三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

ゆみ

ゆみの感想・評価

3.0
いまいちわかりにくい映画。
一回見ただけで作者の言いたいことがすべて理解できる人はそうそういないと思う。

福山雅治さんが、結局後半にいくにつれて、いつもの福山さんになってた。役から遠ざかっていく感じ。

しっかり理解するためにまた見たいと思いたいところだったが、、、だるいシーンが多いため、もう見ないだろう。
floal

floalの感想・評価

4.5
今更ながら、今年は色々あって全然見られなかったのだが、その乏しい鑑賞作品の中でもここまで個人的にはベストです。
接見シーンでの緊張感ある演出がとても好きだった。顔の重なりや二人の間のガラス板を使って二人の接近を表現していく工夫が、ベタかもしれないが良い。役所広司はもちろんだが、福山も広瀬も期待していたよりずっと好演だった。前半が少しだれたのが残念ですがもう一度見たいくらいです。
あきじ

あきじの感想・評価

3.8
最終的に明らかになる真実がほぼないという異色の法廷劇

たぶんもう一、二回は観ないと理解しきれない気がする
7se

7seの感想・評価

3.5
『三度目の殺人』

お気に入り度:★★★☆(3.5/5.0)
鑑賞方法   :劇場鑑賞

http://xxxchumsxxx.blog.fc2.com/blog-entry-92.html

このレビューはネタバレを含みます

ひとつわからないのは、三隅が否認した場合、じゃ誰なんだという話になり、嫌疑が咲江に行く可能性が全く無いとは言い切れない。絶対そんな風には話が進まないという確信が持てるほど、三隅は司法の世界に詳しいのか。そして
ゆ

ゆの感想・評価

2.6
期待度が高かったかな。
福山雅治がもっと壊れていく感じかと思ったけど、いい方向の変化で何かインパクトにかけるなあと。
まず広瀬すずの演技に注目。
タイトル通り、三度目の殺人は何だったのかを匂わせる描写が所狭しに広がっているため、なんだろうなんだろう?って考えながら見ると、人の思いや情といった側面から映画を見ることができるのではないかなと思います。
ただ、司法についてとかあまりよくわかりませんが、現状そういうことがあることをグレーゾーンの見解で表現してます。へーって見ることができないので、難しい作品が好きな方はおすすめかもしれないです。
深谷守

深谷守の感想・評価

3.0
芸者な役者たちが思う存分に演技を繰り広げる法廷劇。
真実は1つではなく、明かされる真実だけが真実ではない。真実を明かすことが正義ではない時もあり、あえて明かさない正義もある。
正直なところ、ストーリー展開はモヤモヤしすぎ。いくら観客に判断を任せるとしても、もう少し収束させて欲しかった。
森コロ

森コロの感想・評価

3.3
二度の殺人を犯した三隅(役所広司)と、その弁護士の重盛(福山雅治)、
そして被害者の娘の咲江(広瀬すず)、被害者の妻の美津江(斉藤由貴)を中心に
物語は展開していく。
二転、三転していく三隅の動機と供述、依頼人の利益を優先し、裁判をビジネスと
割り切りながらも、三隅の証言に翻弄され、真実を知るために奔走する重盛、
意外な接点で結びついている三隅と咲江の関連性、さらには
重盛自身が多感な中学生の娘を持つ父親(離婚調停中)であり、
ストーリーは複雑に絡み合いながら、絡まった糸を一つひとつほどくように展開していく。
が、一つの結び目が解けようとすると、また別の結び目が見つかる。。。
まさにそのような感じで、観客も重盛同様、疑心暗鬼というか、
何を信じ、誰を疑えば良いのか、皆目、見当がつかない。
美津江が怪しいのか。三隅とは一体、何物なのか。。。
やがて咲江の話により、物語は新たな展開へと進む。
が、また二転・三転する三隅の告白は、観客のそれまでの推理を見事なまでにひっくり返す。


「三度目の殺人」というタイトル名が、どのような意味をもつのかは
この作品を観た人それぞれに異なるかもしれないし、実際、レビューなどを眺めると
「わからなかった!」というコメントも多数見かける。


が、法廷のみでは決して裁くことのできない犯罪もあるのだということを
この作品は伝えてくれる。


役所と福山のガラス越し(拘置所内の)の対峙シーンが何度も出てくるのだけれど、
正直いって役所がすごすぎて福山がかすんでしまったのが残念なような(汗)。
彼があまり好きでないからなのかもしれないけれど、この重盛の役は福山には
ちょっと重すぎたようにも見えた。
福山がカッコ良すぎるからかもしれないけれど、人間くささが微塵も感じられない。
生活感の匂いがしないというのかな。
そこらへんのこの作品に欠けてい彼の人間くささを離れて暮らす娘との描写を交えて
表現したかったのかもしれないけど、何となく似合わないというか、違和感だけが残った。

この重盛という弁護士は、もっと人間味あふれるそこらへんにいそうな感じの
熱血タイプの弁護士という設定の方が良かったかもしれない。
まぁ、福山が主役というと、このような設定になってしまうのは
仕方ないことなのだろうけれど。。。

個人的にはもっとドライな割り切り型の人か、もう少し情けない感じの人の演技で
観て観たかった(笑)。弁護士というポジションははかっこよすぎるというだけで
マイナスイメージが強くなる気がする。


また、昨今、不倫問題で騒がれている斉藤由貴が、いい意味でも悪い意味でも
邪魔くさかった(笑)。実際、そういうこと(ネタバレになるので自粛)をしそうだし、
男関係にだらしなさそうだし、彼女の不倫は多少は映画の宣伝になったのかな(笑)。



福山と斉藤を除けば、あとの出演者たちは完璧だったと思う。
まぁ、個人的な主観ではあるのだけれど。。。


それにしても長いかなぁ。。。横のおじさん、いびきをかいて寝ていたし(笑)。
おそらく好きと嫌いがわかれる作品であることはたしかだ。
人間の感情って複雑で、自分自身でさえも、自分の感情がわからないときだってあるよなぁ。
真実、って何なのだろう。わたしの中の、正義だとか真実の在り方が崩される映画だった。
観終わったあと、どっと疲れるし、答えが出ないけれど、素晴らしい作品でした。