• Filmarksトップ
  • ターシャ・テューダー 静かな水の物語の感想・レビュー

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:105分
    監督
    松谷光絵
    キャスト
    ターシャ・テューダー
    セス・テューダー
    ウィンズロー・テューダー
    エイミー・テューダー
    あらすじ
    米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

    「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・レビュー

    omizu
    omizuの感想・レビュー
    2日
    4.0
    彼女の一言一言が突き刺さりました🌿

    人生短いんだから落ち込んでたり悲しんだりする暇はないって、
    自分のちっぽけな悩みが吹っ飛んじゃいました。

    どうしても心に余裕がなくなって、うつむいてしまうけど
    それも全部受け入れてとりあえず少しずつ進もうって

    本当に愛情をくれる作品でした🐻
    かほ
    かほの感想・レビュー
    2日
    4.1

    天国やあの世や、生まれ変わりをわたしは信じていなくて、最近ずっとただ生まれて、生きて、消えていくだけなんだなーっと考えていて、だからこそこの瞬間を楽しまないとって考えてたんだけど、

    この映画を観て、世界は今まで生きていた人々で作られたものなんだと思った。亡くなっても、その人がしてきた仕事ややった事は消えたりしない。
    ターシャさんの亡くなった日、沢山の植えたお花たちが咲いていたように。

    名曲を作ったり、有名な絵本の作者じゃなくたって、心のこもった接客をして、誰かが幸せな気持ちになってまたその人の仕事をがんばれたなら、もうその人は何かを残してる。

    ターシャさんの考え方、生活を見習おう!ってわけじゃないけど、
    わたしも南、東、西に窓が付いた寝室のある、古い一軒家に住みたいと思ったし、
    楽しいことをずっと追いながら、天国のような暮らしだと思いたい。
    そのヒントは、選ぶことに真剣になること。幸せを求めて動き続けること。不幸を見つめて立ち止まったりしないこと。
    でた。人生を選べ
    maki
    makiの感想・レビュー
    2日
    2.5
    中盤飽きてしまいました。
    ゆったり、楽しくすごすこと、
    人生は短いから楽しい時間だけつくるという意思、静かな水のように世界の変化をみつめる。楽しくいきる。
    TaikiIwaya
    TaikiIwayaの感想・レビュー
    3日
    4.0
    女の子が憧れる版
    世田谷ベース。

    人生に悩んだらターシャおばさんに聞いてみて✋

    おれ
    所さんに聞いてくるわε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
    janis
    janisの感想・レビュー
    3日
    3.8
    あんな庭に憧れる
    hitomichael
    hitomichaelの感想・レビュー
    3日
    3.8
    地球で生きている私たちへ大切なことを伝えている。自然の美しさ、動物や自然と共存する生き方の素晴らしさを、ターシャが教えてくれている気がします。とても感慨深い。夢は語るものではなく、行動して実現をすること。
    Aika
    Aikaの感想・レビュー
    3日
    4.4
    ガーデニング、お裁縫にお菓子作り…そんな女性らしい趣味に全く縁がない私が、観ている最中何度も憧れのため息をついてしまった。
    それほどに全てが美しく温かいターシャの世界。

    春夏秋冬、季節ごとに彩りを変える草花。
    ことこと煮込んだおいしそうな料理にティータイム。
    「ここでは時間の流れが違うのよ。」

    良家出身ながら社交界より農場を選び、絵本作家として成功し子供4人を育て上げた。
    そして50代で念願のスローライフ。30年かけて一から作り上げた庭は、天国ってこんなところなのかなと思えるほど美しい。

    「人生は短いから悲しんでる暇なんてないのよ。」
    どんなときでもしあわせだったというターシャ。
    彼女はとても強い意志を持ち、自立し自身で夢を叶えた。その夢の一部をこうして共有できた時間はとても居心地が良くしあわせだったし、そんな彼女の言葉はまっすぐに私の心にすとんと落ちていった。

    「いま、とてもしあわせだから」と言い残して92歳でこの世を去ったターシャ。

    彼女のような生活はできないけど、彼女のような生き方はしたい。

    ソフト化したらスロー再生して、ゆっくり全てを愛でながら観たいな。
    そして紹介された絵本がどれもとても魅力的だったので、まずは一冊買って読んでみようと思う。

    84/2017
    ヒヤシンスヒッポ
    ヒヤシンスヒッポの感想・レビュー
    3日
    5.0
    美しい映画。とにかくもう美しい映画。

    樹や花の香り、暖炉のぬくもりまで感じているような映画です。
    dopeness
    dopenessの感想・レビュー
    4日
    4.3
    ドキュメンタリーなのに、ファンタジーを見ているようなワクワクする映画でした。

    ターシャの生き方、ターシャのエネルギーは彼女がいなくなっても生き続ける。
    自然を愛し、自然とともに歩き、自然と愛す。
    夢は語るものではなく、努力し実現して行くものだと強く語っていらした姿がとても印象的でした。

    映画館ではお年寄りの方が多く見られましたが、今の若者にこそ見て欲しい。
    そんな映画でした。

    都会の雑踏の中、あの映画館のあの時間あのスクリーンでは小さくて大きく儚くて強い素敵な空間が生まれていました。

    是非見るべきだと感じました。
    yoko45
    yoko45の感想・レビュー
    4日
    4.1
    想像と創造力、行動力、忍耐力、色々な力を持った方でした。5才,10才で描いた絵は子どものものとは思えない繊細さ。彼女は生きるために必要な分だけ自然から分けて貰う基本的なことを当たり前に行っていました。心が迷わないよう自分の好きなこと核になるものを持ちたいものです。彼女の孫やひ孫たちが精神を受け継いでいるようで嬉しい。時々立ち止まって彼女の作品をみるのもいいかな