ディア・ドクターの作品情報・感想・評価・動画配信

ディア・ドクター2009年製作の映画)

上映日:2009年06月27日

製作国:

上映時間:127分

3.6

『ディア・ドクター』に投稿された感想・評価

村田

村田の感想・評価

4.0
🎞失踪した村唯一の医者が偽医者だと判明
👍演出や構成の安定感と鶴瓶の完璧な演技

このレビューはネタバレを含みます

 無くてもよかったのではないかと巷で取り沙汰されているというラスト・シーンは、蓋し、偽医者が、村で関わった病人・八千草に、失踪後もう一度関わっていくということで、偽医者が持つ人間性の深みを強調するものであり、ストーリーの全体像に真実味を持たせる上で絶好のエピソードである。

 そして、このラスト・シーンでの八千草の演技は、絶妙である。最初は、気が付かずにいたものが、不意に気が付き、事の次第に驚く。しかし、すぐに事情を察知し、これに笑顔で応える。この笑顔がまた複雑な笑いを込めており、わずか10秒にも満たない演技でありながら、それまでの90分前からのストーリー展開を凝縮させる力を持っているのである。

 自分の娘に知らせたくない病いを持ち、それでも自分の病気がどう進行しているのか、不安で知りたくて、結局は、偽医者に診察させる八千草。そして、その病状を偽る嘘を偽医者にも頼む八千草。元々嘘の身分の偽医者が、患者に嘘を頼まれるという、謂わば人生の「皮肉」である。

 この事情を頭に入れてラスト・シーンの八千草の笑みを読むと、そこに、嘘がバレないようにという遊び心の「共犯者」の笑みが紛れ込んでいるのではないか。この複雑なる笑みを体現した八千草薫という女優の演技力に筆者は脱帽するものである。
あーさ

あーさの感想・評価

4.0
僻地医療や無医村問題、家族が大病を患った時、医師の資格とは。

いやぁ、、、これ感想難しい!

もちろん伊野は犯罪に値してしまうのだけど、村ではたった1人の『医者』だったし、人助けをしてみんなから必要とされていたのは事実。
徹夜して独学で医学知識を身に付けて人を助けていたのは事実。
たとえ医者の“資格”が無くても。
“資格”を持っているが患者を顧みない医者と、
“資格”を持っていないが患者を顧みることが出来る医者、
果たしてどちらが本当に“資格”があるといえるのか、、、。
伊野の周りで彼を見てきた人にとっては、少なくとも研修医相馬には、伊野こそ本当に“資格”のある医者だと感じていたよう。

ところで、村人たちが、神様仏様!!って崇めてきた伊野に対して、医者の“資格”を持ってなかったとわかった途端に掌返してるのがいやぁーにリアルだった☹️

決してハートフルな作品ではないし考えさせられる作品だけど、心に温かな余韻を残してくれる西川美和監督作品。
やはり好きです!!!
高矢

高矢の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます


西川監督の優しい、厳しい眼差しがしっかりと作り込んだ世界観。

鶴瓶がすごく良い味を出している。
ヘラッと笑って適当言いながら、裏では思い悩んでる薄毛のおっさん。こんな人どこにでもいる。だけど観終わった後は「鶴瓶しかこの役はできない」って感じてしまう。
ガッツリ演技派の俳優で固められたキャスティングにあって、主役1人だけが異質な「本来俳優ではない人間」。その違和感が気づけば本軸の設定と自然に重なってて。

偽医者を本物に仕立てたのは村の方で、だけど偽医者とわかった瞬間、村の人たちは手のひらを返したような対応。それが妙にリアルで怖い。結局代わりがいればいいのか、でも伊野がいたときの村はあんなに幸せそうだったじゃないか。医者って何なんだ。医者を求めてる僕らは、一体何なんだ。
erikam

erikamの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます




偽医者が、村の医療を支えて
なんとなくそれを感じつつもこれを頼るしかないから先生先生と崇める。


「本物に仕立てようとしてたのはあんたらじゃないか」

本当にそうだ。


そしてラストがよい◎
ナギー

ナギーの感想・評価

4.5
いやあ〜流石ですね。西川美和監督。
この監督にしか出せない味。心がいっぺんに持っていかれる描写。なんなんでしょうね。テーマは分かりやすく、誰にでも撮れそうな映画なんですけど、絶対に誰にも真似できない余韻を残す映画。西川監督のファンです。次回作が待ち遠しい。

ちなみにグルーの声優をはじめ俳優としての鶴瓶師匠が苦手なんですが今作は全く違和感なく、地域で愛される医者を演じていて好感が持てました。
tiara

tiaraの感想・評価

3.5
思ったよりも良かった!!
無医村の田舎でみんなから信頼されて、時にヒーローのように仰がれていた医者は、実は無免許だったという話。
現在と過去が交錯しながらのストーリー展開。
無免許と分かったとたん手のひらを返すように悪口を言う人もいたけど(それが現実なんだろうな😭)、気づいてても言わなかった人たちもいて。
経営のことしか考えていない医者よりもずっと医者らしいと、、

最後の最後はちょっとうまく行き過ぎ感あるけど、笑顔が素敵だった🥰
八千草薫すきだなーー!!
まつこ

まつこの感想・評価

4.0
西川美和監督のなかでも是枝さんみを感じる
悪と言い切れない犯罪、みたいなテーマだからかな
kum

kumの感想・評価

3.0
以前は、免許なしの医療行為というニュースを見ると金儲けの犯罪行為と思っていたが、必ずしもそればかりでは無かった人も居るのかも…と思う程リアルに感じたのは田舎に住む人々や風景のせいもあるのかな…最後の終わり方が良かった。
sbchlcfltt

sbchlcflttの感想・評価

3.8
いろいろ考えてしまった。

つまんない事で悩まないようにしていこう。
こうやって映画見たりする時間があるのもみんなのおかげなんだな、とかそんな感じのいまの心境。
>|

あなたにおすすめの記事