三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

ひねりも何もなく、盛り上がりも何もなかった。
トリックもなく。
何が言いたい映画なのか?
ありきたりなテーマではあるところを、ありきたりにさせないのが見事だと思いました。
こにし

こにしの感想・評価

3.9
結構深い。いや、深い。誰が人を正しく裁けるのか。正しく裁くの正しくって何か?を考えさせられる。
弁護人への理解なんて必要ないと言っていた男が三隅を理解しようと、その実像を手繰り寄せてしまう。しかし、三隅は背中に手が届きそうになると遠ざかり、実態が掴めそうになると手元からすり抜けていく。ラストのガラスの反射を使ったシークエンスは、二人の顔が重なり理解に近付いたかと思うと遠退いてしまうことを表現していた。役所広司が演じる三隅は、この場で「本当は殺したんですよ」と言い出してもおかしくない。彼の存在は最後まで虚ろのままだ。ただ、彼はジェーンドゥではない。過去を持つ一人の人間なのだ。
他人を理解すること理解した気になることはかくも傲慢で、他人を疑うこと罪を値踏みすることはなんと愚かしいのか。そんなことを思いました。
かんじ

かんじの感想・評価

4.0

あえて完結させずに、観客に考えさせるラストの感じ。

最初は嫌いだったけど、タイトルの意味を考えていくと、もうすっかり虜になっていました。
MasayaJoe

MasayaJoeの感想・評価

3.5
なぜ、広瀬すずの足は悪いのか。

上半身の映画、というものがあるとしたらこの映画は間違いなく上半身の映画である。主な舞台の接見室では、俳優の下半身は全くもって画面に映らない。この映画の主役は顔と手だ。ここまでなら特別なことでもないように思われる。不思議なのは、この映画の下半身の扱いである。
象徴的なイメージショットのような雪山シーンでは、福山、役所、広瀬すずの3人は足元を取られ、下半身を思うように動かすことができないでいる。そして、広瀬すずの足の障害。なぜ、これほどまでに下半身に負荷をかけるのか。これはなんなのだろう。
わからない。
Sayoko

Sayokoの感想・評価

3.5
重ための邦画という好きなジャンルではあるものの、真実や動機があまりにもはっきりしないので作者の意図を本当に理解できているのかがわからない

あとからネタバレの解説を読んでその深さがやっとわかりました。が、映画を観ただけで理解するのは難しかったかなー。もう一度観たい
ユータ

ユータの感想・評価

3.9
お互いが忖度しあえばとてもいいお話しにだってなる。嘘をつくことは決して悪いことばかりではない。


訴訟経済という言葉がとても新鮮だった。
裁判って裏側を覗くと面白いな。
Mila

Milaの感想・評価

3.6
扉がギィイイと音を立てたら「真実はいつもひとつ!!!」と叫んでた頭に、はっきりただし書きを入れてもらった。

これを観て死刑判決の是非に対する考え方が変わる人がいればいいなぁ。

メッセージ性は強いのだけど、演出が素敵なので説教めいているわけではないところがとってもよかった。登場人物は多くないけど閉塞感もなくて。雪上のシーンが忘れられない。
Kana

Kanaの感想・評価

3.0
三度目の殺人を起こした男、辻褄の合わない証言を繰り返す男の目的とは?真意とは?
面白いとも、感動とも違うけれど、よくできた映画だったと思います。
が、とにかくもやもやする。
最初はともかく物語が進んでいくに連れてもやもやが解消されるかと思いきや、そんなことはまるでなく、終始もやもや。
時折挟まれる現実と妄想の間のようなシーンや、最後にガラス越しに反射した2人の顔が重なる映し方が、とても印象的でした。