ニッポン国 vs 泉南石綿村の作品情報・感想・評価

ニッポン国 vs 泉南石綿村2017年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:215分

4.2

あらすじ

大阪・泉南地域の石綿(アスベスト)工場の元労働者とその親族が、損害賠償を求め、国を訴えた“泉南・アスベスト国賠訴訟”。その8年にわたる闘いの全てを記録したドキュメンタリー。

監督

「ニッポン国 vs 泉南石綿村」に投稿された感想・評価

ekikawa

ekikawaの感想・評価

-
全然長くないし、長くも感じなかった。裁判の期間、それ以上に比べれば全然短い。役人仕事しろ、なんて声があるけど、あれが仕事なんだぜ、信じられる?
di_atom

di_atomの感想・評価

4.4
知らない事を知る、知識や道徳生活の何かしらを観るたび観客は映画から学ぶ
nagisa

nagisaの感想・評価

4.2
180703 amyuあつぎ sc-2

見逃せない作品でした。

このレビューはネタバレを含みます

テークでは観られなかったですが、スコーレで観て本当に良かった作品です!
凄い映画を見てしまった。

大阪・泉南アスベスト国家賠償請求訴訟を8年追った、3時間35分のドキュメンタリー。

が、ワンシーンたりとも目を離せない、物凄い質量の作品。

一般の人々と揺るがない国家との、壮絶な戦いの記録なのですが、どんどん人が亡くなっていくのです。

本編半分もいかない頃、悔しさのあまり街頭演説で泣く弁護士を見て、泣いてしまった。

怒る原告の方々たちに泣いてしまった。


日々の生活を振り返って、泣くことも怒ることも、ちょっとしかない。

自分はなんでこんなのうのうとちゃらんぽらんに生きてるんだろうと思った。

劇場には自分とおばあちゃんの2人しかおらず、それも含めて自分の記憶に残り続けるだろう。。
Binchos

Binchosの感想・評価

-
アスベスト被害と訴訟をめぐる系譜は、ネットでちょっと調べればわかることだ。しかし、往々にして被害者たちは「高度経済成長のひずみ」云々という語りに丸め込まれ、一人ひとりの顔を知ることは難しかった。
このドキュメンタリーは、彼らの顔、言うなれば辛苦、憤怒、絶望を執拗なまでに記録した貴重な作品だ。原告団内での内輪揉めをも映していることからは、被害者「たち」という語りを許さない意思を読み取った。
人倫にもとる国の不作為、機能不全に陥った司法、そして一向に変わらない行政……この国家への絶望を超克できるのか、憤りの声を挙げ続けられるのか、他人事ならぬテーゼが観客に突きつけられる。

ただし、―これは自分の中でも整理がついていないが―原一男はドキュメンタリー監督として非常に問題があるのではないかと疑義を挟まざるを得なかった。
彼は原告に対して「もっと怒れ」と煽り立て、実際そのような行動の惹起に成功している。監督自身の葛藤も挟まれてはいるものの、第三者的観点を確信犯的に放棄するスタンスが目立つ。
もはや参与観察を通り越して対象者に「参与」してしまうのは、ドキュメンタリーとして成立するのだろうか?
おそらく、そんなことは監督も自覚しているのだろう。主観を多分に含んだノンフィクションを何と称せばよいのか、などという考察には、意味がないのかもしれない。
あるいは、彼らの怒りを受け止める前にこのような命題に囚われていることこそが、「完全なる統治」に私が組み込まれていることの証左かも知れない。
「国・政府は何があっても国家による加害を認めない」という「ニッポン国」に対して、他の団体や組織の援助、裁判闘争を後押しするような社会の共感も得られない中で闘うしかなかった「泉南石綿村」という風に見ると日本があらゆる「怒り」を打ち消した、(フーコー的な意味での)完璧な統治を成し遂げていることが、皮肉にも明らかになる映画だった。
やはり原一男監督だけあって「怒り」の契機や些細な感情の機微に迫ることにより、観る側が「怒り」とそこに行き着かない様々な感情を受け取れるようにしていると感じた。

このレビューはネタバレを含みます

哀しかったわけじゃない。痛かったわけでも、怒りでもない。ただ生きている人が死に行くことが、戦争でもなく、不可逆的な病でもない、必死に生きただけで死んで行くことが、彼らの言葉が、苦しくてたまらなかった。社会という形と、そこから決して逃れられないことが苦しくてたまらなかった。
アスベストについて知らないことがある。
これほど訴えている人が大勢いる。
とても勉強になりました。それでもどのくらい苦しいのか、どれくらい人数が苦しんでいるのかもっと知らなければいけないと思った。

原告者の訴える気持ちが伝わり、とても胸がしめつけられました。

終盤、沢山の個性溢れた面子がみんな愛おしくなってきました。
アスベスト。ニュースですごく話題になった、聞いたことある、その程度の知識しかない自分はこの作品を見て、非常に危険なモノだと把握ができ、様々な深刻な問題を知ることができて良かった。

国に勝訴するまでのあまりにも長い年月。何事もプロセスは大事だと理性では分かるけれど、見ていてこちらまで焦ってしまった。ひとり、またひとりと次々に被害者たちが亡くなっていく様子が恐ろしい。戦うにも時間がないのだ。柚丘さんをはじめとする原告者たちの苛立ちは充分に理解できる。

勝訴したのに、皆それぞれに感じる様々な感想も色々考えさせられた。勝つ=幸せ、なんて単純な話じゃないんだな。

あと驚いたのが、舞台挨拶で聞いた話で、日本、韓国、そして東南アジアへとアスベストの製造機械は無くなることなく海を渡っている事実。健康被害が分かっていても、お金になることを優先させるって何度も何度も同じ過ちを色んな人がいろんな国が繰り返している。

老朽化した建物の取り壊しが、近い将来かなりの数行われるという件。そこには建築アスベストが大量にあり、一気に飛散する可能性大。他人事じゃない話。解体業者の方、建築関係の方たち、近隣住民、「知らなかった」で適当な対処できずに数十年後…となりそうで本気で恐ろしい。

政府が、団体の方が…じゃなくて、自分が動かなきゃいけない時っていうのが差し迫ってきている気がする。
>|