ボンジュール、アンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ボンジュール、アン2016年製作の映画)

Paris Can Wait

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

アン(レイン)は人生の岐路に立っている。長年連れ添った映画プロデューサーの夫マイケル(アレック・ボールドウィン)は、成功を収めているが妻には無頓着。ある日、夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)と共に、カンヌからパリへ車で向かうことになる。ただの7時間のドライブのはずが、美しい景色、おいしい食事とワイン、ユーモアと機知に富んだ新たな発見の旅となり始める。

「ボンジュール、アン」に投稿された感想・評価

ゆき

ゆきの感想・評価

2.8
アン、とっても綺麗だし可愛いし。
ジャック、料理のことやワインのことにすっごいこだわりがあって、とっても楽しませてくれるんだけど、もろおっさんなんだよねー。
キスとかしちゃうんだけど、本当に良いの?
あんまり惹かれてるふうじゃなかったよねー?
あーゆーおじさんがモテちゃうのかなー?
SeikiOdani

SeikiOdaniの感想・評価

3.6
南フランス(カンヌ〜パリ)とフランス男の女性のもてなし方とダイアンレインの美しさを気軽に楽しめる作品。
コッポラ監督夫妻とダイアンレインの古きお付き合いだからこその作品かもしれない。30数年振りに『アウトサイダー』でも観ようかなぁw
「ストリートオブファイヤー」の美しいダイアン・レインが、今なお美しく活躍している姿を観ることができて嬉しい。
美しい景色に、美味しそうな料理。旦那と二人のロード-ムービーはありがちだけど、旦那の友達とってところが凄い。
ラストが洒落てる。
ストレスなく観ることができる。
まぁ

まぁの感想・評価

4.0
のんびりと…せかせかしないで、
楽しんで…ドライブしたい〜♪

フランスの風景が…本当に美しく…♪
出てくる料理も…美味しそう〜♪
注がれるワインの音も…お洒落…☆

時間に追われ、キチキチ、キツキツの生活や毎日を送りがち…だけど…
この作品を観ると…考え方が…変わる…(笑)

車の故障さえ…慌てず…「ピクニックしよう」…なんて言える「心の余裕、豊かさ、
大らかさ」…良いなぁ〜って思う…☆

目的地を決めず、時間も気にせず…
「行き当たりばったり」の「旅」…
してみたい〜☆

楽しもう〜その時その時を…♡

良いです、この作品…(o^^o)
kei329

kei329の感想・評価

3.6
ダイアン・レインはもとより、南フランスの街も、花も、食事も、すべてが素敵。
あーる

あーるの感想・評価

3.5
ダイアンレインが素敵。 
ひたすらダイアンレインを楽しむ映画。
映画の内容は凡庸で、つくりも素人感が感じられる。
kaz

kazの感想・評価

3.5
ダイアン・レイン演じるアン。
夫の仕事仲間と共に車でカンヌからパリを目指すロードムービー。

ロードムービー好きには堪らない美しい風景…そしてこの映画の醍醐味は途中立ち寄る観光名所の数々とワイン、美味しそうな料理の数々。
普段いかに自分が美味いものを食べていないかを痛感!σ(^_^;)そろそろ食にも拘っていきたいと思わされる映画なのでした。

ただ同行する男性があまりにも自由過ぎて、寄り道ばかりのくだりに若干イライラしてしまったのも事実…まあそれは許容範囲としても途中から夫のいるアンを確実に女性として狙い始める様を気持ち悪いと感じてしまい、スコアは右肩下がりとなってしまいました。(-。-;
まあそういう映画なんでしょうけど、好きにはなれず残念!

しかし、それを差し引いても素敵な映画ではありました。今風に言うとフォトジェニック。
何より御年53歳のダイアン・レインがとても良い年の取り方で美しくウットリとさせてもらいました。(^^)
南フランスに行きたいなぁ。美味しいお料理とワインをいただきたい。人生を楽しまなくっちゃと思わせる作品。
tori

toriの感想・評価

4.5
お〜プロヴァンス

女性割引ディだったので女性で満員

観終わった皆さん ニヤニヤされてました

でもあの原題をこうするか
贅を尽くした旅番組でも見てるよう。

一流の食・スポット・景観。
舞台も含めて、こんなリッチなドライブは他に思いつかない。
ダイアン・レインを眺めてるだけでも贅沢なのにね ♪

ラストカットの余韻ったらない。
フランス男を小バカにしてるのか…
はたまた惹かれてるのか…

アメリカ人のフランス男に対するイメージなのか…ちょっと皮肉っぽい(*゚∀゚*)

To Do リスト に追われてる主婦のみなさん。
これ観て前向きに現実逃避してください(´∀`*)