• Filmarksトップ
  • ターシャ・テューダー 静かな水の物語の感想・評価

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:105分
    監督
    松谷光絵
    キャスト
    ターシャ・テューダー
    セス・テューダー
    ウィンズロー・テューダー
    エイミー・テューダー
    あらすじ
    米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

    「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

    開始早々、あまりの庭の美しさとゆったりとした空気感にウトウトしてしまったけれど、いやはや、やっぱりあの生活には羨ましさしか感じない。肉が焼けるのを一日かけてジッと見守ってみたい。でも、はやい時間の流れでしか生きたことのない私には、一週間もすれば退屈に思えてくるんだろうな〜。
    追記:太り気味の愛犬コーギーちゃんが超キュート!あと、この美しいドキュメンタリーを見た後は、決してwikipediaを開いてはいけない…。
    母がターシャさんのファンで私自身は特段彼女のファンという訳ではなかったのですが、自然の美しい映像に癒やされました。コーギーがマスコット的な感じで、ターシャさんの周りをうろちょろしていたのがとても可愛かったなぁ。

    ”人生は短い、不幸になっている暇はないのよ”

    という言葉に説得力がありました…!自分の哲学を持っている人は強いですね。
    いろいろあって人生悟った絵本作家の悠々自適なスローライフのドキュメンタリー。物語的な起承転結がある訳ではなく、可愛らしい老人の日々の暮らしが丁寧に淡々と描かれます。小さな幸せに感謝する気持ちや、普段見逃しがちな美しい物の尊さを教えてくれる映画です。
    k
    2017/06/16
    4.0
    人生は自分のためにある、好きな事をする。そんな生き方をしてみたい。
    は〜綺麗だった〜🌻🌷 自然を愛し、生涯オールドファッションな生き方を貫いたターシャおばあちゃんのドキュメンタリー。

    以前ターシャのガーデニングした庭の写真集を見たことがあって、興味を持ちました。

    その庭の美しいこと!スクリーンいっぱいに広がる緑と花にきらきらした日差しが差し込んで、まるでその場にいるみたいな気持ちになれました💐ターシャの庭はかちっとした庭じゃなくて、なんていうか自然に溶けこんでる感じ。でも雑然としてるのとは違って、本当に大事に大事に庭を作ってきたんだなと思います。

    ターシャが住むコテージもまるで絵本の中に迷い込んだみたい。暖炉と犬と編み物と。クリスマスは大きなモミの木にジンジャークッキー🎄 コーギー犬のメギーがぽてぽて歩く姿がかわいすぎて微笑ましかったです🐶

    本当に穏やかな映画で良い意味で途中うとうとしてしまいました…

    でもこの理想の暮らしを手に入れるまでにはすごく苦労もあって、きっとこのスローライフはそのご褒美なんだろうな。

    こんな風に自分の思い描いた通りに生きられるって素敵です。
    庭って真面目に手入れしようと思ったら、巨額のお金がかかるんです。「うわー、綺麗!!」って一言で済まされてしまうガーデニングを実現させるためには、資金・人手・時間が必要。今や庭いじりは最高の趣味ではないでしょうか…。 と、現実的な考えでは絶対に片付けてはいけないのか本作。約100年もの1人の女性絵本作家の人生と共にあった庭。その関係性を描く。

    たぶん人生の最高の贅沢って、「好きなことだけをして生きる」こと。それを実現するためにどうしたらいいか?とか、あくせく考える様子は本作にはない。あくまでも夢に向かって諦めないこと、そのことだけをひたすらやって来た結果がターシャの生涯である。バックグラウンドもあり、また子孫にも恵まれたが故の幸せな晩年だが、そこに至るまでの道のりは平坦ではなかった。平坦な人生を送る人は少ないが、そこで諦めるか諦めないかの違いが、夢を実現できるか否かの分かれ道である。

    ターシャが手がけて来たもの、絵本や庭、そして日々の暮らしの様々な手仕事と、世相とを比較することも、この映画を読み解くポイントである。世知辛い日常や現実からは遠く離れたターシャの世界は、荒んだ心の癒しとなった。だがターシャ自身も人生の転機や辛さを、自身の絵本の世界で癒していたようにも見える。時代は流れても、共感するポイントは普遍なのだろう。

