ディア・ドクターの作品情報・感想・評価・動画配信

ディア・ドクター2009年製作の映画)

上映日:2009年06月27日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

3.6

「ディア・ドクター」に投稿された感想・評価

エレベーターと喫茶店のシーンは何度となく見入ってしまうな。自分のことのように。
☆5  殿堂入り
☆4.5 またレンタルするかも
☆4  テレビでしてたら見る
☆3.5 そこそこ
☆3  及第点  
KOKONE

KOKONEの感想・評価

4.1
ニセ医者って言葉だけだと酷いことだと思うけど、嘘をつくことで人を幸せにすることもあるって思うと難しい。

「本物の医者に仕立て上げてたのは周囲の人達なんじゃないか」
ニセ医者ってなると話が大きいけど、こういうことって現実でも結構あるなと感じた。

序盤のおじいちゃん喉詰まらせ事件もコメディを交えて作られてるけど、介護の葛藤とか伊野の本質を一気に表しててすごいと思った。

西川美和監督の作品、毎回この人しかいない!って人がキャスティングされてて良い。
いと

いとの感想・評価

-
小さいころ、
かかりつけのクリニックの先生が好きで
先生の顔見るだけで良くなった気がした。

そして事あるごとに、
患者さんは「先生はこう言ってた」と言う。
同じことを看護師が言ってたとしても。

なんという信頼感。悔しい。


医師は国家資格を得て、
人に針を刺して、
人にメスを入れる。

僕には資格がないという鶴瓶さん。
本当の医者だって同じような葛藤を感じることがあるのかもしれない。

余貴美子さんの看護師姿とてもかっこよかった。
narumaru

narumaruの感想・評価

4.0
西川美和原作脚本監督作品
原作から監督まで
1日でいいので、西川美和さんと入れ替わってみたいです。

死とは
大病も未経験、両親も健在の私にはまだまだ未知の領域です。
すごくすごく繊細な映画。

民意によって過剰に持ち上げられてしまった彼に掛かる重圧は非常に大きかったんだろう。だから、冒頭の都会から来た研修医の田舎礼賛的な発言に表情が固まったのね。

冒頭は村における医者の仕事をユーモアを交えて紹介していく描写が素晴らしい。

相手のことを思う優しさの詰まった嘘。自分だけが悪者になることで他人を救う。そのような、定型業務の中には収まらない判断から生まれた自己犠牲の嘘を誰が責められるのだろうか。

加えてこの映画は役者陣の好演抜きには語れないと思う。主役の鶴瓶師匠、周りを固める瑛太や香川照之らの非常に細かいニュアンスの演技が作品の深度に繋がっているかと。

印象的だったのは胃がんを診断されたおばあさんに刑事さんが「あの人があなたに何かしてくれたでしょうか」と問うと「何にも。」と返答する。この何にもしないという選択にどれだけ勇気が必要だったのだろうか。

似たような作品はあるかもしれないが、非常に繊細で深度のある作品だと感じた。
knarakyo

knarakyoの感想・評価

3.7
鶴瓶の表情。八千草薫さんの演技とは思えない演技。内容はちょっとよくわからなかったので、久々に鑑賞後、いろいろ調べたら感じたままだった。なるほどテーマ性もあるのね。

このレビューはネタバレを含みます

瑛太さんがスイカ持ってきてからと、井川遥さん出てきたあたりは、見入った。


資格持ってても活かせてないとか、
資格持ってても〇〇する資格ないって思われたりとか、


資格なくても目の前の人を助けたい気持ちでなんとか努力してできてしまうとか


いろいろ考えさせられた。

このレビューはネタバレを含みます

嘘のスケールは前作品と比べても大きいのに、サスペンスとして単純化していないのが凄い。そこにある嘘ではなくて、嘘を抱えた人間に真摯なまなざしを向けているからだと思う。損得でも、愛でもない、ただ人間の温度が横たわっている作品だった。

窓の反射を使ったり、電話の相手の反応を伺わせるギミックなど、ところどころ挟まれるカットが印象的。

・「(車の)免許ないのよ」
・「なんにも」
Kio

Kioの感想・評価

3.7
結末は予測できるけど、定石通りのプロセスを踏まないのが良いね。
無駄な説明が無いのもあれやこれや想像力が掻き立てられる。
ラストは好きじゃなかった。
その一歩手前のタバコのシーンでエンドロールだったらめちゃくちゃ好きな終わり方だったのに。
この監督は人間の持つ説明できない不可思議さを描くのが本当に旨い。
哀しいんだけどすごく愛おしい。
>|

あなたにおすすめの記事