ターシャ・テューダー 静かな水の物語の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ターシャ・テューダー 静かな水の物語2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平…

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

linaa

linaaの感想・評価

4.0
ドキュメンタリーはあまり見ないんだけど、物語のような素敵な暮らしに引き込まれました。昔ながらの道具を使って、自然を感じて、緑とかお花に囲まれた暮らしって とても優雅で素敵に見えるけど、実際はものすごく大変なんだろうな~
MisoEri

MisoEriの感想・評価

2.4
一つひとつの言葉がずっしりくる。
ターシャテューダー哲学。
ゆるやかすぎて、眠くなる。
Arika

Arikaの感想・評価

3.8
観る前からターシャが好きなので
贔屓点になってしまいそうなので
ちょっと点引いてますw

"ベニシアさんと四季の庭"
"西の魔女が死んだ"が好きなら
絶対好きな作品
と言うか、好きな生き方w

ベニシアさんは好きでよく観てますが
ベニシアさんには、個人的に
足りないところがありました
それは、動物たちです✨

ターシャデューダの相棒は
コーギーで、しかも自ら住んでいた
お家の名前は「コーギーコテージ」
鳩を雛から育てたり
動物のイラストを描いていたりと
どこか通じる所が…

これは一応映画ですが
ひとりの女性の生き方を
映した、ドキュメンタリー
「人生は短いから
悲しんでる時間なんて無いのよ」
心が忙しくなったら
観たい作品。
kana

kanaの感想・評価

3.8
こういうライフスタイルに今注目が集まっているけれど、この生活を貫き通すのは本当に強い人だなと思う。
生活に関わることを、しっかりと自分の手で楽しんで作り出していくことって本当に豊かだなと思った。
しかこ

しかこの感想・評価

3.9
絵本作家であり素敵な庭をお持ちのターシャさん。
人生は短いから少しでも不幸な時間があってはだめ、とか、夢を叶えたいなら語らず最大限の努力をしろ的な誰かの名言。
こういうのって実現してる人の口から聞くとほんと心を打たれる。
素敵な人はみんな老後に作物をするのかな?「人生フルーツ」より先に見てたらもっと浸れたな。。
ターシャの絵もかわいくて、どれか絵本ほしくなりました。
Chihiro

Chihiroの感想・評価

3.9
こんな人がこの世にいるなんて…。心の平穏が欲しいときに繰り返し観よう。
アメリカバーモント州に住んでいる絵本作家のターシャ・テューダー91歳。彼女の作品の歴史と生涯が語られる。コーギー犬をこよなく愛す愛犬家。絵本が売れて憧れていたバーモント州に息子の手作りの家と大きなお庭を手に入れた。ターシャのお庭には色とりどりのお花が植えられている。30歳の庭と語り、好きなガーデニングで幸せを感じる。現代とは思えない昔の生活をしていた。ターシャの周りは好きなものが溢れ動物、植物、家族、季節を感じ楽しむことで充実させていた。息子、孫にもターシャの丁寧な生き方が受け継がれていた。ターシャの丁寧に描かれている絵本を読んでみたいなと思った。季節ごとに変わる自然の庭の景色に癒された。
さと

さとの感想・評価

-
やや作られた感みたいなものを感じました。

世界観に入れずじまい、残念…。
plantseeds

plantseedsの感想・評価

4.5
『スローライフの母から教わる人生のヒント』

劇場公開が少なかったようで、ようやく鑑賞できました。
彼女の著書を前に読んでから好きで、素晴らしい方だなあと思っていました。
 
『人生はあっという間に終わってしまう、好きに生きなきゃ』
中でも印象的な言葉です。
常に自分の意志を尊重し、自分の理想を叶え続けた、ターシャさんだからこそ、説得力のある言葉。
なかなか、世の中の流れに惑わされて自分の心の声は見失いがち。
だけれども、ただ流されているだけで本当にいいのか。
こう思っている人は多いと思います。
ターシャさんの説得力ある言葉で背中を押される人は多いのではないでしょうか。

『忙しすぎて心が迷子になってない?』
日々のルーティーンに忙殺されてしまっては、自分の意志なんてないも同じ。見失ってしまう人は多いのではないのでしょうか。
ターシャさんは、スローライフという観点から、「自分の人生を自由に生きる」その大切さを伝え続けたのではないでしょうか。
「ルーティーンに忙殺されることよりも、自分の声を見失うことの方が危険よ」と、「もっとのんびり構えても大丈夫」と、言ってくれているのではないでしょうか。

ターシャさんは説得力ある言葉で、「自分の人生を生きていいんだよ」と、
優しく背中を押してくれているように感じます。
「足並みをそろえなくても、自分のペースで人生を歩んでいいのだ」と、
とても勇気をもらえます。
人生を見つめなおすいい作品だと思います。
真似したいな、と思った「人生フルーツ」も良かったけど、真似できないスケールだけどいいな、と思った本作。

ろうそく作り、やってみたい。