三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

継夜

継夜の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

是枝裕和監督、出演キャストと惹かれるものがあり映画館で視聴。
公開日から少し経ったためか観ている方々は割と50代後半の方々が多めの印象。
映画の中身としては今の日本の法制度や人間性を問いかける作品になっていだなと感じます。真実よりも勝敗にこだわる重盛(福山雅治)の演技はどこか目の前のことよりも結果だけに縛られてるためか淡々なものでした。しかし三隈(役所広司)が起こした事件によって重盛の熱や感情が湧きはじめます。やがて真実に興味をもちはじめる重盛をあざ笑うように三隈の供述はちぐはぐで、近辺周囲を調べれば調べるほどどうしたらいいのかわからなくなっていく展開は観ている側もそれぞれで感じ方が変わるとおもいます。
個人的には福山さん、役所さん、広瀬すずちゃんが三人雪の中はしゃぐ姿のシーンが意味をなすようななさないようなシーンでそれまでの流れを一度断ち切り頭の中の整理をもらったとも思えました。
また観たくなる作品でした。
Finisterre

Finisterreの感想・評価

2.3
最後に期待していただけあり、消化不良感は否めない。
観る人に委ねるのか、原作?を見ればわかるのか。。
この結末をどう取るかは、観る人によると思いますが、個人的にはすっきりしたかったなぁ、と。。
なお

なおの感想・評価

3.8
もっと最後期待してしまった…悪くは無いんだけれど、なんだろう…勝手に期待しすぎ?
いい意味で後味悪い系。
最後にに きてまだ疑問を残すのか!

父と母と娘。
繋がるのか、別れるのか。
この映画でしか、感じられない要素が
あります。

日本人として、生きているのなら
一度は、観てほしい映画です。
マー君

マー君の感想・評価

3.6
役所広司さんの演技がいかに上手いかが改めて分かる作品でした。

このレビューはネタバレを含みます

記録
この映画はサスペンスとしては微妙だった。是枝作品としては非常に稀にみる甲乙つけがたい作品だ。役所広司さんの役は多分サイコパスの役なんだろうけど、明快が見えて来なかった。広瀬すずも推測だろうけど、絶対に殺人に関わってるかもしれない。映画でそこを描いていたけど、全然解決になっていなかった。法廷劇ではあるんだけど、これはちょっと…
pomko

pomkoの感想・評価

3.8
映像がよかった。

ひとつひとつの映像をすごい覚えている。

役者がみんな体当たりで全力で演じている感じがした。
いまいいよくわからない結局何が正解なのか何が間違っているのか。

もやもやした結末であった。
一人の人間が殺され、自供をしてきた犯人。

死刑を無期懲役にするために弁護する主人公。しかし、犯人の話す内容が変わり、段々見えてくる真相が。

一体誰が何のために殺し、何を裁くための裁判なのか。誰が真実を述べているのか。