シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

cecilia

ceciliaの感想・評価

4.0
海と両生類好きの私は…最初にこの作品を知った時、
お!これは〜〜(´∀`)なんてマニアックな私好みの映画なんだ〜〜
と、ワクワクゾクゾクしました。
これは誰も一緒に観てはくれないだろうな…
近くでは上映されないかもしれないな…
なんて(´-`)
そしてはるか先の公開の日を密かに待ちわびていたのです。
そしたらなんと!
え?(・・;)アカデミー賞??まさか?!
マイナーで、ひっそりと上映されるもんだと思っていたので、かなり驚きました。

国家の陰謀とか…なんかそういうのは余分だったような気がしますが、色々くっつけないと話の展開がうまくいかないのかな〜〜と、無理矢理納得(笑)
いきなりミュージカル風になった場面では、
お〜〜やっぱりこれはファンタジー作品なのね!
と楽しくなってしまいました(o^^o)

大ハズレで酷評をもらう要素たっぷりのこの作品がアカデミー賞(他多数の賞)を獲得する事になるなんて…
映画って、奥が深くて素晴らしい世界だとしみじみ思うのでした。
riku

rikuの感想・評価

3.7
主演が言葉を発せない人のため、静かなストーリー。
途中寝てしまった。。
rodegin

rodeginの感想・評価

4.3
デル・トロ節炸裂、無理な設定なのに何の説明なしに観れて面白かったです。
何で半魚人?とかもこの監督ならあり得るし…。気付けば、主人公の2人とも、セリフがほとんど無く2時間見せられた。
ペジオ

ペジオの感想・評価

4.2
シンプルなストーリーとステレオタイプでありながら厚みのあるキャラクターからはクラシック映画の如き風格を感じる
(時代設定やミュージカル演出など製作者も確信犯的だろうが)
この王道な作りは怪物との恋という世間的には異端に映る要素を、「何か問題でも?」とでも言ってのける挑発的な意味合いもあるのか
モンスター愛を公言するギレルモ・デル・トロ監督にしかできない…許されない作風

デル・トロ監督は個人的に今までそれほどだったのですが、観ている者を映画世界に引きずり込む世界観(セットデザインやライティング)は今回凄かった

「用を足す前に手を洗う男」ストリックランドは良い悪役ですね~
(「後に洗う」は「自分のモノが汚い」→「謙虚」、「前に洗う」は「周りが汚い」→「自分本位」っていう人間性の違いなのだろうか?)
お伽噺特有の「純粋悪」の立ち位置だが、そこかしこに滲み出る歪な人間臭さがこの作品をジャンル的にもテーマ的にも単なる「異形のラブストーリー」から飛躍させている(それでいて「憎まれ役」という軸からは外れない具合が素晴らしい。)
…映画とは関係無いが
善と悪の単純な二元論では無い世の中にあって悪人は存在せず、悪という視点が存在するだけ
そんな世の中をある視点で切り取るフィクションにおいて「悪役」たる資格とは何だろうかと考えた時、それは「行動力」なのだなと思った
行動力の無い者は「脇役」にも「主人公」にもなれる…だが「悪役」にはなれない
ぺけ

ぺけの感想・評価

3.0
グリーンがこびりつくよう。
ダンスシーンがステキだった。
恋する女は強くて無敵でちょー怖かった。
えらいおとぎ話、ロマンス。よく作ったな。黒人のおばさんは心強いぞ。
ほぅ…と ため息が出るぐらい
美しい映画…。美しい愛。
水の中でのハグやキス
ロマンチックすぎる、、。素敵
映画館でみたら圧倒されるとおもう。
自分も水の中にいるみたいな気持ちに
なれそう(*´ω`*)
カスミ

カスミの感想・評価

3.9
期待とは少し違った。
半魚人?ってあまり馴染みがない設定なのにも関わらず、展開に驚きがなかったところかな?
スポットが当たるシーンは名作の名シーンを詰め込んだ感じがした。
夜寝る前に観たけど、素敵な水の中の映像と音楽でなんだか気持ちよく眠れそう。
もっと芸術的な(悪く言えば退屈な)映画だと思ってたけど、結構テンポも良くて飽きなかった。

初めて映画でモザイクを観たが、それでもエロいよりは意外とグロいシーンの方が多い。モザイクシーンは特に物語に関係なかったので、冒険してまでなぜ入れたのか疑問。

結末が思ってたのと違くて、結構好みのエンディングだった。
ロマンチックだし、後味もいい。

全体的に音楽も画もレトロで綺麗。
典型的なテーマが重たくて、暗いオスカー映画よりはこっちの方が断然いい。
nobu

nobuの感想・評価

3.5
・「愛のかたち」

・サリー・ホーキンスの演技が素敵

・映像美って難しい。。。 

・アカデミー賞って難しい。。。

・オクタヴィアさんまたお会いしましたね!
>|