三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

乱橋

乱橋の感想・評価

2.0
「ひとは見たいものしか見ない」というのはそれはそうなんだけど、おなじ題材ならほかにもっと面白いものがあるので、役者の芝居を観る作品かなー。出てくるたびに印象の変わる役所広司がメイン。若手弁護士役の満島真之介がしなやかな信念の持ち主で印象深いけど、彼が見てる世界も彼が見たい世界なんだよね。市川実日子は相変わらずキュート。被害者の妻役の斉藤由貴もやっぱり上手い。
AVENTURiER

AVENTURiERの感想・評価

3.0
役所さんのつかみどころのない演技に
何を信じたらいいのか、翻弄されてしまいます。
人を裁く人を誰が決めるのか

人の意志とは関係なく生きたり死んだり

信じたいことを信じる

それが真実かどうかは置いといて


2時間の映画でスッキリきれいに終われるようなテーマではなく、今の世界にも言えることでつまり終わり方を求めてはいけない作品なんだと。

ほんと映画見過ぎて
最後きれいにはっきりスッキリ終わらせてもらうことに期待し過ぎちゃってる。

今の世の中、曖昧なことだらけやから
映画という作られた世界の中でぐらい
スッキリ終わらせてほしいという
期待もまた改めて実感。

役所広司さんほんとにすごい。
対面してお芝居するのすごく怖いけど
すごくいい刺激になりそう。
WOWOW視聴

タイトル回収は、見終わってから、じっくり考えないとできなかった。
Asano

Asanoの感想・評価

4.0
結末を描かない、是枝監督。
今回は、テーマに沿って更にこの終わりが引き立ちますね。
Filmo

Filmoの感想・評価

4.5

1度目は事件の真相にフォーカスしすぎてしまい、自分の残酷さにトリックをかけられた気持ちでした。

2度目の観賞にして、ようやく腑に落ち、自分なりに解釈ができました(間違っていたらごめんなさい)
その瞬間から、心にナイフをグサリと刺されたような気持ちで、涙が溢れてきました。

この映画では、事件の真実は描かれていません。
真実が掴めぬうちに判決は下される現実。
理不尽な現代社会を描いた作品です。



《《 以下ネタバレを含みます 》》



役所さん演じる三隅は、理不尽にも不幸になって死んでいった両親の元に生まれ、
自分もこれまで誰からも信じて貰えず、周りをも不幸にさせてしまう、生まれて来なければ良かった人間なんだと思いながら生きてきた。昔の事件をきっかけに、人の命を自由にできる裁判官に憧れを抱いていた。


福山さん演じる重盛は、たとえ本心でなくても、勝ち取るための裁判戦略に日々追われた職務を熟す弁護士。
父親は昔、死刑廃止論者だった(?)元裁判官。以前は父のような裁判官を志していた。三隅との出会いで心が揺れ動いていく。



接見室でガラス越しに会話をする対照的な2人は全く別の人生を歩んでいます。
しかし、私にはとてつもなくよく似た、重なり合う2人に見えました。


ではこの2人、なにが違うの?

作中の台詞にもある「人間は自分の意思とは関係なく生まれたり死んだりする」
「生まれたときに意思とは関係ないところで命は選別されている」
「殺す奴と殺さない奴との間には深い溝がある。それを超えられるかどうかは生まれた時に決まっている」

まさしく選別された2人なのではないかと思いました。


更に2人の印象的な会話がありました。

「三隅はなぜ殺人を犯したのか?」

三隅「生まれてこない方が良かった人間ってのは世の中にはいるんです」
重盛「だからと言って殺して全て解決するわけじゃない」
三隅「重盛さん達だって そうやって解決してるじゃないですか」



人は人を裁けるのか?
誰を裁くかは誰が決めるのか?


【1度目の殺人 】
三隅最初の殺人 (真実かは不明)元裁判官重盛の父親による裁判で、情状酌量が認められ死刑は真逃れた

【2度目の殺人 】
三隅2度目の殺人 (真実かは不明)裁判員裁判による死刑判決

【3度目の殺人 】
三隅の死刑判決(司法による殺人=死刑制度)

本当は殺人を犯していないかもしれない人に死刑判決を下した。



本当の悪を裁いたのは誰か?
悪を生み出すのは社会か時代か?

私の中にたくさんの疑問が生まれました。
同時に自分なりに答えが出た気もします。


映画は時に現実逃避ができるものです。
この映画は、目を背けている現実を描き、考える時間を与えてくれました。
自分たちが作り上げた社会は理不尽で残酷な事だらけです。

たくさんの人に見て欲しいと思うのと、こういったことを当たり前に議論できる世の中になったらいいなと心から思いました。

役者さんたちの何気ない仕草、台詞全てに深い意味を感じました。
特に役所さんの素晴らしい演技に、是非惑わされて欲しいです。


今後の期待を込めて、スコア4.5です!
終わりかたが好きじゃなかった。
『誰を裁くかは誰が決めるんですか』
そもそも人を裁ける人なんているのかな。いていいのかな…いなきゃいけないんだうけど。

福山雅治さんは格好よすぎて、広瀬すずさんがキレイで…
あの弁護士事務所で働きたい…
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.6
結局真実は分からない。
人を裁く上で真実は必要なく、弁護士や検事、裁判官も自分たちの都合のいいように司法の上で死刑を判決したことが3度目の殺人だったのか。
被告人は少女を救いたかったと思ったが、都合のいいように信じたいのかもしれない。
けんし

けんしの感想・評価

4.1
法廷心理サスペンスと書いてしまえばそうなのだが、この映画はそれでは指し示せない。
誰が犯人なのか、真実がどうだとか、最後までわからない。
そんなことには監督はまるで興味がないかのよう。
何が描かれているのか。
「真実」って何?
人が「信じる」って、どういうこと?
である。
アンチミステリ。

すこぶる面白かった。

ラストシーン。面会室で対峙する役所広司と福山雅治の顔が重なる。
人は自分が信じたいことを信じるのだ。

結局、裁判官、検察、弁護士の都合によって、
死刑が確定し、人一人の命が消える。

オウム関係の死刑執行の後、
この映画に遅ればせながら出会えたことは、
考えさせられた。
どこかスッキリしない終わり方。一体誰が殺したの?何故三度目の殺人なのですか?
最後に、鑑賞者に問題を投げかける映画は、ちょっと苦手です。
ただ、役所こうじと広瀬すずの演技、そして斉藤由貴のインパクトある演技は素晴らしかった!