• Filmarksトップ
  • ターシャ・テューダー 静かな水の物語の感想・評価

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:105分
    監督
    松谷光絵
    キャスト
    ターシャ・テューダー
    セス・テューダー
    ウィンズロー・テューダー
    エイミー・テューダー
    あらすじ
    米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

    「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

    2017年53本目
    91歳のターシャからしたら人生は短いとの事
    深い…
    人生は短いから、不幸になってる時間はない。
    農業に庭仕事に子育てに縫い物になんでも全力でやる。手を止める暇なんかない、楽しみながらやること。
    楽しみながらずっとやり続けるって結構難しいなとふと思う。
    息子や孫またひ孫までずっとターシャさんのしてきたことが残っていく、素敵だな。
    人生は短いから不幸になってる時間はない
    花を育てる有名な人。程度の前知識で観賞

    なんてかわいい人なんだろうと思った。描く絵もとってもかわいい。この家が自分の故郷のように感じられ、ここに帰りたいなんて思ってしまった。人によっては退屈な映画かもしれないけど、自分の性格には合っていたみたいで、観ていて良い意味で眠くなった。
    ターシャの生活を覗くたびに、はぁ〜穏やかに生きようってなる
    次の日には社会に揉まれている。
    はぁ〜
    素敵すぎる生活だけど現実的じゃない、、、
    映画と考えると映像の面では今の綺麗な絵に慣れて来てるのでもったいない感じがしてしまうのですが、ナレーションがない事でターシャが自分の家を案内しながら一緒に庭を眺めたりご飯を作ったりしてる感じがして来てとっても心が温まる作品でした。
    定期的に見る事で今の自分をポジティブにさせてくれる感じの映画でした。
    ターシャは生き方が芸術のように美しい人だとおもいます。
    観終わったあと…
    確かに、頭の中も心の中も、話したい言葉が沢山だったはずなのに。
    ターシャ、重なった時間をありがとう。
    劇場で観るってやっぱり良い(^^)
    松谷光絵監督の観客とターシャが1対1で向き合える映画になるようにとナレーションを入れない作品でターシャの佇まいや行動、語りが直に伝わって来た。ターシャの暮らしぶりを丁寧に紡いだ。予告のナレーションが苦手で躊躇したが観て正解。
    わたしもおばあちゃんになる頃にはこんな生き方が出来るように今できることを頑張ろうと思った。
    スローライフを送るにはそれなりの知識と忍耐と財産がないとやってけないなと。
    ただのんびりしたいだけの人にはこなせない生活だな〜〜と思った。
    一見穏やかだけど、とても芯が強くて自分にも人に厳しいんだろうなぁと思った。

    仕事で上がったり下がったりして疲れた心にジンワリと気力が染みたような気がした。
    わたしもターシャのようにどんな時も楽しんでプラスになるような感性を身に付けて人生を謳歌したい!!!