ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

Rick

Rickの感想・評価

4.9
どんな夫婦にも、それぞれの出会い方があり、それぞれに物語がある。🦒
パキスタンのお見合い結婚文化はさまざまな映画の中で障壁として描かれるが、さらに難病が立ちはだかるという、一歩間違えれば御涙頂戴になりうるストーリーをスタンダップコメディの流暢な語り口で面白く見られる。
🦒
emily

emilyの感想・評価

4.2

パキスタン人で家族でシカゴで暮らすお笑い芸人のクメイルはアメリカ人の大学院生エミリーと付き合っていたが、文化の違いで喧嘩になって疎遠になってたところ、突然のエミリーの昏睡状態。エミリーの両親と初めは衝突したがたちまち仲良しになっていく。そして自分に大切なものは何か気がついていく。

前半の人間描写と、エミリーの親と打ち解けていく様が非常に軽いタッチで描かれてるいるが、絶妙なバランスでまったく暗い空気にさせず、三人の絡みが見事に感動と笑いを生む。後半は病気の現実を受け入れながら、文化、親、そして自分の夢と向き合うクメイル。

人は大切なものを失いそうになって、その大きさに気がつくことが多いが、彼の場合はなんとか間に合ったバージョン。しかしそれはエミリーのことだけではない。彼女の決断には確実に深い愛があり、家族以上に大切なものはないことを改めて考えさせられる。

軽いタッチで描かれてるからこそその一言が響くし、人間関係がよくみえてくる。大きな意味で愛がテーマで成長物語でもある。結局愛は人を強くし、前向きにさせるのだ。それは決して恋人だけではない。家族だって同じである。ゆるりと描かれてるからこそ、幸せな気分にさせてくれなが、自然と背中を押される。
いろんな場面が心に残る佳品。
ホリーハンター、やっぱりいいなぁ。いい歳のとりかたをした皺が美しい。夫役も良かったし、他の配役も主人公を引き立てていて良かった。
めちゃめちゃいい終わり方、思わずにやける。。。。
好きなラストシーンTOP5に入るレベル。
えーこ

えーこの感想・評価

4.2
駆け出しのコメディアン、パキスタン人移民のクメイルは、
ライブに来ていたアメリカ人のエミリーと意気投合~
ファンの子に手ぇ出しちゃってオイつ
突如、原因不明の病に倒れる彼女、
重病なのに重くない?(笑)
人種差別や宗教などシリアスなテーマを扱いながらもユーモアたっぷりコミカルに描く。
実は実話、しかも自身が主演・脚本!!
さすが芸人、芸達者!!
堂々と飄々と?演じてて、
ライブシーンがちょいちょい入るのもアクセント♪

エミリー役の子、どっかで見たことあるなーと思ったら、、
『ルビー・スパークス』の女の子かー
美人じゃないけど、、
表情くるくる可愛さスパーク☆

厳格なイスラム教徒の両親は、同郷人との結婚しか認めず、白人女と結婚しようものなら勘当!!
次から次へとお見合い相手を探してきて、
揃いもそろってべっぴんさん!!
ママネットワークすげー(笑)

芸人として面白いかはさておき、
二人の掛け合いは夫婦漫才みたいで、
観てて微笑ましい。
そんな彼らの両親もすごーくステキで、
子を思う親の愛は万国共通。
災い転じて福と成す?
この二人にビッグな幸あれ♡
ほっこりハートウォーミングな良作。
ウメダ

ウメダの感想・評価

3.7
この映画を見る以前に、今年のアカデミー賞授賞式で最優秀脚本賞が発表された動画を見ました。

5作品がノミネートされ、最優秀賞はゲットアウト。惜しくもビッグシックは選ばれませんでしたが、残念な顔もせず、ゲットアウトが受賞したことを嬉しそうに祝福し、仲睦まじく映っている二人の夫婦の姿が印象的でした。

この作品の脚本は夫婦で書いています!
しかも自分たちの話を!

主人公の男性役は、まさかの本人!

さてお話としては、
異文化恋愛カップルのおはなし。
国や文化の壁が沢山あることを解ってはいたけれど、ヒシヒシと伝わってくる映画です。
ラストシーンは、ジーンときますね。

ヒロイン役は、ルビースパークスの脚本兼主演のゾーイカザン。
可愛らしいお顔をしてるので頻繁に映画に出てるのは喜ばしいけど、あと1回だけでもいいので、また脚本書いてくれないかなあ。
るる

るるの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

amazon studiosのオープニングアニメーションすげえな。ロゴを表示させるためだけにと思うと、すごい。

ユーモアのある自己紹介から始まる、あっアメリカだ!と思う、アメリカの好きなとこってこういうとこかもしれない、なんて。

主人公がパキスタン人のスタンダップコメディアン、いいな。ウーバーの運転手でもある。けっこう裕福な実家。ユニーク。

男だって見合い恋愛が嫌な場合もあるんだ、という意味で新鮮かな。でもやっぱり男性だからか、強者だよな、余裕がある…同じやり方で女の子引っ掛けて、遊んで、なあ…親の言いなりでもあれだけ気楽にいられる、甘えんな馬鹿やろと思わないでもない、『裸足の季節』が強烈かつ痛切だったから…女の子たちに時間を無駄にさせた罪、もうちょっとキツい描写でも良い、ちゃんと伝わったのか

