三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

Yoshi

Yoshiの感想・評価

4.0
他人事が人事だと割り切れない部分は
共感できた。
が、一方で犯罪を犯してはいけない理性の方が普通は強く働く。
この作品の被告にはそれが欠けていると感じた。
Takumi

Takumiの感想・評価

3.5
役所広司さん最高❤好きすぎる😍
Shun

Shunの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

見たいと思っていた作品。

まずは題名の意味について。
三度目の殺人とは、つまり死刑判決のことだと思う。法廷にいる人間たちは結局真実に目を背け、自分たちの都合を優先させた。その行為が被告人の死へとつながったのだ。それは、一種の殺人的行為といえる。

法廷に参加している人たちにとっては真実を追求することは第一のことではない。しかしながら、広瀬すずや満島真之介らは真実の追求に向き合っているようにみえた。
検事は最後の最後に、そこから遠ざかってしまったかな。

被告人の次から次へと変化する供述により、いろいろと考えさせられた。

全体の雰囲気はとても好きな映画だった。

結局だれが殺したのか、そして真実がどんなものであったのかは明確には明かされない。そこにモヤモヤは感じるが、それも含めて多くのことを考えさせられる作品だったといえる。

もう一度見たい。
ユキ子

ユキ子の感想・評価

4.1
自分の中で解消しきれない伏線がいくつかあったけど、そこを差し引いても好きな映画
鳥丸

鳥丸の感想・評価

4.5
これ、僕も終わるまで確信は持てなかったんですが、最後まで観て完全に確信しました。

これ、サイコパス映画です。

法廷サスペンスとしても完成度が高いと思いますが、それよりも、犯人のサイコパス性、サイコパスとはどういうものかを語ってる映画に感じました。

サイコパスとは、日本語では反社会性パーソナリティ障害と呼ばれています。

簡単に言えば究極の自己中。他人の気持ちがまったくわからない、わかろうとしない、どこまでも被害者思想。その行動には理由がなく衝動的、やりたいからやる。そして口が上手い。しかし基本的にその場しのぎで自分に非がないように話すので矛盾が生じる。そんな人種ですね。

この映画で起こった殺人事件。その犯人として扱われる役所広司さん演じる人物「三隅」がほぼ確実にサイコパスだと思うんですよ。

本来、人は行動する時には理由が伴うわけです。そしてそれは歳を重ねて大人になっていき、社会に組み込まれていくうちに制限されていき、無意識にその中でやりくりしていくようになる。守るものができれば、それが行動の理由になる。

しかし、役所広司さん演じる三隅にはそれが一切感じられない。後悔しているのか、とか問うシーンがあるんですけれども、「はい」と返事はしますが全然そう思ってるように感じないんですよ。なんで後悔するの?ってトーンなんですよ。それを出せる役所広司さんの演技は素晴らしいんですけども。

急に人が変わったように怒っていることもあれば、突然主張を変えたりしてそれを信じろと言う。そしてそれがいずれも冗談と思えない態度。最初は冷静に対処していた福山雅治さん演じる彼の担当弁護士重盛も徐々にペースを乱され、その行動、言動にひとつひとつに理由があるのではと奔走するけども、それはいつの間にか三隅に翻弄されている結果であり、観てる側もそうなっていきます。

事件は様々な人が絡んで二転三転しますが、要は善良な人たちがサイコパスに振り回されるのを観る映画だったんだな、と僕は思いました。

その決め手となったのが、最後のシーンですね。重森の問いに対する三隅の回答。これは三隅はサイコパスでしたーっていう完璧なオチでしたね。

他とは違う楽しみ方をしてしまったかもしれませんが、非常に面白かったです。
何で足が悪いのは、
生まれつきではないと嘘をついたと思いますか?
miho

mihoの感想・評価

3.5
是枝監督がニヤニヤと、だけどどこか優しい笑みを浮かべている。そんな姿が頭に浮かんだ。

役所広司さん、おそろしや。
内容も難しく、もやもや・イライラとさせられるけど、
重盛の心境変化や、三隅と咲江の関係性にじわりと感動。
観終わったあとも、ああだこうだと考えてしまい
これ程までにあとを引く作品は、自分にとっては珍しい。

裁く、司法、とは一体なんなのだろうと
虚しさも覚えました。
純粋な川島もいつかは、重盛のように真実なんてどうでもいいと
考えるようになるんだろうな…。

題材は何にせよ、敢えて答えを明確にしない
是枝監督の作品が好きです。
映画の続きが自分の心の中で広がり、
主人公が成長して行くような気がするので…。


考えることや想像することを阻むかのように、
スマホ一つで多くのことが解決してしまう昨今。
そんな時代に一石を投じるような作品でした。
kiki

kikiの感想・評価

4.0
次の日にじわじわと 意味がわかって来た( ̄◇ ̄;)
観た人と 色んな人と 話したいー!

だれが本当のこと言ってるのか分からないまま。

重森の 心境によって、カメラの映し方とか角度とかに 表してあったり
すずちゃんの 二面性 を光りと影を使ってたり。

是枝さーーーん!!
てなった。


重森が心配になってきたww

好きな系統でした。
是枝さん?