ターシャ・テューダー 静かな水の物語の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ターシャ・テューダー 静かな水の物語2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平…

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

カオリ

カオリの感想・評価

3.5
静かな水の物語というだけあって
静かで、止まっているようで流れている。そんな映画

一回普通に観て、もう一度見たくなり0.5倍速でもう一度観たのだが、早送りした方がむしろ普通な感じで、この人の生きている世界は私たちと別の時間が流れてるのではないかと思ったぐらい

生きてきた日々が毎日幸せだったって言える、このおばあちゃんみたいに余裕のある生活をしてみたいと心から思った。

コーギーのメギーは短い足で、ずっとおばあちゃんの周りをウロウロしてる。
太っててかわいい笑
もる

もるの感想・評価

3.2
この人のことを全然知らない状態で映画を見たのでこんな人がいたのかーー!!とビックリしました。
まず絵が上手い。どんな絵本を描いているのかも丁寧に教えてくれるので、初めてでもこの人がどんな人なのか分かって楽しく見れる。

こういう生活に憧れはしない、けど、こういうおばあちゃんは欲しかったなあ
chisa

chisaの感想・評価

3.8
以前、NHKで見た事ある映像だった。
アメリカ、バーモント州に自然の形を壊さずに庭づくりと絵本作家としての仕事で家族を養い、晩年亡くなるまでの数ヶ月?のドキュメンタリー。
花が咲く春もすてきだけど、雪に覆われた静かな冬がいいのよとクリスマスのチキンを焼いたり、家族と愛犬と過ごす穏やかな時間。一瞬だけだけどバーモント州の山々の紅葉がきれいでした
ake

akeの感想・評価

3.5
ターシャが言うから響くんだよなぁ。って言葉がたくさん。

こんなに長生きして しかもずっと幸せだったのよ!と
笑顔で言える人は中々いないのでは。

「人生は短いから不幸でいる暇なんてない」
定期的に思い出したい言葉。


それにしてもコーギーちゃんのかわいいこと...
yaeko

yaekoの感想・評価

3.9

のんびり肩の力を抜いて観ていられる映画。

自然と同じ速度で生活するって、いいなぁ。
庭の木々や花々がとっても伸び伸びしてて綺麗で、心癒される。深呼吸したら心底気持ち良さそう。

“歳をとってから、今が一番いい時”。そう思える人生を送りたいと思った。

コーギーのメギーがいつも可愛い。
miru

miruの感想・評価

-
Tasha Tudor loved these words.
'We are such stuff as dream are made on. /Shakespeare'
'The finest thing in the world is knowing how to belong to oneself. / Montague'

I want to be a person who keep my things very carefully like Tasha.
くる

くるの感想・評価

-
記録用

ターシャの生き方が息子や孫達に受け継がれてる最後のシーンを見てほろり。心が浄化されました
shioko

shiokoの感想・評価

-
人生短いんだから落ち込んでいる暇はない、好きなことをやらないと!というメッセージ。体現しているから説得力がある!
ナホ

ナホの感想・評価

3.1
ガーデニストかと思ってたら絵描きなんですね!
むしろ絵の方をもっと見てみたいと思いました。
ロハスの先駆け。

このレビューはネタバレを含みます

2017年のマイベスト1映画。(^-^)

ターシャ・テューダーは、私の憧れのライフスタイルを実現する女性であり、数々の魅力的な著作を持つ絵本作家であり、世界のガーデニングを愛する人々を魅了し続ける人物です。
『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』は彼女の生誕100年を記念して製作された映画であり、2008年に92歳で彼女が亡くなるまでの10年間の映像を映画化したもので、なぜ彼女が今も世界中の人々を魅了して止まないのか、その魅力の秘密を解き明かそうと試みた映画です。

映画ではこれまであまり語られることのなかった彼女の生い立ちやその人生、家族、人生哲学が美しい映像と共に語られますが、何より観客を魅了するのは、彼女の言葉です。
「人生はあまりにも短くて、不幸に陥る暇などないのよ、人々は気付いていないけど。」
「悲嘆にくれる人というのは、下を向いて光が作る陰を見ている人なの。私は顔を上げて、眩しい光を見続けるわ。」
「幸せは自分で創り出すものよ。」

映画の中で紹介されますが、彼女が一番愛した座右の銘は「夢に向かって自信をもって進み、思い描いた人生を生きようと努力するなら、思わぬ成功を手にするだろう」というヘンリー・D・ソローの言葉であり、映画の終盤、観客は愕然とするのです。
ターシャを取り巻く美しい庭や花畑や18世紀を再現した農家の暮らし、自然環境はもともとそこに存在していた訳ではなく、彼女の「夢」が40年の歳月をかけて創り出した世界であり、その中に動植物が生息しているのだと映像を通じて気付かされるのです。

決して上映館数が多いとはいえないミニシアター系映画の中に特別な宝石のような作品を見出すことが出来るのは、映画ファンの無上の喜びです。
何度でも観て、言葉と美しい映像をかみしめたい映画だと思いました(^-^)✨