三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

TY

TYの感想・評価

3.6
48本目

記録
maaari

maaariの感想・評価

3.5
答えが分からなくてもやもやする。
だけど答えが分かっても、きっともやもやするのだろう。
福山雅治と同じように、深淵に引き込まれていくみたいだった。

役所広司って本当にすごい俳優だなと改めて感じた。
 強盗殺人を自白した犯人と、その犯人の二転三転する発言に翻弄される弁護士。
 まったく底が見えない、不気味とも言える犯人を役所広司が見事に演じていて、終始引き込まれる。事件の真相よりも、この犯人が一体何者なのか、最後まで気になって仕方がなかった。
 勝ちにこだわるクールな弁護士の福山雅治と同じように、観客も役所広司の動機が一体何なのか、そしてそうだったのかと腑に落ちた後にやってくる、深い闇の底のような展開。
 タイトルの意味をどう捉えるかで評価が変わるかと。これは誰かと話したくなる映画だなぁ。
観た後のみながら語り合いたい映画
Yasu

Yasuの感想・評価

4.4
役所広司の演技の振れ幅が、良い。
タイトルの意味に気付くと一気に面白さが変わる映画。
NARISHIMA

NARISHIMAの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

見応えはあった。恐らく映画の中に仕組まれた沢山の隠喩が答のヒントになってそうなんだけど、一回観るだけではわからなかった。ただ、答が果たしてあるのかも謎。
うーん、なんだかなぁ。
すげぇモヤモヤしてまうんだよなぁ。

中盤、台所で斉藤由貴の突然の告白で一瞬ガラッと空気が変わり、そこから先の展開を期待させるものの、本当にその一瞬のみ。
あとは邦画特有の辛気臭い空気がダラダラと。

最後、面会室で向き合う役所広司・福山雅治のカットだけは本当に美しかった。
まみ

まみの感想・評価

2.2
広瀬すずさんの存在感がすごく印象に残った。一人ひとりの心理を探るような深い作品だった。
919MINI

919MINIの感想・評価

3.0
おもいっきり引き込まれた。で、どんなオチがつくのかワクワクしたけど…。
y

yの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

役者の鬼気迫る演技、特に広瀬すずの表情とってもよくてはっとさせられたし、目力の強さに目背けたくなっちゃうほどでした。。

一面の雪のシーンが幻想的で美しかった

内容の濃さも満足、特に最後のセリフが全体まとめつつ余韻残してて忘れられない

こんなにいろいろ言っても解説されるまでなんで三度目なのかわかってませんでした