ロキシーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

「ロキシー」に投稿された感想・評価

calro

calroの感想・評価

2.8
振りが長いので間が持たない。後半の畳み掛ける展開とテンポとアクションとは悪くないが、前半の間延び感は少しきついかも。その割に特に情報量は増えないので、ただの復習になるし、ただの復習なので間が持たない。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

2.9
ロキシー、謎な女。ヴィンセントと出会い 恋をして 悪党に追われ なんやかんやあってからの復讐。復讐シーンが 良いんだか悪いんだか笑。多分 傷が癒えたロキシーは そもそも、お前がさぁ!と怒っていると思う。
jonajona

jonajonaの感想・評価

3.1
片手間に視聴。
話がありきたりすぎるし規模が小さいので観ていて欠伸が止まらなかった。ラストの方である意表をつく展開があったりするけどもだからどうした。僕は眠い。
主人公のひとはファンタビ2のあの想い人の方ですな。やっぱり綺麗、眼福。彼女のエンヤコラシーンが拝めただけで見た価値がある。
路地裏でギャング風の男たちに追われていた女を行きがかり上、助けることになったヴィンセント。
女はロキシーという名で、ギャングから金を盗んだとして兄を殺され、金の行方を知っていると疑われて追われていた。
ロキシーを助けたヴィンセントは車を走らせて街を出発し、どこまでも続く穀倉地帯を走っていく。
ヴィンセントの故郷の町で身を潜めることにした2人は次第に惹かれあっていくが、やがて2人を追うギャングの手が間近に迫る。


静かなんやら追われてるんやらで全然頭に入ってこなかったー。
てかつまんねー。内容ないー。
2049

2049の感想・評価

3.3
ゾーイ・クラヴィッツ、エミール・ハーシュ主演のクライムドラマ。
個人的にエミール・ハーシュには思い入れがあり好きな俳優だが地味な作品への出演ばかり…

冒頭のヌルいクラッシュシーンと煩い音楽で少々期待を削がれつつも、主演二人の魅力で十分観ていられるだけの楽しさはある。
中盤までは安っぽいメロドラマのような展開がダラダラ続く。行くあてがなく田舎に流れてきた訳ありの女、都会から田舎に戻ってきた訳ありな男、バーには粗暴な男達…といった定番の要素が詰まっている。
物語は中盤から徐々に不穏さが増していき、突如強大な暴力が吹き荒れ物語は一気に加速する。このシーンで観客に衝撃を与えるために中盤までのシークエンスは抑えに抑えた展開、演出になっていたのだろう。

ロキシーがヴィンセントの暴力性を指摘するシーンがあるが、全くストーリーの文脈にセリフが合っておらず混乱する。ラストシーンは、彼らは全員耳栓でもしてたの?普通一発目の銃声で気づくと思うが…ラストは一番の見せ場なんだからもう少しブラッシュアップしてノイズを感じさせないよう工夫して欲しかった。
m

mの感想・評価

3.6
私は、結構この映画好きだわ。
ロキシー可愛いすぎる
2人の純愛に見ていてニヤニヤしてしまいましたね❤️
バイオレンスがはじまるぐらいから
話がどんどん進んで
次から次へとの容赦なくやるから
わわわー!と思ってましたね。
ロキシーがラストやってくれますぜ
銃をあんなに正確に撃てるなんて凄すぎだよね〜〜
kiki

kikiの感想・評価

3.5
テーマがわかりにくい!

最後にかけてのバイオレンス的な流れが苦手。。。

確かにロキシーの事は、誰もよく知らない。。。
Mii

Miiの感想・評価

3.1
ロキシー…!!
何者?
ってか地獄絵図。
愛のためなの?これ。
愛はそこにあるの?
ん?どっちへの愛?
はい、こんがらがるー。
お前が1番タチ悪いんかい!!ってなってからのロキシーね。
パンチあるー。
出るわ出るわの大惨事。

そして心境は複雑過ぎる。。。
ILOVENY

ILOVENYの感想・評価

3.5
冒頭、床に置かれた黒いカバンを見つめるヴィンセント
このカバンにどんな意味があるのか・・
すぐにはわからない

ギャングに襲われていたロキシーをヴィンセントが助け、行くあてのないロキシーに兄と住む農場にいつでも来ればいいと言う(なんでそんなに優しいのか意味深)
そして数日後ロキシーはやって来る

兄の彼女と4人でそれなりに楽しい日々を過ごす中ある真実が明らかになりギャングにも見つかる

そこからはいきなりバイオレンス映画になっていき「え~っこういう展開😱」と驚いた

原題は『ヴィンセントとロキシー』だけど何故か邦題は『ロキシー』
でも少し納得するラストシーン
えりみ

えりみの感想・評価

4.0
WOWOW録画。確かシネマート新宿あたりでみた予告で気になってたやつ。
アレ?観てる人少なっ。エミールハーシュとゾーイクラヴィッツのダブル主演よ、原題はヴィンセント&ロキシーよ。邦題は女の子だけにしてしもたけど。
何やったらヴィンセントのお兄さんJCにもケイトってTATTOOだらけの彼女がおって2ペアのお話よ。

アメリカの結構な田舎が舞台、結構な田舎のクズ共のお話。
Bottoms up Barってどういう意味かと思ったら「乾杯酒場」って、直訳すると何とも阿呆ぽい🍻
ガソリンに例えられてた「ムーンシャイン」て酒がどんな代物か気になる😋目ぇ潰れるタイプのやつやろなぁ。。。
R指定やし、ダンスの後で絶対ヤると思ったのにワンクッション置かれたの意外😅
ワンクッション置いてしっかりヤッてたけど女も容赦なく殴る蹴るの暴力描写のせいでR15+なのかも、乳首チラぐらいやったし。
ラストからエンディングに繋がる曲は物悲しくて良かったんやけど、それ意外のパートは概ね音楽が煩いというかジャマ。
暴力性の血筋というけれど、ヴィンセント最初は全然強く無かったやん、ナニその急覚醒😨
あと現代劇で吊るすって初めて見たわ😱目ぇグサッとか容赦ない銃殺シーンとかバイオレンス好きにはなかなか(結構我慢してみてないとアカンけど)。
しかし唐突にロキシーのパートになったねぇ👩おかげであのファーストシーンがあまり活きてない感じ。
もう何本か作って化けて欲しい。