ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

途中ちょい寝たけどおもろかった。が、一番良かったのは印刷シーンってのがなんだかなあ。ヌルヌル動き回る撮影も正直イマイチ。良い子はウォーターゲート事件について調べてから観ましょう。
トム・ハンクス×メリル・ストリープで社会派ドラマという、どう転んでも大正解な組み合わせ。ズルい。

ベトナム戦争やウォーターゲート事件など、アメリカ社会問題について多少の予備知識があった方がいい。
スピルバーグ監督作なので、良質なヒューマン・ドラマとして作られてはいるが、所々分かりにくいです。

報道の自由・女性の躍進・戦争批判と、今だからこそ評価されるポイントを押さえている。さすが、ヒットメーカーだなぁと感心してしまいます。明らかに賞レースを意識した作品ですね。
最初辺りは退屈でしたが、さすがスピルバーグ監督。惹きこまれていきました。
kamu

kamuの感想・評価

4.0
報道が使えるべきは国民だ。統治者ではない。
鳥肌がたった。

優しく、思慮深い、悪く言えば頼り甲斐のない社主だったメリル・ストリープが最後には立派なリーダーとなり、女性たちの憧れになっていく。

演技がうますぎだし!
最後の終わり方はウォーターゲート事件だし!
話題が難しいからとっつきにくいけど、見てよかった。
ごまめ

ごまめの感想・評価

3.2
前半難しくて
眠くなってしまった
映画としては?だけど
歴史としてあったことと考えるとかっこいい賞賛。
LE

LEの感想・評価

-
2019年3月20日鑑賞
最高機密文書を使命感を持って持ち出し、公開する勇気に感動した。新聞は、権力者のものではなく、市民のものという、裁判所の判決にも感銘を受けた。またキャサリンが、夫に先立たれ誰にも期待されてない中で重要な判断を自分の意思で下したことに対して、お手本にしたいと思った。
uz

uzの感想・評価

3.7
歴史は教養。信念と勇気が陰謀を撃つ。
RUN

RUNの感想・評価

3.7
素晴らしかった
超最高。クレイジー。
もっとエンタメに振り切ったスピルバーグが好き。
社会派は合わないなぁ。これなら再現ドキュメンタリードラマでいい気がする。解説や当時の心境を振り返るインタビューを多く入れて。
>|