ゾーイ・カザンぢから、唯一無二になりつつある気がする…屈託のなさ、汚い泣き顔、ハ!?と男の子に反論して現実を突きつける女の子、永遠にこんな感じの女の子役やってこんな感じの恋愛映画に出続けてほしい、だってきっとかわいいおばあちゃんになるよな、ゾーイ・カザン…

Xファイルの着メロ気になるな…あとスマホのピロリン、って音もすっかり定着したよな…

酔っ払いをやりこめるお母さん最高だったな。トースト!

彼女の両親がとにかく素敵すぎて

ただ、期待したほど新鮮味を感じなかったかな。ムスリムと白人女性、パキスタン人とアメリカ人女性の恋、半自伝的作品、ユニークではあるけれど。敬虔じゃないイスラム教徒もいる、っていう当たり前を語りつつ、アメリカよ、既にアメリカナイズされた人間を受け入れてくれという話で、既存のルールへのパンチとしては物足りなかったような。

ルールは関係ない、俺もお前も人間だろ、と極度にマニュアル化されたハンバーガーショップにブチ切れるあたりは、気が利いてたけど。

でもまあ、ロマコメの中でも難病モノというジャンルに対しての一撃ではあったかもしれない、難病の女の子の存在が男の子の成長のキッカケになる、しかし女の子は死んだりしないし、自立しているし、お前の成長なんて知ったこっちゃない、女の子はお前の成長の道具ではない、

家族に勘当されたけれど家族を捨てないと宣言、良かった。ちょっとだけ絆された女の子、既にニューヨークに向かうことにした男の子、ちょっとしたすれ違い、タイミングの合わなさ、効いてた、これがあるだけで違うな

そして再会、結婚、茶目っ気のあるエンドロール、良かった、愛せた。好ましい映画。両親が良かったな。
ogi

ogiの感想・評価

3.9
実話に基づいた映画ということですが、実際のモデルの2人は異文化すぎて映画以上に相当な障害があったんでしょうね。なんとかハッピーエンドになって欲しいと思いながらこの映画を観てました‼️
ちょっと異質な映画だけど良かったです。
マーチ

マーチの感想・評価

4.0
【省略レビュー🦒】

人と人との間に愛が芽生えたのならそれは尊重されるべきだし、それを阻むような風習や習慣は悪しきものでしかないのかもしれない。

国によって文化は違うし、それが各国の特徴であるとはいえ、グローバリゼーションの浸透した今の社会で果たしてその伝統は必ずしも守らなければいけないものなのだろうか。確かにそういった風習や習慣がもたらす幸せや愛の形があるのも事実だし、引き継いでいくことも大切かもしれないけど、時代と共に社会も変化していく中で、例外を受け入れ、門徒を開くことでその伝統がより重宝されるものになるのではないだろうか。

主演を務めているコメディアンとして活躍中のクメイル・ナンジアニが実際の奥さんと共に執筆した脚本は、実体験をもとに彼のコメディセンスが遺憾なく発揮されており、スタンダップコメディが好きな人なら終始笑っていられる面白さであり、その異色さが今作の特色でもある。私はアメリカのコントよりもスタンダップコメディの方が好きなのでコメディパートはずっとゲラゲラ笑っていました。一方、難病ものの側面もあって、芸人ならではのシリアスとコミカルのバランスが緩急となって脚本に反映されていたのも良かったです。また、両親とは仲良くなったのに、ずっと眠っていたままの本人とは目覚めた時に愛情の温度差があったのも現実的な切なさが感じられてストーリーに好感が持てました。アカデミー脚本賞ノミネートも納得の、型にハマらない良い脚本だったと思います。


【p.s.】
忙しくてレビューをしっかり書く機会が無いので短めに今年観た作品のレビューを投稿しています。
暇があれば正式なレビューと入れ替えますが、きっとそんな瞬間は訪れないでしょう。
だって、私ですからね。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.1
すごく勇気付けられたし、心が温まった。最後に実話だと分かって泣いた。そうでなくても泣ける。
アメリカに暮らすパキスタン人のクメイルがとても素敵だった。中東系というだけで「ISIS」と呼ばれたりするのにも動じず、パキスタン文化を強要する家族にも、適切に対応した。こんなデキた人間がいるのかと驚きながらも、尊敬が止まらない。
また、昏睡してしまうエミリーの両親が、クメイルと親交を深めていく様子がとても良かった。人間らしくて、家族らしくて、羨ましくなる。
それぞれのキャラがきちんと立っていて、分かりやすいし親しみやすい。

映画として新しさとか素晴らしさとかは感じないけれど、この作品を見ることは素晴らしい体験だと思う。