シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

ドキドキした。幸せになろうな。指文字のファッキューは真似したくなる
時代設定とかキャストも全て好みでよかった。映画の途中からだんだん使われる色が増えていくのとか細部もとても素敵でした。
あとクリーチャーの造形も好き

shape of water is shape of love
という監督の言葉
がそのまま映像になっている映画

この映画のような感性を自分ももちあわせたい
ery

eryの感想・評価

-
怪物と人間の恋の物語って感じ。残酷なシーンもあったので私は苦手です。
とり

とりの感想・評価

3.7
ポスターで思い描く印象と違いました。ポスターだと幻想的で叙情的な印象ですが、生き物の造形の特撮っぽさや歴史映画、あと暴力的なアクション映画?みたいなところがあります。パンズラビリンスでも「こういう映画なの!?」と驚きました。
権力に押さえつけられる感じ、生きづらさが観ていてしんどくなりました。
声を出せない主人公や同性愛者や黒人など、マイノリティ?社会からの目で苦労する人?に寄り添ったお話とも思えなかったです。
前評判がよく、映画館に観に行かなかったことを悔やんでいましたが、映画館行かなくて良かったです。
やっこ

やっこの感想・評価

5.0
愛の話。
登場人物たちの設定を細やかに説明することはなくとも、それぞれ皆が皆、なにか薄ら暗い過去や人生を背負ってる。
それでも、不器用で優しい人たちが主人公なのが、観ていて応援したくなる。
そんなテンションの映画ではないけれど。


印象的な色がある映画って好きなんだけど、これはそういう映画。
全体的にあせた色合いの映像の中で、小物に使われる緑が印象に残る。
というか本当に美術とか演出とかが綺麗で、終わり方も美しくて、芸術作品て感じだったな…最高…
りりこ

りりこの感想・評価

5.0
久々に号泣。こんな純愛映画見たことない。サリーホーキンスのうまさがあざとさに感じないかと心配だったけど、あの清潔なヌードはすごい。音楽も良かったし、映画愛に溢れてました。満点。
leon

leonの感想・評価

4.2
ストーリーも良かったけど個人的に色使いが本当に好きで、登場人物たちの心境に合わせた色の移り変わりだったり 背景、小物、インテリア、ファッション すべてのものが息を呑むほど美しかった。
shiho

shihoの感想・評価

4.1
主人公の人柄、音楽、映像が素敵。
いい意味でファンタジーさが無く良かった。
maiko

maikoの感想・評価

4.0
リアルの中にファンタジーを感じて、とっても素敵だった。曲も素敵!
声を発せないヒロインと魚人?の愛の物語。
魚人はグロくとんでもないビジュアルだけど、ときどき煌めいて美しかった。

全般的に言いたいのは、恋に落ちるのに表面的な見た目や言葉は必要ないということなのか。
途中、イザベラに対して研究所の署長が美しいわけではないのに惹かれる、と言ってたのもそのあたりのメタファー?
>|