三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

chacha

chachaの感想・評価

3.8
観てる方に考えさせる映画は、スッキリしないけどなかなかおもしろい。
役者さんの演技がとにかく素晴らしい、誰がとかじゃなく全員。
殺人事件なのに、なんとも言えない温かさがあるようなないような、終始不気味な空気感に引き込まれる。
moe

moeの感想・評価

4.0
器。
社会で見過ごされていく部分が汚水となり滴り落ちていく器、それを受けとってしまう器であるという不幸。
炭鉱業がなくなり、失業者の増加する留萌という町での人びとの苦しみ、
前科者がふたたび偽装という犯罪に利用されていく工場という場で溜まっていくひとびとの鬱積、
そして咲江が抱えていたであろう血縁の苦しみ。
だれかの悲しみが隣にあるとき、ちゃんと心に蓋をしておかないとそれはどんどん自分を侵食していく。
寛容で純粋なひとほど、それを蓋のない器で受けとめてしまう。
そしてそれはあらぬ形であふれでてしまう。 
モンスターをつくりだしているのは社会=わたしたちであり、そのモンスター自体がこの世界の鏡であるということが、
長い間ドキュメンタリーを撮ってきた是枝監督がまずひとつ伝えたかったことであるのかなと思った。

そしてもうひとつ、
そのときどき、その場を収まりづけるための、もしくは自身や世間を納得させるための「真実」という「物語」が注ぎ込まれる「器」。 
ワイドショーや週刊誌などのメディアがつくりあげるストーリーは常に、
はじめから空っぽの加害者という器が用意されており、そこに様々な要素、「真実」がいれこまれて出来上がる。
そして今回の舞台である、司法の場であってもそう。
流れを滞らせないための「真実」が重宝される。
そしてまた足の悪いことの理由を置き換える咲江のように、人は多かれ少なかれ自分自身に対してもなんらかの「真実」とストーリーをつくり、それによってなんとか生きられている。
重盛が「真実」を探ろうと動き出したのも、娘とうまくいっていない彼自身の負い目が、事実がこうあってほしいという望みをつくりだしたからなのではないか。
彼自身が救われるための「真実」を彼は探していたように思う。
そのときやはり、人がひとつの文字通りの真実を追い求めるのは不可能だろうと思う、
しかしそうであるなら司法は人をどう裁けばよいのだろう、だれが本当に人を裁くことができるのだろう。

まだまだ深めて考えていくためのヒントがいろんなところにちらばっていたような気がするので、機会があればまた見たい。
斎藤由貴がすずちゃんに寄りかかるシーンはゾッとするほど印象的だった。
聖

聖の感想・評価

3.0
観る前にイメージしていたものと全く異なる、とても抑制的な映像・演出・内容だった。完全なる劇映画なのだけど、カメラが映し出す雰囲気はドキュメンタリーのよう。そして役所広司、広瀬すずは、芝居をしているという気配すら感じさせない。

吉田鋼太郎ら弁護士と市川実日子ら検察、そして裁判長が演じる茶番が芝居じみていた、と言えようか。福山雅治は両方に足を踏み入れる立ち位置であるが、その揺らぎが芝居にもにじみ出ていた。

一度観ただけでは咀嚼しきれない。いずれまた見返したいと思った。
サンボ

サンボの感想・評価

3.5
広瀬すずさんの左足を引きずる演技を見た瞬間、ケヴィン・スペイシーの演技が頭に浮かんだ。

参考にしたのかな?
是枝監督の視聴者への投げ掛けを
いくつ拾うことができただろうか。。

結構落としてしまってる気がするー
( ⌯᷄︎ὢ⌯᷅︎ )ゴメンナサイ

そう思ってしまうのです。
私には難しかったー

少ない脳みそで、いろいろ考えたり想像しました。

コナンくんが言うように「真実はいつもひとつ」
でも大切なのは真実なのか?と問いかけられた気がして、見終わった後もいろいろ考えさせられました。

考えさせられる映画はすきです。


そして役所広司さんの演技がすごくて表情が不気味でした( ・᷄ὢ・᷅ )スゴイ
マチカ

マチカの感想・評価

3.7
今日「万引き家族」行っても良かったのだけど、やっぱり先にこちらを観ておかないと…ということで。
外国人受けする華やかな、または情緒溢れるニッポンと同じ国とは思えない日本の側面を、いつもながらあぶりだしてくる是枝監督…配役も絶妙です。
ただ、どんなにうまくても好きじゃない俳優さんっていて、例えば妻夫木くんとか浅野さんとか…今回は役所広司が出てるのでなんとなく触手が動かず準新作になるまでグズグズしてました。
さて、弁護士側がこんなに調べられるなら、検察側だってもっと裏を取れるだろうと思ってちょっと違和感。血を拭う仕草や十字など、ちと分かり易すぎる意味が…
それでも、人が人を裁くことの難しさを考えさせられる映画でした。折しも昨日、袴田事件の再審請求が棄却されたところ。真実は藪の中…
i

iの感想・評価

-
犯罪者の正義って何なんだろう
供述を聞けばそれは驚かさせるぐらいに この世の陰というものを感じて陽である部分がどんなに素晴らしい事なのかを考えている
見て見ぬ振りをすること

役所さんの演技に驚かされ
是枝監督の画の綺麗さに驚かされた
真意と言うものを直接投げかけずに みている側に問いかけ判断をさせる

夕陽に照らされ、同じように頬を拭った福山さんは何を気付き 思ったのだろうか
登場人物の心情は理解する事は出来ないけれど、感じ考えることが出来る

十字架
minato10

minato10の感想・評価

2.7
先日のカンヌの是枝監督の作品。やはり社会に投げかけるモノがある。隠されて見え辛いモノを正す悪行と司法による判断。本当の意味での悪はどちらなのか?というように見えた。

「三度目の殺人」観ました。


見応えがあり過ぎてどこから書いたらいいか分からないくらい。

いたちごっこような作りになってて何が本当の真実なのか分からない。そもそも裁判は真実を「裁く」為に存在しているのか。そうじゃない、分からないから出来る限り効率よく「下す」のだ。

それを道理とするか理不尽とするかは、全ての物事に多面性がある以上、同等に存在してしかるべきと思う。

だからこそこの映画の持つ虚無感、虚構性は空っぽの器としての深みを持ち、またあるいは獣のような人間という対照的とも取れる側面を覗かせるわけです。

「三度目の殺人」の真意は何処にあるのかは言わずもがなですね。

重盛が何も付いていない頬を拭うシーンが印象的かつ象徴的だなあと思いました。三隅と重盛がガラス窓越しに重なって描かれるシーンも。。。


またいつか観直してみようと思います。今日観た感じときっとまた違って思えたりするんだろうナァ。
りりか

りりかの感想・評価

3.6
人は人を裁けるのか
深い

法律に穴がありまくりと思うんだよないつも
法律というか、人か

広瀬すずはやっぱり演技が上手い子