ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価・動画配信

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

滝和也

滝和也の感想・評価

4.1
余りに大衆的であり、
世俗的、そして扇情的
だが、最後には涙を
流す以外にはなくなる。

ボーカリスト、パフォーマー
フレディ・マーキュリー。
そしてクイーンの歌の力。

「ボヘミアン・ラプソディ」

世界的ロックバンド、クイーンの伝記映画であり、彼らの作品を分断に使用した音楽作品。昨夜見たのだが、未だに耳にはボヘミアン・ラプソディーがかかっている。

80年代に青春時代を送った遅れてきた僕たちは生前のフレディを知る最後の世代かもしれない。ライブエイドも知っていたし、粗方の曲もFMラジオが教えてくれた。正にレディオガガだった訳だ。

僕はフレディの声が好きだった。今もボーントゥラブユーはカラオケの十八番だし(笑)その迫力、訴えかける力に魅了されたし、それが聞けていれば良かった。故に他者が演じた作品に興味もなかったし、大ヒットしたとしても無理に見る気はなかった。

バンドを語る上でフレディのLGBTを語る事は避けて通れないし、それを語った所でフレディの歌の力は揺らぐものではない。ただ…映画的にはセンセーショナルな内容を取り上げるだろうと。

この作品は…決して巧みな作品ではない。予測の範囲内だ。冒頭語ったように。恐らく俗人に受けるポイントに絞って、彼らを語っている王道過ぎる展開。当時のLGBTへの理解もその通りだったし、僕らの世代を代表するつもりはないが、センセーショナルな話題を無理なく、ゲスになり過ぎない様、とらえている。

だが…感動してしまう。
終わった時には涙が流れてしまう。

やはり圧倒的なのだ。フレディの歌の力。クイーンと言うバンドの創り出すその楽曲、ハーモニーが。

彼らは、大衆的でかつ扇情的で独創的な稀有な存在だった。だから作品も当たり前にそうなのだ。だからこそ、ロックバンドの王道ストーリーが似合う。

またライブエイドを完璧に、模写したかの様な再現性。クイーン復活のあの伝説のシーンをキーにした構成は素晴らしく、かつ正しかった。感動と言う圧倒的な後味を残してくれる。

フレディを演じたラミ・マレックの素晴らしさ。彼の人生における戸惑いと孤独を悲しいまでに再現した演出に見事答え、似ていないはずなのに、フレディにみえてくる。そしてバンドのもう一人のアイコンであるブライアン・メイを演じたグウィリム・リーのフレディの理解者たる抑えた演技は彼にしか見えない。

だが、何よりもクイーンの音楽の力がずば抜けていて、作品を引っ張って行く。常にフレディやバンドメンバーの心を投影しているのが彼らの楽曲なのだろう。ファンを巻き込み、それ以外の大衆を巻き込み嵐を起こす。誰もが知っているあのフレーズたち。この作品は彼らに対して最大のリスペクトを捧げている、

偉大過ぎる、その一言だ。
QUEENが日本にもたらした英国のロックの凄さを感じる映画。
伝説と言われるバンドの偉大さを、莫大なスケールで表現されており物語としては完成している。
だが綺麗にまとめすぎかな、と思うところもある。彼らの葛藤や、それぞれの想いを綺麗にまとめすぎていて、もっとドロドロした中で彼らの音楽、ロックは奏でられていた、という事を表現してほしかった。
でもまるでLIVEに来ているかのような臨場感は素晴らしかった。
役作りが凄すぎる!ジュラシックパークのあの子がこんなに大人になって…
映画館で観たことあったので、2回目でしたー!!!歌が聴きたくて!!!

同時期に公開されてたアリーの方がボロボロ泣いたけど、それでもやはり映画館で聴いたら、何か一体感的なのもあってすごく感動したんですが、まあお家の小さなテレビで観たらそこまで、、、😅😅😅
Duhbe

Duhbeの感想・評価

-
 また映画館で観なかったことに後悔する映画と出会ってしまった。
 Queenの曲は数曲しか知らないけれど、少なくとも劇中使われていた曲々にフレディの悲痛や切望が込められていて観ていてとても苦しかった。
”Somebody to love”
“Love of my life”
“Keep Yourself alive”
 映像ではQueenの成功が、曲ではフレディの叫びが、同時に流れ込んでくるところにフレディの葛藤を感じた。
 今までQueenの歌詞は生き急いでいる感じがしたけど今回この映画を観てすべてが合致した。生き急いでたんだ。きっと。
 できるならもっとフレディの生い立ちにもう少し詳しく描写があれば、より彼の内弁慶かつ自由奔放な性格を理解しやすいと思う。
Ginny

Ginnyの感想・評価

5.0
Queen好きにはとても良い作品でした:)
ラミ•マレックさんの演技とても上手く、本当のフレディーの映像を観ているようでした。
観る前にサントラ聴いて、オープニングのファンファーレ聴いた時にサントラは見終わった後に聴くべきだなと思った。ネタバレした気分になった。
まお

まおの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

なんかあんまり〜だった。言うほど。
全てがすんなりうまく行きすぎ。名曲ぽんぽん生まれすぎ。ライブシーン短い。
正直この作品のモデルになった方を全く知らないまま鑑賞しましたが、聞いたことのある曲がたくさんでとても楽しめました!
サトウ

サトウの感想・評価

3.8
こんな過去があったのかと
背景を見るとこんな人に興味が湧くものなのかってワクワクした。ライブシーンは
ほんとによかった。QUEENちゃんと見たり聞いてみようって思えた
>|

似ている作品