    「人生は短いんだから、楽しまなくちゃ」
    「不幸になってる暇はない」
    手を動かし、身体を動かし、ひたすら己の世界を追求する根気は、大いに勉強になる。
    ドキュメンタリー用に撮影されたこの作品の1カット1カットは演出されたドラマなどと違って特定の意味を訴えかけることはない。

    この映画に足を運ぶ方々はおそらくターシャ・テューダーという方のことを知った上で見ることが多いと思います。

    1800年代の様式に憧れ、愛し、真摯にその人生を生きた女性の姿を記録した貴重な映像というだけでなく、見るもの自身がスクリーンに映し出される美しい庭・絵本・生活の中に、自らの感性のアンテナで得られるものを探すというドキュメンタリーならではのすばらしい鑑賞体験が出来る作品。

    こういった作品は見る人自身の感情や成長などで、見る時々によってまた得られるものが変わってゆくだろうと思います。
    この作品が作られたことでこの先も彼女の生き様から学びを得る人が増えると思うと本当に意義のある映画だと思います。
    "絵本作家のスローライフ"

    社会人になって初の映画館での映画鑑賞だったんだけど、ターシャの言葉がこれほど身に染みる時はないんじゃないかな〜ってくらい自分に響いた.

    ミニシアターでのドキュメンタリー式の映画. 最初は、物語だと思ってたから違和感があったんだけど、言葉が本人から出た時に持つ力をすごく感じさせられたな〜.

    "人生は短いから好きに生きるのよ"
    ほんとにそうだと思う. ターシャの後悔しない生き方はすごいカッコよくて、生きてる事それ自体を楽しめるんだなって.

    "幸せは自分で創り出すものだ"
    もうね、まさにこのことを考えてる時に見たから、ドンピシャすぎてびっくりした.
    幸せって日々の生活の中にあって、自分で見つけるものだって思ってたのね. いや、今も思ってるんだけど、それに加えて絶対自分で創り出すこともできるんだって. だって、幸せを決めるのって自分の心だから、結局その心の設定次第であるから、自分でどうにかできるのよね. まあ、落ちてる時は中々出来ないんだけどねえ笑

    とにかく、社会にやられてた私はターシャの言葉に助けられました笑

    絵本のうさぎが実写の中で動くあの感じもすごく好きだったな〜〜

    スローライフいいな、自然と共に生きていきたいなって思えるそんな作品でした.

    なんか癒されたい時に見るといいかも◎
    【人生は短いのよ。悲観してる暇はないわ。謳歌しなきゃ】

    すごく良かったです!

    ターシャ・テューダーさんのことは絵本作家ということしか知らなかったのですが、予告が気になったので鑑賞。

    のどかな田舎に小ぢんまりとした温かい雰囲気の家、生命力に溢れた庭、可愛らしい動物達。
    2時間ずっと絵本から飛び出たような彼女の生活を堪能しました。

    考え方や物事の見え方がとにかく豊かで素敵。
    一見すると幸せの具現化のような暮らしですが今に至るまでに相当な苦労をしているのに文句を言わず、苦行ではなく経験の一つとして受け取ってるのではとお話を聞いてて思いました。

    人生は楽しいことがたくさん起きてるし、自分でもっと楽しくすることもできるのに何故マイナス部分にばかり目を向け、悲しむことに時間を割くのか。

    シンプルな持論であり、世の中そう簡単でないと受け入れ難い人はもちろん大勢いると思いますが彼女は自身の考えを押しつける訳でなく、幸せそうな顔でポツリと呟くだけ。

    飾らない自然体な姿こそ最も説得力があり、大勢の人を惹きつける。
    誰もが羨んでいるのは彼女の絵の表現力、暮らし、知名度、美しい庭ではなく感受性なのだと思いました。
    ステキな人生だなぁ〜…。

    2時間と言わず5時間でも10時間でも観ていたかったです(笑)
    美しく「夢」のような生活。

    美しい庭園を維持するスローライフの「夢」を見させてくれる映画。ただ反対にこれが「夢」でもあるといえる。

    簡単に言えば「金」の問題である。映画本編では語られなかったが、どう考えても上流階級の生活をしている。(日本ではこんな広い庭でスローライフなんかにできない)

    美しいものだけを切り取ったドキュメンタリーであるのが、かなり伝わってきて、ターシャ自体はいい人なんだろうけれど、彼女の人生は一般人にはとても手が届かないものに見えた。

    あとコーギー犬がいつも画面端でフリフリしていたが、これはナイス!!