敵なものを残してくれたのだなと思った。

自分が何をしてどう生きたいかというのはどんな些細なビジョンでも夢になる。時間に置いていかれてはいけないなと感じた。
りな

りなの感想・評価

3.7
「人生はあっという間」ついこの前、いろいろ語った際に上司にも言われました。笑
この先何事もなければ続くであろう何十年ものことを思うと途方にくれるしあっという間だなんて考えられないけど、だからこそ悩みたい。だからこそ立ち止まって、考えて、自分の人生を大切に見つめたい。自分の気持ちに素直に生きたい。わたしの人生も間違ってないんだ、わたしがそう思うなら。学生の頃感銘を受けたモンテーニュの ”孤独について” の一節も出てきてハッとした。シンプルだけど好きな物で溢れてる、そんな素敵な場所で生きるターシャは輝いていて魅力的でした。
AiMurakami

AiMurakamiの感想・評価

4.0
穏やかな暮らし
花や草木の勉強がしたくなりました
ayaka

ayakaの感想・評価

5.0
なんて美しい人生!なんて美しい思想!なんて美しく優しい105分間だったろう!
静かな水のように穏やかなターシャの生き方、些細なことと思えてしまうことに日々の幸せを感じている姿、本当に理想で、91歳のターシャは眩しいほど輝いていて素敵だった。
美しく穏やかなターシャの人生は、努力と忍耐があったからこそで、それを含め幸せな人生と言いきれるターシャはとても強い人なんだと思う。
「生まれ変わったら今とは違う生き方をしたい?」
「いいえ。全然不満がないんだもの。」
91歳当時この質問をされて人生に不満がないと言いきれるなんて凄すぎる。
わたしにとって本当にすべてが理想でとてもとても大事な鑑賞体験になりました。
Lara

Laraの感想・評価

-
チューリップが咲いただけで涙がこぼれてしまうとは思わなかった。今日何をするのか、しないのか。誰に会うのか、会わないのか。小さな選択の積み重ね。人生に迷ってる暇はないな、と思った。
本当の豊かさはもう知ってるはずなのに、一瞬の楽さとか、“とりあえず今は”の場所に逃げてしまうもので。

でも、こうやって見ると真実として、浮ついた考えとかじゃなく心から思えるから、そういう意味でとても観てよかったと思える作品。

流れるゆっくりとした時間が丸くて美味しかった。
せん

せんの感想・評価

-
遠出してまで観たかった映画。
ほとんどDVDの焼き直しだったけれど、ターシャの絵本が動く仕掛けなど新たに追加されていた映像が良かった。


空調の効いてなかったり、座席数が足りず簡素な補助席で決して良い鑑賞状況ではなかったけれど、それでも心に残る映画体験のひとつ。
itsmehi

itsmehiの感想・評価

-
スティルウォーター教(笑)