密使と番人の作品情報・感想・評価

密使と番人2017年製作の映画)

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:66分

3.5

あらすじ

『密使と番人』に投稿された感想・評価

理屈っぽくとも一個一個の表現が力強いので延々と見てられる。
よろめいてもつまづいても地図は落とさず目的地に向かう足取り、見せたいものが明確だなー。

ASMR映画だし、時代劇でありながら絶対にその時代にはない音楽をBGMとしてつけるあたり、いかに語るかではなくいかに録るかに全振りしてるところに好感持てる。自然を撮ってたらそこに人間ドラマが映ったく…

>>続きを読む
dairinzai

dairinzaiの感想・評価

4.2
音が凄い。雪を踏む音。苦しい呼吸の音。最後の米粒を噛み砕く音。自然の音。道具の音。
説明は最小限。
漬物を洗う姿をずっと観ていたくなる石橋静香。
Kensho

Kenshoの感想・評価

4.6

石橋静香の凛とした佇まいが光る室内劇は、どこか小津の『その夜の妻』を思わせる静謐なサスペンスが漂う。

この映画に流れる時間は、風に揺れるツツジや陽光、そして雪や藁などの被写体に刻まれた時間と共に、…

>>続きを読む

山の中の鬼ごっこ

山の中の景色が地味に続くからこそ、米の一粒まで美味しそうに見えるような粒度の高い映像が現れる。草木をかき分けて擦れる布切れの音に旅路の苦労を想起させ、地味だけれどもその奥にのめり…

>>続きを読む
塩湖

塩湖の感想・評価

3.5

落とした銭を拾ったり上衣を片手で持ち直したり。従来の時代劇がさりげなく描いた、あるいは取り零してきたとおぼしき人間の仕草や息づかいに執拗にまなざしを注いだ結果として、全編に渡って新鮮な心地よさが敷か…

>>続きを読む

No.3852

時代劇専門チャンネルと、日本映画専門チャンネルの共同製作。

時代劇、とはいっても、そこは三宅唱監督、

「これのどこが時代劇なんじゃ~!!」とお怒りの時代劇ファンもいるかもしれな…

>>続きを読む
r

rの感想・評価

-

石橋静河さん本当に素敵。漬物を洗う手のリアルさ。私は寒い田舎で育ったので、おばあちゃんの働く手を思い出した。
音楽は「ザ・コクピット」に出ていたOMSBさんとHi’Specさんとのこと。
番人が、密…

>>続きを読む
anakarumik

anakarumikの感想・評価

3.8
緊張感が織りなす、塊みたいな空気感が
いきなり空気になった感じ。痺れた。
せい

せいの感想・評価

3.5
追う者と追われる者が淡々と描かれる。山道を歩く足音や息遣い。「音」が印象的だった。
>|

あなたにおすすめの記事